« 紅葉のメカニズム | トップページ | ストーブ猫 »

2008年11月30日 (日)
花の香り

Lily花の消費量はどこが一番だと思いますか?
個人消費が1位という先進国(ヨーロッパ)もあるようですが、日本ではホテルのバンケットだそうです。
もう一つ質問です。ホテルのバンケットのテーブルに座って目の前に飾ってある花の香りを感じたことがありますか?ないと思います。
食事の邪魔になるからという理由で、香りのない花が開発されているのです。
「それはヘンだ、元にもどすべきだ」という声もあるようですが、香りのある花は登場しません。
お花を買って帰り、部屋中がいい香り、なんてことを感じたことはないはずです。
さて、写真のユリです。強烈な臭いがします。あまりの香りの強さから、お見舞いには使えないし、ましてや、バンケットの食卓の飾るわけにいきません。しかしです、最近、香りがほとんど、かすかにしかしなくなりました。いま、居間に飾ってあるユリ(写真)が証明してくれています。鼻を近づけると、かすかに匂いますが、香りが部屋に充満することはありません。
あまり自然をいじらないほうがいいのになぁ、と思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/43275918

この記事へのトラックバック一覧です: 花の香り:

コメント

カサブランカリリ-がバブル最盛期、美しい姿と甘い香りがもてはやされました。ウエディングブ-ケに満開の10輪を使うころでした。傷つけないで美しく咲かせるために、10本のカサブランカを花瓶で咲かせてました。当初は家中が甘い香りで包まれて「幸せ」な気分でしたが、長時間の強い香りは、頭痛で気分が悪くなってしまいました。それからは、花の好きな方の家に預けていました。
今はバラが主流です。バラも香りが抑えてありますよ。とげも少なめになってます。繊細な日本人の感覚には西洋の花たちは受け入れがたいようです。ひょっとしたら花粉症の方のために、花粉のない花が開発されるかも知れませんね。

投稿: ホワイトベル | 2008年11月30日 (日) 21時35分

そう云う事だったんですか。
私は匂いを感じにくくなったのは歳をとって五感が
鈍くなったせいだとばかり思っていました。

投稿: ねこの鈴 | 2008年12月 1日 (月) 17時55分

元の香りに戻そうとしても、そう簡単にできるわけではなく、何年も何年もかかる仕事らしいいです。香りのある種を見つけて育種を繰り返すのだと思います。

投稿: ねこ屋亭主 | 2008年12月 1日 (月) 18時12分

カサブランカを一本だけ飾り、香りを楽しむのは好きです、外から帰って、いい香りがするとうれしい気分です。それからトイレに飾るのも 芳香剤かわりに気に入っています。たくさんあるときっと頭が痛くなるのでしょうね。
ヒヤシンスの切花もいいですね。

投稿: mardi | 2008年12月 2日 (火) 13時51分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。