« 寒アヤメ | トップページ | 新聞ウオッチ »

2009年1月 2日 (金)
本間ちひろ原画展

Honma友人の本間ちひろくん(画家・詩人・児童文学者)が原画展(こぶとりじいさん)をやります。
1月4日から20日まで。
阿佐ヶ谷の喫茶店COBU
詳しくは彼女のブログで確認してください。
http://diary.honmachihiro.com/

四国の今治市の地場産業であるタオルが元気がいいという話は知っていました。
消費低迷を、いろいろなアイディアを投入して盛り返したという成功物語としてニュースになりました。
本間くんもその一翼を担っています。
写真は、彼女のイラストが使われた製品です。
オーガニックコットン(写真の下のタオル)は非常に評判がいいそうです。
ネットでも購入できるようです。
(有)オルネット
http://www.orunet.com/
電話:0898-22-7613


Towel

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本間ちひろ原画展:

» 今治 タオル関係 [今治バリバリリンク集]
オルネット 雪花-SEKKA ORUNET  本間ちひろ原画展  雪花 SEKKA たびなれ  和の”洒落た”ライフスタイルを提案「SEKKA」    グラフィックデザインからプロダクトデザインまでクリエイティブBLOG  オーガニック (財)今治地域地場産業振興センター いまばりタオルブティック 池内タオル、オルネット、田ノ窪タオル工業、七福タオル、丸栄タオル、村上タオル、吉井タオル、渡辺パイル織物、工房 織人、MOU CUBE、今井タオル、織鶴タオル、森商事などの商品は、↑... [続きを読む]

受信: 2009年1月 2日 (金) 17時17分

コメント

昔からのタオルのイメージは、農作業の時の汗ふきだったり、風呂で使う、だったりでしたが、今治のタオルはイメージを一変させたようです。
楽しい、おしゃれ、心地いい、などの要素をタオルに投入したのが、成功の秘訣だったのでしょう。ボクがもらったオーガニックコットンのタオルの価格は1,050円です。高級感もヒットの要因だったのかも。

オーガニックコットン=少なくても、3年以上、化学肥料や農薬を一切使用しない畑で育てられ、加工の段階でも、薬品洗浄、漂白、染色をせず、自然のままの綿花の色を生かした製品。(タオルについていたタグより)

投稿: ねこ屋亭主 | 2009年1月 3日 (土) 09時29分

明けましておめでとうございます。

今治のタオル美術館を旅の途中に見学したことがあります。
眺望のよい高台にあり愛らしいグゥズとカラフルなタオル
が販売されており、品質のよいものであったことを覚えています。当時、国内タオルの輸入製品が7割をしめており売れないことを心配されていました。都心でも売っているお店がありますので、又のぞいてみたいものです。

 

投稿: クロちゃん | 2009年1月 2日 (金) 23時11分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。