« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)
雨の土曜日

Utsugiもう3日も雨が続きます。写真は「梅花うつぎ」です。この雨でほとんどの花が終わりましたが、これは鉢植えで、玄関に置いていました。なので、雨に打たれずに咲いています。

Mさんにパソコンの設定を依頼していました。きょう雨の中を来てくれました。
いつも、電話で教えてもらいながらやるのですが、今回はちょと複雑で、来宅願いました。

「ビビ」の販売店が増えました。
岐阜市にある絵本専門店「おおきな木」です。
http://www.andynet.co.jp/ookinaki/top.html
サンプルを送り販売を依頼しました。送ったサンプルを店においていたら売れました、という報告で、5冊注文をもらいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)
推薦本

Mori
「森のくらし」〜森のおじさんとゆかいな仲間たち〜 中村みつを著 リヨン社 1300円+税
山小屋のおじさんと動物たちや山歩きにやってくる人々との暖かいユーモアに満ちた交流をマンガとエッセイでつづりました。山大好き人間、中村みつをの本領発揮!ほんわか、じんわり心に沁みる絶妙の読み物。
自然って、すばらしいと思います。自然は、人間の素朴さを回復させてくれ、やさしさを取り戻してくれます。
読んでいる途中で、本を投げ出し、よし、森に行こう、と思います。
(中村みつをさんは、「ビビ」の絵を描いてくれた画家です。文章もうまい!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)
クラスター爆弾

クラスター爆弾が禁止されました。この爆弾を、日本がなぜ持っているのか、その理由を政府はどう説明しているのか知りませんが、他国を攻撃しない国が、なぜ、この爆弾が必要だったのでしょうか?
Cluster(クラスター)とは、房という意味です。ぶどうの房を想像して下さい。空中で、ぶどうの房がバラバラになって、一粒一粒バラバラ降ってくるのです。不発の確率が高く、地上に不発弾がゴロゴロしています。
子どもがオモチャにして遊んで怪我をしたり死んだりします。地雷と同じように民間人を殺す兵器です。
戦争をなくすことも、貧困をなくすことも、やろうとすれば出来るのです。
世界世論を作り上げれば、出来ると思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


お知らせ

「ビビ」がFMで朗読されます。
放送局:エフエム熊本(周波数77.4)
番組タイトル:「朗読〜声の贈りもの」
        朗読者:池田さとみ
日時 :6月16日から19日(4回にわけて放送)
時間: 午後2:40分〜2:50分

熊本県のみなさま、よろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)
きょうの海

KaiKai2Kai3
写真左:庭に野良猫が入ってきたので、興奮しています。「ここはボクのテリトリーだ」というわけです。戦闘態勢に入ったら、尻尾が大きく膨らみます。自分を大きく見せ威圧感を与えるためだそうです。
写真中:道路の真ん中で寝転がって、背中をゴシゴシする仕草をします。これは何の意味か知りません。
写真右:暑くなったら、地べたが気持ちいいようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

Potato
「じゃがいもがきた道」ー文明・飢饉・戦争
 山本紀夫著 岩波新書 740円+税

 植物がお好きな方、じゃがいもがお好きな方、お勧めします。
 【じゃがいも豆知識】
 この本から:
  原産地はアンデス山脈。原種のイモは小指くらいの大きさで、アルカロイド系の有毒物質を含んでいるので、腹痛を起こしたり死んだりする。
 改良され栽培植物になった現在のじゃがいもも、芽には毒がある。
(田川の助言)
 料理の時、芽はしっかり取り除きましょう。
 ちょっと高いピーラーにはじゃがいもの芽をくり抜く円い輪が付いていますから便利です。

 19世紀半ば、じゃがいもの病気が流行し、アイルランドのじゃがいもが全滅し、国民は飢餓状態に陥った。
 主食がじゃがいもだけだったこと、じゃがいもの品種が単一の品種だったことなどがあり、被害を拡大させ、
多くの国民が国外に流失した。
 アメリカへ逃げたケネディ一家も、じゃがいもの疫病が逃げ出す動機だった。

