« オリオン書房(立川)は「ビビ」だらけ | トップページ | 原画展スタート »

2010年4月29日 (木)
オーストラリアのタバコ事情

日本では、タバコの値上げ案が発表されました。マイルドセブン300円→410円に、といった具合で、すべてのタバコが100円程度の値上げです。
しかし、日本のタバコ行政は世界でも一番遅れているように思います。
国民の健康面への配慮は一切なく、いかに税収を上げるかだけです。
国民がガンになってもいいから、タバコを吸って欲しいと思っているのです。

シドニーに住んでいる友人の柏弘一さんから、昨日、こんなメールが届きました。

「オーストラリアは、全てのタバコにブランド名を記する事を禁止するようです。つまり、タバコの箱には健康を害するという情報しか印刷することができなくなります。実質上、タバコ会社を閉鎖に追い込む様な処置ですね。世界で始めての試みだそうです。」

本日、追加情報がきました。

「昨日のタバコの件、本日、正式発表となり法案とする議会の発表がありました。(法案ー条例ー法律という運びですね)これに対して、タバコ会社は国に対して訴訟を起こす模様です。(ブランドが表示できないなら消費者に売りようがないという事です)下記、テレビ局のヘッドラインです。参考までに。」
http://www.sbs.com.au

更に参考資料。
「世界それホント?会議」では、以前、柏弘一さんの情報を基に、オーストラリアのタバコ事情を報告しました。ご覧下さい。
http://world-really.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-1543.html
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/48211138

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアのタバコ事情:

コメント

情報ありがとうございます。
世の中、金儲け主義はもう卒業して、健康や心の幸せ第一主義にシフトしてほしいものです。

投稿: | 2010年4月29日 (木) 22時36分

鳩山由紀夫さんも、最初の頃、「友愛」が自分のテーマだと言っていましたが、
その香りもありませんでしたね。

投稿: ねこ屋亭主 | 2010年4月29日 (木) 23時16分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。