トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)
冷凍食品

雪印が事故を起こす前、「鶏ごぼうチャーハン」を絶賛したことがあります。発売当時は品切れでした。
冷凍モノって、すごいあぁ、と感心したものです。雪印のそれは、今はないでしょう。
その後、加ト吉の「「冷凍うどん」も絶賛しました。これは、いまでも売っています。簡単で美味しいです。
次に、味の素の「冷凍キョウザ」を推薦しました。
この3点は、ボクのお気に入りでした。いま、思えば、どこが生産地だったか知らずに食べていました。
食品は、丹念に選んで食べるようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


猫たち

田舎の野良、ワイは、昨日から姿を見せず、今朝も現れませんでした。東京へ帰るのを知っているのでは、と思います。どの野良も、ボクが帰るときは、いつも現れません。
東京の猫は、あんただれ?てな顔で無関心、コタツに入って寝ています。
留守の間の郵便物の処理にイライラし、いつものことですが、読まずに捨てるモノが多く、重要なものを捨てたりします。今日も、捨てたかも・・。
少々疲れたので、早寝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


東京へ

きょう、東京へ移動します。
「ひかり」を乗り継いで、のんびり旅。(ジパング倶楽部利用のため)
帰りの荷物はなにもなく残り食材を詰め込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)
先生

Tagawa ときどき先生もやる、という証拠写真。(上郷高校・横浜市・1/15)
友人がコアネットというNPOをやっています。いまどきの企業退職者は、まだまだ元気で、社会貢献する余力を持っています。彼らをオルグして、出前授業(職業講話)をやっています。先生の知識だけでは、世の中の職業の面白さを伝達できないからです。注文殺到、大忙しです。ボクは怠け者会員ですから、年に2、3回しかやりません。
ボランティアで、交通費+弁当経費1,500円。事務局が会員に向けてメールで呼びかけをしますが、会員は元気で、我も我もと志願者があります。
ボクの話はテレビの話。いつも、どの講座より生徒が集まります。バラエティやドラマの話が聞けると思っているからでしょう。彼らの期待をいつもはずしてアフリカの話をします。でも、寝ないで真剣に聞いてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


冷凍餃子

中国産の冷凍餃子で中毒事故。強い農薬反応。
強い疑問があります。
輸入業者、販売業者、だれも試食していないのか?
問題です。いい加減です。消費者に渡る前に誰かが一人でも試食していれば、発見できたはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


鯨追記

昨日、「売れ残って在庫の山」と書きましたが、間違いでした。
品不足で、高級部位、例えば尾身などは手に入らないそうです。理由は、昨年、船団が火災を起こし、捕獲量が激減したこと、加えて、最近のグリーンピースなどの活動で、話題性があるので、消費が伸びているのだそうです。鯨の消費拡大に努力している知人に聞きました。
ついでに雑学。
値段ですが、牛肉3,000円/キロに相当する部位で約倍の6,000円。
霜降り牛肉10,000円/キロに相当する尾身は20,000円。
高い理由。
船団を組んで出かける費用が40億円くらいかかるらしい。その30%を水産庁が補助し、残りは肉を売って充当しなければならないのだそうです。
日本人は鯨を好むか?NO。
僕ら戦後世代は、冷蔵庫がない時代だったから、塩漬けを食べた。
塩を抜けば、うまみも抜けて美味しいはずがない。この世代は、鯨を食べろ、といわれても食べない。
学校給食で竜田揚げを食べたのは40代まで。懐かしさはあるようだ。
それより若い人は、鯨を食べた経験がない。彼らにいまから鯨を食べろといっても容易ではない。
商業捕鯨になって、大量に捕獲して、鶏肉と同じ程度の値段にならなければ、消費は増えないと思う。
なので、無理をして捕らなくてもいいじゃないの、とボクは思うのですが・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


シイタケ

Siitake裏山でシイタケを栽培しています。成長には湿度と温度が必要です。いまは、寒いので、成長が遅いですが、ボク一人が食べるには多すぎるほどでした。いまでは、原木シイタケの味を知らない人が多くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

日本の調査捕鯨が国際的な政治問題になっています。
捕らせろ、捕るな、の論争です。
この問題で、決定的に抜けている視点があります。
鯨を食べるわれわれ消費者の意見です。
日本政府は「鯨を食べるのは日本の食文化だ」と主張しますが、そんな食文化は、もう存在していません。
日本国民は、どうしても鯨を食べたい、喧嘩してでも捕獲してくれ、と言っていません。
戦後は、タンパク質を鯨に求めた時代がありました。いまは、他の食材がたくさんあります。
鯨がなくても生きていけます。
現に、調査捕鯨で捕った鯨肉は売れ残って、在庫の山、と聞いたことがあります。
なのに、どうして捕るのでょうか。
国は、調査捕鯨に掛かる費用の一部しか支出しません。残りの費用は調査捕鯨を組織している組合が肉を売って賄うのだそうです。
なんだか、変だなぁ、誰の意志で、誰のために、調査捕鯨が行われているのでしょうか。


| | コメント (2) | トラックバック (0)


豚汁余話

Butajiru作りました。食べました。オレは天才か、と思わせるほどでした。天気が悪くて家にいると夕食の支度が早くなります。出来たら、食べちゃおう、となります。東京では考えられない早い夕食です。
ボクは昔、豚汁に出汁を使いませんでした。使わなくてもいいものだと思い込んでいました。どーもピントがこない、と思っていました。何かの拍子にレシピを見たら「和風だし」と書いてあるではありませんか。
そーだ、具だくさんのみそ汁だから、出汁が必要だよな、と目から鱗でした。
その後、ボクは天才です。

豚汁を1人前作ることは至難の業です。今日も4人分くらいは出来ました。
おでんと同じで、一人の食べ物ではなさそうです。
でも、食べたかったら作りますよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


豚汁

「とんじる」と呼ぶか「ぶたじる」と呼ぶか、地方によって違うらしい。
大まかには「とんじる」と呼ぶ方が多いという。昨晩、ネットで。
国語学者が登場して、音読み(とん)と訓読み(しる)を重ねるのは間違いだ、という。
ま、どっちでもいい、今日は雨で寒いから、豚汁にしようと決意。冷蔵庫に豚肉が残っている。大根、ニンジンもあるから、里芋、ゴボウ、こんにゃくなどを買ってこよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)
酔っぱらいの電話

今夜11時、電話が鳴った。何年も会っていない友人だった。酔っていることは分かった。
「なにしてる?」と聞くから、農作業のことを話した。聞き終わって「そんなことが楽しいの」と言い放った。農民を見下しているな、と感じた。
終わりには、今年はブルーベリーを送って欲しい、一度もらったことがあるが、その後送ってこない、と苦情を言った。
いくら酔っぱらいのたわごとでも気分が悪い。
なんちゃって農民から、少しでも本当の農民に近づきたいと思っているのだから。
暖かくして寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


食材

EbiKariflower小エビを買いました。酒で炊いて、醤油と砂糖で味付けします。新しかったのでGoodでした。東京のスーパーで買うと、洗う段階で頭と胴体がバラバラになることがよくあります。これは、古いからで、猫のエサにしかなりません。だから、東京で食べることはありません。頭からバリバリ食べます。おいしく出来ました。

黄色カリフラワーというものを買ってみました。熊本産。価格も味も、白色カリフラワーと変わりませんでした。緑黄野菜の仲間入りをさせようという意図でしょうか?
ポテトサラダを作ってそれに加えました。サラダもいい出来でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


午後雪が降り出しました。
慌てて食材の買い出しに行きました。雪用タイヤに交換していないので、雪が積もると走れなくなるからです。
Snow雨まじりの雪だったので、積もることはありませんでした。今晩、降るかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)
変革

白鵬優勝!やったね、おめでとう。相手を倒したお礼も言いたい。スッキリした。
傲慢不遜な人物がいつまでものさばっていては気分が悪いから。

オバマが全米を制して大統領になるかも知れない。
そうなったら、人種差別の感情が表面化して、アメリカは大混乱になるのでは・・。
混乱を越えて変革が実現することを願う。
今晩は気分がいい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


舌ビラメ

Denchoボクの田舎では、この魚を「デン丁」(でんちょう)と呼びます。意味は知りません。
シタビラメです。フランス料理では、ムニエルにして1匹(1皿)2,000円とか2,500円しますが、ボクが買った値段は5匹で380円。雑魚扱いです。でも、美味しいです。写真は1夜干しです。焼いてレモンをかけて食べました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)
むかご(零余子)

むかごは、長芋や自然薯のツルにつく球芽です。
収穫期は秋ですが、いま、売っていたので、むかごご飯を炊きました。Mukago1
Mukago
畑のバイアグラといわれていて、5粒以上食べるな、という話を聞いたことがありますが、そんな嬉しい薬効はありません。ウソです。
塩(宮古島の雪塩)を少し入れて炊きました。抜群。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)
鍋料理

困ったときの鍋料理、とはよくいったもの。
ありものの野菜(みず菜、ねぎ、しいたけ、ほうれん草)かき、豚肉、糸こんにゃく、豆腐、
タレは高知県馬路村のゆず畑(ポン酢)
冷蔵庫の残り物が整理できた感じ。結構いけました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


農作業

昨日、今日と晴天に恵まれ、農作業をしています。
肥料(油かす)をやっています。春になって育つための肥料です。有機肥料をふやそう、と今年から。化学肥料も、3月に、少し与えます。

