« 荒木一郎さんのこと | トップページ | アボガドスライサー »

2009年12月27日 (日)
クレヨン作り

Haze2_2山口県の田布施町を拠点に活動している「ハゼの実ロウ復活委員会」がクレヨン作りに挑戦しました。(写真)
(ボクもメンバーです)
ハゼの実から作るロウと植物から抽出する染料を使って“口に入れても安全”なクレヨンを目指しましたが、植物染料の発色がうまくいかず、食品用の顔料を使いました。
会員の発想で、型をクッキー状にしたのが大受けだったようです。市販のものと同じような棒状にするより簡単にできるからという考えが子どもたちを喜ばせたようです。
来年は「植物由来のクレヨン」と呼べるように植物染料で作るつもりです。

Crayon

(写真:岡部正彦さん)

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレヨン作り:

コメント

ご提案、参考になります。ありがとうございました。

投稿: ねこ屋亭主 | 2009年12月28日 (月) 12時20分

自分で作ったクレヨンで絵を書けたら楽しいでしょうねぇ!
ずっとずっと大事にするだろうなぁ。
そして、可愛い!
大人の私もほしい感じです(笑)

1歳のうちの息子にとっては、安全なものとはいえ、
あまりに美味しそうです。
書くものとはわからず、食べ物だと思ってしまいそう!
(昨日もクレヨンを口に入れ、前歯を緑色にしていた息子なので・・・(>_<))

口に入れてしまいそうな子供用でしたら、
・食べても安全
・短くて(長いと持って歩いた時に危険!)
・太くて(子供は握る力が弱いので、細いとしっかり握れません)
・弱い力で色が出る
が理想です~~~♪♪♪

投稿: トットット | 2009年12月28日 (月) 12時10分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。