« 鯨ウオッチング | トップページ | 帰国 »

2009年3月24日 (火)
WBC

ついにやりました。パソコンの速報を見ていましたが、文字情報ですからイライラします。9回から10回にかけては、胃が痛くなりました。
スターは最後に見せ場を作りますねー。

原監督のコメントに「名監督ならもっと点が取れていただろう」というのがありました。
温情采配を反省しているんだな、と思いました。
栗原が大事なところで凡退、城島も同じだった。代打を送っておけば、加点出来たのに、と思っているんだな、と思いました。

テレビのプロデューサーにも当てはまります。
「いい人ね」と思われているプロデューサーの番組は勢いがありません。
「あの野郎、殺してやるー」と思われているプロデューサーの番組は力があります。
なぜか?
できの悪い仕上げは、作り直しを命じます。
放送直前になって、ネタを差し替えたり乱暴なことをします。ネタをボツにされたスタッフは当然むくれますが、強引にやります。だから「この野郎−」と思われます。

原監督が名監督になるには、温情と非情のバランスをいかにコントロールするかにかかっていると思いました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/44452815

この記事へのトラックバック一覧です: WBC:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。