« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)
台風襲来

天候のせいか、今日は、体調が悪く、気力もなく、妻の病院へタクシーで往復しただけで、ごろごろしています。
鳩山さん、やりましたね。
以前、鳩山邦夫さん(弟)を料理長に、鳩山由紀夫さん(兄)を助手にして、料理番組を作っていたことがあるので、特別な親近感を持っています。
駄洒落が好きな人で、「駄洒落を言う総理大臣を作ってみたい」と冗談を言っていましたが、本当になりました。
恬淡として欲のない人ですから、国民のためにだけを考えてやってくれるだろうと期待しています。

政権交代が出来る社会になったことは、海外でも評価されているようで、やっと、民主主義の仲間入りが出来たのかも知れません。
激務ですから、健康に気をつけて欲しいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)
投票

午前10時に近くの中学校の投票所へ行きました。
なんと、体育館の入り口から校庭に列が出来ていました。
こんな風景は初めてです。
タクシーを待たせて投票している方もありました。歩行が困難な方なのでしょう。
相当高い投票率になるだろうと予想されます。
開票結果が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)
黒柳徹子さんの芝居

Bedroom【ベッドルーム・ファンタジー】ル・テアトル銀座 10月10日〜11月1日
詳しくは、下記サイトでご確認下さい。
ttp://www.parco-play.com/web/page/information/bedroom/
中年夫婦のセックスがテーマです。アメリカの作品ですが、どこの国でも、中年夫婦のセックスには、問題があるようです。
夫婦で見るか、恋人と見るか、悩むところですね。
安全なのは、一人で見ること。

黒柳徹子さんのコメント。
「初めての役です。お金持ちの人妻で、何もしないで、考えるのはセックスのことばかり。笑えます。
演出の高橋昌也さんは、数々の艶聞の持ち主ですから、この手の芝居はお手のもの。」

年を取ると、何でも平気で言えるのが羨ましいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)
選挙

すっかり関心が薄くなりました。どの党首も、同じことの繰り返し。面白くありません。
自民党の総理経験者や派閥の領袖などが、落選の危機にあるそうです。姿を見るだけで嫌悪感があるのは、なぜでしょうか。退場ください。
政権は交代しないと腐ります。このことが実現できる日本になったことは、喜ばしいことです。
自分たちの意志で政治を変えられると国民が思ったことも、大きな成果になるでしょう。
30日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ピロリ菌

ピロリ菌の除菌が今日で終わりました。朝晩2回、1週間、三種類の薬を飲み続けました。
この菌は、胃潰瘍や胃がんの原因になるのだそうです。感染の度合いは、赤のグラデーションスケールで表示されます。ボクのは、真っ赤でしたから、菌が充満していたのだと思います。
そして、今晩から胃潰瘍の薬を飲み始めます。8週間かかるそうです。長い道のりです。
手術の傷は、まだ、引っ張られている感じはありますが、だんだん、いろいろな動きが出来るようになってきました。
ぼつぼつ、やっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)
毎日新聞

毎日新聞には、友人や知り合いの記者が沢山います。特に外信記事が面白いので、購読しています。
ところが、立川の販売店がルーズで、かなりの頻度で配達されない日があるのです。
その都度、電話して持って来させていました。一昨日の朝刊も配達されず、電話しましたが、それでも
配達されませんでした。
もう、止めてやる!とボクの怒りは頂点に達していました。そんな気分の昨晩、集金に来ました。
まだ、気分はカッツですから「配達されないものにお金は払えない、店主と相談して対処するように」と支払いを拒否して追い返しました。

その晩、ネットを見ていたら「毎日新聞へ公的資金注入か」という記事を見つけました。
そんなに経営が行き詰まっているのか、とビックリしました。
それにしても、国家の番人を自称するマスコミが国から資金を得て救済してもらって、今後のジャーナリズム活動に影響がでるだろうに、と首をかしげました。

今後、マスコミの倒産や吸収合併など、あり得る話として、心配しています。
偏りのない健全なジャーナリズムのために、何とか自力で頑張って欲しいと願っています。
販売店のだらしなさも、大目に見て、解約はしないで応援することにします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)
「ビビ」(ポプラ社版)売れ行き堅調

Admainichi派手ではないが確実に売り上げが伸びています、とポプラ社からの報告。
今日の毎日新聞に一冊の本としてはかなり大きい広告を出してくれました。(写真)
ビビ、やるなぁ、がんばれ、と応援しています。
ビビは、ボクのことを本当に信頼してくれていました。だから、がんばっているのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)
気分転換

毎日、病気の話ですみません。
気分転換に美容院に行きました。
いつもの美容師が、何か言うかなぁ、と黙っていましたが、何も言わないので「2週間入院していたんだ」と言いました。
「あらまぁ、どうしました」と言ったきりでした。
5キロやせていますが、人は感づかないようです。

歩くスピードが、通常の半分くらいです。傷が突っ張って歩けません。
美容院の後で、いつも行く寿司屋へ寄りました。
サンマの握りが美味しかったです。
病院食の不味さは、経験がおありでしょうか?
ちゃんと味付けをしろ、と苦情を言いたくなります。
2週間のうち、1週間は点滴で暮らし、あとの1週間は病院食で暮らしました。
家から醤油とふりかけを持ってきてもらって、しのぎました。
ご飯が220グラムあります。家で食べる倍あります。とても食べられません。
感心したことは、1日3食、1週間、同じ料理は1品もありませんでした。これは見事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)
病院のこと

 初めての入院でした。
 病院って、こんなにすごいのか、と感心したことがあります。
 スピード 
 想像を超える速さで進行します。
 血液検査、レントゲン、CT、あっという間に担当医のパソコンに送られてきます。
 担当医は、コピーを持ってボクのベットへ説明に来ます。
 「ここまで分かりました」と。
 医師が出す指示を看護師が実行します。
 「いま、先生から点滴の指示がありましたので、始めます。抗生剤です」
 ナースコールボタンを押すと、数秒で看護師が来ます。
 「どうしました?」

 陽気
 朝の回診は数名の医師が団体でベットにやってきます。
 若い女性医師もいます。
 「どうですか?傷跡を見せください」
 「おー、きれい!」
 「きれいって、どういうこと?ビューティフルと言っているの?」
 「違います。ノーインフェクションという意味です」
 彼らは、いつも、陽気で、やる気に満ちあふれていました。
 ボクは、毎朝、どんなジョークを言ってやろうか、考えるのが楽しみでした。
 考えたジョークは、会話に適合せず、すべてお蔵入りになりましたが、楽しい回診の時間でした。

 看護師
 優しく気分のいい人ばかりでした。
 深夜にトイレに立って、廊下を覗きました。
 看護師二人が、各病室の患者の点滴の交換に歩いていました。
 怖いだろうなぁ、と思いました。
 取り違えることを考えたからです。
 翌日、聞きました。
 「怖いでしょう?」
 「ですから、二人で確認しながらやるのです」

 退院の日に、医師団にお礼を述べました。
 「あなた方の陽気さで、入院が楽しかったです。陽気さは、チームスピリットに欠かせません。あなた方の陽気さと、やる気には感銘を受けました。感謝します。」


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)
開腹手術

「思い切って切らせて貰いました」と医師にいわれ、傷跡は25センチくらいあります。
引っ張る感じがして、早く歩けません。呼吸も浅くなります。大きく吸うと痛いからです。
こりゃ、普通になるには、相当時間がかかるな、と思います。
ゆっくりやります。

きょう、新聞を読んでいたら、アメリカの無保険者は4,600万人とか。
国民皆保険をめざすオバマ大統領の支持率が、このことにより低下したそうです。
皆保険は、社会主義に通じる、と反対者が多いのだそうです。保険に入れないヤツは、自分が悪い、という考え方です。
アメリカ人のメンタリティーに呆れます。
国民の命より、体制が重要だというのですから。
アメリカって、大した国じゃないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)
病気報告

今回の入院手術に関して、簡単な報告をHPに書きました。
http://www.inv.co.jp/~tagawa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)
退院

みなさまへ、
本日退院しました。
田舎から東京へ移動するのに、手助けいただいたみなさま、
東京での仕事仲間のみなさま、本当にありがとうございました。そして、ご迷惑をかけました。
深く感謝します。
入院した立川の「国立病院 東京災害医療センター」の若いスタッフが、キビキビと原因を突き止め、治療方針を決め、困難だったらしい手術をやり遂げてくれました。
これも、感謝です。
まだ、気力、体力はレベル1程度で、ぼつぼつ、やります。
とりあえずの報告です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)
無事帰京

簡単な経過報告を。
田舎で3日間、激しい腹痛が続きました。病院へ行きました。
問診のあと、腹部レントゲン、エコーの結果から、腸閉塞ではないが、それに近い。便が詰まってガスが溜まっている、と診断。下剤を2種類もらって帰りました。
腸を空にしても、腹痛は治まらず、1日、我慢して過ごしましたが、我慢ならず、もう一度、同じ病院へ。今度は女性医師。カンが鋭そうな先生。最初に目があったとき、黄疸の症状が見て取れたらしい。
ボクの訴えを聞きながら、検査項目を考えていて、てきぱきと指示が飛ぶ。腹部レントゲン、エコー、血液検査、尿検査、CTスキャン。ボクは3日間水だけだったので、栄養剤の点滴を受けていました。
先生がやってきて、説明してくれました。胆嚢の入り口に石がはまり込んで腫れています。これが原因だともいます。
お家へ帰れるデーターではありません。入院して下さい。担当医は外科に変わります。

さあ、どうしよう、とボクの悩みが始まりました。
「東京へ帰ろうか、どうしようか」
事情を理解した先生も、そうするなら、データをそろえて紹介状を書くから、と言ってくれました。
それで決断。痛みが起こったら、これを飲みなさい。それでもダメだったら、そこで下車して、そこの
病院に行きない。飛行機はダメですよ。
その頃には、情報を聞きつけて岡部さんが来てくれました。
うちへ帰って大慌ての支度には、松村さん、岡部充くんがてきぱきと手伝ってくれました。
ありがたいことでした。
徳山駅まで送る、と岡部さん。
楽に新幹線に乗り込めました。
痛みを発症することもなく、無事到着。けさ、いまから、立川の病院へ行きます。病室が空いていればいいのですが。
胆嚢を切除する事になると思います。
原因を見つけて下さった先生に感謝しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)
急病のため緊急帰京〜入院

胆嚢炎のため、緊急帰京します。激痛があります。あす入院の手はずです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)
今朝の猫

Su3Su4今朝、寝坊して起きたら、食器の前で待っていました。
2枚目の写真は夕方です。食器をボクの方へ少しずつ近づけています。

ビビの面倒をよく見てくれた河内美鈴さんがビビとの思い出を送って来てくれました。

「ビビ」は臆病だからいつも、朝日の丘の笹薮の中に篭っていました。
「ビビ」とカ−ブミラ−のところで呼ぶと返事をしていました。
「ビビ」と門のところで呼ぶともみじの坂道を駆け下りてきてました。
「ビビ」と呼ぶと屋根裏からごそごそと出てき、土間の.コンクリ−トにトンと飛び降りてきてました。
「ビビ」と呼ぶと、おばちゃんとこの物置の裏からチ−タ−のようにすっ飛んできてました。
「ビビ」と松ノ木の陰の石に座って、おひざの上で丸くなってねてました。
「ビビ」と緑の風の丘でリンドウの花を見つけて歩きました。
「ビビ」と筍山で筍狩りをしました、片時もそばから離れませんでした。
「ビビ」とお別れするときは門のところで見送ってくれました。
「ビビ」と呼んでも葉のざわめきだけがきこえます。
金魚にきいても、ツバメに聞いても、もみの木のおじいさんに聞いても見かけないよとかえってき.ました。
「ビビ」はきっと、別れの寂しさを味わいたくなくて遠くから眺めるだけにしたんですよ。
ほんとのこといって「ビビ」の絵本は読めないですよ、孫に読むときは涙声にならないように感情が入らないようにしないといけないし。「ビビ」の歌は聞けないです、優しすぎて涙が止まりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)
猫の正体見ました

Su1Su2猫がいる、ビビに似ている、という情報をもらったので、岡部さんにエサを置いて貰っていました。エサは空になるので、食べに来ているらしいのですが、正体が分かりませんでした。きょう、初めて写真に撮りました。牛乳が好きです。猫缶もパクパク食べました。近寄れる距離が10メートルくらいで、それ以上近寄ると逃げます。
ビビではありません。
コイツと仲良くできるか、しばらくエサと牛乳で釣ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)
盆勤め

Bontutome田舎へ帰ったら、メモがありました。
「真光寺より連絡あり。8月3日午後お盆勤めに来られます」
朝早く起きて、仏壇の掃除、飾り付け(花とお菓子を買いに行きました)など、大慌てでやりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


祭りの写真

Roumatsuri1Roumatsuri2Roumatsuri7Roumatsuri5Roumatsuri6Roumatsuri8Roumatsuri3Roumatusri4Roumatsuri9すべてが素晴らしい祭りでした。参加度の低いボクは、ちょっと肩身の狭い思いで、写真を撮っていました。
写真説明は省きますが、楽しい雰囲気は伝わると思います。
対岸の灯文字は「笑顔DEたぶせ」です。笑顔は絵文字です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)
祭りの準備

Matsuri1Matsuri2Matsuri3第8回「たぶせハゼの実ろうそくまつり」は明日2日です。
きょうは、会員9名が集まり、準備をしました。
天気は良さそうです。ロウソクの明かりを楽しみに、お出かけください。
いろいろな楽しいイベント、そして、美味しい食べ物があります。
田布施川の川岸、午後6時から。
ここに詳しい情報があります。
http://www7.plala.or.jp/LOG/8th.pop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »