« 猫の日曜日 | トップページ | 今日の野良 »

2008年6月 1日 (日)
生き物との付き合い方

都会育ちのO嬢にミツバチの話をしました。
反応は次のようでした。
「エー!それって、ドロボーじゃん。猫をかわいがる田川さんがそんなことしていいの?」
ミツバチが蓄えた食料(蜂蜜)を失敬するわけですから、言われなくても、ドロボーです。

松村さんのメールです。
「網にヒヨドリが2匹、モズが2匹引っかかって死んでいました。網を早く張るのも考えものです」
 ブルーベリー農園に防鳥網を張りました。
 ヒヨドリが大量にブルーベリーを食べるからです。

週末、京王線に乗りました。
座席に腰を下ろしたら、黒い羽アリがシャツに付いているのに気が付きました。反射的に指ではね飛ばしました。その羽アリは床に落ち、歩き始めました。誰かに踏まれるかもしれないな、と思い、ヤバイ、と思いました。
虫から目を離したら、斜向かいに座っていた20代の少女の目もその虫を追っているのに気付きました。居心地が悪くなりました。彼女はボクを非難しているに違いないと思ったからです。まだ虫は視界にいました。拾い上げようかな、とも思いましたが、窓ははめ殺しで開きません。次の駅で何とかしよう、と思っていたら、視界から消えました。その後、ボクも少女も、何ごともなかったように装っていましたが、気分は重かったです。
少女はボクより早く下車しました。

猫の食器にアリが数匹。掃除機で吸い取りました。
日常的な行動ですが、羽アリの件を思い出し、いいのかな、と思い、でも、仕方ないなと思いました。

結局、みんな人間の都合で生きています。
でも、これでいいのだと思います。モグラはミミズを食べ、ツバメは昆虫を食べ、これらの行為が生態系を構成し、生き物を乗せた地球がバランスを保っているのだと、自分に言い聞かせています。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/41394439

この記事へのトラックバック一覧です: 生き物との付き合い方:

コメント

全てのことは、起こるべくして起こるのではないかと私は思います。それは、人間も含めて全ての生き物は生かされている、という、何か運命のようなものがあるのではないかと。

アリたちが電車の中や田川さんの家に迷い込んだのも、彼らの運命だったのではないかと思います。

映画「アース」の中で、チーターが鹿を捕まえるシーン、鹿が転んだ後おとなしくなったあのシーンを観た時、鹿から「私の命をあなたにあげます」という声が聞こえた気がしました。あの鹿が、あそこで転んでしまったことも、運命だったのではないかと思うのです。

私は、食事をする時、肉や魚、野菜を食べる時には、「ありがとう。これからは私の中で私といっしょに生きてね。一生懸命生きるからね。」と感謝をしていただきます。

食肉にされてしまった牛や豚を、”かわいそう”と思うこともできるけれど、私は、”ありがとう”と思うことにしています。私の勝手な解釈ですが、そういう捉え方もあるのではないかな、と思います。

投稿: エンジェルスカイ | 2008年6月 1日 (日) 23時12分

う~ん・・・考えちゃいます。
タイ人は蚊も殺さないって、何かの本で読んで、ほんとかナ?って、思っていました。
私の花の木に、青虫がついてたんで、棒でつっついてたら、通りかかった;おくさん;・・・・ひょいとつまんで、草の生えてるほうに、放りました。
ほんとだ、殺さない・・・・って、思いました。
でも、店には、蚊取り線香も、シューってやるやつも売ってます。
アリなんかに、食われたら、瞬時に腫れ上がるやつもいます。
花いじりしながら、ふんずけちゃいますよ・・・・。

O嬢さまの言う通り、私も、ミツバチが気の毒です。
それは、いつも、感じながら、ハチミツ、食べてます・・・・。

投稿: ユッキー | 2008年6月 1日 (日) 23時23分

「今、起きていることは、最善のことである。」新聞に「心に残る言葉」という記事があって、強く心に残っています。きっと必要な出来事だったのでしょう。へびの赤ちゃんを草地へ移動させようとして、死なせてしまいました。私はへびがこわくてたまらなかったから、持っていた棒にきっと力が入りすぎてしまったのです。何度も何度も「へびの赤ちゃん、ごめんなさい。」とあやまり、土に埋めて、お花を供えました。もうすぐ一年になりますが、重いです。
以前、2年半だけ田舎で暮らしました。近くに豚舎があり、金曜日と土曜日にはお肉も販売していました。毎週月曜日と木曜日の朝、トラックいっぱいに、背中を赤や黄色や緑の線をぬられた豚がブヒブヒーないて、屠殺場に連れて行かれる時、犬の散歩中に見かけたりしました。とてもおいしいので、毎週豚肉やハムやベーコンをお買い物していました。それを見てから しばらく家族で私だけ食べられませんでしたが、感謝して、心をこめてお料理して、残さないで食べることだと気がつきました。

投稿: Linda | 2008年6月 2日 (月) 14時42分

「ありがとう!」

でいいと思います。

頂いたからには、ちゃんとガンバリマス!
ベジタリアンにはなれませんもの。

やっぱり細胞が良質な動物性のタンパク質、
つまり生きている命を欲しますから。

頂いたら御礼を心を込めて言いたいと思います。
ちゃんと味の分かる、添加物のないものを選んで頂いています。

投稿: CNA YUKI | 2008年6月 2日 (月) 21時55分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。