« 動物も嬉しい春 | トップページ | 猫、病院へ »

2008年3月26日 (水)
ミツバチ

Bee1Bee2ボクのブルーベリー農園「花夢果夢」にミツバチがやって来ました。ブルーベリーの受粉に活躍してもらうと同時に“ブルーベリー蜂蜜”が採れます。一石二鳥です。
日本で販売されている蜂蜜は、ほとんどが中国製だそうですから、国産は貴重です。
農薬を使用する場所の蜂は、農薬入りの蜂蜜を集めます。
ミカンは、相当農薬を使います。ミカンの花の蜜を吸うと蜂が死ぬそうです。養蜂業者はミカンの花を嫌います。
ご注意ください。それでも「ミカンの蜜」が売られています。買わないほうが懸命です。
ブルーベリーは無農薬で栽培しますから、蜂蜜も安全です。
(写真:松村盛夏さん)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/40642640

この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチ:

コメント

ミツバチが不眠不休で働いた糧を取り上げる(盗りあげる)とは不届き千万、許せぬ、場所をいいなさい、私がお先に・・いただきたい。

投稿: 巨保 | 2008年3月26日 (水) 22時13分

ちょっと、見つかりにくい所に置きました。蜂は2キロが守備範囲らしいので、かなりと遠くてもOK。

投稿: ねこ屋亭主 | 2008年3月26日 (水) 23時03分

ミツバチに受粉してもらうなんて、のどかな感じがして良いですね。「花夢果夢」特性のブルーベリー蜂蜜を舐めてみたいです。ブルーベリーは、ミツバチさん以外では、どんな受粉の仕方があるのですか?

投稿: シカゴの寅次郎 | 2008年3月28日 (金) 08時51分

受粉は、自然に存在する、やはり蜂だと思います。
春先は、蜂の数が少ないので、この時期の咲く花は、強烈な臭いを放ちます。蜂を呼び寄せるためです。マンサク、沈丁花、など。
ブルーベリーの開花は5月ですから、蜂の数は十分だと思いますが、多ければ多いほどいいと思います。

投稿: ねこ屋亭主 | 2008年3月28日 (金) 09時37分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。