 地球の食糧危機を語るとき、それは穀物のことを指しますが、じゃがいもは、食糧危機をを救う重要な作物であると結論づけています。

 ボクの知識から:
 2ッのテーマで開発されたじゃがいもがあります。
 1)糖分が少ないじゃがいもを作れ。
   油で揚げたとき、糖分が多いと黒くなります。白くきれいなポテトチップスを作るために。
 2)機械処理するのに、芽がないじゃがいもを作れ。

 出来たじゃがいもは「アイダホポテト」といいます。 
 マクドナルドなどのハンバーガー店で使われています。
 日本の若者は、あの味ががじゃがいもだと思っています。
 男爵の肉じゃがなど食べさせたらビックリするでしょう。
 
 ビタミンCを多量に含んでいて、サプリメントのビタミンCはじゃがいもから作るのだそうです。
 じゃがいもは、偉い植物です。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)
小型木像ビビ

Bibi小型ビビに会ってきました。
紀伊國屋書店国分寺店。大事にしてもらっています。ありがたいです。
店長の谷栄二さんに会いました。
「どーですか、売れ行きは?」
「在庫が少なくなりました」
「嬉しいです。木像ビビ効果でしょうか」
「そうです。追加をお願いします」
がんばってな、とビビに声をかけて帰りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


ビビの歌

Bibisong「ビビの歌」を作ります。スタッフが初顔合わせ。ボクは全員と仲良しですが、それぞれは初対面。
左から、作詞:よしのえみ 作曲:コーセイ 歌:瀬川倫弘 ピアノ :瀬川はるな(敬称略)
作詞作曲は出来ています。3日に仮歌を録音します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)
ドーナツ

Logo1Doughnut
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」
アメリカ生まれのドーナツで、新宿店では、毎日行列ができ、2時間30分待ち、という表示を見たことがあります。たかだかドーナツなのに、と思っていました。それが我が街立川のルミネ1階に出来ました。すごい行列でした、最初は。いまは、10分位の待ち時間で買えます。きょう、所用で外出したので、買ってみました。
単品売りが主流ですが、Expressという窓口があって、あらかじめセットになったものが買えます。(写真)
12個入り、1,800円、1個150円。
いやー、甘くて甘くて、頭がしびれそう。さすがアメリカ人好み。病気になりそう。苦いコーヒーがないと食べることができません。若者諸君、健康に気をつけよう。
(写真は携帯で撮ったので大きくなりません)

| | コメント (4) | トラックバック (0)


がんばる先輩

Kawarashi_3「かわら誌」B5版8ページ 発行人・河原公輔
発行人の河原公輔さんは、九州朝日放送のプロデューサーでした。定年退職して、この冊子の発行を始めました。雑誌の編集が若い頃からの夢だったのだそうです。
年に4回かな、送ってきます。今回で25号。無料配布。よく続いているなぁ、と感心します。広告はありません。
印刷費と発送費は相当なものだと思います。ボクも2回、書かせてもらいました。原稿料はなし。それでも、福岡在住の著名人が寄稿します。それぞれの人生の歴史が活写され、そして、いま何を目指して生きているのか、が、飾りのない文章で生き生きと書かれています。勇気をもらえる冊子です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)
けさの猫たち

UzuUzu2Kai写真左:ウズが乗っているのは爪研ぎ板です。乗るモノではありません。この板をガリガリ引っかいて爪研ぎをします。これがあれば、柱とか、他の所をやらないわけではありません。
写真中:ウズは庭のバケツから水を飲みます。室内に清潔な水があるにもかかわらずです。冬、氷が張ったら途方に暮れます。しばらく溶けるのを待っているようですが、しびれを切らし、どこかへ行きます。
写真右:朝の散歩から帰った海は、だらしなく寝ています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)
写真集

Photo2
田沼武能写真集「アフリカ」〜子どもたちの日々〜
発売:ネット武蔵野 
定価1900円+税

この写真集は、第4回アフリカ開発会議を記念して発売されました。
アフリカ23ヵ国の子どもたちが収録されています。
ボクも同行した国がほとんどで、ボクの仕事とも重なり、資料としても、思い出としても貴重な写真集です。
田沼武能さんとボクの見聞を分かち合ってもらいたいと思い、当ブログの熱心な読者3名にプレゼントします。
先着順とします。コメント欄に「写真集希望」と書き込んでください。


| | コメント (4) | トラックバック (0)


原画展終了

Asahitowns本日5時で原画展が終了しました。来場いただいたみなさん、そして「ビビ」を購入していただいたみなさん、ありがとうございました。紹介記事を書いていただいたメディアのみなさん、感謝します。
特に、15日付のアサヒタウンズ(写真)は多くの読者の関心を呼び、来場者が劇的に増えたようです。
現在、オリオン書房のHPのランキングでは、児童書部門では1位、書籍全体でも19位にランクインしています。
今後、全国的に、どのように展開すればいいか、面白いアイデアがあれば、提案してください。
よろしくお願いします。

追記:期間中(5月2日から22日まで)に売れた冊数は110冊でした。ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)
お知らせ

Africa1_6Africa2_2
公開セミナー
田沼武能&黒柳徹子アフリカを語る!子どもを語る!
日時:6月4日(水曜日)14:00〜15:30分
会場:情文ホール(横浜情報文化センター6階)
入場無料 200名まで。
下記サイトで受付中。
http://www.bpcj.or.jp/
写真展「アフリカ」も同時開催中です。

田沼武能最新写真集
「アフリカ」発売中!
 発売:ネット武蔵野
 定価:1900円+税

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)
今日の猫

Nora1_8Nora2_5Kai_3快晴でした。お昼頃から3時まで、自分の会社の税務処理で、税務署、都税事務所、市役所、の3カ所を回りました。運動のために徒歩でがんばりました。汗をたっぷりかきました。
夕方、近所で2匹の野良に会いました。暖かななったので、元気です。それにしても、このへんの野良は体がきれいなんですよね。飼い猫の海なんか、薄汚くて恥ずかしいです。
3番目の写真は、家人と朝食中の海です。パンも食べるし、ほとんど何でも食べます。食事の時は、いつも食卓にいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)
赤福

Akafuku「赤福」を食べました。やっと。
以前との相違点
1)モチに粘りがあって、伸びが違います。以前のモチはサクサクして簡単にちぎれていたように思います。冷凍して解凍していたからだと思います。
2)あんこは、あっさりです。以前のモノは、売れ残りのあんこを煮なおして、コクが出たのではないでしょうか。
久しぶりで堪能しました。
新神戸駅のホームのキオスクで買いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


東京へ

上京か帰京か、うーん、最近は、上京の意識のほうが強いかな。
猫も植物たちも、「待ってるからね」と言っているような気がします。
晴天、ねこ屋亭主、本日上京。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)
松の木

Matsu新芽がツンツン立ち上がっています。これを摘み取らなければ庭木としての価値がなくなります。山にある松の木と同じようになります。
この作業は時間がかかるし、厄介です。
植木職人へ頼むと高いそうなので、自分でやりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


正解は

Momiji2モミジの種が正解です。 トットットさん正解です。お約束通りブルーベリーをお送りします。
まだ実は完成していませんから、これは腐るだけで、発芽はしません。夏の終わり頃、飛ぶ実が発芽します。
モミジの知恵もすごいと感心します。まず、プロペラ状になって、風を受けて遠くまで飛ぶように工夫されています。種の下に付いた茎みたいなモノ(柄?)が長いのも、高く掲げて遠くに飛ばそうとする意志だと思います。
少し強い風が吹けば、簡単に枝から離れるようになっているのも、工夫の一つだと思います。

動物も面白いですが、植物も面白いですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)
クイズ2

MomijiMomiji3田舎にはクイズのネタはたくさんあります。
これは、なんでしょう?
写真1)洗濯物(バスタオル)へ飛んできてくっついていました。風が強い一日でした。
写真2)あちこちに飛んできたのを集めてみました。
さー、これはなんでしょう?

明朝10時まで。
賞品は、ブルーベリー500 グラム先着1名様。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


ひな

Swallow田舎にいると、こんな可愛いものを見ることが出来ます。
ツバメです。親がエサを運んで来るのを待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


クイズ

Quizこの花は、なんの花でしょうか?回答期限、夜10時まで。
正解者には、ブルーベリー500グラム、宅配付き。(7月後半)
何十人も、何百人も正解者が出たら対応できないので、先着5名様まで。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)
ご招待

OhecatOhefusai猫が縁で、大恵栄子さんご夫妻にお昼ご飯をご馳走になりました。猫の話をしましょうと。油絵で描かれた猫(写真左)は、5ヶ月前に家出したまま、帰ってこないのだそうです。「早く帰っておいで」と心の中でつぶやきながら生活しています、と。人前では泣けないので、お風呂に入って一人で泣いています、とも。
ボクの絵本「ビビ」を読んで共感していただいたのがご縁でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)
作業と昼食

AmiLunch今日の作業は網掛け。これが大変。あちこちに引っかかり、計算通りにいかない。ボクはボーッと立っているだけ。松村さん、大活躍。
お昼は、松村さんの奥さんの料理を農園の休憩所で。一人暮らしの隣のおばちゃんも呼びました。
年に何回か、こうしてお弁当を食べます。これが楽しい。奥さんの料理が抜群。すばらしい味付け。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)
カモミール

Camomile2Camomile1ブルーベリー農園「花夢果夢」の花壇にカモミールが咲いています。(松村さんの奥さん栽培)
今日は、少し花を摘んで帰り、お昼にカモミールティーを飲みました。
香りが素晴らしい最高のお茶でした。(花に熱湯を注ぎます。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)


原画展報告

Bibi1Bibi2_2原画展の様子を見に行ってくれた徳田純一さんの報告です。(写真も)
本の売れ行き好調。(册数は終わってから集計を報告します。)ポストカードもどんどん売れているそうで、嬉しいです。ビックリしたことに、ビビの前に募金が置いてあったそうです。
ありがとうございます。絵本を読んでいただいて、ボクが途上国取材を続けていることを知ってだと思います。ユニセフへ募金させていただきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)
四川大地震

四川省の成都も都江堰も行ったことがあるので、身近に感じます。
ニュースで、援助の物資は受け入れるが、人は受け入れない、と批判していますが、この被害状況で人の受け入れは、なかなか難しいと思います。医師や救助専門の消防隊員が行っても、交通手段、宿泊所、食事など、ロジスチックス(生活基盤)をどうするか、現状で、中国側が手当てできる状態にはありません。このような大災害の時は、自己完結型組織を派遣しなければ、役に立ちません。医師を派遣するとすれば、その医師をサポートする要員と機材を同時に派遣しなければなりません。日本では、その能力は自衛隊にしかありません。
民間の援助隊員が成田に集合して入国許可を待ったそうですが、許可が出なかったのは、ロジの問題だったろうと思います。
ミャンマーがサイクロン災害で、外国からの人的要員を受け入れないのは、体制維持のためで、四川の地震を同列に非難するのは間違っていると思います。

余談ですが、四川は四川料理で、日本人にもおなじみです。ものすごい辛い料理です。
麻婆豆腐はお好きですか?
マーばあさんが開発した料理で、その店がいまでも成都にあります。
サンショウがすごくて口がしびれて味が分からなくなります。
なぜ四川の人は、こんな辛い料理を食べるのか、行ってみなければわかりません。
ここでは、1年のうち、太陽が顔を出すのはほんのわずかで、ほとんど曇っています。しかも、湿度が高く蒸し暑いです。四川の犬は太陽に吠える、と言われます。滅多に太陽を見たことがないので、ビックリして吠えるのです。
そんな気候なので、辛いものを食べて汗を流し、元気を取り戻すのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


面白ねこ映像


友人が、今人気のねこ動画です、とメールをくれました。
面白いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)


モズ

Mozuモズ君へ、
網を張る支柱をたくさん立てたから、カエルを見つけるのに便利がいいだろう。嬉しそうだものね。
しかし、もうすぐ、畑全面に網を張るから、ここは君たちのエサ場ではなくなります。
網にかからないように気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)
今日の料理

Tako「タコの柔らか煮」を作りました。タコが大好きです。特に柔らか煮。ボクの得意料理でもあります。
地物のタコがあったので。まだ食べていません。5時間くらい、味をしみ込ませて食べます。
田舎のキッチンには「おかずノート」があって、好きなモノのレシピが満載です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


カエル

<Kaeru_2カエルに詳しくありませんが、アオガエルではないでしょうか。「アオ」ではなくて「ミドリ」だよ、と言いたそうに、草の緑と同化しています。可愛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ねこ新聞

「ねこ新聞」(月刊)をご存知でしょうか。編集者の人柄と粘りで、良質な読み物になっています。
執筆者のほとんどが著名人です。編集者(原口さん)との電話のやり取りから(ビビを紹介してもらいましたから)「書いてくれませんか」と問いかけられ、嬉しかったので、即座に「書かせていただきます」と返事をしました。
5月号に「食卓の猫」というタイトルで飼い猫の「海(かい)」のことを書きました。
値段は350円か360円くらいです。いま、田舎で、コピーをみただけで、写真も紹介できませんが、
よかったら、読んでみてください。書店では売っていないため、新聞社へ直接電話してください。
郵便振り替え用紙を入れて送ってくれます。
電話:03-5742-2828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)
今日の野良猫ワイ

Y
今日は、朝も夜もエサを食べに来ました。
この写真は、夕食をすませ、夕日を浴びて居眠りしているところです。(4時30分ころ)
だんだん、食べる量が増えてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


農園作業

Kuiuchi今日の農園での作業は、防鳥ネットを張るための支柱を立てています。40アール全面に網を張って、一粒たりとも鳥には食べさせない、という意気込みです。日頃使わない筋肉を使うので、ボクはヘロヘロです。
写真の人物は、松村盛夏さんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)
絵画展

Ohesan猫好きで、ボクの絵本「ビビ」を買って下さった大恵栄子さんから絵画展の案内をもらったので出かけました。(田布施町・サリジェ)
十数年ともに暮らした猫が突然いなくなったのだそうです。その猫を描かれました。
目は金を使いました、と。いつか帰ってくるだろうと待っておられる様子でした。
涙を流しながら描かれたのでは、と想像しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


柏餅

Kashiwamochiボクの田舎の柏餅は、柏の葉は使いません。サルトリイバラの葉二枚で包みます。この地方(西日本)では、伝統的にサルトリイバラです。
柏の葉を使わなければ、柏餅ではありませんが、なぜか、呼び名は柏餅です。
柏の葉は中国から輸入していると聞いて、東京の柏餅は食べる勇気がなくなりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)
お友だち

Taiki今日は雨です。神様が休め、と言っているのでしょう。骨休めです。
けさ、小さな友だち、岡部泰樹君(小学3年生かな、多分)がお土産(写真)を持ってやってきました。合唱団の練習に行く途中だといって、急いでいたので、写真を撮り忘れました。
彼とは、長い間、友だちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)
椋鳥(ムク鳥)

Muku草刈をすると、草の中から昆虫が飛び立ちます。それを目当てに椋鳥のつがいが、一日中、つきまとっていました。大きな音が出る草刈器に、5メートルくらいまで近寄ってきます。草刈器に近いほど虫を捕らえるチャンスは大きくなるからです。
「お前たち、今日は、食べ過ぎだろう」と声をかけて別れてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


野良猫ワイ

Y05エサを置かずに帰りました。イタチが食べて、フンをまき散らし、あちこちイタズラするからです。だから、猫はいない、と思って帰りました。しかし松村さんが最近見かけたよ、と教えてくれました。あなたが帰るのを知ってやって来たな、と思ったと。そして随分痩せていた、とも。
ちょっと可哀想になりました。
きょうが3日目です。ボクも猫化していますので、きょう来るな、とわかるのです。
昼、畑から帰ったら、土間で大声でニャーと鳴きました。ボクも、ニャーと鳴きました。
姿を見たら、確かにやせていました。ネコ缶を食べさせ、牛乳を飲ませ、カリカリを与えましたが、これは残してどこかへ行きました。
一時は、メタボキャットと名付けたほどデブでした。さー、今度はどうしようかな、と悩みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


朝食

Breakfast田舎の一人暮らしで、何を食っているんだ、と時々聞かれます。
今日の朝食です。
1)サラダ
  サニーレタス
  アボガド
  いちご(隣のおばちゃん栽培)
  サヤエンドウ(隣のおばちゃん栽培)
  リンゴ
  カボチャ
  キュウイ
2)ベーコンエッグ
3)食パン(自分で焼きます。地元産のハチミツで食べます)
4)ミカンジュース(地元産、濃縮還元ではない)
5)コーヒー
労働するのに、体重は増加。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)
ミツバチの管理

Bee1Bee2ミツバチは煙が嫌いらしく、巣の点検をするとき、煙を吹き付けて蜂を逃がします。(写真左)
今日の点検の目的は、女王蜂の巣を発見して、それを破壊することです。(写真右)
女王蜂が1匹増えると、働き蜂を連れて逃げ出します。そうすると、元の集団の蜂が減ってしまいます。
それを防ぐために、女王蜂は1匹にとどめます。
さて、女王は、もともとオスだというのをご存知でしたか?
びっくりですね。働き蜂が集めてきたロイヤルゼリーを食べたらメスになるのだそうです。
性転換です。ロイヤルゼリーって、スゴイものなんだなぁ、とびっくりしています。
(この件、トットット さんの指摘で調べたら、間違っていました。コメント欄に正解を書き込みました)
写真の人物は、松村盛夏さんです。網を被りますから、誰か分かりません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)
田舎情報

夕方、蚊が出てきて、蚊取り線香を炊きました。びっくりです。
ツバメは来ているようですが、猫は、エサをおいていないので、1匹も現れません。
夜は寒くて、ストーブを焚いています。冬の布団で寝るつもりです。

ニュースから。
ミャンマーのサイクロンの被害への日本の援助額、少なくてはずかしいです。
数日前、発電機50台とテントが何張りかで、2千万円程度でした。
50台は日本の台風被害程度ですよ。はずかしい。
今日のニュースで、3千万円台になっていましたが、それにしても、日本人のセンスを疑います。
援助活動の経験のない、役人の発想だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)
田舎へ

7日、田舎へ移動します。(山口県田布施町)
名古屋駅で「赤福」を売っていればいいなぁ、と期待。
事件前より、美味しくなくなった、あっさりしすぎている、という評判ですが・・。
田舎の情報をお届けします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


「ビビ」の歌

Kousei「ビビ」の歌が作詞・作曲まで出来ました。
作詞:よしのえみ
作曲:コーセイ
歌  :瀬川倫弘(クラシック歌手・テナー)
写真は作曲家のコーセイ(本名・森本浩正)さんです。昔からの友だちです。芸大の作曲科卒で映画音楽などで活躍しています。きょう、譜面と仮歌のCDをもらいました。
これをクラシック歌手が歌うとどうなるか、ワクワクしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)
ショウブ湯

Shoubuややこしい話です。
ショウブ=サトイモ科
ハナショウブ=アヤメ科
種類の違う植物で仲間ではないそうです。
漢字で書くと、
ショウブ=菖蒲
アヤメ=菖蒲
違う植物なのに、同じ漢字を使います。
(中国から導入したときの混乱がそのまま使われているのだそうです。文科省で直せばいいのに、と思います)

香りが強いので、魔よけの意味、葉っぱが鋭く剣の形をしているので、男の子が強くなるように、端午の節句に、
そんなことからの風習のようです。
スーパーで買ってきました。一束150円。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


うれしい看板

NekokanChikasan赤坂のオオクラホテルの近くで見つけました。事故多発地域なのでしょう。近くにポリスボックスがあったので「猫、いっぱいいるの?」と聞いたら、「野良がいっぱい」と答えてくれました。看板の設置場所はお寺の境内でした。さすが殺生を嫌うやさしい住職の行為のようでした。
右の写真の美女は猫とは関係ありません。
三重県の四日市から歌舞伎を見に上京した友だちです。
寺本千賀子さんといい、歯医者さんです。四日市で歯の悪い方、アイデンタルオフィスへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


植物三昧

連休は、植物に浸っています。
シベリアのツンドラ地帯では、温暖化と、人間が森林を伐採して地面に太陽が当たる時間が長くなるので、凍土が溶けて、樹木が倒れるのだそうです。
倒れる木の名前が知りたかったので、北海道の辻井先生にメールを書きました。
すぐ返事が来ました。
シベリア・トウヒ(唐桧、=エゾマツの仲間)が多いです、と。
先生は生き字引です。
絵本のあらすじを作っていますが、荒唐無稽な話では説得力がないので、ある程度、科学的根拠に基づいたファンンタジーにと思って勉強しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)
柏もち

Kashiwa_2葉っぱは中国産だそうです。疑ってもみませんでした。今日食べました。
三重県の小学校では、ポリエチレン製の人工葉に変えたそうですが、生徒は知らずに葉っぱを食べたそうです。
その数、29人に。
以前からの表示「天然葉を使用。食べても人体に影響はない」」がそのまま残っていたからだそうです。
柏のあの臭いがしない人工葉では、柏もちとはいえません。
農薬のない日本製の柏を生産して、伝統的な食品を残して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ぶらり原画展

Gengaten午後、天気が回復したので、ぶらり様子を見に出かけました。示し合わせたわけではないのに、中村みつをさんとバッタリ。思いは同じで、なんとなく気になるのです。
本屋さんは混み混みで、原画展のラウンジもいっぱいの人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


食卓の猫

Kai飼い猫の「海」です。夕食時になると、食卓にあがり「早くメシにしてくれー」と鳴きます。
自分の食事は終わっていますが、さらに人間のメシを狙っているのです。
自分の口に合うものがなかったら(魚がなかったら)機嫌が悪いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)
原画展のお客様

Guest伊藤真衣子さん(写真右)はボクのHPの読者で、ネット上で番組や絵本のPRを活発にやっていただいています。きょう、初対面でした。高度なエステの国際ライセンスをお持ちで、自宅で開業されているのだそうです。写真左は伊藤さんの同級生の深沢さん。嬉しいお客様でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)
原画展準備

BibiGengaten1
Gengaten2
Gengaten3
写真1)三鷹の児童書専門店「りとる」で活躍していたビビを立川の原画展会場の「オリオン書房」へ移動しました。店長の中野玲子さん、ちょっと寂しそうに「また帰っておいでよ」と言って見送ってくれました。
写真2)飾り付けをする中村みつを画伯。
写真3)ビビには触っていいですよ、と案内を書いています。
写真4)ビビがお待ちしています。
会場で「ビビ」を買っていただくと、ポストカードを1枚プレゼントします。
作業中から、本は売れ始めていました。
立川市オリオン書房ノルテ店(パークアベニュー3階)ラウンジで開催。
5月2日から22日まで。
(木彫ビビの製作者は山口県在住の林隆雄さん 、チェーンソーアーチスト)

| | コメント (2) | トラックバック (0)


猫の寝場所

Uzu_2飼い猫の「ウズ」です。冬の間、使用していたツイードの帽子を寝場所にしています。
猫は、寝場所、居場所を見つける天才です。
カシミヤと羊毛のセーターがあると、必ずカシミヤを選んで寝ています。
夏になると、猫がいる場所が部屋の中で一番涼しいところです。冬も同じことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »