« 広報誌に記事を書きました | トップページ | 「ねこ新聞」を支える会 »

2010年6月11日 (金)
地名を商標に

中国が日本の地名を商標に登録しているということをニュースで知りました。
「京都」「北海道」など相当多くの県名が登録されているそうです。
これを、日本の特許庁が圧力(働きかけ)をかけて止めさせたそうです。
これって、止めさせるほどマイナスになることでしょうか。
日本のPRになるんじゃないかと思ったりしますが・・・。

「バーモントカレー」を発売しているハウス食品へは、バーモント州知事が感謝状を持って来日されたそうです。バーモントはアメリカの東北部にある州です。名前を日本で有名にしてくれたと感謝されたのです。
今年になってからの話だったと思います。

「ガーナチョコレート」と発売しているのは「ロッテ」です。
ガーナは西アフリカの小国です。
カカオ豆の生産では世界一(多分)、日本は、ガーナから豆を輸入してチョコレートを作っています。
クレームがあるという話は聞きません。むしろ、感謝されていると思います。

国内では、地名を使った商品の登録を許可していて、外国ではダメ、というのも辻褄が合いません。
夕張メロン、草加せんべい、稲庭うどん、信州そば・・・

中国で禁止したら、今後、アメリカでも、ヨーロッパ諸国でも、クレームを付けることになります。
国益にかなった行為でしょうか?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/48601433

この記事へのトラックバック一覧です: 地名を商標に:

コメント

仮に、中国産の「北海道ホワイトチョコ」が発売されて、それが美味しくなかったり、変な成分が入ったりしていた場合、北海道のイメージダウンに繋がるかもしれない、という発想から来ているのではないかと思います。しかし、最初から相手を信用していない、というのもどうかと思いますよね。日本のバーモントカレーのような人気商品になる可能性もあるのだから。とはいえ、これまでの中国製品のいくつかの事件を思うと、信用できない気持ちもわからなくはないですが…

投稿: taro | 2010年6月11日 (金) 22時00分

taroさま、
感想ありがとうございます。ボクも中国製品には疑問を持ていますが、不都合が起きたら対処する、でいいのでは、と思うのです。事前に「かもしれない」という不安で禁止したら、他国に対してOKというわけにいかなくなるので、世界中で日本の県名・都市名は使用禁止になります。これは日本にとってマイナスではと思うのです。

投稿: ねこ屋亭主 | 2010年6月11日 (金) 22時25分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。