2017年11月20日 (月)
猫たち

寒いので、外に出ません。

Img_1623  Img_1622
猫との生活の楽しさは“触れる”ことです。
シナモンは、ベッドで一緒に寝ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


イベント告知

お待ちしています。
Img_1619
会場(猫の宿)は、準備がすすんでいます。
Img_1618  Img_1620
「ビビのいた町」の原画展もあります。
(10月に田布施図書館でもやりました。)
今回は、原画30点を販売します。1点1万円(額付き)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


番組告知

下記の番組を応援しています。
山口放送の佐々木聰さんの作品です。
PR用のDMは、ボクが勝手に作ったモノで、山口放送あるいは日本テレビのオフィシャルなものではありません。
2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)
猫たち

気温は低かったですが、いい天気でした。
家に着くと、シナモンが屋根からニャー、ニャーと存在を主張し、中へ入ってきました。
Mとジュニアは、湯たんぽを入れてもらって、ぬくぬく寝ていました。
Img_1617  Img_1616
明日から、のんびり田舎生活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)
明日、田舎へ

寒くなりました。
あす、田布施へ行きます。
写真展の準備をします。農園の仕事は、落葉してから、剪定やPH調整など。来年になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)
ネコ歩き

今晩10:00 BSプレミアム パリ編

田舎のネコはここにいます。
http://d.hatena.ne.jp/reonmanma/201711

見たい映画が明日から公開されます。
Img_1615_3
立川の近く(MOVIX昭島)で12月の終わりから 上映されるので、その時に見ることにします。

今日は、写真展で展示する写真パネルを田沼武能さんの家(東中野)から、タクシーで運び、
自宅で梱包して発送しました。
有意義な写真展になるように、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)
写真展

きれいなポスターを岡部正彦さんが作ってくれました。見事!
少し早い告知ですが、お待ちしています。
Pop
黒柳徹子さんが、今年5月、ミャンマー取材で着用した衣装3着を来場者に抽選でプレゼントするという“おまけ”があります。みなさまへのメッセージも、もらいました。会場で読んでください。お待ちしています。ボクの下手な話も聞きに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)
田舎のネコ

ここにいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


小池百合子

ハシゴを外された「希望の党」の面々は、はせ参じた自分の行動を恥ずかしく思って
反省しているでしょう。
「世紀の無責任女・小池百合子」
この人は、もう信用しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)
ドキュメンタリー番組制作中(2)

訂正があります。以下の情報が正確です。
NNNドキュメント17「記憶の澱」(きおくのおり)
放送日:12月3日(日)深夜1時5分~2時で、55分の拡大枠。
樹木希林さんがナレーションを担当します。

「記憶の澱」は
5月27日に山口放送で放送されました。(13:00〜14:30)
二つの賞を受賞しました。
1)第13回日本放送文化大賞 グランプリ
2)平成29年日本民間放送連盟賞 報道番組部門 最優秀賞
「番組内容」
先の大戦において、果たして自分は、加害者なのか-、被害者なのか-。中国戦線での加害体験と、沖 縄戦での死闘の記憶。その狭間で、悩み、苦しみ続ける、元日本兵がいます。満洲へ渡った、ある開拓 団の人々も、被害と加害、両方の記憶を胸の奥にしまっていました。満洲や北朝鮮から引揚げた人々の 中には、「特殊婦人」と呼ばれた女性たちがいます。現地で、ソ連兵などから性暴力を受けた人々です。 性暴力の場面を目撃した人々の中にも、被害と加害、両方の意識を持つ人々がいます。戦争がもとらす ものとは-。戦争体験者の心の奥底に「澱」のようにこびりつく記憶を見つめました。
「中央審査・審査講評」
戦争の狂気について、加害者、被害者双方のインタビューに成功した衝撃的な番組である。丹念な取材に基づく体験者の言葉は、戦争における極限状態の人間のむごさや弱さを感じさせ、映像の力で、より臨場感、真実味をもって戦争の重さを伝えている。インタビューに応じた人々に敬意を表する。若い世代を中心に多くの人に見てもらいたい番組である。
 

この番組を再構成して冒頭に紹介したNNNドキュメントで放送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«写真展