« レクイエム〜我が心の美空ひばり〜岡林信康(CD) | トップページ | 「新聞はいつも正しい」は間違い »

2010年1月25日 (月)
名護市市長選・基地反対派が勝利

名護市長選は普天間基地の移設に反対する稲嶺進氏が、容認派を破って当選しました。
これで、辺野古への移設は出来なくなったでしょう。
賛成派は自民党と日米合意の実行を主張するアメリカだけです。
アメリカは、建前論、筋論で日米合意を守れと言っているのです。いったん合意したものをチャラにしてもいいですよ、とは口が裂けても言えないだけで、辺野古でなければ軍事上絶対ダメだとは思ってはいないのですから、簡単に崩せるでしょう。
強気で交渉して欲しいと思います。

元防衛大臣の石破茂は「地方選挙の結果を外交に反映させるのは過ちだ」と言っています。
民主主義をなんだと思っているのでしょうか。
民意を大切にするのが民主主義です。

【追記】(1/25)
自民党の大島幹事長の発言。(朝日新聞)
「鳩山政権がこの問題を遅らせ、一地方選挙に判断を委ねたことが重大な問題だ」

昨晩書いた、石破茂の発言と同じです。
基地で苦しむことになる住民は無視しろ、という事です。
アメリカのために市民は犠牲になれ、というのです。

日本にある基地問題を考え直すきっかけになればいいと思います。
国土がこれほど占領され、主権が侵されている国が、世界のどこにありますか?
地上だけではありません。空だって、目には見えませんが、日本の空は、日本お空ではないのです。
ボクらが見上げる青い空は、日本の飛行機は飛べないアメリカの空なのです。

辺野古のみなさん、
自然を破壊をして基地を作る、それが地域振興だとする主張は明らかに間違っています。
あの澄み切った辺野古の海はみなさんの「宝」です。人類の財産です。
「宝」を利用して地域振興を考えて下さい。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名護市市長選・基地反対派が勝利:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。