昼休みに「猫新聞」から原稿依頼の電話。
「あなたの猫の話は面白い」とほめられて、うれしくなって引き受けました。
書けるかなぁ?
2,000文字、写真3枚。締め切り2月いっぱい。

今晩のおかずはなににしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)
楽天ブックス

書籍販売サイト、楽天ブックスへ「ビビ」が登場してから、数日が経ちますが、順位にも登場しないし、誰も買ってくれていないらしい。可哀想になって、今朝、自分で1冊買いました。うーん、なんと言えばいいのか、この心境、本屋でもあまり売れていないようだと、自分で買ったりしますから。
よろしくお願いします。
http://item.rakuten.co.jp/book/5356075/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)
絵本

Kouryukanボクがブルーベリーを出荷する「地域交流館」に絵本「ビビ」を置かせてもらい販売を始めました。手にとってご覧下さい。写真の下段に見える本は、田布施町の前町長・寺田幹生さんの著作です。この本は、すでに100冊売れたそうです。どこまで迫れるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ワイ

野良猫の名前「ワイ」は白いからワイシャツのワイ(=ホワイト)。
朝と夜、台所の外で大声で鳴き、缶詰と牛乳を食べ、さっさとどこかへ消えました。
定住場所が出来たのだと思います。毛並みが悪くなっています。あれだけじゃれていたのに、手を出すとパンチが飛んできます。たった1ヶ月で心変わり。冷たいヤツだ。Y

| | コメント (0) | トラックバック (0)


先輩の死

村木良彦さんが亡くなったことを今朝の新聞で知りました。72歳、肝不全。
TBSを退職してテレビマンユニオンを設立。つねに、テレビの前衛を走り続けた。
萩元晴彦、今野勉との共著『お前はただの現在にすぎない』は、ボクがテレビ界に入った頃、番組制作のバイブルとして、何回も読んだ。
1昨年、ある番組審査で審査員としてご一緒し、お昼の弁当を雑談をしながら食べたのが懐かしい。
ご冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)
NHK

職員の制作費の横領事件から、強い決意で受信料の不払いをしました。どんな督促にも応じる事はありませんでした。結果、田舎のテレビは、契約解除の提案を受け、そうしました。たまっていた不払い金額の支払いは拒否しました。東京の自宅のテレビは、不払い金額が五万円くらいになっていました。これは絶対払わない事を条件に支払いを再開しました。
不払いの効果は、相当あった、と考えたからです。
再開するとき、どうしようかな、と思案した事がありました。
それは、自動引き落としにするか、集金にするかです。集金にしておけば、再度不払いを行う時、簡単だと思いました。しかし、面倒だ、という家族の言い分もあって、引き落としにしました。
東京へ帰ったら、もう一度、不払いを始めるぞ、と頭に来ています。
NHK職員であるという矜持のかけらも持っていない連中に番組なんか作ってほしくない。
インサイダー取り引きをやった他人を批判しておきながら、自分でインサイダー取り引きをやっているという犯罪は、人間としてもっとも汚い、卑劣な犯罪だ。しかも勤務中にやったヤツもいたらしい。
社会の不正をただす役割を持ったテレビが、自ら不正を行っているのだ。
組織が腐っているのだと思う。
組織としてのカルチャーがずたずたなのだと思う。
ぼくにできる事は、不払い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


パン

Bread自分でパンを焼きます。へー、と言って、びっくりする人がいますが、ホームベーカリーという自動パン焼き器は、寝る前に、粉と水とイーストを入れておけば、朝にはパンになっているという実に賢い器具です。
これを開発した人は、偉い、と感心します。半分は一人暮らしの隣のおばちゃんへ。一人では食べきれないので、食べてもらっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)
シイタケ

Shitake裏山に上がったらシイタケが出ていました。原木シイタケです。これは美味しいですよ。隣のおばちゃんへ届けたら、沢山の野菜をもらいました。大根、ネギ、白菜、長芋。
猫は、ワイがやって来て牛乳とネコ缶を食べて、さっさとどこかえ行きました。もどきは、現れません。
居住空間だけ簡単に掃除して、今晩は早寝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


もみじ饅頭

Momiji広島名物です。日本三景の一つ、宮島はもみじで有名。なので、もみじ饅頭。
赤福の代わりに買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


小旅行

雪、という予報だったので、恐る恐る起き出しましたが、まだ大丈夫。いま、午前7:00。
今から、山口県田布施町まで小旅行。到着は午後4時頃でしょう。ジパング倶楽部の割引切符で「ひかり」を乗り継ぎますので、「のぞみ」より時間がかかります。
野良猫が、まだいるかいなかい、気がかりです。
ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)
映画

「アース」を見てきました。
地球上の動物たちのハイライトシーンを集めたものです。面白いです。
必死で“生きる”姿から、ボクも生きる勇気をもらいました。不満を言ったり、自殺したり、仲間を殺したり、人間社会にあるような出来事は、彼らの世界には起こりません。「生きる」という1点に向かって行動しているからでしょう。学ぶところの多い映画でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


街路樹

Ichou_4
近所のイチョウが強剪定されています。なぜこんなに切るのか理解できません。茂った枝は、夏の日陰を作り、秋の紅葉を楽しませてくれます。落ち葉が大変、という苦情から切るのでしょうか。
キエフ(ロシア連邦、ウクライナ地方)の街は、森に中に街がある、と思わせます。
ケヤキに似た大樹が覆い茂っています。膨大な落ち葉だと思いますが、それでも緑が多くある方がいいと思う心が嬉しいです。
(ボクがキエフへ行ったのは、1970年代の後半、近年、チェルノブイリの取材で訪れた友人に聞きましたが、昔のままだったようでした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)
女優

告別式で、懐かしい女優さんに会いました。
原知佐子さん。72歳。帰りに、村上不二夫さんと3人でお茶を飲みました。
まだ現役で、来年の舞台のスケジュールが決まっている、と。
同志社大学出身の理論派女優で、ボクのAD時代、怖い女優さんでした。
高知県出身。
ご主人は、映画監督(TBS出身)の実相寺昭雄さん、一昨年、胃ガンで死去。
昔の映画界の話が面白かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


散歩猫

Cat4
告別式から帰ってきた午後3時頃、道路の真ん中にいるのは海です。
ご近所の探検から自宅へ帰ろうとしています。自宅は、右側のツタのからみついた汚い家。
ここにもう8年住んでいるので、ご近所では、ちょとした有名猫。
家の中にいると、通りがかりの小学生が「あ、海だ、海がいる!」と叫ぶ声が聞こえる事があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


朝の猫

けさは、先輩の告別式へ。
会場が遠いので早起き。
海は眠そう。それでも食卓へ上がるのは習慣。
「なんだ、ジャムか・・」

Cat3_3







バターを塗れば舐めたりかじったりします。そのシーンは、またの機会に。
昨年は、柚子のなり年でした。
 田舎でもジャムを作りましたし、立川でも庭の柚子がバカなりで、ジャムを作りました。
 パンに乗っているジャムは、それ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)
ストーブ猫

今日も寒いですねー。朝起きてエアコンのスイッチを入れたとき、室温は5度を表示していました。
もう一匹の猫「ウズ」(10歳メス)は、ストーブの前から離れません。

Uzu







今晩は、何年も会っていない友人4名と都心で会食。
新聞記者2名、大学教授1名、歯医者1名、それにボク。
面白い話があったら報告します。
それにしても、寒いなぁー。着込んで出かけよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)
花夢果夢

「花夢果夢」(かむかむ)は、歯医者さんの名前だと思うでしょう。違います。ボクのブルーベリー農園の名前です。気に入らない人が来ると、反対から読ませます。 ムカムカ、冗談です。
1999年から植え始め、今では、40アールに700本が育っています。
所在地は、山口県田布施町です。東京で山口県というと、どこじゃ、と考え込む人が多いですね。宮崎県のようになりたいです。
ボクのブルーベリーは、完全無農薬栽培、味には、力強さがあって、抜群です。
木はいま休んでいます。
剪定しています、と管理をお願いしている松村盛夏さんからBefore,Afterの写真が届きました。

Bb1Bb2_2








ブルーベリーは1本の木ではなく、ブッシュになります。枝が混んでくると剪定が必要です。

来週からボクも農園に行って、肥料やりや枯れた木の植え替えなどの作業をします。
寒いですよー。凍えます。
「ビビ」とは、この農園で出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)
食卓の猫

ブログを再度、始めます。
ニフティーの「ココログ」というブログで、容量が10MBありますので、長生きをしなくてはなりません。
内容は、猫の話、ブルーベリー農園の話が多くなると思います。
どきどき、覗きに来てください。

立川の自宅には2匹の猫がいます。
今後、写真に多く登場するであろう猫は、海(かい)という名の白黒のオスで8歳になります。
生まれて数週間目に拾ってきたので、ヒト化しています。
食事の時、ケージに入れていましたが、ニャーニャー鳴いてうるさいし、目が合うと恨めしそうに、なぜこんな目に遭わせるんだ、と睨み付けるので、落ち着いて食事が出来ません。なら、いっそのこと、放して食卓でイタズラを防止しながらの方が、と思い、そうしています。
食卓では、海も家族の一員です。

食事の支度が始まると、早くしてくれ、と言わんばかりに、食卓の上で待っています。

魚があると興奮します。
人間は、猫の手が触れたり、舐められたりした食物を平気で食べています。
ヒトもネコ化しています。

Tablecat1_3_2 Tablecat2_3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »