« 老優 | トップページ | 歯の治療 »

2010年1月19日 (火)
小沢一郎問題の異常

検察もマスコミも「民主党は自分たちにとって好ましくない政権」だと思い始めました。
民主党を弱体化させるには、まず実力者・小沢を狙えと。

なぜ好ましくない政権と思うのか。
検察:天下りが出来なくなる。
   検事総長も国会の同意人事となり民主的な方法で決めることになる。
マスコミ:クロスオーナー制度(新聞社がテレビ局やラジオ局に資本参加して系列化すること)を禁止されそうだ。これは、メディアにとっては死活問題なのだ。
系列化は、論調の一元化につながり、論調の多様性が確保出来ない。政権が支配しやすくなり民主主義に反する、と民主党は主張しています。正論です。

検察の焦りは異常です。「関係者によると」という報道は全部リークと言われています。
公務員の守秘義務違反です。それを犯してでも、民主党を潰そうとしているように思えます。
マスコミも、検察と会議をして決めたわけではないでしょうが、民主党憎しの思いは同じ、無批判にリークを流しますから、小沢は大悪党に仕立て上げられています。

ボクは小沢一郎を弁護しているわけではありません。
かなりいかがわしい方法で資金集めをしているのは事実でしょう。しかし、
メディアスクラム的な「小沢たたき」に意識を奪われていると、裏で恐ろしいことが進行していることを見失う事になります。

もう一度、考えてください。
せっかく政権交代が実現したのです。
また、自民党時代に戻りたいですか?
いろいろな不備や決断力のなさはあるにしろ、民主党は、国民主権の、真の民主主義を実現しようという理念は持っているように思います。
既得権益を守りたい官僚(検察)やマスコミの目くらまし報道の裏を考えながらニュースを見て下さい。読んでください。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎問題の異常:

コメント

リーク問題については、民主党が「捜査情報の漏えい問題対策チーム」を作りましたから、エビデンスを期待しています。

原口大臣が「関係者」とは、検察か被疑者か、いずれの関係者か明確にせよ、と発言しました。

情報源の秘匿は「ジャーナリズムの基本である」といわれますが、
それを盾にすれば、作り話がいくらでも可能ですからね。

投稿: ねこ屋亭主 | 2010年1月20日 (水) 15時03分

検察のリークを主張するなら証拠・証人の開示が必要になるのでは?国会の場での証人喚問とか、裁判所での証人とかで。偽証罪に問われる場でというのが重要だと思います。東大の教授とかそうそうたる日本のインテリを称する人たちが何の裏付けもなく検察のリークやマスコミの在り方を批判するのは信じがたいことです。朝日新聞に関しては太平洋戦争では積極的に軍国日本を支援した過去があるので、さもありなんと言ったところだと思います。

投稿: | 2010年1月20日 (水) 07時06分

オバマ政権も鳩山政権も、「早くも支持率ダウン」「戦後の歴代大統領で最低の支持率(オバマさん)」などと、マスコミに揶揄されています。
まだ、スタートしたばかりの両政権に対し、それも前政権の負の遺産をどっさり残されて苦労は分かっているのに、国民が焦っていては、ダメなんじゃないすかね〜
「##さんでは、まだ力不足」とか言ってないで、手垢がついていない人が代表になっては、ダメなんでしょうか?小沢さんも、鳩山さんも、ご苦労様と言いたいな〜〜すっきり、若い人に任せるくらいのことしないと、誰かの思惑に乗っかるだけ〜では?

投稿: ロビンフーコ | 2010年1月20日 (水) 00時37分

検察にとっては、民主党が導入しようとしている、取り調べ全面可視化も大きいのでしょうね。
恐ろしいことです…。
騙されないように、成り行きを注視していかなくては…。

投稿: misaki | 2010年1月19日 (火) 23時00分

あなたの意見は正しいとは思えない。検察がこのまま放置すれば鳩山の巨額脱税、小沢の政党助成金詐取・公共事業がらみのゼネコンからのキックバックといった血税詐取・憲法違反の在日参政権付与等やりたい放題であった。多くの国民は検察よくやったと快哉を送っている。また、次期参院選においても民主が勝つようなことがあれば、間違いなく日本は全体主義国家になる危険性がある。そもそも2大政党制で民主国家を目指すなどと大嘘をついて国民を欺き権力を奪取し、売国行為を本格化するなどとんでもない奴等である。歴史上このような例はナチスドイツのようなインチキ指導者の政党にみられるものである。
また、この期におよんで民主党の中井というバカ国家公安委員長が検察に説明責任があるなどと国民の神経を逆なでするようなことを言っている。日本を愛する国民は鳩山政権のリコール運動を展開すべきである。

投稿: | 2010年1月19日 (火) 19時23分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。