2018年9月19日 (水)
「ゆめ花博」雑感

かなりガッカリしました。シャッターを押す気力もありませんでした。無理矢理撮った写真です。
Dscn2480  Dscn2482  Dscn2483  Dscn2488
ガッカリの理由 。
珍しい花がなかった。園芸店で売っている花ばかり。しかも、派手で長持ちするサルビアとかヒマワリとか。
展示の仕方(植え方)もごく普通。「オーこれは凄い」と感嘆する展示は皆無。
花の名前の表示もないから、勉強にもならない。
これで、よく人が呼べるなぁ、と思った。プランナーのセンスの問題だと思った。
メインゲートを入ると「19市町の花通り」という道があって、19市町のPRパネルが並んでいます。
以下、田布施町のパネルです。
Dscn2476  Dscn2468  Dscn2473  Dscn2471  Dscn2470  
Dscn2477
ハゼの実から作る和ロウソクとミツバツツジを飾って写真に撮ったものです。生け花作家の假屋崎省吾さんの作品です。
ただし、説明がどこにもないから、見る人にはワケがわからないと思いました。
写真展だって、写真説明がないと理解できません。
補足:
電車で行かれる方は、新山口駅からシャトルバスが出ています。(無料)
ボクは宇部線の阿知須から行ったので、時間の無駄をしました。
宇部線は、電車が1時間に1本も来ない時間帯があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)
晴天

希林さんが、頭の中をチラチラ、気力が湧かない。
一日、ぶらぶら。午後、温泉へ。
山口県で開催中の「ゆめ花博」(宇部市)
明日、行ってみようと思います。電車で2時間。(片道)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)
猫たち

屋根にいるのは母さん猫、ジュニアは土間暮らし。エサも食べるし、以前より元気に。
Img_0645  Img_0649  Img_0646  Img_0650
農園の彼岸花、満開。
Img_0647  Img_0648

| | コメント (0) | トラックバック (0)


考察・樹木希林

1)監督を育てた

「あん」も「万引き家族」も、樹木希林が出演しなかったら、これほど評判にはならなかったと思う。脚本を含めた監督の資質を見抜く力は抜群だった。だから、二人の監督は樹木希林に育てられたと言っていいと思う。

「来る仕事を順番にやってるだけよ」

ウソに決まっている。

 

2)CMが好きだった

チョコとの仕事でたくさんお金をもらえるからね。本音だったろう。もっと楽しんでいたことをボクは知っている。

「たった15秒で、世の中の雰囲気がジワーッと変わって行くのよ。コレは楽しいね。」

洋服の安売りをする店が銀座に出店するとき、銀座の商店街がこぞって反対した。銀座の雰囲気を壊すと。その店のCMに樹木希林と三浦友和が出た。安売り屋の雰囲気はじわーっと消えていった。

 

3)公共財

この人は、自分の事を「公共財」だと思っているのではないだろうかと、晩年の仕事ぶりを見ていて思いました。

チケットを買ってくれる大衆、商品を買ってくれる大衆、そのお金をいただいて生きている自分がいる。大衆が求めているのなら、命を使い切ろうと。

 

4)親子関係

「子育ては何もしかかった。皆様に育てていただきました」

口癖でした。しかし、也哉子はすくすくと素直に、素晴らしい女性に育ちました。

「親は子に何を伝えたか」

これをテーマに親子の対談をやりたいと伝えた事があります。いいともイヤとも返事はありませんでしたが、心残りの企画です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)
追悼・樹木希林さん

胸騒ぎがした日(15日)、希林さんは亡くなっていた。今日、娘の也哉子さんから電話をもらった。

「ボクは、おかあちゃん(也哉子の呼び方)が頑張っているから、自分も頑張ろうと思ってね、支えだったんだよ」

二人で泣いた。

 

也哉子が小学6年生の夏休み、親子でエジプトを旅する番組を作ったのが初めての出会いでした。以後、何本か仕事はしたが、つかず離れず、いい友だちでした。

 

モノを大切にする人でした。着るものでも、持ち物でも、最後まで使いきりました。ケチに見えたりしました。モノにも命があると思っているようでした。

こんなセリフを覚えています。

「自分の命も使い切って死にたい」

その通りでした。

 

不動産に興味があって、目利きで、財産を残しました。

同じように、映画監督などの制作者についても目利きでした。

「この人物は伸びる」と思ったら、ギャラが安くても協力しました。監督を育てた人でもありました。

 

あの世に不動産があるなら、ボクの住む場所を確保しておいて下さい。

この世では、お世話になりました。楽しかった。でも寂しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)
島田洋七さんの新刊

Img001

笑いながら、ホロリとしながら、1行も飛ばさずに読みました。
佐賀のばあちゃんに預けられるシーンから、広陵高校に入学が決まって広島に帰るまでの8年間の生活が活写されています。
「笑ってなんぼじゃ!(上)」 徳間文庫 700円+税
書評やタイトルに惹かれて購入しますが、全部読み切る事はほとんどありません。
なんだ、つまんない、と思って飛ばして読んだり、止めたりします。
これは、止められませんでした。面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)
松島トモ子さん

電話をもらいました。
「徹子の部屋」へ出演するそうです。
10月4日(木曜日)12:00テレビ朝日系列
コンサートもやるそうです。
11月26日(月曜日) 成城ホール、開始時間を聞き忘れましたが、多分14:00くらいだと思います。昨年見ましたが、素敵なコンサートで、感動しました。
介護をしながら、よく練習できたなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)
曇天の一日

小雨がぱらついたり、はっきりしない天気でした。
午前中、大岩公園の草刈りをしました。
午後は本屋へ行ったり、散髪屋(千円カット)へ行ったり。
明日も天気が悪いらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)
彼岸花(2)

大岩公園の草刈りが、少し残っているので、下見に行ってきました。
彼岸花が咲き始めています。今年は、どこも、早い感じがします。
Img_0643  Img_0644
明日、天気になれば、草刈りをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«彼岸花