« 急病のため緊急帰京〜入院 | トップページ | 退院 »

2009年8月 7日 (金)
無事帰京

簡単な経過報告を。
田舎で3日間、激しい腹痛が続きました。病院へ行きました。
問診のあと、腹部レントゲン、エコーの結果から、腸閉塞ではないが、それに近い。便が詰まってガスが溜まっている、と診断。下剤を2種類もらって帰りました。
腸を空にしても、腹痛は治まらず、1日、我慢して過ごしましたが、我慢ならず、もう一度、同じ病院へ。今度は女性医師。カンが鋭そうな先生。最初に目があったとき、黄疸の症状が見て取れたらしい。
ボクの訴えを聞きながら、検査項目を考えていて、てきぱきと指示が飛ぶ。腹部レントゲン、エコー、血液検査、尿検査、CTスキャン。ボクは3日間水だけだったので、栄養剤の点滴を受けていました。
先生がやってきて、説明してくれました。胆嚢の入り口に石がはまり込んで腫れています。これが原因だともいます。
お家へ帰れるデーターではありません。入院して下さい。担当医は外科に変わります。

さあ、どうしよう、とボクの悩みが始まりました。
「東京へ帰ろうか、どうしようか」
事情を理解した先生も、そうするなら、データをそろえて紹介状を書くから、と言ってくれました。
それで決断。痛みが起こったら、これを飲みなさい。それでもダメだったら、そこで下車して、そこの
病院に行きない。飛行機はダメですよ。
その頃には、情報を聞きつけて岡部さんが来てくれました。
うちへ帰って大慌ての支度には、松村さん、岡部充くんがてきぱきと手伝ってくれました。
ありがたいことでした。
徳山駅まで送る、と岡部さん。
楽に新幹線に乗り込めました。
痛みを発症することもなく、無事到着。けさ、いまから、立川の病院へ行きます。病室が空いていればいいのですが。
胆嚢を切除する事になると思います。
原因を見つけて下さった先生に感謝しています。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/45857431

この記事へのトラックバック一覧です: 無事帰京:

コメント

くれぐれもお大事に。ご快癒をお祈りします。

投稿: 猫の母 | 2009年8月 7日 (金) 12時19分

外国でなくて良かったですね、日本でなら心臓が止まらない限り大丈夫?

投稿: 巨保 | 2009年8月 8日 (土) 19時05分

その後、お具合はいかがですか?
一日も早い回復をお祈りしています。

投稿: アンクルン | 2009年8月13日 (木) 14時22分

はじめまして。知人からビビの本をプレゼントしていただいてからずっと田川さんの隠れファンです。昨日徹子さんのネパール報告をテレビで見ました。平和に向けての自分の気持ちを揺らがないようにしようと勇気づけられました。この様な番組はずっと続けて、発信し続けていって下さい。
病気の件びっくりです。一日も早く快復されますようにお祈りしております

投稿: nanamin | 2009年8月17日 (月) 09時58分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。