« 樋と屋根の掃除 | トップページ | 生中継 »

2010年5月 7日 (金)
ブラジャーと乳がんの関係

ネットで見つけた面白い(失礼、興味深い)記事です。
(中国の黒竜江晨報という新聞から翻訳)

2010年5月5日、ブラジャーを1日12時間以上着用する女性は、全く着用しない女性と比べ、乳がんのリスクが21倍も高くなることが米国立癌研究所の研究で分かった。
記事によれば、同研究所がブラジャーの着用時間と乳がんとの因果関係について調査した結果、習慣的に長時間ブラジャーを着用する女性は乳がんなど乳房の病気にかかりやすいことが分かった。1日12時間以上着用する女性は全く着用しない女性の21倍、就寝時も着用する女性は同100倍も罹患率が高まるという。形が崩れるのを気にして就寝時もブラを外さない女性は要注意だ。

調査はまた、世界の女性の約80%がサイズの合わないブラジャーを付けていると指摘。締め付けのきついブラジャーを長時間付けることにより、乳房のリンパの流れが悪くなり、乳腺の正常な細胞ががん化する可能性が高まることから、身体に合ったブラジャーの着用を推奨している。

(田川コメント)
ブラジャーをしない樹木希林さんは、乳がんになって手術をしました。しないからならない、というものでもないようです。
アフリカに取材に行ったことがあります。
ガンになる前です。
悪路を何時間も走りました。希林さんが言いました。
「ブラジャーしてくればよかった」
相当ぶらぶら揺れたのだと思います。
あれが病気の原因?まさか。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/48297048

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジャーと乳がんの関係:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。