« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)
TBS「革命テレビ」所感

新しい情報メディア・Ustreamを使って世界中から生中継をする番組ということで、注目しました。
(昨晩夜11:30分からの30分番組)
ガッカリましました。番組になっていませんでした。
その理由です。
1)Ustはテレビとの親和性はない。
  画像のクオリティがテレビに比べると格段に悪い。
  Ustの画像と音声のタイムラグ(リップシンク)が大きく、耐えられない。
  インターネットラインでの送信が不安定。
2)制作者のコンセプトが見えない。
  視聴者に、何を伝えようとしているのか、しかも、なぜ「生」でなければならないのか不明。全くめちゃくちゃなテレビ番組でした。
  テレビ界に、しかもTBSに、こんな無能なテレビ制作者がいるのか、と暗澹たる思いでした。
  新しいメディアを使うことが目的化していたのでしょう。Ustは、あくまで手段であって、目的は、なにを伝えるかです。抜け落ちています。考えたであろう痕跡すら感じませんでした。
3)スポンサーはソフトバンクです。
  Ustの日本での支配権を持っていますから、普及を目的に提供したのでしょうが、さすがの孫社長もガッカリしたようで、ツイッターに書き込みがありました。
 「素人さんが、いろいろな生中継をやっている、それを拾い上げて盛り上げたらどうだ」と。
 TBSが試みた中継は、モンゴルにいる朝青龍のインタビュー、アメリカ(カリフォルニア?)のウミガメの産卵でした。しかも、回線状態が悪く、途切れ途切れ、これじゃ、スポンサーもガッカリするのも無理はありません。
4)結論。
 UstはUstとして、独自の道を目指すべきだと思います。
 Ustの特質である「ダラダラ感」は時間制限があるテレビとは、仲良くなれないと思います。

【追記】
視聴率は全局で最低の3,8%でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)
ブルーベリー農園「花夢果夢」から

松村盛夏さんからの報告です。

例年なら、極早生が、そろそろ色づく頃ですが今年は、まだまだです。
原因は良く分かりませんが、今までにない現象が出ています。主に(T100)花が咲いた後、房ごと枯れたのがたくさんあります。
新芽は良く出ています。花の時期の気温が原因かなと思ったりしています。
Bibi Bibi2

以下は、山法師とヒメライラック(農園の岸にあります)

Yamahousi  Rairatuku


| | コメント (0) | トラックバック (0)


日曜日の猫

Cat1  Cat2   Cat3
薄曇り、ストーブを使っています。
猫の遊び場が減って(林が切り倒されて)、猫の姿が減りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)
岩国基地

ボクの出身県、山口県岩国市には米軍海兵隊の基地があります。騒音問題と危険回避から新滑走路(2,440メートル)が完成し、今日から使用を開始したそうです。厚木から空母艦載機59機が移動します。
市長は福田良彦といい、基地賛成派です。
市民の表彰式で「絵画」を「えが」と読み「あいつは麻生以上の大バカ野郎だ」とネットで罵声が飛び交っています。ホント?

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ブラジルの犬たち

WaSabi通信(5/28号 ブラジル在住の高橋直子さん発行)に掲載された犬のニュースです。

ブラジル南部Caxias do SulにあるNGO組織、Soamaが発表した、1500匹のイヌが暮らすファベーラの映像が注目されている。動物愛護団体のこの組織は資金不足から、 1ヶ月に 12トンの餌代や医療費をまかなえなくなっていると訴えている。またこの組織は保護している動物の養子縁組を望んでいるが、雑種が多いため難しいという。
映像をご覧下さい。

【関連サイト】
アテネ(ギリシャ)の犬の話題(「世界それホント?会議」)
http://world-really.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-e582.html

ブエノスアイレス(アルゼンチン)の犬の話題(「世界それホント?会議」)
http://world-really.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-1a64.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)
「世界それホント?会議」動画更新

今週はモントリオール(カナダ)の「騎士遊び」の話題です。
http://bit.ly/abObQX

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の「クスッ」

ipad、慌てて買うとするかも・・。

「鳩サブレ
 納得!

| | コメント (0) | トラックバック (0)


民主主義

沖縄県民の「反対」を無視して「日米合意」をする政府、これが民主主義ですか?
辺野古に決まったのに、福島はごねている、と新聞は書きます。
日に日に、国民の意識が変化します。マスコミがリードするからです。

日米合意しても、辺野古に基地は絶対に出来ないと思います。
沖縄県民は命をかけると思うからです。
魂を弄ばれた沖縄県民の心の傷は深い、と思います。
辺野古で阻止運動が始めれば、ボクは、デモに参加します。必ず行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)
ipad一番乗りを狙う青年

昨晩から銀座アップルストア前で、一番乗り(発売28日)を目指す青年が自分自身を中継しています。
Ustream中継はいろいろ見ましたが、これは、一番面白かったです。ぜひ、覗いて見てください。
雨が降る、トイレに困った、母親から電話、友達から電話、新聞社が取材に、パソコンのバッテリーがない、頑張れとツイッターに書き込み多数、孫正義さんからメッセージが入る、いろいろなハプニングが連続して起こる。これは面白い!
現在も中継中!
http://www.ustream.tv/channel/takechiyo-yam

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)
心に残った言葉

数日前、NHKの「クローズアップ現代」でのことです。
ハイチで活躍されている女医・須藤昭子さん(83歳)が登場されました。「ハイチのマザーテレサ」と言われている方です。
司会の国谷裕子さんが質問しました。
「おやめになりたいということはないですか?」
須藤さんが答えました。
「仕事なら、年を取ったら辞める、ということもありましょうが、私がやっていることは、私の生き方ですから、定年とか、そんなことはありません」
須藤さんは結核の専門家で、長くハイチで活動されています。
1995年に取材で行った時、インタビューしたのを昨日のことのように覚えています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


シミ抜き名人

ボクの心には過去についた「シミ」がいっぱいあります。
思い通りに行かなかった悔しさや、他人に対して“悪いことをした”という反省などが「シミ」になって残っています。
これらの「シミ」は、シミ抜きを試みても、なかなか、とれません。

ところが、最近の発見です。心に「シミ」が残らない人がいるのです。
例えば、ビニールの上にインキをこぼします。それは、雑巾で拭けば、元通りのビニールで、シミになりません。
心のシミも、雑巾で拭き去れば、元通りになる人がいます。
鳩山由起夫さんです。
彼の心は「シミ」が出来ない「ビニール」に違いないと思い始めています。
どんな「シミ」を雑巾で拭き取ったか思い出してみましょう。
「最低でも県外」
「命をかけて」
「職を賭して」
「あの海を埋め立てるなんて、自然への冒涜です」

「シワ」のない、つるんとした顔は、シミを拭き取った証拠に見えます。
ボクは彼に「シミ抜き名人」の称号を与えようと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)
「ビビ」の陳列

Bibi1  Bibi2
オリオン書房ノルテ店(立川市)の陳列です。
左は猫本のコーナー、右は検索カウンターの横に、こんなに大きくスペースを取ってもらって、恐縮して顔を赤らめました。店長のやる気に感謝です。
「森のくらし」は中村みつをさんの本です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


「小学生体験会」の記事

Buchi5月8日に行った
ブルーベリー農園「花夢果夢」での「小学生の体験教室」の記事です。
田布施町で看板製作や印刷物の製作・出力などをやっている「ぶち」という店のニュースレターです。
町のみんなが応援してくれます。嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)
TBS「革命テレビ」の軽薄さ

「革命テレビ」〜世界同時多発情報ショー〜 5月30日スタート、午後11時30分
期待して、先を越されたかも、という悔しさもあって、ちょっとドキドキして、Ustでの記者発表を見ました。
世界中からUstで中継を入れ、twitterで視聴者にも参加してもらうという仕掛けに“やられた”と思いました。
しかし、ガッカリしました。
司会もお笑い芸人、海外から中継を入れるレポーターもお笑い芸人です。バラエティショーです。
もっとまともな番組は出来ないのか、TBSよ、と思いました。
テレビは賑やかで、面白おかしくなければ視聴率が上がらないという思い込みから、この期に及んでも、抜け出せないテレビマンよ、君たちは、この呪縛から解放されないまま、死んでいくのだ、と申し上げたい。

「革命テレビ」とは、よく言いましたね。「革命」はUstとtwitterであって、それを取り込んだだけでテレビが「革命」とは?
番組内容は、革新的ですらないと思いました。
視聴者に「何を」伝えたいのか、コンセプトが分からない発表でした。
こんな新しいワクワクするメディアツールをこんな番組で使って欲しくない、と痛切に思いました。
TBSはダメだ。
Ust単独で、新しい革新的な放送ができる、と考えた方がいいと思います。
Ustよ、テレビに取り込まれるな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


無料ビジネス「スカイプ」

Skype(スカイプ)はインターネットを使った電話の無料サービスです。
何年か前、やってみようと試みた時、Macでは使えなかったと思ったので、以後関心を持ちませんでした。土曜日、コーセイさんの講座で紹介された彼のお弟子さんがスカイプにはまっているといい「スカイプ名」(ログインするときの名前)をメモに書いてくれました。
昨晩スカイプのHPを開いてみたら、Macでも使えることが分かり、さっそく、ソフトをダウンロードして登録しました。
もらった「スカイプ名」をコールしたら、繋がりました。テスト成功です。
ボクの「スカイプ名」は「tagawa-i」です。
不便なのは、相手がパソコンを立ち上げていないとダメだ、という点です。
外国の方とやってみたいと思います。高い通話料がタダですから魅力的です。

流行の「無料ビジネス」の特集をNHKで見たことがあります。
「スカイプ」が例に取り上げられていました。
どこで収益を上げているのか、ということです。
スカイプの場合、世界中の何千万人もの無料利用者の中から、もっと高度な利用方法を必要とする人へ、有料でシステムを提供するという事らしいです。
有料利用者は、無料利用者の中の、ほんの数パーセントでOKなのだそうです。
魚を釣るとき「撒き餌」を撒いて魚を集め、その中の1匹を釣る、それに似ていると思います。

今までのビジネスには「無料」という概念はなかったのだそうですが、最近はそれが研究され始めたようです。「無料」という言葉に、人々の心は激しく反応する、それをビジネスにつなげよう、ということのようです。
携帯端末を無料で配り、通話料で稼ぐ、というのも、無料ビジネスの一つでしょう。
「タダほど高いものはない」という諺がありますが、上手く利用すれば楽しめると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)
「小学生の自然体験教室」の記事

Woodynews「WoodyNews」というニュースレターはログハウス専門の工務店「カントリー工房」の発行です。(山口県田布施町)
今月号は4ページの内1ページがブルーベリー農園「花夢果夢」で催した「小学生の自然体験教室」の記事で埋められています。
人を楽しませる事が唯一の(?)楽しみ、ではないかと思わせる岡部正彦さん(カントリー工房主宰)の演出で、華やかなオープニングは心に残りました。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


普天間・日米合意

沖縄の反対を無視してアメリカと合意・・なんという政府なんだろう。
今朝の新聞は、やっとケリがついたといった風な書き方で、沖縄の意志を無視したという批判的な書き方はない。新聞は誰の見方?「権力の監視」が役目ではないのか。
情けなくて、声も出ない。
結局、日本はアメリカの言いなりの属国。

福島瑞穂さん
連立離脱はどうしました?
やって下さい。あれだけ反対したんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)
「空に星があるように」

Img_9159
この曲を知ってますか、と聞いても、若者はほとんど知りません。
荒木一郎の名曲です。
昨晩、iTunes Storeを開いて検索して遊んでいたら、高橋真梨子が「空に星があるように」を歌っているのを見つけました。最近の録音でした。早速買いました。200円。
彼女も、すでに60歳を過ぎているでしょう。昔ほどの透明度と伸びはありませんが、高音域は魅力的です。いい買い物でした。
写真は、シラン。庭に咲いています。
【追記】
「君に捧げるほろ苦いブルース」荒木一郎作詞作曲

 淋しさに一人飲むコーヒーは 
 ひきたてのほろ苦い味がする
 ゆきづりの夜に買う綿あめは
 君と愛した味がする
 BYE BYE まだ夢のようさ
 BYE BYE君 ドアの外の
 気に入りの紫蘭の花
 昨日の朝枯れたよ

2番にも「思い出の紫蘭の花 庭の隅に埋めたよ」という歌詞があります。

 ボクの庭のシランを写真に撮ったとき、この歌を思い出していました。
 この曲は、彼が可愛がっていたが死んだときに作った曲です。
 彼の曲には、男女の仲ではなく、これは「猫」だろう、と思わせるものが何曲かあります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)
アメリカ人は「みりん」をロックで飲む?

Photo3_2スーパーマーケットの酒の棚に「みりん」が並んでいた、と友人が写真を送ってくれました。ストレートかロックで飲むのかなぁ?と。
(写真右下)


| | コメント (2) | トラックバック (0)


官房機密費がジャーナリストへ

官邸が使い、その使途を明らかにしなくてもいいお金が、政治評論家にも配られていたと、野中広務元自民党幹事長が明らかにしました。
重大問題にもかかわらず、ほとんどのメディアが沈黙です。
記者クラブの記者にも配られていたらしい、それがバレルから書かないのでしょう。
やっと、毎日新聞がきょう、書きました。(13版5面)
しかし、政治評論家という表現しかなく、現役の新聞記者のことは書かれていません。
「週刊ポスト」も特集を始めましたから、どんどん名前が出てくるでしょう。

組織内ジャーナリストが、信用ならないことが分かってきました。
新聞やテレビは信用できない、ということです。今後は衰退の一途でしょう。自業自得です。
フリーランスの人々の活躍の場が広がります。
新しいメディアがどんどん登場していますから、そこを舞台に、真のジャーナリズムの台頭を期待します。

アメリカには、1ドルルールとか、1.5ドルルールとかあって、それ以上の供応を受けると、ジャーナリストとしての資格を失うのだそうです。日本にも必要ですね。
「権力の監視」が新聞の使命と言いますが、チャンチャラおかしいですね。
反対に「新聞記者の監視」が必要です。バカバカしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)
哨戒艦沈没

北朝鮮の魚雷だと断定されました。
疑問です。
なぜこんなに簡単に攻撃されるのでしょうか?
察知能力はないのでしょうか?
演習をして、訓練をして、軍隊って、一体何ですか?
分かっていて、わざと攻撃をさせたんじゃないかと、疑いたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「世界それホント?会議」更新

「世界それホント?会議」更新しました。
ブエノスアイレス(アルゼンチン)の「犬の散歩屋」のお話です。
http://bit.ly/dwgIi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)


寂しい笑い

年齢の話です。
電車で立ってると「どうぞ」と言って席を譲ってくれる人が増えました。
「おれって、やっぱ、年相応に見えるんだなぁ、座りたそうな態度をしているわけでもないのに・・」
感謝しながら、ちょっと寂しい気分に。

昨日、先輩と食事をした後、スタバへ行きました。
大先輩、小先輩、そしてボクの3人。一番若いボクが飲み物を買って席に運びました。
大先輩はアイスティー、小先輩はエスプレッソ、ボクは普通のホットコーヒー。
久しぶりだったから話が弾んでいたせいもありますが、異様なことが起こりました。
エスプレッソを頼んだ小先輩が、大先輩のアイスティーについてきたストローをくわえてエスプレッソを飲み始めたのです。
「ねー、小先輩、そのストローはアイスティー用だよ」と叫びました。
さすがに小先輩は照れて「悪い悪い」といって新しいのを取りに行こうとして立ち上がりかけましたが、大先輩は「いいよいいよ」といってカップから直接飲み始めました。
なんともバツの悪い寂しい笑いでした。

我が家での珍事。昨晩の夕食どき。
愚妻が言いました。
「さあ、出来たからご飯にしよう」
突然、大声が聞こえました。
「ヒーエー!」
「何だ、どうしたー!」とボク。
「肉じゃがにお肉をいれるのを忘れたぁー」
肉を加えて煮直すまで、しばらく待つことになりました。
想像もしなかったことが起こります。
いや、寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)
アンネのバラ

ボクの友人の子どもが通学している中学校の話題です。

杉並区高井戸中学校で「アンネのバラ」を一般公開いたします
杉並区立高井戸中学校(高井戸東1-28-1・校長:國光敏幸)の正門入り口の花壇では、アンネ・フランク(1929~1945)ゆかりのバラが、今年も美しく開花する季節を迎えました。多くの方に楽しんでもらう為に、下記日程にて一般の方に公開いたします。
Rose2  Rose1

・ アンネのバラとは
  このバラの基になる花はベルギーの園芸家であるヒッポリテ・デルフォリへ氏により1955年に作出されました。1959年、アンネ・フランクの父であるオットー・フランク氏と出会った氏は、自身のバラの中で最も美しいこの花をアンネのバラとして捧げ、1960年「Souvenir d’Anne Frank(アンネ・フランクの形見)」として発表されました。
 バラの品種はいくつかの品種を交配する事によって作出されますが、このバラは二代前の親にピース(Peace 1945年ベルリン陥落の年に発表され、その年の国連第一回会議に平和へのメッセージとともに贈られました)を持つ等、まさに平和への想いの象徴とも言えます。
 黄系〜赤系〜ピンク系と開花に従って微妙に変化する複雑な花色は、見る人の心に感動を与えます。
 Rose4_2  Rose3_2

・ 高井戸中学とアンネのバラ
 1974年、当時小林桂三郎先生の指導のもと、国語で「アンネの日記と生涯」を学習した二年生の生徒たちは、その感想文をアンネの父、オットー・フランク氏に送ります。また、同時期に「アンネのバラ」の存在を知った子供たちは「平和は目に見えない。だから平和のシンボルとしてアンネのバラを高中に植えたい」との願いをオットー氏に伝えます。
 その願いが叶い、1976年の3月末、待望の三株のバラがオットー氏より届きます。
まずは根付くまで栽培を都立農業試験場に依頼、その後6月12日のアンネの誕生日に高中に移植されました。
 その後、30年余年。皆からバラへの情熱が薄れてしまった時期もありましたが、校舎建替えの折校庭にひっそりと植えられているのが見つけられ、1997年の新校舎落成を機に正門近くに移植。以降多くの人の手により丹精込めて育てられ、現在では100株以上にもなり毎年見事な花を咲かせています。
 現在は生徒たちでつくる「アンネのバラ委員会」が主体となって手入れ。代々、生徒会役員が新入生オリエンテーションの時に「世界の平和と人々の幸せという私たちの願いをこめて、このバラを育てていこう」と話し、先輩から後輩へと想いを受け継いでいます。
 更に、保護者や地域の人々で構成する「高井戸中学校 アンネのバラ栽培委員会」もあり、皆でこの活動を応援しています。
 
~ 高井戸中学校「アンネのバラ」一般公開~
【日時】 平成22年5月29日(土) 午前9時から正午まで
【場所】 高井戸中学校(高井戸東1-28-1)
【費用】 無料。当日、直接会場へお越しください。
【その他】車でのご来場はご遠慮ください。(天候などの事情により当日の開花状態がベストではない可能性もございます)
学校のHP
http://suginami-school.ed.jp/takaidochu/intro/kouchou.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)
ギリシャのデモ犬

Dog毎日新聞の夕刊です。
「世界それホント?会議」で紹介した野良犬です。世界中で人気者に・・。
名前は、勝手にいろいろ呼ばれているのでしょうが、どのサイトも「カネロス」(シナモン)となっています。
「世界それホント?会議」は下記サイトです。
http://world-really.cocolog-nifty.com/

【追記】
「世界それホント?会議」に情報を寄せていただいたアテネ在住の有馬めぐむさんから「デモ犬」の名前についての詳しいコメントが届きましたので、掲載します。

初代カネロスはエクサルヒア地区(よくデモがおこる地域)を縄張りとしていた犬で、2008年6月に17歳で永眠。
この画像のワンちゃんはこの名誉ある名、「カネロス」を“襲名”したわけです。
またルカニコス(ソーセージの意)の名も持ち、そこからルークとも呼ばれています。
つまりカネロス2世ルカニコスが正式な名ということになります。初代カネロスや2世カネロスの勇壮な反骨精神は、英大手新聞オブザーヴァーで2ページに渡り、ギリシャ人の国民性になぞらえて紹介されました。1821年のトルコからの独立戦争、第2次世界大戦でのドイツに対する抗戦、67年から73年
まで続いた軍事政権に対する抗戦。暴動で走り回る犬は複数いるので、カネロスはデモの最前線で催涙ガスをものともせず活躍する全ての犬たちに捧げられる“称号”でもあります。ギリシャのマスコットとして他に英ガーディアン紙、仏リベラシオン紙、米ニューズウィーク紙などにも登場しました。
カネロスはまさにギリシャ人(犬)のレジスタンス魂の象徴なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


絵本

Ehon「おかあさんのにじ」作・こやま峰子 え・本間ちひろ
モリアオガエルの話です。友人の画家・本間ちひろくんの画です。
40ページもある絵本がなんと370円です。書店では売っていなくて、契約家庭に年間何冊か配本するシステムで、大量に作るから安いのだそうです。
読んでみたいと思われる方、プレゼントします。
(手元にはありませんが、すぐ、本間くんから取り寄せます)


| | コメント (2) | トラックバック (0)


遅すぎる日本

外国の災害に対して行動が遅いと、いつもイライラしています。
日本の政治は、遅すぎます。

宮崎県の口蹄疫、発生してから1ヶ月、やっと政府が腰を上げました。

中国人へのビザの緩和、7月1日から。
金持ちになった中国人をどんどん呼び込んでお金を使ってもらう観光政策、遅すぎます。
不法滞在者を防ぐために、所得が多い人にしかビザを出さなかったのです。
逃げるヤツがいる、を想定していたら何事も進みません。そんなことは織り込み済みでやるのです。

「光の道」構想。
NTTを分離して回線会社を作り、光ファイバーを全国に展開するプラン、1年がかりで検討するという。遅すぎる。その間に、世界はどんどん進み、日本はどんどん遅れる。

政治がのろいと、国民は不幸になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ギリシャの話題

先週更新した「世界それホント?会議」の「ギリシャの野良犬」は大好評です。
デモのたびに、デモ隊と警官の間を走り回るカネロス(シナモンという意味)という野良犬の話題も関心を呼びました。
この情報を寄せていただいたアテネ在住の有馬めぐむさんから以下のメールが届きました。

「世界それホント?会議」のアテネ犬の話題、周囲からたくさん面白かったと感想メールをもらいました!
カネロスのエピソードもとても好評です。
ギリシャ国内では「カネロス」の歌ができています^^;

経済危機についても、以下のサイトへ寄稿したから、と報告がありました。
分かりやすく書かれています。是非お読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)
谷亮子の立候補

小沢一郎の推薦の弁。
「ただ漫然と偉業を達成したわけではない。自らを鍛え、工夫し、理想、目標に全力で立ち向かっていく生き方は、今日の日本社会では希薄になりかけたものであり、共感を覚えておるところでございます」

先輩・廣淵升彦のブログから。
「オリンピックへの出場は、「国費」を使って行うものです。国によっては生活費から何から何まで国家が面倒を見、住宅を与えたり、破格の賞金を払ったりしています。いわば「準公務員」的存在です。谷選手は、参院に当選後も選手活動を続けるといっています。つまりは「準公務員」を続けるということです。そういう立場の人が一党一派の利益のために政治活動をしてよいのでしょうか? 大いに疑問です。」

鋭い指摘です。マスコミの誰も気がついていない指摘です。
さすが、と唸りました。
廣淵升彦さんのブログは下記です。
http://hirobuchi.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)
ばばこういちを送る会

多くの方の参加をお待ちしています。
(発起人になっていますので)
  【ご案内】
2010年6月4日(金曜日)
午後6時開宴
グランドプリンスホテル赤坂 別館5階 ロイヤルルーム
会費 1万円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)
俳優・原田大二郎参議院選へ

原田大二郎はボクの高校の後輩だ。(山口県立・熊毛南高等学校)
民主党から立候補するという。
この選挙区(山口)には、自民党の岸信夫(岸信介の孫、安倍晋三と兄弟)がいる。
スポーツ選手と芸能人だらけ。
投票意欲減退なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


アメリカの日本製品

Photo  Photo1日本酒はわかりますが、包丁を「USUBA HOCHO」(薄刃包丁)という日本名で売っているのは、面白いと思いました。
日本語が世界語になっているものに、SUSHI(寿司)、TSUNAMI(津波)などがあります。
(写真:シアトルの友人より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


野良猫にガイドライン(環境省)

環境省が作った「野良猫(犬)ガイドライン」が下記サイトにあります。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2202.pdf
20ページもある文章を読み切るのは大変です。
ボクは思います。
ガイドラインでは効果はなくて、法律を作らなければ、いざこざは絶えないと思います。
諸外国(特にヨーロッパ)の例を勉強して、法律を作るべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)
原画展終了

2週間の原画展が終わりました。撤収作業をしてきました。
嬉しいことに、期間中「ビビ」が53冊売れました。
来ていただいた方、買っていただいた方、ありがとうございました。

帰りに家の近所で、猫と月見草を撮りました。
Img_9139  Img_9140


| | コメント (0) | トラックバック (0)


「世界それホント?会議」動画更新

ギリシャ・アテネの野良犬の話題です。市役所がすべての野良犬の管理をしています。
現在、ギリシャは財政危機で大変です。デモ隊と警官との間を走り回っている茶色の犬をニュース映像で見られたことがあると思います。カネロス(シナモンという意味)という名の野良犬です。
この犬の情報も掲載しました。
http://world-really.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-e582.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)
猫の裁判

地域猫にエサをやり続けて住民から訴えられていた裁判で、判決が出ました。
被告が負けました。
被告に対して、エサやり禁止と賠償金約200万円の支払いが命じられました。(東京地裁立川支部)

訴えられたのは、元将棋名人・加藤一二三さん(70歳)。
三鷹市にある集合住宅(テラスハウス)でエサやりをするので、多数の猫が集まり、糞尿被害や車の屋根を傷つけられたりなどの被害が出ているのだそうです。
判決理由。
「餌やりが動物愛護の精神に基づくことは理解できるが、被害が続いており、住民の受忍限度を超えている」
ぜひ、控訴して争って欲しいと思います。
(追記:被告は、控訴すると表明しました)
先日、原画展を取材に来てくれた読売新聞の記者が話してくれました。
猫の記事は書くのが難しいと。地域猫へのエサやりを美談風に書いたりすると猫嫌いの人から猛烈な抗議が来るのだそうです。購読を中止されたりすると困るから慎重にならざるを得ないのだそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)


売れすぎ

Bibi1製品がヒットして売れすぎると「販売中止」になります。
“桃ラー”の愛称でヒットした桃屋のラー油は売れすぎて販売中止になりました。
(訂正:現在は販売されています。コメント欄にコメントをいただきました。過去に販売中止になったことがあったと記憶しています。)
なぜ販売中止になるのか、意味が分からなかったのですが、ハウス食品の池本さんが解説してくれました。
すべての販売ルートに平等に流さないと不満が出て、他の商品に悪影響がでるので、平等に供給できるようになるまで販売中止にするのだそうです。例えば、イオンには供給して、ダイエーには供給できないとなったら、ダイエーが怒ります。以後桃屋の製品は売らない、というかも知れません。

同じ事がボクの身の上で起きました。
「席取りビビ」です。
8名の方から注文をいただきました。
4体出来たので、4名の方に送りました。
それを知った他の方から苦情が来ました。
「どうして私には来ないの?」

そうか、これだな、と企業の「販売中止」を思い出しました。
人形作家の蒲生マリコさんが多忙で、製作が出来ないのです。
お許し下さい。もうしばらくお待ちください。

これは大型の「席取りビビ」ですが、先日紹介しました小型で財布が付いた「席取りビビ」の注文も開始します。納期の確約はなしでお願いします。
小型は6,000円+送料です。
大型は13,000円+送料です。(こちらも予約は受け付けます)

写真は小型です。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)
ユニセフ新事務局長

新しく就任したユニセフの事務局長Anthony Lake(アンソニー・レイク)氏が来日しました。
公開イベント「子どもにふさわしい世界のために」が開かれました。(国連大学)

Uncef1  Unicef2   Unicef3

5月に予定していた親善大使のハイチ訪問は延期しましたが、きょう、スケジュールが出ました。
11月17日〜27日まで。再度ハイチに。
来年の1月13日(日本時間)が1周年ですから、その時期に放送出来ればいいなぁ、と思っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)
新聞記事

Yomiuri読売新聞の記事です。
少し、ニュアンスが違うところがあります。
「ハウス食品が行っている」のではなくて、「行っている」のはブルーベリー農園「花夢果夢」で、ハウス食品が協賛している、が正しい表現です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


雨です、東京へ、

広島まで行って、飛行機で帰ります。
雨が降っています。
最低1ヶ月は留守をするので、忘れた事はないか、チェック、チェック。
コンセントは抜いたか、ガスの元栓は閉めたか、など、など。
ツバメは活動を始めているので、納屋の戸は開放したまま、防火用水の緋ブナには、誰かがエサをやってくれるから、ペットボトルにエサを詰めました。
では、しばらくバイバイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)
あす東京へ

Img_9100花菖蒲だと思います。カキツバタかも・・。
草刈りをしていたら雑草の中に見事に咲いていました。
あす、東京へ戻ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)
小学生の体験教室

ハウス食品でCSR(社会貢献活動)を担当している池本正巳さんに「やってみませんか、協賛しますよ」と声をかけられたのが動機でした。
「よし、やってみよう、面白そうだ」と立ちあがってくれたのが、岡部正彦さん。
見事に準備は進み、きょう、第1回を無事終了しました。
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。感謝します。

農業体験は、ブルーベリー農園で草取り、食体験はカレーライス作り。美味しいカレーが出来ました。
その他に、ダッチオーブンで焼いた鶏肉とホットドッグを食べてもらいました。
晴天で気温が高かったからでしょう、貧血で倒れた生徒がいましたが、日陰で休ませたらすぐ回復して、もりもり食べていました。
オープニングには、町長さん(長信正治さん)が挨拶に来てくれました。
田布施少年少女合唱団が素晴らしコーラスを披露してくれました。
ラジコン飛行機が空を舞い、マジックも披露されました。
派手好きなボクにぴったりのオープニングになりました。

写真をご覧下さい。

Bibi8  Bibi1_2   Bibi4

Bibi2   Bibi3

Bibi5   Bibi6_2   Bibi7


| | コメント (1) | トラックバック (0)


生中継

Ustreamを使って生中継をやってみます。
本日11:30分頃から、下記URLで。
http://bit.ly/cfMdgu
ハウス食品のCSRの一環として実施する「小学生の農業体験と食体験」です。
ブルーベリー農園で草取りをした後、カレーライスを作って食べます。農園まで無線ランが飛びませんので、カレーを作るところだけ中継します。据え置きカメラ1台ですからイライラさせると思います。すみません。見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)
ブラジャーと乳がんの関係

ネットで見つけた面白い(失礼、興味深い)記事です。
(中国の黒竜江晨報という新聞から翻訳)

2010年5月5日、ブラジャーを1日12時間以上着用する女性は、全く着用しない女性と比べ、乳がんのリスクが21倍も高くなることが米国立癌研究所の研究で分かった。
記事によれば、同研究所がブラジャーの着用時間と乳がんとの因果関係について調査した結果、習慣的に長時間ブラジャーを着用する女性は乳がんなど乳房の病気にかかりやすいことが分かった。1日12時間以上着用する女性は全く着用しない女性の21倍、就寝時も着用する女性は同100倍も罹患率が高まるという。形が崩れるのを気にして就寝時もブラを外さない女性は要注意だ。

調査はまた、世界の女性の約80%がサイズの合わないブラジャーを付けていると指摘。締め付けのきついブラジャーを長時間付けることにより、乳房のリンパの流れが悪くなり、乳腺の正常な細胞ががん化する可能性が高まることから、身体に合ったブラジャーの着用を推奨している。

(田川コメント)
ブラジャーをしない樹木希林さんは、乳がんになって手術をしました。しないからならない、というものでもないようです。
アフリカに取材に行ったことがあります。
ガンになる前です。
悪路を何時間も走りました。希林さんが言いました。
「ブラジャーしてくればよかった」
相当ぶらぶら揺れたのだと思います。
あれが病気の原因?まさか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


樋と屋根の掃除

あちこちの樋に落ち葉が詰まって、ばさばさ雨がこぼれるのを知っているので、いつか、と思いながら自分でやる勇気が出ませんでした。こんな気分で屋根に登ったら、落っこちるに違いないと思い、業者に依頼しました。3人で5時間くらいかかりました。
やっぱり自分では出来なかった、と思いました。
これで梅雨が迎えられます。
Roof1  Roof3  Roof2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


「世界それホント?会議」更新

ネパールでは、牛の糞を市場で売っています。
食べるため?違います。
燃料?違います。
想像しながら読んで下さい。
http://world-really.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-d458.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)
北林谷栄さんを悼む

名優だった。98歳だった。映画「阿弥陀堂だより」(02年)を見たのが最後だった。座布団を放り投げるシーンがあって笑った記憶がある。アドリブだな、と。同志だった宇野重吉さんの息子の寺尾聡との共演だった。いい気分で芝居をされていたように見えた。
もっともっと演技を見たかった。

ご自宅の倉には芝居で使う小道具がぎっしり詰まっていたそうだ。その虫干しを見た人が、収集のものすごさに腰が抜けた、と言ったのを聞いたことがある。
芝居の公演で地方に行かれたとき、ちびた下駄を履いた老婆を見つけました。その老婆の後を付けて自宅まで行き、その下駄を譲ってもらった、というような話は数々聞きました。

「家にある小道具は全部あなたに上げる」と言われたのは、樹木希林さん。
「あの方の演技には及びも着かない」とお断りしたそうです。
北林さんは、「出身劇団(民芸と文学座)は違っても、私の後を継ぐのは樹木希林しかいない」と思われていたのだと思います。ボクもそう思います。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


農園の看板

Boad
看板が一日中逆光で、いい写真が撮れなかったのですが、きょうは、時々雨がぱらつく曇天で、やっとまともな写真が撮れました。
今年設置しました。

今年は毛虫が多く、身体の中に入ったらしく、背中に湿疹が出来て痒くて死にそう。
虫も雑草も年によって多い少ないが違います。何の加減かわかりません。
8日に小学生が体験学習に来るので、触ったら大変だと、松村さんは、毛虫捕りに余念がありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)
嫌味な記事(朝日新聞)

「日本@世界 拝啓 鳩山由紀夫首相」主筆 船橋洋一(1面から8面に続く・西部本社版)

アメリカ通の筆者が、アメリカにおける日本批判を次々に紹介しながら、日本を貶めている嫌味な記事です。普天間問題についてです。
あなたは日本人ですか?と問い返したくなりました。
筆者の魂はアメリカがすべて、です。
こういう記事が、日本人に属国意識を植え付けるのです。
読みたくなかった記事です。
主筆ともなれば、自分の意見を堂々と書くべきです。他人の意見を並べて、自分は陰に隠れているような記事は、最低です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)
抑止力

鳩山由起夫さん、
基地を沖縄に残さざるをえない唯一の理由に「抑止力」を上げました。
具体的にどういう事か説明しないとわからないですよ。
説明すると大した抑止力ではないことがバレルからかですか?
結局、アメリカの言いなりじゃないですか?
これが対等な日米関係ですか?
沖縄は、まだ戦後が続いているのです。

これだけの反対があるのに、辺野古に基地が作れるわけがないでしょう。
5月末で一波乱あるでしょうが、「県外・国外」を再度検討すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)
新型「席取りビビ」試作品

もう少し小型の「席取りビビ」は出来ないだろうか、と我が儘な注文に応えて、蒲生マリコさんが試作品を作ってくれました。
手足4本に強力な磁石が縫い込まれています。楽しい使い方が出来ます。
写真左端は、メッセージカードを磁石で挟んでいます。
お腹は、ファスナーが付いていて、財布になります。

Bibi1 Bibi2 Bibi3 Bibi4 Bibi5

Bibi6_4 Bibi7 Bibi8 Bibi9

Bibi10 Bibi11 Bibi12


| | コメント (3) | トラックバック (0)


ブルーベリーの花

Bb1   Bb2
ブルーベリーの花です。
スズランに似ています。
左の写真に黒い点があります。よーく見てください。
ミツバチが針を突っ込んでミツを吸った後です。
右の写真を見ると、入り口が小さくてミツバチの身体が中に入らないことが分かります。
それでも交配は出来るのだろうかと不安ですが、実がなりますから、ちゃんと役割を果たしているのだと思います。

Asupara

アスパラです。留守の間にどんどん成長してしまっています。
今回は、よく観察して、食べたいと思います。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)
田舎へ

羽田にいます。さすがに混雑していて、シニア空割(どこまで行っても1万円)の普通席は夕方までないといわれ、プレミアムクラスというチケットを買いました。+7千円。
12時発、広島行き。

全国的に晴天のようですね。
楽しい連休をお過ごしください。

【到着】
ごご4時頃到着。
田布施駅で「お帰り〜」といってタクシーのドアを開けてくれたのは、ビビが逃げたときの女性の運転手さん。最近は、もうビビの話はしません。
居住区だけ掃除をして食料の買い出しへ。今日は簡単な食事ですませました。
明日は、朝から洗濯だ。夜は、小学生体験教室のうち合わせ。お手伝いいただくスタッフの皆さん10 名くらいでミーティング。
8日、天気ならいいのだが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)
トークイベント

Norute1  Norute2
盛況でした。
本も、みなさん、買っていただきました。
参加していただいたみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


原画展紹介記事

Yomiuri読売新聞多摩版5月1日付け
猫原画展とトークイベントの紹介をしてもらいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


盗作?

歌謡曲「こんなに愛しているのに」
作詞・作曲 荒木一郎
歌 吉永小百合

中国で流行中だという話を聞きました。
荒木さん本人も最近知ったようです。

中国の題名「尋夢園」
作曲 朱然

YouTubeで聞くことが出来ます。
http://www.youtube.com/watch?v=zyQ0jriuzUM

オリンピックや博覧会で、発展振りを世界に見せつけていますが、社会の内部に分け入ってみると、貧困や格差の存在、言論の統制など、問題点が渦巻いています。
盗作が当たり前では、国際社会の仲間入りはできません。
なにがどうなっているのか、無茶苦茶な国に見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »