« 夏日 | トップページ | ネコと寿司 »

2009年5月11日 (月)
遅い気づき

例えば、忌野清志郎さんの葬儀で、「元気をもらっていた」「勇気をもらっていた」という言葉が聞かれました。
ごく最近まで、ボクは、この言葉が実感出来ませんでした。
あの人もがんばっている、と感じたときボクも勇気が湧くようになりました。
最近のことです。
これを「勇気をもらう」というんだな、と感じています。
“ビビを見かけました”と知らされたとき、よし、あいつも元気で生きているんだ、おれもがんばろう、と思いました。
今までなぜ感じなかったのか、それは感度が鈍いせいかもしれないし、人からもらわなくても、十分元気で、勇気もあったからかも知れません。
今後は、いっぱい人から元気や勇気や夢をもらおうと思います。
そして、反対にあげられたら、もっと嬉しいと思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/44980159

この記事へのトラックバック一覧です: 遅い気づき:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。