« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)
花の香り

Lily花の消費量はどこが一番だと思いますか?
個人消費が1位という先進国(ヨーロッパ)もあるようですが、日本ではホテルのバンケットだそうです。
もう一つ質問です。ホテルのバンケットのテーブルに座って目の前に飾ってある花の香りを感じたことがありますか?ないと思います。
食事の邪魔になるからという理由で、香りのない花が開発されているのです。
「それはヘンだ、元にもどすべきだ」という声もあるようですが、香りのある花は登場しません。
お花を買って帰り、部屋中がいい香り、なんてことを感じたことはないはずです。
さて、写真のユリです。強烈な臭いがします。あまりの香りの強さから、お見舞いには使えないし、ましてや、バンケットの食卓の飾るわけにいきません。しかしです、最近、香りがほとんど、かすかにしかしなくなりました。いま、居間に飾ってあるユリ(写真)が証明してくれています。鼻を近づけると、かすかに匂いますが、香りが部屋に充満することはありません。
あまり自然をいじらないほうがいいのになぁ、と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)
紅葉のメカニズム

Kouyou1Kouyou2葉はクロロフィル(葉緑素)という緑色の色素と、カロチノイドという黄色い色素を持っています。秋が深まるとクロロフィルが先に分解され、カロチノイドが残るため黄色に見えるようになります。これが黄葉です。
一方、紅葉のメカニズムは、葉を落とす準備のため、葉柄(葉と枝の間をつないでいる)と枝の境に離層といわれる層が出来、光合成で作られた糖分が幹に行かなくなり、葉の中に溜まります。これが日光によって、アントシアニンという赤い色素に分解されます。アントシアニンの生成には日光が関係しますから、日当たりがよい葉ほど奇麗に紅葉します。
(紅葉ハンドブック・林将之著より)
写真は、ボクの散歩道のコナラの黄葉。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)
健康グッズ

Qlink1Qlink2「Q-Link」(キューリンク)というモノを初めて知りました。先日食事をしたピアニストの瀬川はるなさんから勧められました。携帯やパソコンから出る電磁波から身を守り、血液をサラサラにし、頭痛、肩こり、などを解消するのだそうです。「パソコンの前にいる田川さん、ぜひ、お勧めです」と言われ、試してみる気になりました。
写真が、ペンダントの表と裏です。
電磁波やストレスは、人間が本来持っている生体波動を狂わせるらしく、この製品は、誘導コイルが内蔵されていて、そこからの波動が生体波動を整えてくれる、ということのようです。
価格がちょと高いです。14,000円。野球選手、プロゴルファーなどに愛用者が多いとパンフレットに書いてあります。60日間使って効果がなければ、全額返還します、とも。
効果があったら報告します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)
大衆運動

タイ反政府派の空港占拠のニュースを見て思うのですが、日本は大衆運動がなぜ、いつの頃から消えたのでしょうか。メディアが政府を批判するだけで、国民は大人しくなりました。
年金、医療制度、事故米、などなど、生活に直結する政策とその運用は、ひどいですよ。
野党もだらしない。国民にアピールして、国民を行動させるべきです。
タイの騒乱は、行動する民衆のエネルギー、あるいは、国民の意思表示、という観点から、学ぶべきものがあります。
(騒乱を扇動しているわけではありませんので、誤解のないようにお願います。社会をよくするために一人一人が意思表示をしましょう、という意味です。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)
夜の猫

Nightcat深夜12時少し前の猫です。
2匹とも、長い間コタツに潜っていて暑くなったらしく、外に出てきました。
お休みなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


外出の1日

ユニセフの広報官・永島路子さんは、6月に一緒にカンボジアへ行った後、洞爺湖サミットで働き、あまりの多忙さから倒れ、数ヶ月間休養し、やっと復帰しました。久しぶりで昼ご飯を食べ、情報交換。(西麻布)
一人で銀座に出て、手帳のリフィルなど、来年モノを買う。
マックストアーに入り、1時間ワークショップを覗く。
夜、瀬川倫弘・瀬川はるな夫婦と会食。二人は、歌手とピアニストで、「ビビの歌」作りに協力してくれました。ベジタリアンなので、付き合いましたが、なかなか美味しい料理をいただきました。(新宿)
街は、クリスマスの飾りが目立ち始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)
元厚生事務次官襲撃事件・動機

「ペットが殺された」ことと「こんどの事件」がつながらない、とどこのメディアも言います。
彼の頭の中でつながっていれば行動できるわけで、理解できないと不思議がるのは、なんだかヘン。
ボクの頭の中でもつながっています。
もう一つ、メディアが不思議がるのが、関係ない奥さんまで、があります。
テロとは、当事者だけではない、という事は世界で起きているテロが証明しています。
関係ない地下鉄が爆破されたり、一般市民が乗ったバスが爆破されたりします。
心理的影響を目的に起こされるテロです。ここまで、今回の容疑者が考えたかどうか疑問ですが・・。
殺意の対象が、なぜ厚労省の官僚なのか、との疑問もあります。
これも、世の中のムードとして理解できる人が多いと思います。国民の払った年金を猫ばばしたり、持ち主が分からないような杜撰な管理をしたり、高齢者は厄介者だ、といわんばかりの制度を作ったり、つまり、どうすれば国民は幸せになれるか、ということを誰も考えていないのです。
ボクらの税金で雇っている公僕が、国民をいじめているのです。誰だって反発しますよ。
ボクだって「この野郎」くらいは心でつぶやきますからね。
本気で、国民を幸せにするために働けば、こんな事件はなくなります。

話は、麻生総理になりますが、民主党の小沢代表が「チンピラみたいな」と言ったらしいですが、笑いました。
雰囲気がピッタリだから。総理が「チンピラ」と呼ばれちゃ、世も終わり?


| | コメント (2) | トラックバック (0)


元厚生事務次官襲撃事件・疑問

疑問1)何を仕事にして稼いでいたのでしょうか?外に出なかったというし、家賃の滞納はなかったというし・・。
         ネットで稼いでいたのでしょうか?
疑問2)「テロ」という呼び方を止めましたが、やっぱり「テロ」ではないでしょうか?次の襲撃予定者もあったと報道されました。現体制の直接の転覆を考えなくても、心理的攻撃も「テロ」の範疇に入るのではないかと思います。
犯人の思考は幼稚ではありますが・・。
国の危機意識の希薄さも大いに気になります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)
東京へ

東京へ戻りました。山口県も雨でしたが、東京も冷たい雨です。
郵便物の整理を終わりました。「喪中につき賀状欠礼」の知らせのなんと多いことか。
なかでも、ドキッとするのは、知人が亡くなっていて、息子さんから「父は亡くなりました。生前のご厚情に感謝します」というハガキ。住所録をクリックして削除しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)
元厚生事務次官殺害事件・推理と感想

容疑者小泉の出身地が、いまボクがいる田布施町の隣町の柳井市だったことに驚いています。母子殺人事件の光市も、反対側に位置する隣町。
父親のインタビューが流れたとき、山口弁だなぁと思い字幕を見ると柳井市とありました。
「手紙を出したから読んでくれと電話があった。嫁さんでももろうたんかと思いよった」
人間は誰でも夢を見て、期待して人生を歩んでいます。しかし、期待通りに行く確率は極めて低く、多くの場合、反対になってやってきます。
少しくらいのズレなら、人生の確率から、そういうものよ、とあきらめられますが、これほど激しい期待のズレも、滅多にありません。結婚したのかも知れないという息子への期待が、殺人者になってしまったのです。
手紙が届くシーンが映し出されました。内容は発表されていません。この手紙の内容が、父親を更に深い絶望の淵に突き落としているような気がしてなりません。
推理です。
高校生の時、飼っていた犬を、容疑者が学校に行っている間に、父親が保健所に連れ行き処分してもらったことがあったそうです。
この少年は犬好きだった。
学校から帰ったら犬と散歩に行くのが楽しみだった。ところがある日、犬は保健所で殺されていた。ペットを飼った人でなくても、このショックと悲しみは、想像できます。
吠えて隣近所に迷惑だったから、と説明されても納得できるものではありません。
「親父のあの行為が俺の人生を狂わせた」と書いてあるのではないかと推理するのです。
ここにも、期待の逆転があります。犬と遊びたいという期待が逆転されたのです。
「俺に味あわせてくれた期待の逆転を、親父も味わってくれ」と手紙は言っているのではないかと思うのです。

この期待の逆転を殺人の動機にするには、飛躍があります。
容疑者は、秋葉原無差別殺人と同じ心理状況だったのではないでしょうか。
自分の今の境遇を、なにかになすりつけるために、必死に理由を考えてのではないか。この容疑者の場合、理由は無くてもいい、殺す相手は誰でもいい、とはならなかった。なにか理由が欲しかった。
それが、高校の時味わった「期待の逆転」に行き着いた。
この愛犬処分から、むりやり理屈を探したら、厚生事務次官に行き着いた。
なぜ厚生事務次官なのか、しかも、10年も20年も前に退官した人なのに、と首をかしげます。これは、容疑者が世の中の仕組みを知らないからで、常識人から見れば、理解しがたく見えても、容疑者の頭の中だけで結びつけば、行動はできるのです。バーチャルな世界、イメージの世界で結びつけばいいのだと思います。

容疑者の日常生活を知りたいと思います。
秋葉原事件の犯人と同じように、ガールフレンドはできない、友だちはいない、だれも自分を相手にしてくれない、そんな落ち込み方をしていたのではないかと想像します。
友だちの一言で人生が変わることがあります。
友だちの作り方を知らない不器用な青年だったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


ハチミツ絞り

Honey冬はハチの数が減ります。かれらの食料として必要な蜜を残し、その他は絞ります。写真は、巣に蜜が一杯になると蓋をします。その蓋を削り取っているところです。(作業は松村さん)これを遠心分離器にかけ、蜜を取り出します。
最近、巣の中に女王蜂が見つからず、松村さんは、悩んでいます。
見つかるといいのですが・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)
ゆずジャム

Yuzujamたわわになった柚を放置して腐らせるのも忍びないので、今年もジャムを作っています。昨年よりは少し丹念に。ハチミツ入り。
Jam出来ました。昨年は種を除いただけで、実や甘皮など、すべて切り込みましたが、今年はピール(皮)だけで炊いてみました。いい色に仕上がりました。
苦みを少なくしようと、炊き始める前に3回茹でましたが、まだ苦いです。
でも、上等なジャムの出来上がりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


ビビを探しに

Bibidsgsdhiビビらしきネコがエサを食べに来る、という情報をもらったお宅の近辺に出かけてみました。ネコがお好きなお宅らしく、10匹くらいあちこちで日向ぼっこをしていましたが、ビビはいませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)
ビビの話題

ビビは、大工さんの松本さんの飼い猫でした。松本さんが急に亡くなってビビはひとりぼっちになりました。
亡くなった松本さんの奥様に今日、偶然会いました。
ビビがボクと仲良くなったことはご存じで、安心していたこと、そして、絵本がとてもよかったことなど、感謝の言葉をいただきました。
ボクが知らないビビの話も聞きました。
もともと、ビビは兄弟2匹(失礼、2匹ともメスで姉妹で、段ボールへ入れられ、捨てられていたのだそうです。それを松本さんが拾ってきて、育てられたのだそうです。
松本さんがつけた名前は「ヨゴレ」(汚れ)だったそうです。柄が汚かったから、という理由だそうです。
サバ虎猫は、初めてだったのかも知れません。
もう1匹は「小太郎」と、ちゃんとした名前をもらっていたそうです。
小太郎は、その後、狸の罠にかかり、前足を切断し3本足で、ヨゴレ(後のビビ)の後を遅れながら付いて歩いていたそうですが、どこかへいなくなったそうです。
その他にも、ビビの話を沢山聞きました。
今晩はビビを思い出しながら、ちょと胸が痛い夜を過ごしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


ブルーベリーの紅葉

Bbご希望がありましたので、ブルーベリーの紅葉をアップしました。もう少し季節が進むともっと赤くなります。12月にまた来ますので、その時また。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)
総理の発言

この人は、総理の資質に欠けますね。
毎日、毎日、奇妙な発言が続きます。
「医者は、はっきり言って、社会的常識が欠落している人が多い」
医師会から、大抗議を受けて訂正したようですが、
これって、具体的に医師のどういう行為を指しているのですか?
どなたか、ご存じでしたら、教えてください。
急患を平気で断る、などの行為を指しているのでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)


トチの黄葉

Tochiこんなにきれいに黄葉したトチは初めて見ました。茶色になって落ちるイメージでした。
街路樹に使うと葉っぱの整理が大変ですね。夏は涼しい木陰を作ってくれますが。
栃木県は県木ですから、宇都宮あたりの街路樹はほとんどトチです。
こんなにきれいに黄葉していますでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)
寒い一日

Momiji急に気温が下がるとモミジがきれいに色づきます。写真は、ボクの家の脇の山です。何回かクイズで登場させて栃も黄色になってきれいです。あす、日が当たっている時、撮影します。

イヤな事件が起きました。元厚生事務次官の殺害。
年金にしろ、後期高齢者の医療制度にしろ、厚生行政のデタラメさ加減は、目に余りますが、人を殺してはいけない。民主主義が成り立たないから。
政治家諸氏よ、官僚諸氏よ、どうすれば国民が幸せになれるか、その1点に集中して行動してほしい。
そうすれば、こんな殺伐たる世の中にはならないはずだ。
国民が犠牲になるような制度ばかり作られているような気がします。

KYとは「空気が読めない」とばかり思っていたら、最近は「漢字が読めない」が加わったそうです。
数々の読み違いの中で、腹を抱えて笑ったものを一つ紹介します。
株式の午前中の取引を「前場」(ぜんば)といいますが、総理は(まえば)といい、前歯じゃねーよ、と記者に笑われたそうです。

あまりの寒さに、昨晩から電気敷毛布を使用しています。
少しだけ、剪定をやりました。風も強くて、寒い一日でした。
ワイは、素敵な居場所を見つけて、移動したのかもしれません。
依然、現れません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)
皇帝ダリア

Daria1Daria2霜が降るとダメになるから写真を撮りました、と松村さんから届きました。
始めて見ました。キク科で中南米の原産らしい。キク科なので、日が短くなると咲くわけですね。
気温には関係ないのでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)


内閣支持率

友人ほんまちひろ嬢のブログから。
「12000円?そりゃ、嬉しいけど、どうせなら、もっと欲しい。どうせくれるなら、12万くらい欲しい。その理由は、話せば、長いけど、ものすごくかいつまむと、1万2千円じゃ、少ない。せいぜい、コンビニで、電話代を払って、ついでに雪見大福とか買うと、終っちゃうもんね。なので、12万くらい欲しい。」
定額給付金は、半分以上の国民が不要な政策、と断じましたが、彼女の意見は、その代表的なものではないでしょうか。
「1万2千円ぽっちで買収はされないぞ。国民をバカにするな」と怒っているのです。
将来のために使うとか、福祉に回せ、という意見が多いように思います。

支持率は急落して30%を割り込み危険水域だそうでう。
漢字の読み方がデタラメ、これも大いに支持率を下げたと思います。

早くも終わりが見えてきた麻生内閣、覚悟を決めて総選挙をやりなさい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)
しし鍋

Sisinabe猟期が始まって中村保男さんのワナでは、次から次ぎにイノシシが捕獲されています。その恩恵によくし、しし肉をいただき、今晩は、しし鍋を食べました。
味は塩味、白菜、春菊、シイタケ、薄切りしし肉。抜群。塩を吟味する必要あり。ボクは、宮古島の雪塩を使用しています。
「ふしめん」というものをご存知でしょうか。手延べソーメンを延ばすときに残る端っこです。
これが合う、と思って入れました。正解でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


庭木の剪定

Sentei今日は庭木の剪定をやりました。やりました、といっても、ボクは、松村さんの助手で、あまり役には立ちません。それでもちょっと腕が痛い。あと、2日かかる予定。
ワイは、まだ現れません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)
旅行の写真

ハゼの会の「研修旅行」の写真をHPの「気まぐれショット」へアップしました。
ご覧下さい。
http://www.inv.co.jp/~tagawa/shot/shot.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)


留守番ねこワイ

いま、日曜日の午後ですが、まだ現れません。昨晩はかなり強い雨でしたから、どこかで寝たのでしょう。今晩あたり現れると思います。ねこ缶も牛乳も用意しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)
楽しかった旅行

Chikurakuどこも行ったことのない場所だったので、大満足の旅行になりました。快晴、無風。竹田(たけた)市は、滝廉太郎の生まれ故郷。ローソク祭り「竹楽」は、想像以上に規模が大きく、驚きました。2万本のローソクが市内のあちこちに配置されていました。
携帯の写真では、すごさが分からないので、普通のカメラの写真をご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


夢の大吊橋

吊橋
スゴイと言う人、来なければよかったと欄干にしがみつく人。横揺れがすごい。
大分県九重町が企画した吊り橋。実用性は全くなし。行って帰るだけの観光用。
全長390メートル、高さ173メートル、ともに日本一。
料金500円。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


久住高原

夢の大吊橋
遠くに見えるのは阿蘇山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)
宴会

宴会
ハゼの会 夜の大宴会

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ロウソク祭

ロウソク祭
大分県竹田市の[竹楽]

| | コメント (0) | トラックバック (0)


白水の滝

白水の滝
大分県竹田市

| | コメント (0) | トラックバック (0)


九州旅行

九州旅行
久留米のハゼ並木の紅葉は少し早過ぎでした。大分へ移動中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)
あす、九州へ

ハゼの会の研修旅行は久留米市の柳坂のハゼ並木(紅葉がすばらしい)と大分竹田市の「竹楽」というローソク祭りの見学。メンバー14名はマイクロバスで田布施を出発、ボクは空路福岡から久留米へ。ハゼ並木で合流の予定。そのまま、田布施へ帰り、1週間、滞在予定です。

今晩は森ミドリさんのコンサートへ行ってきました。
彼女が普及に努めているチェレスタは満月が似合うといい、毎年今日、コンサートを開きます。
きょうは、見事な満月を見ることが出来ました。
彼女のコンサートは、いつも、企画が面白く、今日は、高山ケンさんという若い画家とのコラボレーション。
そして、亡くなた黒川紀章さんが書かれた詩に曲をつけたものの発表がありました。
「ビビ」を読んでくれ、猫コンサートをやろうかな、と言っていました。
話が本格化すると怖いので、会わずに帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


カマキリの巣

Kamakiri庭でカマキリの巣を見つけました。
カマキリは、巣を作る樹木を通して地球の鼓動を感じ、雪に埋もれない高さに巣を作るそうです。
雪国の人は、カマキリの巣の高さを見て、今年は大雪だとか、雪が少ない、とか感じるのだそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


麻生太郎の教養度

この人は漢字が読めないらしい。
「未曾有」(みぞう)を(みぞうゆう)と読む。
「頻繁」(ひんぱん)を(はんざつ)と読む。「煩雑」と間違えた。
「踏襲」(とうしゅう)を(ふしゅう)と読む。
マンガばかり読んでいると、こうなるのかも知れない。
バカと言われても仕方がないね。この程度の教養の持ち主が首相とは、国民として恥ずかしい。

給付金は、迷走に迷走。
所得制限は市町村まかせ。「勝手にやっていい」
国は、物事を決めるのが役割。恣意的に決めていいなんて、世界のどこの国の政治にもない話。
もうボクは我慢が出来ない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)
大琳派展

Rinpaten2江戸時代・琳派を 代表する本阿弥光悦・俵屋宗達・尾形光琳・尾形乾山・酒井抱一・鈴木其一の6人の作品が展示されています。
友人の画家・本間ちひろくんの誘いで行ってきました。
人に誘われないと自分では行かない展覧会です。勉強になりました。
亡くなった筑紫哲也さんを忍ぶみなさんが「間口の広い人だった」と異口同音に言いました。
政治経済から、芝居、音楽など、あらゆる分野に興味を持ている人でした。
それに引き替え、このオレは、と考えたら、滅入るだけです。せめて、新しい分野に誘われたら、嫌がらずに、と思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


怖い発言

元空幕長の発言を聞いて、怖いと思いました。
軍隊がクーデターを起こしたり、勝手に戦争を始めたり、ということが、この日本でもあり得る話なのだと思いました。怖いです。
勝手に自衛隊を動かすためには、隊員の日頃の教育も必要だから、それも着々とやっていたようです。
バカにされた政府の危機感の薄さも怖いですね。

兵庫県知事の発言。
「関東大震災は我々のチャンス」
東京への一極集中を解消するのに震災を期待しているというのです。
大都市が破壊され、何十万かの命が失われるであろう震災を期待する非常識。
しかも、会見で「ボクの発言のどこが悪い」と居直っていました。
まるでゲーム感覚ですね。
橋下府知事の発言。
「ボクも不適切発言が多いけど、これはもっとひどい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)
定額給付金自主的辞退

国民に現金を配るという見え見えの選挙対策が、世論調査で半分以上の人が「不要な政策」と批判されました。麻生さんの浅知恵は逆効果でした。
「金を与えれば国民は喜ぶ」という、お上意識丸出しの、たいそう人をバカにした話。
国民は、そんなにバカじゃない。
 
そして配り方。
「自発的辞退」って、国がこんな事をやっていいんでしょうか?
国会は法律を作るところです。「国民の自主性に任せる」なんて事が、国において行われていいわけがありません。理論的にいっても、それはダメです。
制度を作るのは「面倒だから」「間に合わないから」が理由で、自主性に任せる。これって、前代未聞です。
他のことでも、今後、「自主性に任せる」がありですか?
国は大混乱ですよ。混乱するから規則を作るのです。

決まりがないと、人々の人間関係まで損なうんです。
「あの人は、所得が1千万円越しているのにもらった。なんてがめつい人なんだろう」
「あの人は、500万円なのに辞退した。格好つけて、やせ我慢して・・」

高額所得者は「金は要らん」と言うだろうと思っている麻生さん、
そう思うのは、あなたのように億単位のお金を持っている人であって、年収1千万円のサラリーマンがいうわけないですよ。あなたは甘い。

とにかく、法律を作らないで「自主的に辞退してほしい」なんてことが、国において行われる事は、理屈から言ってもあってはならないこと、諸外国の笑いものですよ。
法治国家は放置国家になったのか?と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)
猫たち

ChasuKai_2久しぶりに、チャとスーが連れだって来ました。あまり腹が減っている様子もなく、食べ残して帰りました。顔見せに来たのでしょう。
海は、夕方になると、エサの催促に、デスクの上まで登ってきます。邪魔だ、と怒ったら、ふてくされて背中を見せて座っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


首相の庶民性

金持ち、セレブ、などの上流階級イメージを払拭しようとしているのか、やたら庶民性を演出しているようです。
商店街を視察したり、学生たちと居酒屋で語り合ったり。
議員も、カップラーメンの値段を知っているかと質問してみたり、新聞はホテルのバーに週何回行ったかとか。
そんなことが、そんなに重要だろうか、とボクは首をひねっています。
カップラーメンの値段はボクだって知りません。
庶民性を演出するのは、選挙対策でやってるとしか思えません。
だまされないように、と思います。
首相は、もっとでかいこと、日本の行く末を、世界のあるべき姿を考え抜く、それが仕事です。
これをやらないで、庶民の機嫌ばかり取る首相は落第首相です。
マスコミも、視点が狂っています。
ホテルのバー通い、イイじゃないですか。何が悪いの。好きな酒を飲みながら天下国家を論じて欲しい。
なんか変だな、ことさら庶民派を演出する首相も、批判するマスコミも座標軸が狂っているのではないかと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)
事故から学ぶ(2)

ロシアの原子力潜水艦で消火装置の誤作動で20人が死亡、というニュースには、慄然としました。
ボクはビルの地下3階で働いていたことがあります。そこが制作スタッフの部屋で5,60人が働いていました。
そこの消火設備は、水ではなく、酸素濃度を下げて消火するものでした。火事が発生したら、全員が脱出して、防火シャッターが降りて、薬品が噴射される段取りです。
でも、誤作動して、人間がいるときにこの装置が働いたら、全員死ぬな、と恐怖を覚えていました。
いままで、よく事故が1件も起きないものだ、と感心もしていました。
ロシア原潜の事故は、まさに、この事故だったのだと思います。
地下室が職場の方、消火装置を確認してください。
誤作動したときには、どこから逃げるか、よく頭に入れておくことが重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


やったね、西武ライオンズ

ボクは広島カープのファンなので、巨人軍は目の敵。
西武球場はボクの家から近いし、パリーグの中では親近感を持っていました。
7戦中、3試合見ましたが、新鮮で(シーズン中、見ていなかったので)楽しかったです。
真剣な楽しい試合を見せてくれれば、人気も復活するでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)
事故から学ぶ

野菜類の消毒工場の事故です。

8日午前11時40分ごろ、東京都大田区東糀谷(ひがしこうじや)1の食品会社「薬糧開発」(本社・港区)の総菜工場の工場長から「ガスが発生し従業員が倒れた」と110番があった。作業中に誤って塩素ガスが発生し、20〜57歳の従業員男女14人が気分が悪くなり病院に搬送された。いずれも軽症。
調べでは、作業員6〜7人が工場2階で、塩酸と次亜塩素酸ナトリウムを混合して、野菜などの総菜を洗浄する消毒液を作る作業をしていた。その際、男性作業員(41)が誤って高濃度の塩酸を混ぜたため、塩素ガスが発生したという。当時工場内には38人が働いていた。(毎日新聞)

HPやブログで何回も注意を喚起していますが、デパ地下やコンビニの野菜サラダは食べない方がいいです。
塩素のプールで消毒します。塩素が体内に入ります。発がん性のあるトリハロメタンという物質を発生させるとの指摘もあります。
塩素の害については、あちこちにありますから、研究して下さい。
水道水も塩素で消毒してあります。これも危険です。
飲む以外にも、シャワーや風呂も危険と言われると、どーすりゃいいんだ、と悩みますが、危険は一つでも回避して生活するようにした方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


田舎のねこ・ワイ

Wai1Wai2ワイの写真が届きました。元気そうです。半分笑い、半分、頑張ってボクを待ってるんだ、と思うと、ちょっと泣けてきたり。ネコは人間のいろいろな感情を引き出させます。
(写真・松村盛夏さん)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)
筑紫哲也さん死去

73歳肺ガン。ほとんど同世代、同じ業界の人が亡くなるとドキッとします。たばこが好きだった。麻雀が好きだった。何回かやったことがありますが、ヘタだった。テレビに登場したのは、テレビ朝日で始めた報道番組「日曜夕刊!こちらデスク」でした。(昭和52年から約5年間)
この番組をやっていたのがボクの友人・松中英忠でした。
初期の頃、こんなエピソードをおぼえています。外国へ(多分アメリカだったのでは?)取材に行くのに、筑紫さんは、お嬢さんを同行しようとしました。旅費もテレビに出してくれ、と言ったのではないかと思います。
松中くんは烈火のごとく怒って「仕事で行くんだ。テレビをなめるんじゃないよ」と怒鳴った、という話です。
その頃は、新聞がリーディングメディアで、テレビの地位は低く、見下されていた時代のエピソードです。
テレビマンは新聞記者にはいつも卑屈で、怒鳴りつけたりするテレビマンは決していなかった時代に、我が松中は偉い、とエールを送ったものでした。
その後、筑紫さんは、テレビの重要性を認識され、最後までテレビを発言の場とされました。
英語の達人で、アメリカ大統領の会見でも、堂々と英語で質問されている姿に憧れていました。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)
紫綬褒章

秋の叙勲で、樹木希林さんが紫綬褒章を受けたことを不覚にも知りませんでした。本人は、知られたくないのでインタビューは受けていないのだそうです。ここにこうして書くことも嫌なのかも知れませんが、公表されたことなので、お知らせします。他に芸能関係では、中村勘三郎さん、西田敏行さん、森山良子さん。
ネットで調べて知りました。

今晩、久しぶりに電話をもらいました。しばらくだったので、用件が終わって雑談していたら、お花が来て云々という話がでたので、聞き返したら「勲章をもらったのよ」と。
「いろいろな思いがあって、素直になれないのよ。だから静かに黙っているの」
その理由は、彼女の人生観に根ざしたもので、彼女らしいと感銘を受けました。

彼女の跡を継ぐ役者をボクは知りません。
身体を大切にして、楽しい演技を、たくさん見せて欲しいと思います。
おめでとうございます、と言ったら、怒られるかも知れませんが、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


間違いカレンダー

Calendar1カレンダーのシーズンです。
立川のファンケルショップでサプリメントを買いました。
「カレンダーをお使いになりますか?」と聞かれたから「下さい」と言いました。
「実は、6月分が間違って印刷されています。正しいモノと差し替えて使って下さい」
お詫びの刷り物と正しい6月分が付いていました。
父の日は正確には21日なのに、14日になっていました。

ボクは帰る道々、考えました。
なぜ差し替えて正しいモノを配らないのだろうかと。
人件費を節約するためなのか?配る店先でも、店員が出来る作業です。
そうすれば、カレンダーを刷り間違えるなんていう恥ずかしいミスを誰にも感づかれることはないのに。
恥ずかしいミスを公表し、それをお客にやらせるという横着な企業よ、反省しなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


邪魔ねこ・海

Kai今週と来週、家人が留守で、エサを与えるのはボクだけです。
夕方になると、エサを寄越せと、ボクをめがけて突進したりすり寄ったり。ご覧の通り、もう、仕事なんかできません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


オバマ大統領誕生

理想を語り、夢を語り、決意を語る彼の演説には、日本人のボクも、震えが来ます。
地球の片隅に置き忘れられた人たちが、ラジオにかじりついて彼の演説を聴いています。その一人にまで、希望を持て、と語りかけました。
彼の演説は、人を奮い立たせ、行動をさせる力を持ています。
日本の政治家のみなさん、みなさんに欠落しているのは、ここです。
理想を語り、夢を語り、国民の心を震わせて下さい。あなたたちの言葉は国民の心に響かないのです。
オバマさんの使う言葉は、簡単でやさしい、ボクでも理解できる言葉です。
しかし、その簡単な言葉に彼の信念が乗り移っているから、人の心に響くのです。
ホントに震えました。勇気が出ました。
彼の演説の通り、人種や肌の色、すべてを乗り越えて合衆国が一つになるように、そして世界も、民族、宗教、すべてを乗り超えて、一つになるようにと願います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)
新番組

Bangumi1Bangumi2「新番組」とは、他人が作った番組ではなく、ボクがプロデュースする番組です。お見せできるのは来年になりますが、インターネット上で番組を始めます。IT企業・ニフティとの共同制作。今日、出演者とスタッフ全員が集まり、打ち合わせとカメラテストをやりました。
番組タイトル「世界それホント?会議」
司会:椎名由紀(タレント)
コメンテーター:廣淵升彦(国際ジャーナリスト)
新聞やテレビなどの巨大メディアが伝えることは政治・経済・事件・事故が主で、人々の生活ネタは後回しになります。いわゆる「ひまネタ」です。僕たちは、この「ひまネタ」にこそ、その国を理解する重要な要素があると考えました。小さな出来事から、その国の国民性や、世界へつながる要素を解説して、みなさんが世界を理解する手助けをしたいと思っています。
また、時々、報告します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)
ミスジャッジ・日本シリーズ

時々見ていて、2つもミスジャッジがありました。1累とホームベース。
どちらも巨人に有利なミスジャッジ。スローVTRで見たら一目瞭然。白けます。野球ファンが減りますね。
審判は微妙なケースを判断するためにいます。その微妙なケースをことごとく間違えているのですから、あんたたちはプロなの?と問いただしたくなります。
VTRで確認するシステムを確立すべきです。
巨人ファンでも、気分が悪いでしょう。
フェアープレーがスポーツの命。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


推薦映画・シリアの花嫁

Syria「シリアの花嫁」エラン・リクリス監督 イスラエル映画・ 配給会社の試写会で見てきました。
ゴラン高原はもともとシリアの領土ですが、イスラエルが占領しています。
ゴラン高原に住む花嫁がシリアへ嫁ぐ、結婚式の1日を描きます。シリアへの境界線を越えたら一生戻れません。それでも、彼女は嫁いでいきます。境界線とは、国境とはなにか、我々が生きる根源を問いかけます。
複雑な中東情勢を見事に、スリリングに折り込み、肉親の愛を見事に描いています。
数々の賞に輝いた映画です。
来年2月21日より岩波ホールでロードショー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)
新番組

テレビ朝日「報道発ドキュメンタリー宣言」午後7:00
見応えのある番組でした。
女優の南田洋子さんが認知症であることを知りませんでした。夫の長門裕之さんが懸命の介護をします。ボクは個人的におやじの介護を経験しているので、身につまされました。
深夜、妻のために夜食を作る長門さんが言いました。
「オレは、お山の大将だった。しかし、やろうと思えば何でも出来る事が分かった」
涙が出そうになりました。
質の高い、いい番組でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)


国が国民に現金を配るという話

「生活支援定額給付金」総額2兆円、4人家族で6万円。
なにか変な気持ちしませんか?
ありがたがらそうと配るお金は、僕たちの税金ですよ。
国民に現金を配って人気を取る・・これって、最高に下品ですよ。国家が行う壮大な選挙違反じゃないですか?
落ち目の政党の最後のあがきに見えます。
受け取り拒否運動って、出来ないかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)
バナナ

中年男のぼやき(電車の中で)
「おれんちはさ、朝、バナナしかないんだよ、ゴリラじゃないってんだ。それでさ、珍しく本読んでると思ったら「鈍感力」だってさ、これ以上、鈍感になって、どーするってんだよ、まったく、ついてねーよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)
夜のねこ

UzuKaiコタツの中に入ると暑いらしく、外で渦巻き状になって寝ています。これから寒くなって、野良たちは、どこで、どんな格好で寝ているのでしょうか。見てみたいですが、野良の寝床はさっぱり分かりません。写真はウズと海です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


航空幕僚長の論文

この偏った思想の論文がなぜ最優秀賞を取ったのか?主催者はどこなのか?審査員は誰なのか?いろいろな疑問が頭をかけ巡りました。ネットを検索してみました。
主催社は「アパグループ」というマンションやホテルを建設をする会社です。思想的に相当偏った社長のようで、
この懸賞論文は、出来レースだな、と感じました。
以下のサイトの「受賞者発表」をクリックすると、論文を読むことが出来ます。
http://www.apa.co.jp/outline/outline06.html
審査員の表示もありません。リベラルな審査員がいれば、これを最優秀とはしないでしょう。
官僚が見事に乗せられたんだな、300万円の賞金に目がくらんだんだな、と感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »