« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)
お化けシイタケ

Siiiakeシイタケは、収穫しないとフライパンのように成長します。でも、すごく美味しいです。ボクの田舎の裏山から届きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


散歩道

散歩道
携帯からテスト。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


猥雑・歌舞伎町

Kabukicho同窓会に行くのに、歌舞伎町を通り抜けました。「無料案内所」という暖簾が下がった、怪しげな店が何軒かありました。立ち止まって眺めましたが、何の店かさっぱり分かりませんでした。
吉村さんに聞きました。
キャバクラにはじまって、言葉では言えない、その先まで、何をしたいかを聞き、紹介するところなのだそうです。
歌舞伎町は、すごいところ、まるで公衆便所、と吐き捨てました。
「朝がすごい、早朝割引があって、並んでいますよ。マンガなんか読みながら。ちょっと恥ずかしそうにしているけど。結構年配の人もいますよ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)


同窓会

HatsumomijiDosoukaiYosimura田舎(山口県)の高校・熊毛南高校の同窓会は年に2回開かれます。仲間の吉村弘造さんがやっている店を盛り上げよう、という意図があるからです。
インド料理「HATSUMOMIJI」新宿区歌舞伎町2-44-1 健康プラザ ハイジアB1 03-3205-4750
大久保病院に隣接しています。
タンドリーチキンは冷凍を使っていないので抜群です。
夜は和食もあります。訪ねてみてください。
3枚目の写真が、経営者の吉村弘造さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)
チャ

Cha1Cha2Cha3今日は、チャに会いました。「おいで」と言ったら、ついてきました。カリカリを食べて、毛繕いをして、満足して帰っていきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)
マイクロソフトという会社

古い友人・井宮有紀子さんは、シアトルのマイクロソフトで働いています。
面白いメールが届きましたので紹介します。

いま私の会社で毎年恒例のチャリティーオークションをしています。
BILL GATES(ビル・ゲイツ)の家の中のツアーを6人のグループでというのがあります。
もちろん、安全のため、秘密保持のため、いろいろ法的な書類にサインを要しますが。。。
今のところ4600ドルです。六人で割ると今のところ800ドル以内ですね。。。
社員だけしかチャリティーに参加できませんが、あまりない機会なので田川さんの代わりに参加しましょうか? (笑)次は4700ドルで募集です。ちなみにオークションは今週で終わりです。

ビル・ゲイツ会長の豪邸の中を見て回るツアーという企画です。社員が考えた企画にOKを出すビル・ゲイツも、なかなか面白い人物だなぁ、と思います。
もう10年くらい前、マイクロソフトへ行きました。ビル・ゲイツの車が駐車場にあったので、その前で写真を撮りました。そして、ビル・ゲイツの部屋まで行ってみよう、と彼女が言うので、ついていきました。
途中で、警備員に捕まって、追い出されました。そんな経験があったので、今回の提案になったのです。
800ドルは高すぎるからダメ、と断りました。
この会社には「マッチング・プロジェクト」というシステムがあります。社員が1万円をどこかへ寄付するとすれば、同額の1万円を会社が出して、2万円にして寄付するというシステムです。
日本の会社も参考にすればいいのに、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


猫たち

Su1Su2久しぶりに「スー」に会いました。「おいで」と言ったら、ついてきて玄関まで入りました。腹は減ってなかったようですが、しばらくスリスリして帰りました。
家では、コタツの登場です。海もウズも、潜りっぱなしで、あまり姿を見かけません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)
八ヶ岳逍遙

Ytsu1Yatsu2Yatsu3Yatsu4Yatsu5中村みつをさんから送られてきた写真です。メールのタイトルが「北八ツ逍遙」。逍遙=そぞろ歩き。ボクの意識は登山。
写真説明:
(左から2番目)もうすぐ「しらびそ小屋」 もうヘロヘロなボク。
(左から3番目)携帯でブログを更新できないか苦悩中。結局、圏外でダメでした。

(ボクの写真はHP「気まぐれショット」へ掲載しました。)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)
朝日小学生新聞

Asahishougaku
「朝日小学生新聞」(10月25日付)に「ビビ」が紹介されました。プレゼント用に30冊提供しました。
小学生にも読者層が広がればいいなぁ、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


八ヶ岳報告

Sirabiso1Sirabiso2携帯から3枚写真を送りましたが、横位置になりました。ボクの携帯は修理に出していて、代替機だったので、扱いがよくわかりませんでした。失礼しました。

「カメのように歩くから」と言っていたガイド役の中村みつをさんは、「そんなこと、言ったかなぁ」といった風情で
「秋は日暮れが早いからねぇ、明るいうちに小屋に着きたいから」と、どんどん登っていきます。ボクは、心臓がはち切れそうになりながら、もう死ぬんじゃないかと思いながら、ついていきました。

星空が奇麗な夜だったのに、朝目が覚めたら、雪が降っていました。
初雪だそうです。もう少し上まで行ってみる予定でしたが、とても行けません。11時頃まで、コーヒーを飲んだり雑談しながら過ごしました。やっと雪が止みました。下山開始です。
八嶺温泉で疲れを癒し、帰路につきました。

写真左)登った仲間、宿で一緒になった若者、小屋のご夫婦と。
写真右)小屋の主人と奥さんに見送られて下山開始。

「しらびそ小屋」は日本の山小屋の中でも1,2を争う人気小屋だそうです。
食事が美味しい、主人の人柄がいい、などが理由です。
心地いい、1泊2日でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


下山

下山
無事下山。温泉へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


八ヶ岳

八ヶ岳
山小屋へ到着。死にそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


朝の山小屋

Image005_2
雪、なんと初雪です。昨夜、星が見えたのに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)
登山

きょう、これから、八ヶ岳の「しらびそ小屋」まで登ってきます。ガイド役の中村みつをさんは、山歩き、といいますが、 ボクには登山です。
「大丈夫、カメさんのように歩くから」
この言葉で、決心をしました。
携帯から写真を送ってみます。(できるかな?)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)
黒柳徹子さんの芝居

Tetsuko「ローズのジレンマ」作・ニールサイモン ル・テアトル銀座 26日まで。
きょう、見てきました。4年前の初演も見ましたが、こんなに面白い芝居だったのか、と感動しました。
「脚本は同じですか?」
「そう聞かれることもあるわ、いろいろ、わかりやすくする工夫したから」
面白い芝居でした。
共演者は、草刈政雄、菊池麻衣子、錦織一清。
(写真は楽屋で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)
新番組

TBSの新番組「久米宏のテレビってヤツは」を見ました。(昨晩)
夜10:00は、元のニュースステーション(久米さんの古巣で、現在の報道ステーション)にぶっけてきたわけですから、挑戦的だなあ、と興味を持って見ました。
なんの新鮮味もない番組で、ガッカリしました。ありもののニュース素材を使ってスタジオトークが進みます。
お笑い番組の亜流と見ました。
お笑いやバラエティが飽きられてきたから、各局試行錯誤してドキュメンタリー路線を出して来たなかで、
再度バラエティ番組で勝負するアホさ加減には、どーしたTBS(制作は大阪の毎日放送)と言いいたいですね。
ニュースステーションが高視聴率だったのは、スタッフが頑張ったからで、久米宏さん一人の人気ではありません。どんな優秀な司会者もスタッフが頑張っていい素材を提供しなければ司会者は輝きません。
久米さんの人気に頼っての番組づくりは安易すぎます。
視聴率は5.5%で全局で最低。テレビ東京以外はすべて10%を超えていました。
もうすぐ終了となるでしょう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)
天気予報

今週の土,日(25,26)八ヶ岳の「しらびそ小屋」(標高2,000メートル)へ、画家の中村みつをさんのガイドで登る予定ですが、天気が悪いようです。
9月の終わりに計画していましたが、天候不順で延期したものです。
悔しいから、明日、てるてる坊主を作ります。
今日は部屋の片付けをしました。残り時間から考えて、読むはずがない本をブックオフへ送ります。
(ブックオフ=古本屋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


絵本祭に「ビビ」が参加

Festaflyer「風丸文庫・絵本祭」
10月24日から11月12日 
風丸ファクトリー:横浜市神奈川区六角橋1-10-12
電話:045-423-0730
手作り、自費出版など、なかなかお目にかかれない面白い絵本が集まります。
絵本がお好きな方、お近くの方、お出かけください。
http://www.kazemaru.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)
新刊紹介

