« 猫の様子 | トップページ | 病院食 »

2009年9月11日 (金)
夕方の妻の様子

午後6時30分の面会時間にICUへ行きました。
広いICUの部屋で、上半身を起こした妻の姿を見て驚き、ボクは思わず拍手をしながら近づきました。
彼女は少し手を持ち上げて握手を求めてきました。
酸素マスクを付けていますが、会話も出来るようになっていました。
「ずいぶん早い回復だなぁ」
「気力だって、看護士さんにそう言われたよ。あなたも、頑張りなさい」
ボクが励ませれて帰りました。

ボクの主治医が夜遅く(午後8時)病室へ来ました。
「いま、内視鏡の精度のいいヤツを業者に発注しています。先日のよりもっと小さいコードで患部まで入ります。」
機材のレンタルを待っているということでした。
「迷惑をかけないように急ぎます。黄疸が収まるのも、待たなくちゃなりませんし」
国立病院でも、精度のいい機材はレンタルなのかぁ、とビックリしました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/46183123

この記事へのトラックバック一覧です: 夕方の妻の様子:

コメント

あぁ良かった。

とりあえず一安心ですね。

そうです、気力です。

病は気から。

気をしっかり持つことが一番大切。

投稿: 椎名由紀 | 2009年9月11日 (金) 22時09分

レンタルを待っている機材は、「胆道ファイバー」というものらしい。
外科の先生と話していたら、教えてくれました。

投稿: ねこ屋亭主 | 2009年9月12日 (土) 10時06分

よかったですね。
気力は一番のちからですよね。
遠いい田舎から元気パワーを送っています。
二人が元気に退院される日が近いことが感じられますよ。

パソコンが壊れて会社のパソコンからブログに送りました。

投稿: みすずばあばあ | 2009年9月12日 (土) 10時16分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。