2016年9月27日 (火)
ボランティア

山之内誠一郎くん(50歳)は、早稲田大学の政経学部を卒業して商社(日商岩井だったと思う)へ就職しました。テレビ局にも関心があったらしく、就職活動の時、誰の紹介だったか忘れましたが、ボクの所へやって来ました。その時からの知り合いです。
商社では、南米へ勤務したり、活躍していましたが、突然辞めてマッサージ師になりました。
現在、浅草橋で従業員を数人雇って、整体院をやっています。
福島の原発で村を追われ、仮設で生活している人々にマッサージの提供のボランティアをやっています。
「10日から行きます」と連絡をくれました。以前から、絵本を届けると喜んでもらえると思いますという話しは聞いていたので、今回、届けることにしました。
「ビビ」と「ビビのアフリカ旅行」各10冊。明日、彼の整体院へ届けます。
マッチ箱のような仮設住宅で、息の詰まるような生活をされている人々にとって、少しでも、慰みになればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


映画「シン・ゴジラ」

所用で立川へ行ったので、先日見そびれた「シン・ゴジラ」を見ました。
CGや特撮を駆使した見応えのある映画でした。楽しかった。
終わったら拍手の嵐でした。満席に近かった。
秋です。
Img_0436

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「ふたりの桃源郷」文化庁映画賞優秀賞を受賞

プロモーターから届いた報告を転載します。

映画「ふたりの桃源郷」が、平成28年度文化庁映画賞・文化記録映画部門の【優秀賞】
を受賞することが決定しました。
文化庁映画賞は、日本の映画芸術の向上とその発展のため、年に一度、優れた文化記録映画と、日本映画を支えてきた方が選ばれるというものです。
選ばれる映画は、大賞1作品、優秀賞2作品の計3作品。
大賞は、該当作品無しという年もある、すごい映画賞です。
今回、大賞こそ逃したものの、多くの映画の中で「ふたりの桃源郷」が
優秀賞として選ばれたのは、本当に嬉しいことです。しかも、放送局が製作した映画が選ばれるのは「初」とのことです。
受賞理由の一部をご紹介します。
『…この夫婦は山奥の暮らしをこよなく愛し、執着する。みるからに仲良しのこの夫婦、そして、本作品は家族の幸せを考えさせ、ましくもさせられる。夫妻は亡くなるが、見終わって温かい気持ちにさせる、地域と密着している地方テレビ局でこそできた優れたドキュメンタリー作品である(選考委員:山名泉氏)』
「地域と密着している地方テレビ局でこそできた」と言ってもらえることは、
この上なく嬉しく、本当に有難いことです。感無量です。。。
文化庁によりますと、この受賞記念上映会が、
10月30日(日)東京都千代田区飯田橋の「神楽座」で行われるとのことです。「ふたりの桃源郷」の上映は、午後2時からの予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)
田舎の猫

ここにいます。
紀伊國屋国分寺店の絵本売り場、
頑張って売ってくれています。木像ビビも頑張っています。
(徳田純一さん撮影)
16923kinokuniyabibi3 16923kinokuniyabbibi1

| | コメント (0) | トラックバック (0)


東京は歩く

田舎は歩かない。家を出るとすぐ車に乗るからだ。
午前中、口腔外科へインプラントのメンテナンスへ行った。最寄り駅から片道10分歩く。予約時間に遅れそうだったから早足で歩いた。
夏の間3ヶ月行けなかったので、歯科衛生士さんの機嫌が悪かった。
「自分では、どうしても磨けないところがありますから、1ヶ月に一度は来て下さい。」
少し調子の悪い歯茎があったから怒られた。
主治医の先生がやってきて助けてくれた。
「この人は、田舎でブルーベリーを育てているので、夏の間は田舎にいるんだ。」
続いて午後は、歯医者さん。仮付けしたままの歯があって、今日、本付けしてもらった。
ここでも、何ヶ月かに一度、清掃に来るように言われた。
「そうすれば、保ちが違うから」
午後から気温が高くなった。疲れて行きつけのタリーズでコーヒーを飲んで一休みして、マッサージによってから帰った。
東京は歩く。駅の階段を登る、降りる。
ふくらはぎが痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)
映画

「シン・ゴジラ」を見ようと思ったが満席だったので「THE BEATLES」を見た。
誕生から解散までのドキュメンタリー映画。その旋風は「すごかったんだなー」と驚いた。
インターネットがなかった時代に世界中が熱狂した。
シェイ・スタジアム(ニューヨークの野球場)には5万6千人が集まった。これだけの人数に音楽を聴かせるアンプ装置はできない。人々は球場のアナウンス用のスピーカーで聴いた。
「俺たちは見世物になっている」
彼らはそう感じた。
会場を去るときは、犯罪者を護送する鉄格子付きの護送車で脱出した。
椅子もなく、中で転げ回ったらしい。(これはシェイ・スタジアムでの話ではない)
これがきっかけでライブ活動を中止し、レコード制作に集中するようになる。そして解散へ。
ボクが感心したのは、意地悪な記者の質問に、あの若い彼らが、機知に富んだユーモアで切り返す、そのセンスは、さすが紳士の国だ、と胸がすく思いがした。
楽しい映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)
雑事

目薬(眼圧調整液)を田舎の冷蔵庫に忘れてきたから、午前中、眼科へ。
午後から、運転免許更新のために事前に受ける「高齢者講習会」(義務)3時間、疲れた。
田舎の猫はここにいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)
帰京

東京は週末の雨で、羽田から立川まで渋滞で時間がかかりました。(バス)
この雑誌を読んでいました。カープ特集。初めて買った雑誌です。
Img_0435
荷物の中に、田布施の野菜を入れました。
その安さに妻が仰天して腰を抜かしました。
Img_0433 Img_0434
レンコンは5センチくらいで200円、茄子は倍はするらしい。
ボクも思います。これでは農家の人が可哀想。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)
ねこ

Img_0432
行き帰りに使うリュックサック。二匹が乗って寝ています。
帰るなと言ってる、と思うと、ヘンな気分になるので、そうは思わない。
たまたま、心地がいいから寝ているだけさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


本の売り方

トークショーや講演で内容を紹介すると、よく売れます。名もない本は書店の棚にあるだけでは売れません。
有り難い協力者がいます。自分が読んで、人にも勧めたいと思った方が、売ってくれています。山口市や岩国市に。「なくなりました」との連絡で、昨日も今日も宅配便で送りました。嬉しいことです。
何もしないと自然には売れないことを実感しています。
ベストセラーを夢見て頑張ります。
農園周辺の彼岸花が満開。
Img_0427  Img_0431

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日の雑感