Book「田園立国」日本農業新聞取材班 創森社 
1800円+税
日本農業新聞が1年かけたキャンペーンの集大成。
市場原理に巻き込まれた日本の農業は、競争から落ちこぼれ、荒廃していきました。
これいいのか、と問いかけるキャンペーンでした。ボクも農民に憧れる人間として1パージだけ紹介されています。(279ページ)
今日、出版社から届きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の我が家

NewroomKaiSucha大工さんが2人、9時に来て、3時半に終わりました。2日かかるだろうと思っていましたが、すごい早業。
海は、今日も居場所がなく、ほとんど食卓にいました。
玄関にスーとチャがエサを食べに来ました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)
今日の我が家

RoomKai
ボクが仕事部屋にしている4畳半の畳がベコベコになったので、板張りにしようと思いました。「和室を板張り?」と反対の声もありましたが、明日から大工さんが来ます。机、椅子、コンピューターなど、すべてのモノを別の部屋に移動しました。引き込んである電話線やケーブルなどは、生かしておかないといけないので、大工さんの邪魔にならないようにカゴに入れてぶら下げました。
海は、あまりのごちゃごちゃに居場所がなく、機嫌が悪いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)
「ビビ」販売書店

Kumazawa2「ビビ」の販売書店が増えました。住まいの近くの“若葉けやきモール”にある“くまざわ書店”です。今日、初めて覗いてみました。なんと、カウンターの側の目立つところにありました。店員さんが言いました。「可愛いからみんな手にとって見ています」
でも、1冊しか売れていませんでした。
「頑張れビビ」と言って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)
東京へ

Waiせかせかと出かける用意をしているので、不安そうな顔をしています。寒くなるのでキッチンの出口に段ボール箱を置き、中に足ふきマット(いつもワイが座っているので)を入れてやりました。写真の通り、ちゃんと収まっています。しばらくのお別れです。いつも心が痛む日です。頬の傷もほとんど治っているので、大丈夫でしょう。
元気でな、バイバイ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)
ビビ探し

Nora1Nora2ビビらしき猫がエサを食べに来る、という情報をくれた方がいて、行ってみよう、と松村さんに誘われて出かけました。お宅はお留守で、話は聞けませんでしたが、猫の好きなお宅らしく、たくさん猫がいました。彼らの仲間になっているかもしれないとしばらく待っていましたが、ビビの姿はありませんでした。
また、行ってみようと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)
ビビが京都にいた?

Bibi京都の平等院の藤棚の下に「ビビ」がいた、とメールが届きました。メールの主は、三鷹の絵本専門店「りとる」の店主中野さん。この店のお客さんが写真を送ってくださったのだそうです。
ビビは茶トラではなく鯖トラですので、色違いです、と返事をしましたが、気にかけてくださって嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


事件

Rat今朝起きたら、キッチンの外で、がさごそ不思議な音がするので、そーっと覗いてみました。なんとワイがネズミをくわえて食べようとしていました。びっくりしました。カメラだ!と思い、「そのまま、逃げるな!」と言い残してカメラを取りに行き、再び扉を開けたら、キッチンへ入ってきました。
「ここで食われちゃかなわん」と思い、外に追い出しました。食べ始めそうなので、火ばさみを持ってきて、ネズミを取り上げ、捨てました。怒るだろうな、と思いましたが、簡単に口から放しました。
ネズミはきれいな可愛いネズミでした。
すばしこいネズミをどのような方法で捕獲するのか、見たいものだと思いました。

深夜に捕獲して、どこかへ隠しておいたのだと思います。
朝、ボクが起きてきたので、それをボクに見せようとしたのではないか、と思いました。
がさごそ不思議な音は、隠したネズミをくわえ出す音だったのでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)
秋はいいなぁ・・ワイ

Waiすばらしい秋晴れ、洗濯をしたのは勿論のこと、椅子の敷物とクッションを干しました。
間髪を入れずワイが来て座り込んであくびをしました。秋はいいなぁ、と言ったような気がしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)
貧困とバナナ

田舎のスーパーにもバナナは一本もありません。
いつもお詫びのプレートが立っています。
朝、バナナを食べるとやせられるという情報を信じて買い漁っているのです。
日本人は食べ過ぎて、お金をかけてダイエットします。高額なお金を払ってスポーツジムへも行きます。
やせるためにお金を払うのです。

発展途上国の子どもたちのことを思います。
バナナを何房か頭にのせて売っている子どもがホテルの前にいたり、市場にいたりします。家が貧しいから家計を助けるためにバナナを売るのです。学校にも行けません。頭の上のバナナを全部売っても、お腹いっぱいご飯を食べることはできません。
「お腹いっぱい何か食べた記憶がありますか?」と聞いたことがあります。
首を振りました。記憶にないのです。いや、生まれてこのかた、腹一杯食べたことはないのかもしれません。残酷なことを聞いてしまったと反省し、それ以後、同じ質問をしたことはありません。

食べ過ぎた体をやせさせるために買うバナナ。
命をつなぐ食料を買うために売るバナナ。
同じバナナですが、それに込められた思いは、まるで反対です。

地球上には、このように180度、真反対な不平等が存在しています。
しかも、満足に食べられない人の方がはるかに多いのです。
バナナを売っている子どもたちは、風邪や下痢で簡単に死にます。
そんなバカな、と思うでしょうが、本当です。
栄養が足りていないから抵抗力がないのです。
簡単に下痢をします。水が悪いからです。井戸がありません。もちろん、水道なんて。川の水が飲料水です。
病気になっても薬もありません。死を待つだけになります。

東奔西走してバナナを手に入れて食べているみなさん、そのバナナを売っている途上国の子どもたちのことをちょっとでいいから考えてみてください。
そして、自分は何をすればいいか、考えてみてください。

(本稿は“Blog Action Day 08”に寄せて書きました。10月15日に世界中のブロガーが同一テーマ「貧困」について書こう、そして、それをムーブメントにしよう、という企画です。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)
栗かのこ、もどき

Kanoko_2栗をたくさんもらったので、栗かのこに挑戦。
ゆで栗をスプーンでかきだし、我が農園のハチミツと水を加えて加熱し練りました。
もどきの完成。どう転んでも、まずいはずがありません。栗とハチミツですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


草刈あと

Field1Field2草刈が終わり、一本、一本、根元に肥料をやっています。やっと半分くらいが終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)
今日のニュースから

ロス疑惑の主人公・三浦和義元社長の自殺には驚きました。そして“やっぱりそうだったのか”と思いました。戦う意欲を失ったのでしょう。
ボクが現役で、血気盛んな頃の、視聴率を稼ぐ絶好の話題でした。“やっているようでもあり、やっていないようでもあり”というサスペンスに満ちた話題でした。
ボクらの取材は、批判も受けましたが、奇抜で群を抜いていました。
逮捕された時、フェアレディZの助手席でカメラを回していたのは、友人の平間節さんでした。
逮捕される側からの映像は、初めてではないかと思います。
いまは、懐かしい思い出ですが、事件の真相が分かるかもしれない、と期待していただけに、主役の自殺は残念です。
アメリカの留置場とか、管理体制とか、かなり雑なんでしょうね。Tシャツで首が吊れるなんて・・。

そのアメリカが、北朝鮮に対して、テロ支援国家の指定を解除しました。
いつまでたっても、一つ覚え「強固な日米関係」でいいんですか?
アメリカって、自分の国のことしか考えていないことがよくわかるじゃないですか?
アメリカにとって軍事上、日本が必要だから、「強固な日米関係」なのです。
このままだと、日本は、アメリカに滅茶苦茶にされますよ。
社会体制だって、精神性だって、ぜんぶアメリカ型にさせられちゃって、日本人の知恵が生んだ日本のシステムはどこに行ったのですか?
助け合うココロ優しさはどこへいったのでしょうか?
競争社会が、そんなに魅力ある、活力のある社会でしょうか?
ボクは「脱アメリカ」を叫びます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)
緋ブナの子ども

Kobuna子どもがたくさん生まれていました。ボクが与えるエサは大きくて口に入りません。粉状に砕いて与えています。金魚用のエサを飼ってくればいいのですが、いつも忘れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


もみ殻 

Sukumo 農協の籾すり作業場へもみ殻を取りに行きました。
無料です。廃棄しなければならない産業廃棄物ですから。
これをブルーベリーの木の根元へ撒きます。根の保護と雑草が生えるのを防ぎます。
撒く作業は来年2月です。
(写真に写っているのは松村盛夏さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)
秋は美味しい

SazaeImogayu夕方サザエをいただきました。茹でて5個食べました。もーう最高!薩摩芋をいただいていたので、芋粥。レンコンの新モノを煮付けました。初物ずくしの夕食でした。東京へ帰りたくないなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


体験学習

Student1Student3Student6Student5Student2Student4今日は、城南小学校の6年生25名が体験学習にきました。ボクたち会員は朝7時に集合して準備しました。生徒は9:30分に来て11:00まで、ハゼの実からロウができるまでを体験して帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)
ワイの近況

Y日向にいれば暑いし、日陰にいれば日向が恋しい、そんな秋の日、半分日向、半分日陰の場所を選んで寝ています。
写真では見えませんが、左の頬の下に、かきむしったであろう傷があります。8月からあったので、化膿止めをつけていました。今回、もっと激しく肉が出て血が滲んでいました。今回も薬を塗っていましたが、自分で掻くらしく、一向に治りません。昨日、隣町の動物病院へ連れて行きました。悪いばい菌ではなく、抗生物質で治るでしょうと、飲み薬をもらって来ました。朝晩2回飲ませています。
キャリーバッグへ入れて連れて行きましたが、道中、激しく鳴いていました。
診察が終わって帰るときは、全然鳴きませんでした。
どこかへ連れて行かれる不安、そして、帰りは、家へ帰るということが、方向感覚で分かるのでしょうか、鳴きません。こんなことが猫の不思議です。
松村さんがよく言います。
「あなたが帰る3日くらい前から姿を見かけるようになります。それまでは、どこにいるのか、さっぱり分からないのに、帰ることが分かっているのだと思います」と。

| | コメント (7) | トラックバック (0)


ノーベル賞

おめでたいニュースが続きます。ニュースになって初めて気づくことがあります。(今週のHPの「気まぐれエッセイ」もご参照ください)
4名の受賞者の内、2名がアメリカで研究生活をされています。
頭脳流失です。なぜ?
そうです、政治が悪いのです。
研究費、研究する環境、これらの条件が、アメリカの方がいいから渡米されるのです。
日本の方がよければ、誘いがあっても日本にとどまるはずです。
日本人として、とても悔しい思いがします。
政治家の皆さん、悔しいと思いませんか?“喫緊の課題”という言葉を政治家はよく使います。
いますぐ解決しなければならない問題も大切ですが、
“未来の課題”にも頭を使って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)
シイタケの季節

SiitakeSiitake2シイタケの季節が始まります。裏山へ上がってみました。1本だけ見つけました。今年初めて生え始める新しい“ほだぎ”です。最盛期になると、もう生えないでくれ、と頼みたくなるほど生えます。ボクがいないと、誰も収穫しないので、フライパンのように大きくなります。肉厚で最高に美味しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)
小学生が学習に

Student1Student2Student3Student4Student5Student6Student7田布施西小学校の6年生35名が「ロウ絞り」の体験学習に来ました。
ハゼの実を房からはずす。
実を臼でついて、種子と果肉を分離する。
果肉部分をせいろで蒸す。
絞り器で絞る。
この行程を体験しました。江戸時代と同じ方法です。
朝9時30分から11時30分まで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

Kuri栗を松村さんからもらいました。この小さな栗は、非常に美味しいです。近々、栗ご飯を炊きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


ブルーベリー畑

BbCosmos1収穫後のブルーベリー畑は、草で覆われています。これを刈り取り、肥料をやります。
畑の脇のコスモスが心を癒してくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)
雨の一日

朝9時から「ハゼの会」の例会。まず作業。7日と10日に町内の小学生が学習に来るので、ロウ絞りのための材料を作りました。11時からミーティング。研修旅行などの打ち合わせ。12時に解散。
午後、かなり強い雨に。昼寝したり、買い物に行ったり、ぶらぶら過ごす。
夕食は、ハモが売っていたので、照り焼きと湯引き。自家製味噌をいただいたので、アサリの味噌汁。
奥行きのある味の味噌で、最高。長ナスを焼きナスにしました。秋のナスは、ことわざ通り、抜群。
そんな一日でした。
ワイは、じゃれじゃれで、抱いてやると、肩までよじ登って、頭を顔にゴツンゴツンと打ち付け、または、こすりつけ、決して降りようとしません。ボクは、ちょっと迷惑気味。
明日は天気になりそうなので、松村さんと畑仕事。まず草刈り。その後で、肥料やり。作業は数日かかります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)
充電器

旅をする時、絶対忘れてはならないモノに「充電器」があります。
携帯電話の充電器
パソコンの充電器
電動歯ブラシの充電器
デジタルカメラの充電器(ニコン用)
今回、これだけの充電器を持ってきました。

立川の自宅には、まだあります。
シェーバーの充電器
ムービーカメラの充電器
デジタルカメラの充電器(キャノン用)

なんとかならないのかなぁ、と思います。
携帯電話など、どの機種でも充電でいるように統一することってできるでしょう。
カメラだって、電池が違っても、充電器は統一できるでしょう。
供給する電流とか電圧など、一緒なんじゃないでしょうか。
とにかく、家中、充電器が転がっている気がします。
どれがどれなのか、わからなくなることもあったりして・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


ワイ登場

Y夜9時、ニャーという声がキッチンの外から。ワイが現れました。体調はよさそう。牛乳とネコ缶を食べました。抱いてやりました。ゴロゴロのどを鳴らして喜びました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


田舎へ

田舎へ
新幹線です。まもなく京都。西日本も快晴です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)
探検隊

Lolan楼蘭へ行ったスタッフ23人が集まりました。
20年前ですから、現役は3名程度。苦しかった砂漠行も、笑い話になって。今は車で楼蘭まで行けるらしい。
誰かが言いました。「じゃ、今度は、現地でパーティをやろう」
楽しい一夜でした。

最近、小林幸子さんが「楼蘭」という新曲を発表しました。
なぜ、いま、楼蘭なんだろう、とみんなで首をひねりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)


楼蘭

Book02「楼蘭」(ろうらん)とは、中国の西にあるタクラマカン砂漠にあった(1,500年前)都市の名前です。オアシス都市で、東西の商人で賑わっていましたが、いつの間にか、砂に埋もれて誰もいなくなりました。そこへ探検に行ったのは、いまから20年前の1988年でした。ヤルダン地形の厳しい砂漠を歩き、10月2日の夜、到達しました。そして3日、4日、5日と、滞在しました。朝日新聞社とテレビ朝日の共同取材でした。
「これが最後だと思うから、みんなで集まろう」と、今晩パーティを開きます。
懐かしいメンバーが集まります。楽しみです。
写真の本「楼蘭からの手紙」(テレビ朝日出版)はボクが書いた記録です。絶版ですが、図書館にあるかも知れません。アマゾンの古本で買えますが、高いです。
一緒に行った椎名誠さんの「砂の海」(新潮社文庫)も、この旅の記録です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)
秋の香り

GinmokuseiKinmokusei銀モクセイと金モクセイ。秋晴れに秋の香りが漂っていました。つられて今晩は、キノコの炊き込みご飯を食べました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


仲良し?

Kaiuzu海とウズです。二匹とも、この場所が好きで、場所取り合戦の結果、こうなりました。海が先にココへ寝ていました。ウズもココへ寝たかったらしく、後ろから海を押しのけようとしましたが、海がどかないので、そのまま、寝込んでしまいました。昨晩の事でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)
東京新聞(夕刊)

Tokyosinbun
記事のうまさに感心しました。宮晶子さんという記者でした。
「東京新聞」は、中部地方では「中日新聞」です。
写真で読みにくい場合、下記サイトでお願いします。
http://www.chunichi.co.jp/article/living/pet/CK2008100102000219.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)


お知らせ

本日(10月1日)の東京新聞夕刊、ペットのページにボクと飼い猫の海が登場します。絵本のことも記事になっているそうです。
取材に来られた記者さんへ紹介した「猫返し神社」の記事も同じページに載るようです。
(記者さんからのメール)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »