« 新幹線 | トップページ | 小春日和 »

2008年12月 9日 (火)
ドギーバッグ

法事の食事は、町の仕出し屋さんから6人分の仕出し料理を取りました。とても食べきれませんでした。
残ったものは、そのまま、みんな(4名ですが)持ち帰りました。
仕出し屋さんも、あらかじめ、持ち帰り用のビニールの風呂敷を用意してくれていました。

そうだ、外国のレストランにはDoggy Bag(ドギーバッグ)というモノが用意されていて、食べきれなかったものを持ち帰る習慣があるなぁと思いました。
日本では、食中毒の危険から、持ち帰らせてくれないところがほとんどです。
ところが、きょうの新聞に持ち帰り運動を始めた県があるという記事がありました。
ゴミを減らす運動として始めたようです。(福井県)
“もったいない”運動として始めたところもあるようです。
バッグも店に頼るのではなく、自分で持って行く“My Doggy Bag”がいろいろ開発され販売されているようです。持ち帰りを想定して多めに注文したり出来ますから、便利ですね。
この習慣が根付くことを願っています。
店から持ち出した食品の管理は自己責任でいいのではないでしょうか。

ドギーバッグ(Doggy Bag)=欧米では、残り物を、飼っている犬のために持ち帰る習慣があったことから、こう呼ばれるようになりました。アメリカでは、現在、Box(ボックス=箱)と呼ぶのが一般的だそうです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/43368764

この記事へのトラックバック一覧です: ドギーバッグ:

コメント

私も勿体無いので持ち帰るようにしています。
一部ホテルなどでは食中毒を危惧して持ち帰り出来ない所もありますが、個人のお店ではちゃんと包んでくれる所もあるし、私はバックの中にはいつも
2,3枚の未使用の小さめのポリ袋を持ち歩いているのでこれに入れて持ち帰ります。
ご飯などは最初から半分にしてくださいとお願いします。

投稿: ねこの鈴 | 2008年12月10日 (水) 10時48分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。