« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)
紅白雑感

矢沢永吉が登場して2曲歌いました。特別ゲストでした。NHKが三顧の礼を持って出演交渉したのでしょう。

1973年、NHKの新進気鋭のディレクター龍村仁は、矢沢永吉率いるロックバンド「キャロル」のドキュメンタリーを作りました。この番組は上司の好みに合わず、放送出来なくなりました。
(後に、再編集され、昼間の時間帯でひっそり放送されました)
この処置に怒った龍村仁は、ATGで「キャロル」の映画の撮影を始めました。NHKの職員でありながら外部で仕事を始めたのです。
再度、怒ったNHKは、映画撮影のための無断欠勤を理由に龍村仁を解雇しました。
龍村仁は解雇無効の裁判を起こします。
ボクはその時「土曜ショー」という生番組をやっていて、龍村仁を出演させNHK批判をやりました。
ボクは副調整室(ディレクターが指示を出す部屋)で身体をがたがた震わせながら放送をしました。
ボクも、これで会社を首になるかも知れない、と思ったからです。
首にはなりませんでしたが「土曜ショー」という番組はつぶされました。
その後、龍村仁の裁判は長年続きましたが、NHKに復帰することはなく、映画監督になって「地球交響曲」(ガイアシンフォニー)を作ります。
この映画はシリーズ化され、現在まで第6話まで作られていると思います。
龍村仁はボクより1才年下の同時代人です。
ボクにとっても、人生の一つの節目を作った出来事でした。

当時、ロックは不良の音楽とされ、NHKは「キャロル」の出演をこころよく思わなかった時代でした。
時代の流れを感じた矢沢永吉の出演でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


“安さ”の裏を覗いて見れば・・

今年は“安いもの”が飛ぶように売れました。
サラリーマンが昼食に食べる「弁当」が298円。その中へ入れるおかずの“肉団子”は仕入れ値が10円だそうです。
10円の肉団子は、腐った肉か段ボールを混ぜなければできません。
あなたは、それでも食べますか?

大特価!ミカン1個10円!
ミカン農家が、これで生計を立てられるワケがありません。
ミカン農家のことなんか、知ったことか、安く食べられればいいじゃないか、と、あなたはこのミカンを買いますか?

ジーパン1本690円!
飛ぶように売れてすぐ完売になりました。
カンボジアの、あるいはベトナムの少女たちが、縫製工場で、1日12時間も15時間も、低賃金で働かされて出来上がったジーパンです。
あなたは、そんなこと知ったことか、安けりゃいいじゃん、と喜んで買いますか?

「安さ」の裏には、必ず、倫理や道徳の欠如があります。
このまま「安さ」競争が続けば、悲劇が事件化します。
事件にならないと、人々は、なかなか気づきません。

賢明なるみなさん、想像力をフル回転させて「なぜ安いのか」を考えてみましょう。
「ethical」(エシカル)という概念が少し広がりを見せています。
倫理的な、道徳的な、という意味です。どこかに倫理の欠如が見つかるはずです。

ファッションの世界では「エシカルファッション」という言葉が使われ始めています。
690円ジーパンははかない、野生動物の毛皮は着ない、が「倫理的なお洒落」です。
来年は、「Ethical Living」(倫理的な生活)を心がけたいものです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)
年末のお買い物

Brushデパートで「ブラシ屋」が実演販売をしていたので見ていたら、つい買ってしまいました。
左)毛玉を伸ばすブラシ。毛玉は毛が丸まっているだけだから、それをブラシで伸ばせば、切り取らなくても元通りになります。
中央)ねこブラシ。テストしました。気持ちよがって、身体をくねくねさせました。
右)これが欲しかった。足の指の間に入れて擦る。水虫防止にもなります。快感で癖になります、とブラシ屋がいいました。
以上、ボクの年末の買い物でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


オバマの休日

人形「OBAMA in HAWAII」
Obama3Oabama2

オバマ大統領は、現在、ハワイで休暇中です。
このユーモア、センスあります。笑いました。
息子がハワイから持ち帰りました。

【ひとりごと】
オバマさんへ、
テロは武力で制圧はできません。アフガンをたたけばイエメンです。モグラたたきに似ています。
イエメンを武力で、なんて考えていないでしょうね。
戦争以外の道を考えることが必要です。
アフガンやイラクで学習したことはいっぱいあるはずです。
もう戦争はやらないで。平和賞が泣きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)
しょうゆバームクーヘン

Img_8358「カルディ」という食品販売店で見つけました。この店のオリジナル商品らしい。ほのかに醤油の香りがします。
「あまりヘンな物を作らないで欲しい」が感想。
バームクーヘンはバームクーヘンであって欲しい。
広島の「もみじまんじゅう」にしても、あんこがクリーム系だったり、チーズ味だったりするものがありますが「もみじまんじゅう」は、あくまで「あずきあんこ」であって欲しい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)


抑止力

「抑止力から考えて、グアム移転には無理がある」
鳩山さん、議論してからでないと、理解できません。
言葉が軽いと言われる所以です。雰囲気で喋ったらダメですよ。

日本有事の時、グアムからへりがやってくるのでは、間に合わない、と言っているのでしょう。
有事とは、北朝鮮ですか?その時、普天間にいる海兵隊が、それだけの能力を発揮するのですか?
どれだけの抑止力になるのですか?
ボクらにはわかりません。鳩山さんも分かってないでしょう。
「もし」とか「たらどうする」とか、軍事評論家が言うことを信じたら、日本から基地はなくなりません。

アメリカには出て行ってもらいたいのがあなたの本音でしょう。
「常時駐留なき安全保障」があなたの主張ではないですか。それが、なんですか、日本に駐留してもらわなくては危ない、と引き留めるとは。
頭が混乱していますよ。
由紀夫くん、しっかりしなさい!

【追記】
小沢一郎が普天間問題について発言したらしい。
「沖縄の人の意見をよく聞かないと、と。あの青い海をつぶすのか、とも。」
辺野古移設に反対したのです。日米合意に反対したのです。
お主、なかなかやるな、と思いました。

天皇陛下と中国要人を会わせた件でゴタゴタがありました。
小沢一郎がごり押ししたように新聞は書きましたが、真相は、中国からは早くから要望が来ていて、平野官房長官が宮内庁に連絡するのを忘れていただけらしいということのようです。
ということは、小沢一郎は、平野官房長官をかばって、自分が悪者になった、ということらしい。
新聞の取材力の低下が間違った雰囲気を作り出します。
今年は、新聞の態度の「ふらふら」が、政権の「ふらふら」より目立ちましたね。
「マニフェストを守ろうとするから無理がでる」と書いたかと思うと「マニフェスト違反、公約違反」と書いたり、一体どっちなんだよ、と腹が立ちましたね。
その時、その時の、雰囲気で書く新聞は信用できません。
記者諸君、もっと勉強しなさい、そして考えて書きなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)
アボガドスライサー

Avocado1Avocado2Avocado3久しぶりに「東急ハンズ」(新宿)の台所用品売り場を覗きました。
「アボガドスライサー」を見つけました。
田舎では、金属製のものを使っていて便利がいいので、迷わず買いました。アメリカ製のようです。
使用手順は写真の通りです。
くりぬきながらカットしますから、仕上がりが綺麗ですし、簡単です。
お勧めです。価格1,050円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)
クレヨン作り

Haze2_2山口県の田布施町を拠点に活動している「ハゼの実ロウ復活委員会」がクレヨン作りに挑戦しました。(写真)
(ボクもメンバーです)
ハゼの実から作るロウと植物から抽出する染料を使って“口に入れても安全”なクレヨンを目指しましたが、植物染料の発色がうまくいかず、食品用の顔料を使いました。
会員の発想で、型をクッキー状にしたのが大受けだったようです。市販のものと同じような棒状にするより簡単にできるからという考えが子どもたちを喜ばせたようです。
来年は「植物由来のクレヨン」と呼べるように植物染料で作るつもりです。

Crayon

(写真:岡部正彦さん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)
荒木一郎さんのこと

ご存じない方が多いかもと思い、簡単な紹介を。
ボクより5才年下。俳優・歌手として大活躍、大スター。
日本のシンガーソングライター第1号。
1966年に発表した「空に星があるように」はミリオンセラーに。数々の賞に輝く。
その後もミリオンセラーを続ける。
「いとしのマックス」
「君に捧げるほろ苦いブルース」などなど。
歌手活動はたった2年間。その間200曲を作った。
ほとんどがヒットした。

まれに見る才能と個性は強烈で、監督やディレクターが制御できない状態が続き「彼を出すともめる」と敬遠され、それ以来、芸能活動を中止した。(せざるを得なかった、が真相かも)
要するに、彼のシャープな感性に制作者がついて行けなかったのです。
ボクはそんな彼が好きだったから、当時からボクの番組に出演してもらったり、仲良くしていました。
近年は、滅多に会う機会はないのですが、彼が毎年催すパーティーでは、乾杯の挨拶をするのが決まりになっていて、出かけます。
荒木一郎の歌が聴ける唯一の機会でもあるので、楽しみです。
Araki2Araki3



Araki1久しぶりの会話。
「今年、病気をしてね、もういつ死ぬかわからないから、今晩は一緒に写真を撮っておこうと思って・・」
「おれは、今年健康診断したけど、どこも悪いところがなく、20代の身体だといわれたよ」
で、一緒に撮った写真は残念ながらピンボケでした。

Hiro今年一度も「ソロライブ」に出かけられなかった松元ヒロさんにも会えて、ラッキーでした。
松元ヒロさんは、大好きなお笑い芸人で、政治批判を得意とするので、テレビには出演しません。(テレビ局からお呼びがかからないのです。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)
帰京

広島空港で、
「シニア空割で羽田まで」
「今日から値上げです。15,000円ですがいいですか?」

知りませんでした。
今日から正月4日までだそうです。
通常は9,000円なのに。

暑い日でした。
とっくりのセーターを脱ぎ捨てたくなりました。
この気温の変化の激しさはなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)
情と規則

「なぁ、いいじゃないか、頼むよ、ナ」
情に訴えて番組を実現したこともありました。
日本人は、論理に弱く、情にもろい民族で、特に、ボクは、情を絡めた、なあなあの世界が好きです。

鳩山由紀夫くんは「鳩山やめろ」という国民の声が高まれば考えます、といいました。
テレビの街頭インタビューは、法律を破っているのだから、みんな一応批判します。が、その批判の仕方に迫力がありません。
そうなのです。みんな「情」を感じているのです。

お母さんは「お腹を痛めた息子を応援するのは当然でしょう」と上申書に書いたそうです。
当然です。受け取った息子の方に手続き上の手抜かりがあっただけです。

彼は、私費を投じて日本のために働いたのです。手弁当です。
いかがわしい金を企業からもらったわけではありません。
だから責めないでくれと「情」が湧きます。

国民は、みんなそんな気分です。
建前は批判しますが・・。

自民党の批判は、当然、法律論で責めますから、国民の感情と違和感があります。
「解散して国民に信を問うべきだ」などと言い出すから、笑います。
選挙を戦う力もない自民党です。「そんなこと本気で言っているの?」と国民は呆れています。

ぶれない政治は独裁政治です。
これだけぶれると、国民に内容がよく理解できて、政治に対する参加意欲が湧くと思います。
「ぶれるだけぶれろ」
結果は必ず正解へ着地する。
がんばれ!鳩山由紀夫。


| | コメント (5) | トラックバック (0)


水素水

Img_8301「水素水」なるものを薦められました。アンチエージング飲料水。
愛飲されておられる方がありましたら、効果のほどをお知らせ下さい。
水素が体内の活性酸素と結びついて水に戻すという作用のようです。
写真は「ナチュラリープラス」という会社の製品で、1日1本、30日分で1万円。
有名スポーツ選手が数多く愛飲しているそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


鳩山由紀夫のユーモア(?)

記者団から、サンタクロースにプレゼントしてほしいものを尋ねられました。
「サンタクロースから? (私は)もらいすぎだと言われていますから……」
いいセンス、褒めてあげましょう。

でも、
これって、ホントのことをいっただけですから、ギャグでもユーモアでもないですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)


正月飾り

Img_8299明日から東京へ戻るので、家は無人のまま正月を迎えます。こんな事を書くとドロボーが入るかも知れませんが、入ってもなにもありませんから。
家も可哀想だと思い、ちょとだけ飾り付けをしました。(写真)
表札は、板に自分で書いたものです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)
ゆず湯・1日遅れ

Yuzu木になったまま放置しては木に負担がかかるだろうと思い、今日、すべてもぎました。
来客があったので、持ち帰ってもらいましたが、まだ残っていて、捨てるのはもったいないし、風呂に入れました。
半分に切って入れればよかったのですが、後の掃除が大変だと思ったので、丸いまま入れました。
手抜きはいけません。香りませんでした。身体に効果はなかったと思います。
しかも、柑橘類にいわれていますが、開花が早く、長期間木についていたので、しなび気味でした。
何事も、投げやりはいけません。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


タバコ税

政治家というか、官僚というか、言ってみれば日本政府は、「えげつない」というか、「こすっからい」というか、国民をバカにしています。
1箱100円くらいの値上げなら、吸い続けてくれるだろう、と考えて値上げ幅を決めたのです。
販売が落ちないと思われるギリギリの線を狙ったのです。
国民が肺がんになって死んでもいいから税金がほしいのです。彼らは吸い続けて欲しいと願っています。
こんな国が、一体どこにありますか?
ほとんどの国は、政府が率先してタバコを吸わないでくれ、とキャンペーンを張っていますよ。
葉たばこ生産者を守るために、国民を肺がんにさせるのですか?1箱1,000円まで値上げすべきです。
政治家の頭は狂っています。

「暫定税率据え置き」は公約違反。でも、よかったと思います。
ガソリンをどんどん使い経済を浮揚させる政策なのでしょうが、環境問題からすれば、ガソリンの消費量は少ないほうがいいに決まっています。
運送業者が嘆いていましたが、運賃が下がらない分くらい、国民が環境のために負担すればいいと思います。
小沢一郎は嫌いですが、この決断には賛成します。
彼も、無茶苦茶を言っているわけではなく、これが日本にとって一番いい、と思っているのですから、態度は悪いが、許してやるか、と思うこともあります。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)
パンツにアイロンをかけますか?

「世界それホント?会議」のネタを集めていて、
イタリア人は「パンツにまでアイロンをかける」という情報をもらいました。
スタッフがネットで調べてみたら、スイスでもドイツでもギリシャでもタイでも、パンツにアイロンをかけるそうです。理由はいろいろあるようですが「アイロンのかかっていないパンツなんて気持ち悪い」のだそうです。アイロンかけは主婦の大仕事のようです。

そうかぁ、パンツにアイロンをかけないのは日本人とアメリカ人だけじゃないの?と考え、スタッフが下記の投票装置を作りました。投票をお願いします。
結果は「世界それホント?会議」で発表の予定です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)


猫が来た!

Img_8290Img_82911人でいると、1日、誰とも喋らない日があります。猫がいれば、猫に声を掛けますから、少しは喋ります。
しかも、生き物がいると元気が出ます。
きょう、やっと猫が現れました。もちろん、初めての猫です。ちゃんと肥って毛並みもいいから、飼い猫なのでしょう。
10メートル以内には近づけませんでした。
望遠レンズを持ってこなかったので、これが精いっぱいのサイズでした。
ビビを探しに行くとき用に買っておいた猫缶があったので、やりました。
ガツガツ食べてどこかへ消えました。また来るでしょう。猫缶が食べたくて・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)


中国人観光客

中国はもの凄い勢いで経済成長を続けています。国民の所得も増え、海外旅行も盛んです。
全日空社長(伊東信一郎)のインタビューを読みました。(日経12/21)

「年間4,500万人が海外旅行する中国人のうち、日本には100万人しか来ない。これでは外国人を呼び、外貨を獲得することを産業として認知していないのと同じだ。中国人へのビザの発給を緩和して欲しい。所得水準で入国を制限している現在の規制は、世界の常識とずれている。」

なぜこんな事になっているのでしょうか。
旅行者として入国して、失踪するからです。
失踪者が日本の労働市場を乱す、という理由です。
ですから所得が350万円以上でないと日本に来られないのです。
生活に困らない程度のお金を持っていれば、日本で逃げ出して働くことはないだろう、というワケです。
しかも、添乗員付きが義務でした。
(これは最近緩和されたようです。添乗員を失踪の監視役にしていたのですね)

日本政府の度胸のなさ、小役人的な発想に愛想がつきます。
悪いことを予想して事を中止すれば、何も出来ません。
「逃げたら捕まえる」くらいの気概を持てばいいのです。

お金を掛けずに景気をよくする方法はいっぱいあるはずです。
規制を外せばいいだけですから、1円のお金もかかりません。
全日空社長の意見に全面的に賛成します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)
基地問題(新聞記者へ)

普天間の問題を今年中に結論を出さないと大変なことになる、と書いた新聞記者のみなさん、政府は「来年に持ち越した」とアメリカに伝えました。
それで、何か不都合な事が起こりましたか?なにも起きていませんよ。
どーしたんですか?
なぜ何も起こらないのですか?その理由を書きましたか?

普天間が片付かないと、沖縄の海兵隊8,000人がグアムへ移動する米国予算も通過しない、と書きましたね。
何事もなく、上院を通過しました。
なぜですか?

COP15で、鳩山総理は、ヒラリー・クリントン(国務長官)に「決定を延期した」と伝えたら、
不快な顔をしましたか?
「そうですか」で終わりましたね。
なぜ怒らないのですか?

企業内ジャーナリストはダメだなぁ、とつくづく思います。
ネットで読むフリーのジャーナリストの掘り下げは、すごいですよ。
まず、基本的なこと。
日本にある米軍基地は、思いやり予算を与えて「日本にいて下さい、逃げないで下さい」と頼んでいることを知っていますか。これは、自民党下での外務官僚が、基地がある方が日本国民をコントロールしやすい、との悪知恵からやったことです。
アメリカは、もはや、日本にこれだけの基地は必要ない、と思っているのです。
どこに危機がありますか?ソ連や中国が危機と感じられた頃の基地配備ですから、いまは無用なのです。

それでもアメリカは「日米合意を守れ」と怒ったではないですか、というでしょう。
あれは、ジェスチャーです。建前を崩されると何もかもぐずぐずになります。
だからです。

読売新聞の世論調査。
日米合意を尊重すべきーー34%
国外ーー35%
県外ーー14%

日米合意を尊重すべし、というのは、新聞の論調が国民に刷り込まれている証拠だと思います。
新聞の責任は大きいです。

日本は大家です。アメリカは借家人です。
大家の都合で「出て行って欲しい」という権利が日本にはあります。
それが、まるで反対で、こんなに卑屈になるのは、マスコミに責任があります。
「借家人」に出て行かれたら「強盗」が入るかも知れないので、家賃は要らないから出ていかないで下さい、と大家は言い続けているのです。

そんな時代も確かにありました。
でも「強盗」はいなくなったので「借家人」の役割は終わったのです。
大家は「借家人」に出ていってもらい、広い部屋を自分たちで使いたいのです。
行き先まで心配する大家がどこにいますか。
ただ「出て行ってくれ」と言えばいいのです。
国ですから、法律を作ればいいのです。
アメリカは大喜びをするでしょう。
「やっと肩の荷が下りた」と。

この考えを国民に広めなければなりません。
それは、われわれブロガーの仕事かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


法事

Img_8289母親の17回忌の法事を終えました。お寺さんとボクの二人だけで・・。
住職さんの話です。
田舎の葬儀屋さんも、映画「おくりびと」の影響で派手になりました。心が伴っていればいいのですが、と。

仏壇には、お袋が大好きで球根を植え続け、今でも咲き続けている水仙を飾りました。
写真は、やなり自分で育てた鉢植えの、立派な菊の前で撮影したものを飾りました。
ボクも大事に育ててくれました。
感謝を込めて法事をやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)
驚異の録画機

先週金曜日の勉強会で「SPIDER」(スパイダー)というテレビ録画機が紹介されました。
ものすごい録画機で、8チャンネル分、24時間、約10日間、ぶっ続けで録画でき、検索機能が優れていて、タレント別、CM別など、あらゆる検索が可能だそうです。
「視聴率」という概念が崩れ、時間に縛られる(その時、テレビの前にいなければならない)「放送」という概念も崩れます。
テレビ局の編成部も不要になるし、新聞のテレビ欄も不要になります。
「録画忘れ」の心配も無用です。
2機種あって、30万円と38万円だそうですが、これは、テレビ状況を激変させますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


寄付する自動車保険

何ヶ月か前、メールを受け取りました。
おおむね、次のような内容でした。
「自動車保険の代理店を始めようとしています。加入者が1年間無事故だったら、私たちが保険会社から受け取る代理店手数料の内、1,200円を、加入者が希望される団体に寄付できるシステムを考えています。ついては、黒柳徹子さんを通じてユニセフへも寄付が出来るようにしたいのですが、どうすればいいでしょうか」

真剣に社会貢献を考えての行動だと感じたので、黒柳さんの事務所を教えて、了解を取って下さい、と伝えました。

数日前、了解も取れて、サイトもオープンしました、と連絡がありました。
下記サイトの「寄付先一覧」をご覧下さい。
http://www.dozo.co.jp/
自動車保険をこのサイトを通して申し込めば社会貢献ができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


田舎の写真

Img_8280椎茸が、誰も収穫しないので、木についたまま乾燥椎茸になっていました。
煮物にして食べました。丁寧に煮たので、仕上がり抜群、俺は天才か、と思いました。

Img_8283ブルーベリー畑です。きれいに紅葉しています。網を今年、取り替えます。


Img_8281レンギョウが咲いていました。暖かかったので咲いたのでしょうが、霜にやられてしなびています。
レンギョウが咲いたら、それより早く咲くマンサクはどうだ、と観察したら、まだ、堅いつぼみでした。焦るなレンギョウ。気候が変だからよく見定めるように。


Img_8285キンカンを育てています。寒さに弱い木だそうで、冬には寒冷紗で覆ってやります。(作業中)
キンカンのコンポートが食べたくて・・。いつになるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)
田舎は寒い

Funa夜、ハゼの会の忘年会でした。外は零度近いと思います。凍えそうな夜です。
室内の湿度はストーブにヤカンをかけていても30%。
写真は、防火用水の緋ブナです。元気に生きていました。水道の水をチョロチョロ給水するようにして置きました。水が綺麗すぎてエサがなかったかも。
(清水に魚住まず、言います。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


田舎へ

田舎へ
羽田空港にいます。晴天です。10時発の広島便は30分の遅れ。

昨日、品川駅で、ものすごい行列を見ました。なんだなんだ、と覗いてみたら「くりーむあんぱん」を売っていました。「八天堂」
ここ羽田にもあったので、1個買って試食しました。
うーん、合格!
広島県の三原のパン屋さんの製品で、TBSの「はなまるマーケット」(表記が不安)で紹介されブームになっているようです。
ボクは、クリームが小倉をたべましたが、バニラ、抹茶、などいろいろありました。
価格は200円。
試してみて下さい。

今回の田舎行きは、お袋の17回忌の法事が目的です。
親戚に連絡しましたが、ほとんどが年を取って「ご無礼する」ということなので、お寺さんに来てもらってボク一人でやることにしました。
25日に東京へ戻ります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年12月18日 (金)
勉強会終了

勉強会が終わって、近くのキャノンギャラリー(品川)で「長倉洋海写真展」を見ました。シルクロードの写真です。懐かしく思い出すことが多く、ちょっと涙ぐんだりしながら、堪能しました。
近くの喫茶店で書いています。

きょうの勉強会は、面白い話が聞けました。
金井正明さん、
携帯動画がどこまで伸びるかの予想を話されました。
画面の小ささ、コンテンツの問題(携帯用に作らなければならない)などから、否定的でした。
藤井利明さん、
テレビと通信の融合はあるのかについて、それは「ない」と断言され、目から鱗でした。
テレビはテレビとして存在し続けるだろう。ボタン一つで、チャンネルを変えるだけで、簡単にいろいろなものを見ることが出来る便利な(怠惰な)メディアは残る、と。
通信メディアと融合はしない、と。
過激で、楽しい勉強会でした。
参加されたみなさん、お疲れさまでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


基地問題(マスコミの変化)

毎日新聞
「アメリカとの不協和音をものともしない鳩山由紀夫の態度は、普天間問題を日米安保見直しの突破口にする狙いがある。」
北東アジアに共同体を作り、戦争が起きない状況を作り、米軍に日本から出て行ってもらおうという戦略を目指しているようです。

朝日新聞
やっと書きました。
「在日米軍基地、なぜ縮小されない?」
ヨーロッパやフィリッピンの基地は縮小されているのに、なぜ日本だけが、そのままなのだ、と疑問を提示しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)
情報メディア勉強会(第2回)

直接会場に来ていただいてもOKです。まだ余裕があります。
情報メディア勉強会ご案内
 (第2回)
テーマ(1)モバイル市場状況と携帯動画
 講師:金井正明氏(ドコモ・ドットコム ビジネス開発部長)
テーマ(2)第4のスクリーン
 講師:藤井利明氏(NTTコムウエア ビジネスインテグレーション部担当部長)

 日時:12月18日(金曜日)
    13:00~15:00(会議室は17:00まで使用可)
場所:NTTコムウエア会議室
   東京都港区港南1-9-1
NTT品川TWINSアネックスビル
   地図は下記サイトにあります。
   http://www.nttcom.co.jp/corporate/map/
   (品川駅東口より徒歩8分)
募集人員:20名
参加費:無料
主催 :(有)田川事務所
コアメンバー
ばばこういち(放送ジャーナリスト)
正木鞆彦(メディア評論家)
西浦裕二(アリックスパートナーズ日本代表)
田川一郎(テレビプロデューサー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


柚子生姜ジャム

Jamこれは絶品です。
柚子の皮に生姜を切り込みました。
「柚子生姜ジャム」
いま、柚子のシーズンですから試して下さい。最高です。生姜の割合はいい加減でしたが。
(柚子は、友だちが送ってくれた越生(おごせ)の無農薬柚子を使いました。)

「生姜ココア」が流行しているようです。
ダイエットにも冷え性にもいいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


社会格差が健康に悪影響

Prkondo社会格差が過剰死亡者(死ななくてもいい人が死ぬ)を生む、という論文を発表をして話題になった近藤尚己助教(山梨大学)に会いに行ったのは先月末でした。
その時のインタビューがニフティの「心、ひろがるブログ」で公開になりました。
今回は、その前編です。ぜひお読み下さい。
http://kouken-int.nifty.co.jp/blog/
(注)
(近藤先生を紹介した縁で、ボクも一緒に行きましたが、ボクがインタビューしたわけではありません。文章化したのもニフティのスタッフです。念のため。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)
基地

すべてのマスコミが、結論延期に批判的です。日米関係を心配しての話です。すべてのマスコミが「アメリカとギクシャクすると大変なことになる」と書きます。日本のマスコミは不健康です。アメリカなしでは生きていけないのだと刷り込まれています。
ボクは、これをきっかけに、基地問題全体を論じたらいいと思います。
ホントに、これだけの基地が、日本を守ってもらうために必要なのでしょうか。
周辺の危険な国は北朝鮮だけです。いまの基地は、東西冷戦時代の名残です。もはや必要ない、とボクは思います。
そんな論調がなぜ出てこないのか、ホントに不思議です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)


歯痛

昨晩から歯が痛くて、鎮痛剤を服用しても改善せず、朝一番で歯医者へ。
「この歯が炎症を起こしています。抜きましょう」ということで、抜歯しました。
あとは、インプラント以外に治療法はなさそうなので、年が明けたら口腔外科へ行こうと思っています。
あちこちに故障がでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)
もめろ普天間

「あす政府の方向性を出す」と言っています。今年中に決めるのは無理になったようです。
よかったです。もめればもめるだけ、いろいろなことが見えてきます。沖縄の人々にとって一番いい方法を考えて欲しいと思います。アメリカがどのような態度に出るかも、興味深いところです。
アメリカの本音も見えてきます。
しかし、すべてのマスコミは批判的で、アメリカとの関係が悪くなると、不安を煽ります。
すべてのマスコミがアメリカの側から記事を書いているように思います。
日本のマスコミだから、日本の立場から、沖縄の立場から記事を書く社があってもいいのに、と悲しく思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


新聞休刊日

新聞休刊日のたびに、何回か書きましたが、ニュースに休みがないのに、ニュースを伝える新聞が休むという暢気さは何だ、と思います。外国人が驚きます。
新聞を読む人が減っているという危機意識を、経営者は持っているのでしょうか。
新聞が来ないとどうなるか、人はネットに流れます。それが習慣化します。ますます新聞を読まなくなります。
どの企業でも同じですが、消費者の利便性を無視して、自己都合優先で経営を続ければ、必ず消費者はその企業を見捨てます。
新聞よ、生き残りたかったら、休刊日を止めなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)
救世軍

Img_8263昨日、新宿で久しぶりに「救世軍」(The Salvation Army・ザ サルベーション アーミー)を見ました。
100年目になるのだそうです。イギリスで始まった慈善団体です。
詳しくは、今月24日にアップされる「世界それホント?会議」をご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)
お笑い鳩山由紀夫

お笑い(1)
ぶら下がりのインタビューで、声の大きさで自信のあるなしが判断できるそうです。
自信がない話題は、聞き取れないほど声が小さくなり、自信がある話題では声が大きくなるそうです。(毎日新聞)
テレビを見るのが楽しくなります。
お笑い(2)
母親からの資金提供について、お母さんのコメント。
「息子がヘンな所からお金を頂戴するより、私が出した方がいいと思いました。」
その通り、微笑ましい、と笑いました。
このような行為を英語で「Naive」(ナイーブ)と言います。
(世間知らずの、単純な)という意味です。
お笑い(3)
普天間問題。決めない鳩山由起夫にみんながイライラして、日米関係は危険水域などと言い始めています。この「あやふや加減」にニヤニヤしています。
彼の腹は「日米合意には従えない」で決まっているように思います。
優柔不断に見えて、いざという時の決断力はあると睨んでいます。
彼の「脱アメリカ感情」をのぞき見るのが楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)
オバマ演説にドキッ!(ノーベル賞受賞演説)

二つの戦争をやっている大統領が平和賞とは、と、違和感を感じる人が多くいます。
だから、オバマ氏は自分のやっている戦争を正当化しなければなりません。
戦争は平和のために必要なのだと、膨大な言葉を使って演説をしました。
ボクがすごい、と思ったのは、戦争は殺す者もいるし、殺される者もいる、と“Kill”(殺す)という言葉を使って戦争の現実を語ったことです。
その部分を引用します。
Still, we are at war, and I'm responsible for the deployment of thousands of young Americans to battle in a distant land. Some will kill, and some will be killed. And so I come here with an acute sense of the costs of armed conflict -- filled with difficult questions about the relationship between war and peace, and our effort to replace one with the other.
(我々はなお戦時下にあり、私には、遠い地での戦いに何千人もの米国の若者を送り出している責任がある。その中には、殺す者もいるだろうし、殺される者もいるだろう。だから私は、武力紛争に代償が伴うことを切に感じつつ、ここに来ている。戦争と平和の関係や、戦争を平和に置き換える努力についての難問を抱えて、だ。)

日本の政治家の誰が、戦争を“殺し合い”と表現したでしょうか?
起きている現実を、どの言葉を選べば、その本質が伝わるかを考えれば、“戦争は殺し合い”という表現に行き着きます。使うのに勇気が要るかも知れませんが、その恐ろしさを伝えるのに避けるべきでないと思います。
オバマ氏の勇気を賞賛します。

これをテレビで聞いたときは、日本語がかぶっていましたが、killという英語だけは耳に飛び込んできて、大統領がこんな言葉をよく使うなぁ、とドキッとしました。

【追記】その後、テレビで、すべての評論家、知識人がこの演説を批判しています。
戦争を正当化している、と。
批判は容易ですが、では、戦争をしないで平和を獲得する方法があるのか、それを提示しないと説得力がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


教養講座・テレビの原罪

あす12日が最終日です。視聴率について話します。
当日、予約なしで、直接来ていただいてもOKです。
午後3時から4時30分まで。
今回は、同情参加もあり、少し賑やかになりそうです。
http://www.kogakuin.ac.jp/sgakusyu/index.html
教養ジャンルから「テレビの原罪」をクリックして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


電子レンジでご飯

Img_8257Img_8258商品名「ひとり御膳」
0.5合から1合まで、ひとり分のご飯が電子レンジで炊けます。15分。
今日、初めてテストしました。Goodです。
(写真は0.5合が炊きあがったところです)

石垣島からの帰り、ANA機内の座席ポケットにあった「Sky Shop」というカタログで見つけ、田舎でのひとり暮らしにいいなぁ、と思い、注文しました。
ご飯以外にも、肉じゃがなどのおかず、リンゴのコンポートなどのデザートなどの調理例があります。
製品は特殊セラミックで、遠赤外線とマイナス電子の効果で、と説明してあります。

田舎では、面倒なので、一度に2合の米を炊き、冷凍して3日くらいそれを食べていますが、毎回、炊きたてを食べられるのは幸せです。
これは、優れ物だと思いました。
価格は10,500円程度だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


スナップエンドウの茹で方(プロ指南)

金子和男さん(西麻布のレストラン・エピス金子シェフ)からコメントをもらいました。

スナップエンドウの筋はきちんと取って茹でて下さい。
野菜の茹で方として沸騰させない方法もあります。
ブロッコリーや菜の花などの花野菜も同様に茹でます。
芯にも火が入り穂の部分も煮くずれません。
スナップエンドウの場合 サイズにも選りますが塩をたっぷり入れた沸騰したお湯に入れすぐ火を絞り2分30秒くらいで氷水に取ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)
ビビのクリスマス

012写真は、紀伊国屋書店国分寺店。
店長の谷さんが頑張ってくれているので、多分ここが日本一の販売部数だと思います。嬉しいです。
本が売れない時代だそうですが、書店の力の入れようで売れ行きはグーンと違います。
(写真:徳田純一さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


スナックエンドウかスナップエンドウか?

Img_8253立川の駅ビル(ルミネ)の地下の野菜売り場で、鹿児島産の「スナップエンドウ」があったので、おー春だ、と思って買いました。
この野菜は名前の表記が二種類あります。「スナップ」と「スナック」です。
どちらがホントなんだ、と思っていました。
ネットで調べたら、農水省が決めた正式名称は「スナップエンドウ」だそうです。
「スナックエンドウ」は商品名として流通しているのだそうです。甘くて美味しいからでしょう。

ちなみに、茹で方は、筋を取らないで茹でる、筋を取って茹でるとバラバラになります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)
「しないこと」で幸せに

Sinaikoto「しないこと」〜スローライフのために〜 辻真一著 ポプラ社 1,200円+税
“しないこと”を作れ、というのですから、“もっともっと”と生きてきた日本人にはショッキングな提案です。
本文から、
「あれをしなければ、これもしなくちゃ・・・。
あなたは「すること」リストをいつも抱えて生きている。そのリストは増えこそすれ、そう簡単には減ってくれない。
「すること」の無限増殖に歯止めをかけるには、まず「すること」リストの横に、「しないこと」リストを置いてみることだ。
これが「効率」と「競争」に振り回されてきたこれまでの人生に代わる、あなたの新しい人生への入口になるといい。

著者は、「100万人のキャンドルナイト」の呼びかけ人代表。文化人類学者、環境運動家。
編集担当は、「ビビ」の浅井四葉さん。
生活を変えてみようかな、と思います。ぜひ読んでみてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


勉強会参加者募集

講師の「演題」と開始時間が決まりましたので、お知らせします。
情報メディア勉強会ご案内
 (第2回)
テーマ(1)モバイル市場状況と携帯動画
 講師:金井正明氏(ドコモ・ドットコム ビジネス開発部長)
テーマ(2)第4のスクリーン
 講師:藤井利明氏(NTTコムウエア ビジネスインテグレーション部担当部長)

 日時:12月18日(金曜日)
    13:00〜15:00(会議室は17:00まで使用可)
場所:NTTコムウエア会議室
   東京都港区港南1-9-1
NTT品川TWINSアネックスビル
   地図は下記サイトにあります。
   http://www.nttcom.co.jp/corporate/map/
   (品川駅東口より徒歩8分)
募集人員:20名
参加費:無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)


優柔不断の効用(普天間問題)

もめればもめるほど、事の真相が明らかになってきます。
日本外交の優柔不断さは、日米の信頼関係を傷つけると非難する論調がほとんどですが、ボクは、いいなあ、もっともめろ、と思っています。
「脅せばなびく」
アメリカは日本のことを、そう思ってきました。
その証拠に「このままだと、普天間は固定化する」と脅しました。
日本人に対して、差別意識を持っていることも見えてきます。見下しているのです。
沖縄の人々の苦悩をベースにこの交渉を考えるという鳩山由紀夫の考えには全面的に賛成します。
他の日米関係に悪影響を与え国益を損ねるといいますが、どちらが大切な国益でしょうか。
日本の基地はアメリカにとって世界戦略上、不可欠です。アメリカの国債だって沢山買って持っています。アメリカは、日本なしでは生きていけないのです。

鳩山由紀夫は、のらりくらり、優柔不断に見えますが、かなり、信念を持った男ではないかと思っています。「日米関係が最も重要な基軸」といいながら、心の底では、そうではない、と。
東アジア共同体構想にしても、アメリカ支配から逃れようとする意図があるように思います。
日本は戦後体制から完全に脱却していない、基地支配の状況がその証拠だ、と。

普天間問題がもめにもめて、日本がどれだけ不当に基地を占拠されているのかを国民が知り尽くし、
日米協定の見直しを突き動かす国民パワーが生まれることを期待します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)
国民栄誉賞に違和感

森繁久彌さんに「国民栄誉賞」を贈ると、今日、政府が発表しました。
亡くなってから、に違和感を感じます。なぜ生前ではないのか、と。
森光子さんが7月にこの賞をもらわれました。年齢から、芸歴から、順序が違うんじゃないの、と思います。
ある女優さんが紫綬褒章をもらったとき、お祝いを言ったら、小声で「気分はすっきりしていない」という意味のことをつぶやきました。
推測ですが、毎年、なぜあの人が、と思い続けてきたのだと思います。
素人のボクが考えても、彼女の方が先だろう、と思う人がたくさん受賞しています。
一体、だれが、どういう基準で決めているのでしょうか。
政府の人気取りとして、話題になった人を選んでいる、そんな気がします。
森繁さんに、生前差しあげたら、なんとコメントされたか、聞きたかった。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


人間ドック

半日人間ドックへ行ってきました。ここへ毎年行って、胆嚢のポリープと石は、何年も前から分かっていて放置していたのですから、何のためにここへ、と思いますが、今年も行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)
COP15

デンマークでCOP15が始まりました。
デンマークという国はどんな国でしょうか。
こちらのサイトで「それホントピックス」をご覧下さい。
http://world-really.cocolog-nifty.com/
その一端が分かります。風呂にバスタブがないのです。
ホテルにもないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


牧草の輸入

石垣島や離島の小浜島などで、牛の飼育が盛んです。サトウキビ畑が牧草地に変わっています。石垣牛が人気が出たためです。ここの牛が松坂に買われていき、松阪牛に、飛騨に買われていき、飛騨牛になるのだそうです。
小さな島では、牧草地が限られますから、頭数を増やせません。限界があります。
しかし、今日の新聞で「牧草」をアメリカから輸入していることを知りました。
その牧草を食べた牛の糞を堆肥にして使ったら、トマトやキクなどに発育障害が出たそうです。輸入牧草からは植物系の成長ホルモンが検出され、それは除草剤に含まれているものだそうです。
有機農法も信頼出来ないし、牛の肉にも含まれているだろうと思うと、国産牛も安心できません。
日本の休耕田では牧草ができないのでしょうか。
なんだか、日本の農業政策はちぐはぐな感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


急告!第2回 勉強会

講師の都合がつき、急ですが、18日(金曜日)に設定しました。
万障繰り合わせてご参加ください。
最先端が何を考えているか興味深いところです。
開始時間が決まっていません。会議室のスケジュールを調整中ですが、午後帯2時間を予定しています。

情報メディア勉強会ご案内
 (第2回)

テーマ(1)モバイル市場状況と携帯動画
 講師:金井正明氏(ドコモ・ドットコム ビジネス開発部長)
テーマ(2)第4のスクリーン
 講師:藤井利明氏(NTTコムウエア ビジネスインテグレーション部担当部長)

 日時:12月18日(金曜日)
    時間未定(多分午後帯2時間)
場所:NTTコムウエア会議室
   東京都港区港南1-9-1
NTT品川TWINSアネックスビル
   地図は下記サイトにあります。
   http://www.nttcom.co.jp/corporate/map/
   (品川駅東口より徒歩8分)
募集人員:20名
参加費:無料
主催 :(有)田川事務所
コアメンバー
ばばこういち(放送ジャーナリスト)
正木鞆彦(メディア評論家)
西浦裕二(アリックスパートナーズ日本代表)
田川一郎(テレビプロデューサー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


普天間問題

「米本国は怒っている」
毎日新聞の見出しです。
ルース大使は「このままだと普天間は固定化する」と岡田大臣を脅したそうです。
ボクは思います。
怒りたいだけ怒らせてみよう、と。
基地問題が全国民の関心事になり、日本になぜこんなに不当に基地あるのかが理解でき、世論の盛り上がりにつながり、日米関係の見直しにつながると思います。
「普天間が固定化する」
やれるならなってみな、と思います。
沖縄の人々の人権を無視する態度は、全世界の批判にさらされ、信頼を失うでしょう。
鳩山由紀夫よ、日本政府よ、ひるむな。日本国民の命と健康を守るのが君たちの仕事だ。
アメリカ無しでも、それは十分守れる。

一人でも多くの日本人に辺野古の海を見て欲しいと思います。
あの素晴らしい珊瑚礁を、ジュゴンを絶滅させていいのか、と思います。
埋め立てれば、泥の海になります。埋め立て用の泥は、どこかの山を崩して持ち込みます。
崩された山からは、土砂が海に流れ出ます。想像して下さい。国土は破壊されていくのです。
ぜひ、一度沖縄の旅をして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)
ジャーナリズム実践講座

Img_8248集まっているのは一橋大学の学生です。1年生も4年生もいます。朝日新聞のジャーナリスト学校が提携しています。誘われて出かけました。
今回のテーマは、写真機を1台貸与され、自分の好きなテーマを選んで、文章も書き、組写真として仕上げるという実習でした。その発表をしています。
ボクも講評を、といわれ感想を述べながら、楽しく3時間を過ごしました。
有能なジャーナリスになって欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)
新聞を読んで(2)

今朝の新聞も、普天間問題は、全部、アメリカ側に立った書き方です。気に入りません。
ルース駐日大使が顔を真っ赤にして怒ったとか、日本人を不安にさせる記事ばかり。
「米、いらだち隠さず」(朝日)
「米、反発 強い圧力」(毎日)

どうして次のような記事にならないのだろうか。
県外移設か国外移設が、沖縄県民、そして日本国民の総意である。
民主主義とは、民意を重んずるシステムだ。
民主主義を高らかにうたうアメリカよ、日本の民意を圧殺する行為は、民主主義の根幹を否定することになるのだ、と。

鳩山由紀夫よ、民意を背負って、突撃せよ。
ここで妥協すれば笑い者、がんばれ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)
新聞を読んで

那覇空港で「沖縄タイムス」を読みました。
1面から3面まで、ほとんど基地問題(普天間問題)で埋めつくされています。
県議会のやりとり、基地労働者の集会など、内地では読めない記事が満載されています。
そして、県外移転のムードが出てきたことを歓迎しています。
大阪の橋下知事の発言を紹介していました。
大まかに以下のような内容でした。
日本の基地は、ほとんど沖縄にある。占領されていた状態がそのまま続いているのだ。この沖縄の苦悩は、全国民が平等に負担をするべきだと思う。そして、
「関空のB滑走路は使用実績ゼロ、国から話があれば応じる」と。
勇気のある発言だと思いました。
沖縄が可哀想だ、と同情します。でも自分の所には基地はいらない、来ては困る、といいます。結局、沖縄に押しつける事になります。
いま、問題になっている利用率の低い地方空港など、候補に挙がらないのが不思議です。

機内で「中日新聞」を読みました。
社民党が「県内移転に政府が同意するなら、連立解消もありうる」と宣言したために、決着は来年に持ち越されました。
大見出しです。
「社民優先 代償は」
小見出しです。
「ジャパンバッシング再び」
一体、どこの新聞だ、と思います。
アメリカを怒らせたら大変なことになる、アメリカなしでは生きていけない、と刷り込まれています。なんたる属国主義か。
では、日米関係にどんな亀裂が入り、どんな代償を払うことになるのか、具体的に書いてみたらどうだ、でなければ、ただ不安を煽っているだけではないか。
これがジャーナリズムと言えるのだろうか。

「絶対国外」と突っ張ってみたらアメリカはどう出るだろうか。
日本をなめるんじゃないよ、と強いメッセージを送ってみたらどうだろうか。
弱腰外交はうんざりです。
前政権が合意したことをひっくり返そうというんですから、軋轢は覚悟しなければなりません。
沖縄の人たちが基地から受けるストレスを軽減する努力は、橋下知事が言う通り、日本人みんなに責任があります。

家に帰って、朝日新聞、毎日新聞を見ました。
「朝日新聞」
少し表現は軟らかですが、似たり寄ったり。
「対米より連立優先」
「米の硬化必至」

「毎日新聞」一番冷静か?
「日米関係影響懸念も」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)
石垣島めぐり〜最終日〜

今日は気温が低く寒い日でした。寒いといっても20度を少し切った程度ですから、東京に比べれば、なんのなんの。
川平(かびら)海岸へ行ってグラスボート(底がガラスで海底が見える)に乗り、珊瑚の観賞をしました。
「もう30年で全滅するそうです。海水温の上昇で。学者の意見です。もう、どうしようもありませんよ」
船長は投げやりでした。
Dsc_4404_2Dsc_4411





鍾乳洞は圧巻です。秋芳洞より小型ですが、見事です。
Dsc_4439_2Dsc_4436_2





パパイヤ農家を訪ねました。
初日のステーキ屋さんで食べさせてもらったパパイヤが美味しかったので、訪ねてみました。
突然行ったのにもかかわらず、親切にいろいろ教えてもらいました。
この植物は通年収穫出来ます。下に見える実を収穫する頃には、上部に同じような実が付いています。どんどん伸びながら実を付けていき、天井に届きそうになったら、切って脇芽を出させ、それを利用するのだそうです。生産者に取っては、都合のいい果実です。
お腹いっぱい食べさせてもらいました。
写真は、石垣島パパイヤ・玉城真男さんご夫婦。


Dsc_4444_2Dsc_4449_2








夕食は、島野菜の煮込み、ソーキそば、もずくの天ぷら。
Dsc_4458Dsc_4459Dsc_4460


| | コメント (2) | トラックバック (0)


島めぐり〜竹富島〜

沖縄の古い民家が残る通りが有名です。
Dsc_4363Dsc_4367Dsc_4352Dsc_4364

| | コメント (0) | トラックバック (0)


島めぐり〜小浜島〜

Dsc_4346Dsc_4344Dsc_4345この島はNHKの朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」で有名になったそうです。
シュガーロードと名付けられた道があります。かつては、両側がサトウキビ畑だったそうですが、最近は、牛が高値を呼び、畜産農家が増え、サトウキビ畑が牧草地に変わっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


島めぐり〜由布島〜

由布島へは、西表から水牛に引かれて浅瀬を渡ります。亜熱帯の植物が堪能できます。蝶の飼育もしていました。
Suigyu1Suigyu2ChoSanagi



蝶は、オオゴマダラといい黄金のさなぎから生まれます。黄金のさなぎは色とともに毒を持っていて外敵から身を守っているのだそうです。

SagaribanaHanachoujiFuyou1Fuyou2Dsc_4330





花の名前:サガリバナ、ハナチョウジ、芙蓉(朝は白で、一日のうちに赤に変わるそうです):椰子の並木

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)
平山郁夫さんの思い出

20年前、シルクロードの「楼蘭」へ探検に行ったとき、先生は奥さんと一緒にヘリコプターで来られたと思います。ヘリは30分か1時間で飛び立ちます。その間に出来る限りのスケッチをと頑張られました。
ボクが感動したのは、奥さん(美知子さん)の活躍でした。
奥さんは、芸大の同級生で、平山さんの才能に圧倒され、「私は絵を止めて、この人の助手になる」と決められた方です。
現場では、画伯が使われる鉛筆をどんどん削りながら、あちこち歩き回り、アングルを探されるのです。
画伯を呼ぶ、呼び方がユーモラスで、笑ったものです。
いいアングルが見つかると「アータ、アータ、こっち、こっち」
画伯は、布の折りたたみ椅子を持って、そちらに向かわれ、迷わずスケッチを始められました。
「あなた」が「アータ」になったのです。
お家でも、そう呼ばれていたのだと思います。いまでも覚えているほほえましい風景です。
20枚くらいのスケッチを描かれたと思います。それは、作品になって残っています。
ご冥福をお祈りいたします。

【追記】
昨晩、寝ながら記憶をたどりました。ボクの記憶に間違いがありました。
テレビ朝日と朝日新聞で楼蘭へ探検に行ったのが1988年。全員が徒歩で砂漠を歩きました。
この時、中国側と探検隊との間にトラブルが発生し、最終地点である「楼蘭」での撮影を拒否されました。これは、中央政府の指示によるものでした。我々は、小型カメラを持って行き、隠し撮りでかろうじて目的を達しました。引き続き、地方政府(ウルムチ政府)と交渉を重ね、地方政府の許可を取って、翌年へりで楼蘭へ入りました。その時、平山画伯ご夫妻がが同行されました。
ボクは、東京にいました。(ディレクター・直井謙二)
そのVTRのすべて(ラッシュ)を見た印象が残っていて、ボクも現場に一緒にいたと錯覚していました。
失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


島めぐり

4島を駆け巡りました。(西表島、由布島、小浜島、竹富島)
今日は、西表島を紹介します。
さて、みなさん、「西表島」の読み方はご存じですよね。「いりおもてじま」です。
「西」を、なぜ「いり」と読むのか知らずに島に到着しました。
みんなが知っていて、ボクだけ知らないのかも知れない、と思いましたが、“聞くはいっときの恥”と思い、ガイドの運転手さんに聞きました。
「西」(にし)は太陽が「入る」(いる)方向です。その沈む太陽の前に(表に)ある島、だから、西表島(いりおもてじま)なのです。
聞いてよかったです。

仲間川という川を6キロさかのぼりました。両側がマングローブの林です。
マングローブは、どこの言葉か知りませんが「海の中の林」という意味だそうです。
その林を構成している木は「ヒルギ」という木だそうです。何種類かのヒルギがあるそうです。
根元には、魚たち、貝類などが生息しています。見事な林です。
Iriomote1Iriomote3Iriomote4Iroomote5根が板のようになっている木は「スオオの木」と言っていました。板根(ばんこん)といい、船の舵にしたそうです。
さて、西表と言えば「イリオモテヤマネコ」です。推定100匹から120匹住んでいるそうです。
国際保護動物に指定され、レッドリストでは絶滅危惧亜種です。誰も捕獲することはできません。
夜行性なので、交通事故に遭うことがあるらしく、道に「ヤマネコ飛び出し注意」の看板がありました。
Iroomote6売店の30代の女性に「見たことありますか?」と聞いたら「いままでに2回ほど見かけました」とのことでした。
見たといっても、車のライトに照らし出される程度の見方のようでした。
地元の人でも、なかなか見ることが出来ないようです。

今晩の夕食は、魚にしようと、寿司を食べました。
島豆腐、もずく、そして、にぎり寿司。
にぎり寿司はまあまあ程度。島豆腐ともずくは抜群でした。
Yushoku1Yushoku2
(食べかけを写真に撮ったので、汚くてすみません)

【追記】
マングローブの語源は、マレー語で潮間帯に生育する樹木の総称を表すmangi-mangi(マンギ・マンギ)に、英語で小さい森を表すgroveの合成である。
(ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ブルーベリーの紅葉

005008002004モミジの紅葉も綺麗ですが、ブルーベリーの紅葉も素晴らしいです。ぼつぼつ始まっているようです。(左2枚)
3枚目は、ブルーベリー農園の脇の山のモミジです。右の写真は、防火用水の緋ブナです。
(写真:松村盛夏さん)
石垣島は亜熱帯ですから紅葉はありません。
離島(西表など)の写真は、今晩アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)
やっと到着&夕食

空席があれば乗れるというチケット(9千円)を利用して、やっと石垣へ到着しました。
那覇での乗り継ぎがうまくいかず(到着遅れで、予定便に乗れなかった)、待ち時間の多い旅になりました。
運転手さんとの会話。
「夜は何を食べればいいかなぁ」
「そりゃ、石垣牛でしょう」
と言うわけで、そうしようと思っています。
夜、報告します。
暖かいです。22〜3度だと思います。

Dsc_4253Dsc_4254ホテルで教わった、ここが一番というステーキ屋へ行きました。
メニューには200グラムと250グラムが表示されていましたが、ボクには多すぎるので150グラムにしてもらいました。咬めば咬むほど美味しいステーキでした。
「美味い」と褒めたら、無農薬のパパイヤを食べさせてくれました。
「なぜ石垣牛は美味しいのか」と質問しましたが、「飼育者がいろいろ研究されているのでしょう」と要領を得ませんでした。
明日は、島めぐり。相当強行軍のツアーらしい。早朝から日暮れまで。
楽なツアーを希望しましたが、ツアーは一人ではダメ、2人以上でないと出発しない、と言われ、強行軍ツアーへの参加です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


鳩山由紀夫さんの顔色

日に日に、虚ろな表情になります。足下の政治資金疑惑が深刻になるからです。
ボクの気分も落ち込みます。
面識のある(鳩山兄弟の料理番組を作っていたことがあります)政治家だから、しかも、人のいいユーモアのセンスのある教養人だから、これで総理交代にでもなれば、期待している諸外国に対しても面目ないし、応援しているボクも、ガッカリします。

お金持ちだとは知っていましたが、こんなに大金持ちとは思いませんでした。
私費を投じて日本のために働こうとしている姿は素晴らしいと思いますが、法律があるので、守らなければなりません。
「自分の金だから、身内の金だから問題はない」と高をくくっていたのでしょう。
甘いです。

基地問題など、重要な問題がありながら、自分の事で上の空では、いい政治はできません。
なんとか、許してやって欲しい、もう少し総理をやらせて欲しい、というのがボクの心情です。
甘いか?
(羽田空港で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


石垣島へ

今から、いま羽田空港ですが、那覇経由で石垣島へ行きます。
明確な目的はありませんが、旅行してきた友だちが「よかった」と言い、いろいろ説明してくれたから、行ってみたいと思いました。
面白いことがあったら、報告します。
カメラとパソコンを持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »