« 事故から学ぶ | トップページ | 事故から学ぶ(2) »

2008年11月 9日 (日)
やったね、西武ライオンズ

ボクは広島カープのファンなので、巨人軍は目の敵。
西武球場はボクの家から近いし、パリーグの中では親近感を持っていました。
7戦中、3試合見ましたが、新鮮で(シーズン中、見ていなかったので)楽しかったです。
真剣な楽しい試合を見せてくれれば、人気も復活するでしょう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/43063647

この記事へのトラックバック一覧です: やったね、西武ライオンズ:

コメント

>真剣な楽しい試合を見せてくれれば、人気も復活するでしょう。

野球の話題ではなく恐縮ですが、韓国で開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルで現世界チャンピオン浅田真央選手が優勝したことと、民放の報道姿勢への疑問についてコメントさせていただきます。
国際大会で史上初の三回転半(トリプルアクセル)2回成功という快挙を成し遂げて優勝したというのに、民放は奇跡の逆転とか、キムヨナが失敗したから勝てたとか、およそ自国の選手が勝ったことを喜んでいないような態度の番組を放映し、一般の視聴者をミスリードしています。
ユーロスポーツの実況放送では、ロシア、イギリスの解説者が「ようやく勝つべきものが勝った」「浅田真央の技術と表現力は最高」「奇跡のプログラム」と興奮状態で絶賛しています。キムヨナ選手はもっと表現力と技術を磨かなくては浅田真央に追いつけないだろう、プログラムもよくない、芸術点で浅田選手を上回るなんて信じられないと、誰もがキムヨナ選手の異常加点を皮肉たっぷりに報じています(昨年来このような解説が欧米では多いのです)。
それとは対照的に日本のテレビがまったく逆の報道をしていて何とも奇妙です。一体どうして?およその事情は私も理解していますが、いつから自国の誇る大選手を貶めるような内容で隣国に媚を売るような放送を平気でするようになったのでしょう。
欧米で両国が笑われていることになぜ気付かないのでしょう、海外の放送を見ていないのでしょうか。見ていながら偏向報道をしているのでしょうか(多分こちらでしょう)。日本を愛しているとはとうてい思えないていたらくぶりです。表彰式も浅田選手に金メダル授与の部分と国旗掲揚の部分がカットされていました。
欧米の放送を聞いて審判買収も嘘とは思えなくなりました。無理やりキムヨナ選手に加点することで僅差の2位にしなくてはならなかった事情も読めてきました。試合後のエキシビジョンの最後は金メダリストが滑るのが常識ですが、銀メダルのキムヨナ選手がトリで「ゴールド」という曲を滑りました。
キムヨナ選手が転倒していなかったら優勝したかもしれないというおかしな判定基準。不自然な加点と減点で、三回転半を2回跳んだ浅田選手と、3回転が1回転になったキムヨナ選手がほぼ同点になるようなルール改正。
フィギュアはもう駄目かもしれません。

このコメントが不適切でしたら削除してください。

投稿: 猫の母 | 2008年12月15日 (月) 18時28分

11月の「ミスジャッジ日本シリーズ」に
>フェアプレーはスポーツの命
と田川さんは書かれていましたので、フィギュアグランプリシリーズ初戦についてコメントさせていただきました。

スイスのスポーツニュースを追記させていただきます。
「真央3A2回凄いですね。 韓国の、どアウェイの中で歴史を作るとは素晴らしいことなのです。 さてこの快挙の陰でも、「特別採点」の常連、キムヨナ選手への ボーナス得点が目に余ったことは言うまでもありません。 冬でも夏でも(サッカーのこと?) 騙すんなら、もうちょっと上手にお願いしたいものですね」

世界チャンピオンであり、グランプリファイナルを制した浅田選手への敬意がまったく感じられない主催国と日本の民放の態度。主催国のメディアは「日本でもキムヨナが上だと言っている」と宣伝に使っています。因みに国際フィギュアスケート連盟の副会長は隣国人です。

掲載してくださりありがとうございます。

投稿: 猫の母 | 2008年12月15日 (月) 21時10分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。