« 人探しメール | トップページ | 今日の報告 »

2009年9月17日 (木)
バンザイ

夕方から、胆道スコープを使っての検査が行われました。
医師も、障害物は石に違いない、との確信を持つようになっていたらしく、気合いが入っていました。
途中は、睡眠剤で眠らされていましたので、よく分かりませんでしたが、総胆管を押し広げるくらいの大きさの石を、粉砕して取り出したようです。
その時の痛さは拷問のようでした。
終わってから医師は盛んにその痛さを謝っていましたが、手術をしなくても良くなったので、我慢のし甲斐があったというものです。
病室へ帰ったら看護士さんが、「ずいぶん長くかかりましたね」といったので、相当時間がかかったのだと思います。
傷ついている総胆管や他の臓器(膵臓)が落ち着くまで、点滴治療が続きますが、退院は、そう遠くないと思います。
バンザイを叫びたい気分でいます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/46236871

この記事へのトラックバック一覧です: バンザイ:

コメント

あぁ良かった良かった!!

良かったよぉ~!!

総胆管は細いですからね、
よく破れないで頑張りました。

褒めてあげて下さい。

投稿: 椎名由紀 | 2009年9月18日 (金) 08時59分

《万歳!》気持ちよくわかりますよ。小生も お医者さんに何度も首かしげられ 結果的になにもなかったと言われたことがありました。大丈夫とは思っていましたが。いつの間にか”古希”を通過したのだから これを機会に健康にも配慮しご自愛ください。

投稿: torasan | 2009年9月18日 (金) 10時26分

まだ、禁食が続いていて、抗生剤と膵臓に対する点滴、それに栄養剤の3種類の点滴が行わています。
今朝の医師の説明だと、相当強く引っ張ったから出血が多少あり、それが固まったりすると、また障害を起こすそうです。それは、外からでは分からず、ボクの自覚症状による判断、といっていましたが、今のところ、痛いなどの症状はありません。

投稿: ねこ屋亭主 | 2009年9月18日 (金) 10時49分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。