« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)
猫も外を眺めたい

Windowcat外を眺めたいとき、と言っても、人間のように風景を楽しもうというわけではなく、ほとんどの場合、野良猫の気配がした時、ブラインドを手で押し下げて外を覗きます。なので、我が家のブラインドはベコベコです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)
原画展大盛況

Bibi木像ビビが招き猫をやっています。このビビに惹かれて、続々お客さんが店内に入り、ボクの座り場所がなくなって、早々に帰ってきました。ビビ効果絶大!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)
ビビ原画展飾り込み

今晩、8時から、中村みつをさんと二人で、20点くらいの原画を飾ります。
ぼつぼつ、出かけます。
明日からです。遊びに来てください。
(追記)
きれいに飾り付けができました。
この喫茶店にも猫がいます。名前を「シュー」といいます。
Cobu1_2Cobu2Cobu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)
光回線

今朝の朝日新聞にNTTの光回線の契約数が伸び悩んでいるという記事がありました。
ネットに魅力を感じているボクとしては困ったことだなぁ、と思いながら、光回線をキャンセルしたボクの経験を。(現在は、ケーブルテレビの回線でやっています)
速度が出ない、引っかかりがある、などの障害があって、何度もNTTに電話しました。
その都度、ルーターのせいでしょう、あるいは、プロバイダーが使っている幹線の速度に問題があるのでしょう、とか、自分の責任ではない、と言い張ります。
確かに、インターネットの場合、ラインの不調以外にも、モデム、ルーター、プロバイダーなどの要素が組み合わさって成立するので、どこが悪いのかわかりません。従ってたらい回しになり、嫌気がさしてきます。
この状況を一括して処理する方法を考えないと、伸び悩みは止まらないでしょう。
ボクのところは、再開を見越して、光ケーブルは引き込んだまま、ぐるぐる巻きにしてぶら下がっています。
ラインをひきさえすればそれで終わり、という仕事の形態を考え直す必要があります。
消費者フレンドリーに。

「豆知識」
インターネットの普及率が一番高いのは、オランダで91%。
日本は74%で世界で10番目。(アジアでは一番高い)
アメリカは73%。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


新緑

Newgreen「清々しい」という言葉を実感する朝の散歩です。「緑が目に痛い」という表現も、その通りだなぁ、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)
ブルーベリー満開

Bb1Bb2Bb3「見応えがあります」と松村さんから写真が届きました。
このまま花が、ぜんぶ実になると気が遠くなりそうだと収穫担当の奥さんが困惑されているとか。
それでも、豊作は嬉しい。
3枚目は、早生で、実ができ始めています。(ピントが甘く、ちょと見にくいですが)
イノシシが出て暴れているとありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


ビビ原画展初日

初日が、1日早まりました。30日→29日
4/29と5/6のみ、午後6時閉店となります。
喫茶店ですから、飲み物1杯(コーヒーとか紅茶とか)を注文していただくのがお願いになります。
ケーキも美味しいです。
お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)
草なぎ剛逮捕

警察はやり過ぎのような気がしますが、どうなんでしょうか。ただの酔っぱらいでしょう。数時間で釈放じゃないですか?家宅捜索までやりますか?なんだか、警察も劇場化を楽しんでいるんじゃないでしょうか。
「公然わいせつ」という行為が成立するのでしょうか。深夜の公園で、彼の裸を見て恥辱心を感じた人は誰もいないのに。ボクが風呂に入っていたら逮捕されたようなものですよ。
ウイキペディアから。
法的概念としてのわいせつとは、判例によれば、「いたずらに性欲を興奮又は刺激させ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反する」と定義される。

ボクが現役の頃、こんなことがありました。
若いスタッフのK君が酔っぱらって、麻布警察の、お巡りさんが乗る白い自転車を引っ張り出して、六本木の夜の町を乗り回していて、捕まりました。
深夜2時、寝ている立川のボクに、麻布警察から電話がありました。
「Kを捕まえているから、判子を持って引き取りに来てくれ」と。
ボクは答えました。
「いまから、車もないし、行けない。朝まで留めてくれ」と。
朝、早起きして出かけたら、「もう帰した。この書類の判子を押して」と言われました。
書類には、「2度とこんな行為はさせません」と書いてありました。

こんな程度のことではないかと思うのですが・・?

| | コメント (4) | トラックバック (0)


ビビ原画展

CobumapCobu日時:4月29日~5月12日 10:00~20:00(4/29 5/6のみ18:00閉店)
場所:画廊喫茶「COBU」(地図参照)
   杉並区阿佐谷南1-36-12
   電話:03-3316-0241
   パール商店街、マツモトキヨシ(右)の正面に婦人服店「スミレ」があります。
   その店内から奥へ進むと喫茶室があります。
   道路側に、木像ビビがいます。
   中村みつをさんもボクも、なるべく出かけるようにします。
   連休中ですが、遊びに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の猫

Cat2Cat1_3
天気に誘われて散歩しました。新顔の猫に出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)
中村みつをさんNHKへ出演

Gahaku中村みつをさんの出演番組は、NHK・今週金曜日(24日)夜の「ニュースウオッチ9」です。
中村さんの著書「お江戸超低山さんぽ」がテーマだそうです。
「ビビ」のこともしゃべる、と連絡がありましたが、録画ですからカットが不安です。
でも、楽しみ。見てください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


銀座の風景

China久しぶりに昼の銀座を歩きました。写真右側に観光バスがいます。その前にも2台止まっています。全部、中国からの観光客だそうです。連日の風景だそうです。ニュースで見る中国の好景気の現実を銀座で見ることができました。

メディア評論家の正木鞆彦さんと久しぶりに銀座でメシを食いました。
テレビがデジタル化して、どうなるのか、何が変わり、テレビ局は何をしようとしているのか、放送と通信の融合というかけ声はどうなっているのか、そのゴールはどんな姿なのか、ボクにはよく分からないので、勉強会を始めようかと、相談したのです。
不定期ですが、いろいろな分野から講師を呼んで勉強会をやろうと二人で決めました。
人選を正木さんへお願いしました。具体的になれば、お誘いしますので、参加してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)
ツツジ

Tsutsujiボクの家から見える風景です。目が痛くなるほどの鮮やかさです。
午後から外出していましたが、夕方から強い雨になりました。
「世界それホント?会議」のプロモーションでテレビ局へ、その後、本の販売の専門家に会って、
たくさん有益な話を聞きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)
お茶と味噌

なかなか気に入ったモノに出会わないのがこの二つ。
きょう、立川の成城石井というスーパーで鹿児島の知覧産の新茶を大々的に宣伝販売していたので、求めましたが、ガッカリ。芽が若すぎるのか、香りも渋みも苦みも、いずれも弱くて落第。
100グラム千円弱。
味噌は、ボクの田舎の製品で、田布施味噌を愛用。
推薦品があったら教えてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)
豆ご飯も発芽!

Mame豆大福が発芽したのなら、豆ご飯も発芽するんじゃないの?というメールをいただきました。
早速、実験しました。
見事!成功!(写真)
発芽のさせ方。
ご飯を冷凍します。翌日、加温しながら解凍し、水分を加えて、電球の温度で(25度くらい)加温を続け2日で発芽しました。冷凍するのがコツのようです。

                                      
                                        (ウソです)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)
猫も土曜日

Neko猫も曜日がわかるのか、なんだか今日はのんびりしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)
豆大福その後

Simizu久しぶりに(田舎にいたので)豆大福を買いに近くの和菓子屋「志み津」へ行きました。芽が出た豆大福の写真を渡し、店内に飾るように言っておいたら、ちゃんと飾ってありました。
おばちゃんです。

田舎で豆ご飯を食べた記事を書いたら、豆ご飯も発芽するだろう、とメールをもらったので、近々やってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)
「世界それホント?会議」動画更新

「世界それホント?会議」の動画をきょう更新しました。
動画は、隔週木曜日に更新します。動画の更新がない木曜日は文字情報「それホントピックス」を更新します。よろしくお願いします。
http://world-really.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

Kai久しぶりに帰っても猫はいつも無表情。バッグを開けたら、早速中に入って来ました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)
ブルーベリーの花

Bbflower ブルーベリーの花が咲きました。可愛い花です。いま咲いているのは早生で、6月の終わり頃に熟します。

あす、東京へ向かいます。
帰りも、ANAのどこまで行っても9千円チケットへ挑戦します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)
豆ご飯

Mamegohan1Mamegohan2豆ご飯を炊きました。美味しくて食べ過ぎる、ということは東京では滅多にありませんが、今日は、それでした。食べる前に写真を撮ろうと思っていましたが、忘れていました。
残りご飯を冷凍するために容器に入れたところです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)
ハゼの会(二日目)

HazenokaiAspara午前中、今月の例会。5月のイベント、8月の夏祭りなどの打ち合わせ。その後、材料づくり。昼飯はボクの担当で、五島のうどん。写真は、仲間の陶芸家制作の燭台の検討会。花瓶のカモミールは、ちぎってみんなで飲みました。最高です。
2枚目の写真はボクの畑のアスパラガスです。毎年、シーズンをはずしていました。今年はバッチリ。今晩、食べます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)
ハゼの会

Haze今日も快晴。ハゼの会の会員4名が集まって、5月のイベントのための材料づくりをしました。紫外線がすごかったようで、顔がヒリヒリしています。昼食は、われらの会長の手作りうどん。
出汁を数時間かけて作るそうで、抜群。明日も、もう一日作業をします。明日の昼食はボクのうどん。(五島列島の手延べうどん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)
野いちご

Noichigo今日も晴天。畑で働きました。野いちごが咲いていました。

15兆円の景気対策は、車や家電などの目先の消費刺激がメインで、その時限りのばらまきです。
将来、あるべき国の基盤づくりに投資しなければ、光は見えません。
国民の人気取りしにか思えません。
国家の大計を考える賢い政治家が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)
雑草?

Umaashigata侍従「陛下、それは雑草でございます」
昭和天皇「雑草という草はないのだよ」
そう言って侍従をたしなめられたという話を聞いた時、「そうだ、雑草という言葉があるのがおかしい」と思いました。名前を知らない草は、すべて雑草としていました。
植物にも、それぞれ個性があり名前があるのです。
写真の花は「ウマノアシガタ」(キンポウゲ科)です。子どもの頃から見ていました。道端や岸に生えていて、雑草だと思っていました。
茎がウマの足のようにカクカク曲がりながら伸びています。
例年より、今年は少ないようです。

昨日、ボクの山でタケノコを掘って食べました。一部を焼いてみました。サクサクした食感がとてもよく、美味しく食べました。残りは茹でて、酢味噌会えにしました。木の芽(サンショウ)が出ていますので、春を感じる最高の食べ物になりました。
今日は、隣のおばちゃんからタケノコご飯をいただきました。上品な味に仕上がっていて美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)
ブルーベリーの花

Bb今日も最高の天気でした。ブルーベリーに肥料をやる作業をしました。
ブルーベリーの花は、スズランに似ています。可憐です。もうじき開花します。
田舎では、なにも起こりません。畑から東京へ電話するとウグイスの鳴き声が入るらしく「本物ですよね」と問われることがあります。うるさいほど鳴いています。縄張り意識の強い鳥で、自分の縄張りを主張して鳴くのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)
ツバメ到着

Swallow1Swallow2午前中の仕事を終えて家へ帰ったら「チチ、チチ」とツバメの鳴き声がしました。来たな!と見上げたら
二匹が家の回りを旋回していました。嬉しかったです。やって来たその日を見るのって、初めてかも。
飛んでくる距離を思うと、事故もなくよく来たなぁ、と感動します。カメラを取りに家へ入った間に、引き込み線にとまってポーズを取って待っていました。2枚目の写真は、早速の交尾です。それから納屋に入り、昨年の巣の点検をしていました。これから2回ほど子どもを孵し、秋にまた南へ帰ります。

ツバメの番(つがい)は、去年と同じ番ではありません。メスは、若いオスとやって来ます。その確率は80%くらいと聞きました。人間世界で「若いツバメを作る」といいます。ツバメの習性を真似て実行しているご婦人のことを言います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)
田舎・春

YamasakuraRindouNichinichi20度くらいあったようですね。暖かい一日でした。
桜、満開です。豪華な吉野桜ばかり見ているので、清楚な桜(これは、なに桜かわかりません)を見ると、なぜかホッとします。
リンドウとつるにちにち草です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)
ログビルダー

Hayashi1Hayashi2ビビの木像を作ってくれた林隆雄さんの実演。(たぶせ桜まつり)
5種類のチェーンソーを使い分け、丸太が1時間15分で、見事な像になりました。
2体を完成させ、オークションにかけられ、3万円で競り落とされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)
田舎へ

Jakoba1ヶ月以上放置してあったジャコバサボテンがきれいに咲いていました。
「水なしでよく頑張ったなぁ」と声をかけてやりました。
桜がいい感じです。今日は雨ですが、明日は上がる予報。たぶせ桜祭りが行われます。

今日は、飛行機を利用しました。ANAの65歳以上、どこまで行っても9千円という切符を利用しました。

松村邦洋くんから、携帯に録音がありました。
「自分の不注意からご迷惑をおかけしました」と。
元気に活躍して欲しいと願います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)
推薦!パンの料理本

Bread「パンうまっ」
〜抱腹絶品の味 お手軽パン料理集〜小学館 1,000円(税込み)
ボクの友人の田中成一さんの企画です。
企画力に驚きました。パンの食べ方、今までになかったと思います。
毎朝、同じ食べ方では飽きます。ボクの場合、やっている食べ方は4〜5種類です。これは役立ちます。
推薦します。写真付きで楽しい本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)
びっくり豆大福




コネタマ参加中: エイプリルフール、秀逸だったのはどんなネタ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)


発芽豆大福その後

Daifuku5きょう、和菓子屋「志み津」を覗いてきました。紙焼きにして渡した発芽大福の写真をショーケースの上に置いて、お客さんに見せているそうです。
「そんなことがあるの?」とみんなが不思議がっているよ、とおばさん。
きょうも柏餅と大福を「持って行け」とくれました。
(写真左下に写真が置いてあるのが見えます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)


ビビ人形(実物)

Bibi1GamousanMitsuoビビ人形の実物に会ってきました。中村みつをさんの個展会場にいます。作者は蒲生マリコさん(写真2枚目)。柄が手書きですから、いい感じです。頭も足も尻尾も動きます。
中村みつをさんの絵はすべて描き下ろし。ベトナムの絵です。
ボクは、そのすばらしさに、開口一番「これ、ホントにあなたが描いたの?」と言いました。
影武者がいるのではと疑いました。それほどすばらしい絵です。
個展会場は下記サイトで確認してください。
http://galeriemalle.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)
びっくり豆大福

Daifuku4Daifuku1Daifuku2Daifuku3

大好物の「豆大福」を食べ忘れて数日間放置していました。
 もう捨てよう、と包みを開いたら、なんと、驚くまいことか、豆から芽が出ていたのです。なんだこれは?!菓子屋のおじさんが間違って生の豆を入れたのだ、と思いました。
 近所の和菓子屋「志み津」へ急行。
「おじさん、豆大福に生の豆を使ったでしょう。芽が出たよ」
 おじさんは、何のことか分からず、キョトンとしていました。
「これ見てよ」
 差し出した「芽が出た大福」を見ておじさんは「エ、エ、エ??」と唸りました。
 「こんなことがあるのかぁ?」
 ほとんど、腰が抜けた状態になりました。
 おばさんも出てきて狐につままれたような顔をしています。
 おじさんが言いました。「俺におくれ、育ててみるから」
 それから数分間、なぜこんなことが起きたのか、ああでもない、こうでもない、と言い合いましたが、納得する結論は出ませんでした。
 帰りがけに、おばさんがまんじゅうを二つくれました。
 ボクは帰りながら思いました。
 「今年は、きっと大きな福が芽吹くんだ、おじさんにもボクにも」
 そう思うと、心が温かくなりました。
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »