« ペット税 | トップページ | 晦日の猫 »

2008年12月30日 (火)
薄くなった新聞

このところ、新聞受けから新聞を引き出すとき感じることは、“薄くなった”ことです。最終面が24面です。
(朝日新聞)
以前は34面くらいありました。新聞社はどこも赤字だそうです。紙の倹約をしているのでしょうか?
全面広告も多くなりました。安くしてなりふり構わず広告収入を上げようとしているように見えます。
株価のページ、翌日になって株価を確認する人がいまどきいるのでしょうか?
時代へのズレを感じます。止める時期はとっくに過ぎていると思います。
哀れさを感じる新聞の薄さです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/43572883

この記事へのトラックバック一覧です: 薄くなった新聞:

コメント

新聞が薄くなり、広告が多く、私もさみしく思っています。それにインクも薄くなったような気がします。楽しみだったクロスワードパズルやクイズの紙面が消えて がっかりです。

投稿: tueseday | 2008年12月30日 (火) 15時19分

えー?インクまで!それは気がつきませんでした。気をつけて観察します。

投稿: ねこ屋亭主 | 2008年12月30日 (火) 15時35分

読み物好き最後のよりどころ新聞にも危機が・・・困った!!。

投稿: 巨保 | 2008年12月30日 (火) 21時28分

来年は新聞に大きな変化が来ると思います。
まず、お金がかかる外国特派員を引き上げるでしょう。ニュースは通信社から買うことになり、各紙同じ記事が載るようになります。
ページはどんどん減り、面白くなくなるから購読者が減り、その先は・・。
古いものが消えていきます。
テレビに出続けた見慣れたタレントさんがどんどん交代します。
ギャラが高いからです。
そしてテレビは・・。

投稿: ねこ屋亭主 | 2008年12月30日 (火) 21時50分

息子が本年4月TVに転職しました。
田川さんのお書きになったいろいろを読んでましたので 危惧していますが ますます心配になります。

投稿: mom | 2008年12月31日 (水) 00時28分

現場にいないので、現場の雰囲気はお伝えできませんが、発表される収益は相当悪く、制作費の削減、日常経費の削減、残業時間の短縮、などなど、厳しい節約が始まっているようです。
これは、テレビ業界だけの事ではありませんが、大手企業(トヨタ、ソニーなど)が広告費を絞り込めば、真っ先に影響が出るので、世の中の景気に連動しているといっていいでしょう。
景気に関係がないNHKだけが元気がいいですね。

投稿: ねこ屋亭主 | 2008年12月31日 (水) 09時09分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。