« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)
タコの柔らか煮

Tako
ブルーベリーを出荷して帰りにスーパーへ寄ったら、近海のタコがあったので、買いました。
柔らか煮にします。
ぬめりを取って叩きます。
Buta
味をしみ込ませるのに必需品(落としブタ)
ダシは、水、醤油、砂糖、みりん、重曹、が基本。
25分弱火で煮ます。
Tako2_2
完成!
和辛子で食べます。
大好物!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)
田舎へ到着

梅雨の間、締め切っていた部屋は、カビの臭いが充満。居住区だけは掃除をしました。
ブルーベリーは最盛期を迎えています。明日は、出荷のお手伝い。朝6時に地域交流館へ。売れ行きも順調だそうです。
暑いのは東京も田舎も同じです。
楽し週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)
「世界それホント?会議」収録風景(Ustダダ漏れ)

26日に収録した「世界それホント?会議」をUstでダダ漏れしました。
そのアーカイブスはこちらでご覧いただけます。
http://bit.ly/aTri6C

| | コメント (0) | トラックバック (0)


旅支度

あす、田舎へ行きます。
忘れ物がないように、チェックしながら持って行くモノを集めています。
ほとんどが電子機器です。もちろん昔はこんな事はなかった。
パソコン(ウエブカメラ)、カメラ(交換レンズ)、ムービーカメラ、電動歯ブラシ、そして、それぞれの充電器。
精密機器ですから、手持ちです。重い重い。
衣類は一切持ちません。行ったり来たりですから、置いてあります。

飛行機に乗る癖がつくと、新幹線より楽なような気がするので、あすも、飛行機の予定です。

【田舎での予定】
8月1日(日曜日)「ハゼろうまつり」
http://bit.ly/9QMfrD
8月8日(日曜日)「小学生のブルーベリー農園体験教室」

【広告】
ブルーベリーが最盛期です。
地方発送受付けています。
http://bit.ly/aTGxBB
新鮮(収穫後、農園から直送)
無農薬(洗わずに食べて下さい)
価格(多分、日本で一番安い、と思います)
味 (甘いも酸っぱいも、力があります。輸入品のようにぼけた味ではありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


格言「First Lot」は買うな

iphone4を買おう、と思って、近くのソフトバンクショップへ行きました。数週間前のことです。
黒タイプが1ヶ月待ち、白タイプは入荷不明、ということで、止めて帰りました。そしたら、手で握ると電波の受信障害が起こるとのニュース。買わなくてよかったなぁ、と思いました。
今朝の新聞に、IPadが戸外で太陽光を浴びるとシャットダウンするというニュース。
アメリカにある格言を思い出しました。
「First Lotは買うな」
最初に出来た製品は買うな、故障する、というのです。
アメリカは物作りが雑というか、下手ですから、こんな格言が昔からあります。
不具合が改善されてからゆっくり買え、という教えです。

「月曜日に出来た車は買うな」という格言もあります。
労働者が、休日を過ごして、そのダラダラ感を引きずって仕事をするから、雑な車が出来る、というのです。

完璧を目指す日本企業が世界を制覇した理由が理解できそうなエピソードですが、いまでは、そのお株を韓国や台湾に奪われそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)
ネコとネズミ

Cat_mouse
ロンドンから送られてきました。(撮影:根本伸哉さん)
飼い猫のスピノザ(オランダ人哲学者の名前)が野ネズミを捕まえて、背中を傷つけてしまったのを見つけて、もうそれ以上の攻撃を止めさせたのですが、ネズミは結局死んでしまいました。
翌朝にはネズミの死骸が消えていたので、多分、添付のキツネが食べてしまったのかなと思います。
Fox

【ボクの感想】
昨晩、写真をもらった時は、大いに笑いました。
写真だけで、コメントはありませんでした。
今朝、もう一度見て、「これは、騙されている。ネズミはフェイク(作り物)だ」と思いました。
自分が人を騙して喜ぶ習性があるので「見事にひっかった」と思いました。
すぐ「ネズミはフェイクですね」とメールを出したら、上記のコメントをいただきました。
本物でした。

ネコついでに、もう一枚。
Cimg4063
城地裕子さん(淡路市在住)の飼い猫「ミント」と「席取りビビ」です。
城地さんのコメントです。
「うちの猫に近づけてみたら、愛おしむように匂いを嗅いだりしていました。ホントにチビちゃんと思っているかもしれません。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)
本の紹介

Inobe「富士山・最後の強力・並木宗二郎」井ノ部康之著 新人物文庫(新人物往来社)
ボクの古い友人の著作が文庫になりました。(単行本は山と渓谷社)
富士山の頂上まで荷物を担ぎ上げる強力のドキュメントです。

余談ですが、井ノ部康之さんの長男・航太くんは、今回の参議院選挙に福井県から出馬して、残念ながら落選しました。
本に挟まったメモに「1ヶ月半の福井生活、大いに疲れました」とありました。
息子の応援に出かけていたのです。福井が出身県です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)
「世界それホント?会議」をよろしく!

Img_9393
今日、「世界それホント?会議」の収録をやりました。
ニフティの社長・今村隆さん(写真中央)が見学かたがた激励に訪れて下さいました。
ニフティを、そして「世界それホント?会議」をよろしくと言っておられました。

これが全スタッフです。(撮影者プラスワン)
World


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)
深夜のネコ(チャチャ)

Img_9387   Img_9388
深夜、ゴミ捨てに行ったら、野良のチャチャがいて、ついて来ました。久し振りです。
“かつおなまり”を食べました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日も来た野良「スー」

Img_9382今日は、牛乳を少し飲みました。
“かつおなまり”を与えたら食べました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


予告(ユーストリーム中継)

あす(26日)「世界それホント?会議」の収録を行います。この模様をUstreamでダダ漏れ(生中継)します。
詳しい予定は、このページをご覧下さい。
http://qurl.com/ffcs1

ご覧いただくURLは
1)収録風景・プレゼントなど、メインのURLです。
  スカイプを使って、外国の特派員との交信も試みます。
http://qurl.com/cvy43
2)会場の全体の雰囲気を音声無しで配信します。
http://bit.ly/dyHYYM

昼間のお忙しい時間帯ですが、ぜひご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)
夏のネコ

Img_9373   Img_9374
写真左)最近しばしば来るようになった野良の「スー」です。
    玄関のタタキで寝ていました。エサを与えましたが、食べませんでした。

写真右)飼い猫の「海」です。
    保冷剤を乗せてやったら、気持ちよさそうに尻尾をピクピクさせながら寝ていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


番組予告

ボクのHPの熱心な読者の小林郁子さんは「駒井鉄工」という会社で働いています。この会社は、建設中の東京スカイツリーに関わっているのだそうです。
以下、番組の予告です。
7月24日(土)19:30〜20:43NHK総合TV
「NHK ワンダー×ワンダー ほぼ完全公開!東京スカイツリー」
私の勤め先(駒井鉄工)が いくらか製作にたずさわっています。
先日 大林組 日建設計のみなさんとスタジオ公開収録(4名参加)がありました。
現場製作映像とともに紹介されるようです。
番組のHPで予告動画があります。ヘルメットKは会社の人です。
仲のいい安全担当の人が部署にやってきました。イヤになるくらい現場に行って痩せてしまいました。ノイローゼ気味・・・でしたが 裏話はおもしろかったです。
2基しかないエレベーターなので 乗り遅れると 待つ! そうです。どれくらい?聞くと1時間程とか。知らなかったのですが クレーンはトイレ付きとか・・モノは落ちた事はあります、人に当たらなかったので もう!ヨカッタ ヨカッタなどなど。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)
食文化

「クジラは日本の食文化である」
これが日本が南氷洋でクジラを捕る理由です。
日本政府が世界に向かって申し述べている理由です。
ボクはこれに異論を唱え続けています。
「日本にクジラを食べる文化はない」と。

このブログ(毎日新聞の「ザ・コーブ」評)へ匿名のコメントが書き込まれました。
なので、少し整理しておこうと思いました。
辞書によると、
「文化とは、社会を構成する人々によって習得・共有・伝達される行動様式ないし生活様式の総体。」

寿司、天ぷら、これは日本の食文化です。
上記の要件を満たしているからです。
特に「共有」が大切な要件です。「日本の食文化」といえば、大半の日本人がその恩恵を享受していなければ文化とは言えないと思うのです。
「クジラ」はこの要件を満たしていません。

「デパートでも売っている、老舗のクジラ料理屋は繁盛している」
そんなことは一部です。税金を投入して捕っていたクジラは売れ残っています。いくら宣伝しても、試食会をやっても消費は広がりません。
こんな状態でも「クジラは日本の食文化」ですか?

匿名氏は言います。
「広島県の備北地域に息づくワニ料理の文化は知っておられますか?長野県の昆虫食文化などはどうでしょう?
」

これは、風習や習慣の類で、文化とは言えないと思います。
人々の大半が共有しているとは思えないからです。
話は、大地町のイルカ漁から始まりましたが、イルカ漁に関しては、また書きます。

(毎日新聞の「ザ・コーブ」評)と書き込まれたコメントを読んで意見を書き込んで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)
広告

Flyer1   Flyer2
高齢者専用賃貸住宅
「シルバービラ新舞子」(千葉県富津市)
ボクの古い友人・渡辺津久美さん(書籍のフリー編集者)の友人が開業した施設です。
まだ入居者が少ないので、知らせて欲しいということなので、掲示しました。
高額でなく、しかも、サービスは完璧だそうです。
問い合わせは:フリーダイヤル 0120-36-1165

【日刊ゲンダイの記事】
健康の人も要介護の人もOK
老後を安心して暮らしたい。介護に疲れている。そんな人に朗報。
もともと学校の林間施設だったものを、高齢者用にリニューアル。立地は目の前が海という高台に立つ。3階建て鉄筋コンクリートで部屋数は39室、すべて個室だ。
経営者は、介護に長年たずさわってきた地元の小幡敏子氏。小さな介護施設を経営していた。その際、問い合わせが続き、“老後の悩み”を抱える人がいかに多いかを実感。少しでもその悩みを解決したいと思ってこの施設を立ち上げた。
高齢者の自立生活を尊重したつくりで、スタッフは37人と多く、自由と安心が両立している。建物内に訪問介護事業所と通所介護事業所(デイサービス)もある。
入居条件は60歳以上。男女を問わず、健康な人も要介護高齢者もシングルも夫婦もOK。
月額費用は、食事を含め、12万5千円から15万円。一時金は30万円から60万円。部屋のタイプによって異なる。
海や釣りが好きな人に捕っては、最適な立地で、さらに水田や菜園もあり、土に親しむことも可能だ。
食事は自家製の米や野菜を利用してスタッフが作ってくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「世界それホント?会議」更新

「世界それホント?会議」の動画更新しました。
ニュージーランドのおかしな話満載です。
http://bit.ly/cJDYvo

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の雑感

この暑さは「命」に関わります。冗談じゃありません。地球上に人類が住めなくなることって、あり得ますね。各メディアも「暑い、暑い」と言うだけでなく、温暖化防止について、しっかり国民に意識化させることが必要だと思います。

夏用のチノパンなどのズボンがすべて長くて引きずるようになりました。
身長が縮まったのだと思います。4本、近くのリホーム屋さんへ持ち込みました。
身長が縮まって体重が増えるダルマ化現象です。

ネコは、1歩も外に出ません。
野良猫は、どこで過ごしているのだろうかと心配になります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月21日 (水)
夜の訪問者

Img_9363夜9時頃に帰ってきたら、玄関のブロック塀に「スー」と名付けた野良が寝ていました。
病弱で、死ぬかな、と思っていましたが、頑張って生きています。
ときどきしか見かけませんので、心配です。牛乳が好きなので与えましたが飲みませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


暑さのせい?年のせい?

昨日の午後、青山の「ウエスト」というお菓子屋の喫茶室にいました。
友人と待ち合わせをしていました。
携帯電話が鳴りました。別の友人からです。
「どーしたんだよーぅ。どこにいるんだよーぅ」
「え??」
約束の日を間違えたんだ、と、心臓が止まりそうになりました。

「今日は水曜日だろう?21日だろう?」
「え??今日は20日ですよ」
「違うよ、21日だよ、約束しただろう」
怒っています。暑いのに、横浜から待ち合わせ場所の二子玉川までやってきたのです。
ボクは手帳を出して確認しました。
「約束は明日ですよ」
やっと冷静になった友人は「悪かった、ボクが間違えていた」と言って電話を切りました。
夜電話して、21日の約束は涼しくなるまで延期にしようと言いました。そして、念を押しました。
「約束はキャンセルですからね、二子玉川まで出かけて、何故来ないと、電話しないように」

キャンセルしてよかったと思います。
この暑さです。
今晩は、新宿で高校の同窓会があります。
2カ所へ出かけるのはちょっと辛い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)
火事?

Img_9360_2火事ではありません。夕焼けです。立川の自宅から。
明日も暑そう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日のハハハ

 お母さんがお風呂上りで、体重計の上で思いっきりお腹を引っ込めています。
娘「そんな事しても、体重は変わらないわよ」
母「わかってるわよ、そんな事。でも、こうしないと体重計の目盛が見えないのよ」 

(ツイッターから拾いました)

| | コメント (1) | トラックバック (0)


毎日新聞の「ザ・コーブ」評

今朝の毎日新聞の7面の「記者の目」に「ザ・コーブ」評が載っています。
大見出しが「相互理解の道、地道に探そう」とありますが、日本の主張は「食文化」だけですから、理解して貰えるとは思いません。すでに消滅した「食文化」を掲げても、相互理解にはならないと思います。

署名入りの記事で、ご意見をお寄せ下さい、とあったので、以下のメールを記者に送りました。

行友弥さま、
「娯楽作品としては面白い」が書き出しです。
この作品のどこに娯楽性があるのですか?
イルカを殺すことが娯楽ですか?

「記録映画として極めてお粗末」
その理由として、
「役場や漁業関係者こコメントも取らず」とあります。

映画の中で、漁民が(役場の職員もいたかも知れません)
撮影を妨害します。
「帰れ!」「ここへ入るな!」
そしてレンズを塞ぐ行為までします。

この行為が取材に対する彼らの反応(答え)です。
映像取材と新聞記者の取材イメージの違いです。
新聞記者が使用する「コメント」より、この「映像」の方が、より強いインパクトがある答えです。
「コメント」が取れていないから「お粗末」というのは、違和感を感じます。

「歴史的、社会的な背景にも一切触れていない」
これは、今の社会につなげて考えても意味がないからカットしたのだと思います。
映画の中で、制作者は、この作業を見事にやっています。
街頭インタビューです。東京や大阪で。
「大地でのイルカ漁を知っていますか?」
「知らない」「へー、そんなこと初めて知った」
ナレーションが言います。
「日本人の誰も知らないことが、文化と言えるでしょうか?」
繫がっていないのです。

日本がクジラやイルカを捕るのに依拠する理屈は「食文化」です。
これは、すでに消滅した文化です。どこに存在していますでしょうか?
国民の誰も、クジラやイルカを食べたいから「捕ってくれ」とは言っていません。
調査捕鯨の船団費用を捻出するのに、鯨肉を売らなければなりませんが、どんなにキャンペーンをやっても試食会をやっても、消費は拡大しません。
味を知らない若者に、クジラやイルカを食べろといっても、無理な話だと思います。
なのに、何故、喧嘩までして、破綻した論理を振りかざして、クジラやイルカを捕るのでしょうか。

知られたくない文化、取材されたくない文化、恥ずかしい文化って、あるでしょうか?
彼らの取材妨害行為から「食文化」論が破綻していることを強く感じました。
さらなる記事を期待します。

最後の、命の殺し方についても、議論を深めて欲しいと思います。
この書き方だと、大地町のイルカの殺し方を肯定していませんか?
牛やブタも、隠れて処でやらないで、見学でもさせた方がいいのでしょうか。
ここはちゃんと書いてください。
「想像力」と「現実」がごちゃごちゃになると混乱します。

ボクは、この映画をよく出来ていると評価しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)
強烈な暑さ

Kai朝10:30分です。温度計を庭の木陰に出してみました。32度です。強烈です。
ネコは、一歩も外に出ません。出るそぶりも示しません。冷たい板の間に長くなって寝そべっています。(写真)
ネコをどかさないとパソコンが使えませんが、暑いのはお互い様、しばらく寝かせておきましょう。

【夕方の気温】
午後4時、34度です。異常です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)
映画「ザ・コーブ」

Cove問題の映画「ザ・コーブ」を見てきました。
よくできている映画です。ドキュメンタリーというよりキャンペーン映画かプロパガンダ映画といった感じでした。

クジラもイルカも同じですが、捕獲する日本の唯一の理由が「食文化」です。しかし、映画の中で見事に論破されます。以下のように。
「大地町のイルカ漁を知っていますか?」
東京で、大阪で、インタビューが試みられます。
「知らない」「初めて聞いた」
知っている人は一人も登場しません。
映画は言います。
「日本人の誰も知らないことが文化なのだろうか?」と。

漁民は撮影を妨害します。
「帰れ!」「ここへ入るな!」
カメラのレンズをふさぎます。
台詞や妨害行為がそのまま撮影され映画になっています。
ここでも「文化」が破綻しています。
「文化」を紹介するのに、なぜ撮影を妨害するのでしょうか?
他人に知られたくない、隠さなければならない文化って、存在するでしょうか。
明らかに論理矛盾です。

「クジラやイルカを食べる食文化」が、日本のどこに存在していますか?
消滅した文化です。
現存する文化だとの主張は作り話で、ウソです。
日本は、そして大地町は、「食文化」という主張は止めなければ、映画が軽蔑したように、世界の笑いものになるでしょう。

あの殺し方(やりで突いて殺す)は止めて欲しいと思いました。
残酷です。
「やりで突いてから絶命だせるまでの時間は年々短縮されている」と映画の中で、水産庁は言っていましたが、ボクは、納得出来ませんでした。

イルカもクジラも、食べたいから捕って欲しい、と国民は思っていません。
インチキな理由(食文化)をつけて捕るのは止めて欲しいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


写真展ーおんなー

Shasinten写真展「おんな」 日本写真家協会創立60周年記念
8月14日〜29日
東京都写真美術館
http://www.syabi.com/
戦後60年、お母さんたちの「生きる力」にスポットを当てた写真展です。

会長の田沼武能さんから招待券をもらいました。
ラッキーなことに、2回、同じ手紙をもらいました。ボクらの年代になると、よくあることです。
招待券が5枚づつ入っていました。
このサイトから5名の方にプレゼントします。
メールを下さい。(tagawa@inv.co.jp)
残りの5枚は、26日、「世界それホント?会議」の収録の時,Ustreamを通じてプレゼントします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)
この花の名前は?

Img_9350
散歩中に見かけた花ですが、名前が分かりません。
ご存じの方、教えて下さい。
ガマズミに似ているような気もしますが・・・。

今日の暑さは異常です。散歩している皆さんも、不平を言いながら、歩いていました。
散歩は控えた方がよさそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)
災害報道雑感

局地的な水害が悲惨です。お見舞い申し上げます。
NHKの7時のニュースを見ました。カメラの、なんと下手クソなのか。
現場を写したカメラは必ずズームインします。ズームインする対象は、クレーンのシャベルだったり、落ちてきた岩の一部だったり、意味のない対象にズームインします。
災害の見せ方は、全体像を見せることが重要で、ある程度のサイズで止めてみせるのが正解です。
訓練が出来ていないカメラマンは、あるサイズで止めて、そのまま見せる事ができず、無意味にズームインします。
NHKの後、テレビ朝日の「報道ステーション」を見ましたが、こちらの方が、無意味なズームがなく、見やすかったです。

こんなナレーションがありました。
「稲が覆い茂っている田んぼに、車が転々と転がっています」
違和感がありました。
「稲が覆い茂っている」は、なんだか、稲が雑草のような扱いで、悪者に聞こえるからです。
都会育ちで、農業を知らないスタッフが書いたナレーションなのだろうと、悲しくなりました。
「稲が立派に育っている田んぼに」と言ってくれたら、農民に対する優しさと同情を感じさせる事ができたのに、残念に思いました。
「報道ステーション」のナレーションでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


梅雨明け?

Nastu梅雨が明けたのだと思います。強烈な暑さです。暑さをカメラでどう表現したらいいのか分からず、太陽にカメラを向けてシャッターを切りました。

ボクが行く美容院の美容師が温泉好きで「こんなところが出来ました。いいですよ」といってパンフレットをくれたので、午前中に行ってきました。
五日市線の秋川駅から徒歩7分のところにある「阿伎留の四季」(あきるのしき)。
http://www.akirunotoki.com/
温泉ではないのですが、施設がすごい。
オーストリアのバドガシュタイン岩盤浴、塩釜低温サウナ、ミストラドン浴、などなど。
全部試しましたが、なかなかいい感じです。
サングラスを忘れてきたので、来週、また行ってきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)
「世界それホント?会議」更新

「世界それホント?会議」更新しました。
イスラエルで一方通行を逆進すると、こんな怖い目に遭います。
http://bit.ly/d07mor

| | コメント (0) | トラックバック (0)


そろそろ夏

Kamakiri   Img_9333
カマキリの子どもとムクゲです。
厳しい夏の予感です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


猫におみやげ

Catfood   Kaifood
ギリシャのアテネから届いた「猫のおみやげ」です。
見せるだけじゃつまらない、早く開けて食わせてくれと言っています。

「世界それホント?会議」でお世話になっている有馬めぐむさん(アテネ在住)と田口理穂さん(ドイツ在住)が帰国され、東京で再会されるというので、混じらせてもらいました。
「猫のおみやげ」は猫好きの有馬さんからいただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)
種牛を殺さないで・・

「種牛を殺さないで欲しい」という畜産農家と県知事の願いを、国は拒否しました。
「県が殺さなければ、国が殺す」と。
ボクは県に同情します。
国は規則を盾に、横暴だと思います。
国の責任回避行動です。
「危険はあるが、農民の言い分に賭けてみよう」と思ってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「つかこうへい」の名前の由来

在日韓国人の2世であることは知っていました。そして、あの諧謔的な強烈な笑いは、差別を経験し屈折した心から絞り出されたのだろうと、そのすごさに圧倒されたものです。
今日の新聞で名前の由来を知りました。
「いつか公平」から「つかこうへい」と名乗ったのだそうです。
彼を語ることはボクにはできません。
ヘビースモーカーでした。死因は肺がん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)
大雨(山口県)

防府市が、昨年に続き、大雨に見舞われています。
ボクの家がある町・田布施町は「被害が出るほどではない」そうで、ホッとしています。
明日も雨の予報だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)
世界一

Img_8996
写真の看板を作ってくれた林隆雄さんが、6月にアメリカのペンシルベニア州で行われたカービング大会で世界一になりました。3日間続いた大会で、カエル、ツル、ライオンを彫り、見事に栄冠を勝ち取りました。
おめでとうございます。
ボクの農園の看板も箔がつきました。
林さんのブログは
http://logtaka.exblog.jp/11462221/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)
ばらけろ、民主党

ボクは「みんなの党」へ投票しました。
これから民主党は、みっともない党内抗争を繰り広げることでしょう。
もう、うんざりです。
国民は置き去りです。
いい加減な党だったなぁ、と思います。

作家の池澤夏樹さんの発言が朝日新聞に載っていました。
「どうやら政府のレベルは国民のそれを下回ったようだ」と。

ボクの出身県の山口では民主党の新人・俳優の原田大二郎が落選しました。
突然、帰省して政治家になるって、そりゃ無理でしょう。ボクの高校の後輩です。
芝居がかった演説は、演技じゃろう、と、心に響かなかったようです。

福井県からの民主党新人・井ノ部航太くんは、ボクの友人の長男ですが、落選しました。
東大を出て、テレビ朝日と電通を受け、両方に合格し、電通に就職しました。
退職しての立候補でしたが、残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


東京へ

東京へ戻ります。(広島から飛行機を利用)
あさ8時から、部落の清掃作業(クリーン作戦といい、道路脇の草刈り)に参加してから、と思っていますが、雨が降っています。実行されるか?
立川に着いてから選挙へ行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)
祭りの準備とブルーベリーカレー

ハゼの会のメンバー9名が集まって、ハゼの実ろうそくまつり(8月1日)の準備を始めました。
Img_9317   Img_9316

【挑戦!ブルーベリーカレー】
作業の一番の楽しみは、お昼ご飯。
メンバーの吉岡幸子さんが「ブルーベリーカレー」に挑戦しました。
Img_9318   Img_9323   Img_9321

ブルーベリーをミキサーで砕き、米と一緒に炊き込みます。
ほんのりブルーベリーの香りがして、酸味があって、非常に美味しいご飯でした。
ご飯の上に、トッピングでブルーベリーを乗せようという事になりました。
田布施の名物になるか?

「こんな美味いモノを食べたことがない」と目をまん丸くしているのは中村保男さん。(写真左)
眼鏡を使用しているメンバーは、「もう眼鏡はいらん」と、全員が眼鏡を置いて帰りました。(写真右)
美味しくて、目に効果抜群!大成功でした!!
Img_9324  Img_9326_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)
グラジオラス

Img_9312   Img_9314
グラジオラスです。雑草の中で咲いていたので、雑草を取り除いたら、支えがなくなって倒れたモノがあります。
毎年、頑張って咲きますから、嬉しいです。

キュウリやトマトを沢山もらったので、ピクルスにしました。
明日は、ハゼの会のメンバーが「ハゼ祭り」の準備に集まります。お昼はカレーにしよう、とメールが飛び込んできたので、急いでピクルスを作りましたが、ちょっと明日では、漬かりが浅いかも・・。
Img_9315

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)
デイゴ

Img_9306   Img_9307
デイゴです。沖縄の県花です。
この花を見ると夏だなぁ、と思います。
隣のおばちゃんから、数年前に、根を分けてもらいました。

【ニュース雑感】
消費税発言以来、支持率がガタ落ちの菅総理。
「世論に無防備だった」と反省しているそうです。
往年の「切れ」はなくなりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「世界それホント?会議」更新

「世界それホント?会議」の動画を更新しました。
ロンドンのハイドパークにある「スピーカーズコーナー」の話です。
ご覧下さい。
http://qurl.com/r7t7r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)
山法師(ヤマボウシ)

Yamahousi1   Yamahousi2
長い間、この花を「山帽子」だと思っていました。だって「ヤマボウシ」と呼びますから。
「ヤマホウシ」といって欲しいと思います。図鑑を見て、初めて「山法師」と知りました。
農園の岸に咲いています。秋に赤い実がなりますが、それが好きで、ボクが植えました。

【大相撲雑感】
暴力団が反社会的世界なら、相撲界も反社会的とはいいませんが、傲慢な社会だと思っていました。
取材も自由には出来ない世界です。勢いのいい時の巨人軍のような雰囲気がありました。
新聞やテレビは、悪事を知っていても、決して報道できない世界です。以後、取材ができなくなるからです。今回の賭博を報道したのは、週刊誌でした。
「そんなことは知っていたよ」という記者は沢山いるでしょう。しかし、報道できないのです。
これを機会に、開かれた普通の相撲界になってほしいと思います。
人間でも企業でも、登り調子のとき、どのように振る舞うかで、その真価が問われます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)
名前がわからない花

Img_9308   Img_9309
この花が咲いた木は、3メートルくらいあります。ブッシュのように広がっています。1本の木ではありません。
毎年、邪魔だなぁ、と枝を整理しながら、切り倒そうか、と何回か思いました。
花も咲かないし、面白くも可笑しくもないからです。
ところが、今年、花が咲いているではありませんか。しかも、近づくと綺麗です。
この歳になって初めて見ました。この時期に、何回も滞在していましたから、いままで咲かなかったのだと思います。
どなたか、ご存じの方があったら教えてください。

【ニュース雑感】
映画「ザ・コーブ」が上映されています。
和歌山県太地町のイルカ漁を批判的に描いたドキュメンタリー映画です。アカデミー賞を獲得して世界的に有名になりました。
右翼団体の抗議を受けて、大きな映画館は中止しましたが、独立系の小さな映画館が全国で6館、上映しています。勇気がある行為です。
表現の自由を暴力的な行為で止めさせるのは、民主主義に反します。
右翼団体だって、人迷惑な街宣活動も表現の自由があるから出来るのです。自分たちは、堂々と大声で怒鳴り散らして、映画という表現を圧殺するというのは、理屈に合いません。

今晩NHKの「クローズアップ現代」でこの映画を取り上げていました。
ドキュメンタリー作家の吉岡忍さんが出演していました。
当然、上映させないというのは、健康な民主主義ではない、という主張です。
ドキュメンタリーの制作方法も外国と日本とでは、違いがあるようで、東京へ戻ったら、見に行きたいと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)
ねむの花

Nemu1   Nemu2
ブルーベリー農園の岸にねむの木があります。花は、葉の上に咲くので、下を通っても気づかない事があります。

【ニュース雑感】
大相撲の中継をやるかやらないかNHKが迷っているそうですが、ニュースでの取り扱いから推理するに「やる」方向ですね。町の声を毎回出しますが、「開催されてよかった」という人ばかりを選んで放送しています。「開催すべきではない」という意見は皆無です。意図的だなぁ、とNHKの嫌らしさを感じます。
こうして、視聴者はリードされるのです。

【お詫び】
予想が外れました。
NHKは、名古屋場所の中継放送を中止する決定をしました。
抗議電話の70%近くが中継反対だったようです。
賛成派が抗議するでしょう。受信料問題に跳ね返りますね。

菅内閣の支持率がガタ落ちです。
政権交代で、国民が、自分たちの力で政治は変えられるという事を知ったのだと思います。
政治家の発言や行動に敏感に反応します。
反応したのは消費税です。国民から税金を取る前に、自分たちの給与に切り込むなり、議員定数を削減するなり、まず、自ら行動すべきです。自分たちは今まで通りで、国民からだけ税金をいただきますでは、誰でも怒ります。
投票率は高いでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)
「小学生の体験教室」打ち合わせ

Taiki   Tongari
8月8日に第2回の「体験教室」を開きます。その打ち合わせをやりました。
第1回(5月8日)に参加して、オープニングを飾ってくれた「田布施少年少女合唱団」の団員が、感謝の寄せ書きを届けてくれました。(写真左・持っているのは、当時団員だった泰樹くん)
ありがとうを言うのはこちらなのに、楽しかった、カレーが美味しかった、など、嬉しい感想が沢山書かれてありました。ありがとう。

7時に集まって食事をして、打ち合わせをして、デザートを食べるとき、面白いアイディアが出ました。
「ハウスとんがりコーン」にブルーベリージャムを入れて食べる、というものです。
早速試しました。「これはいい」と、みんなが推薦しました。
(写真右)
今回の体験教室のメーンイベントは、ブルーベリーの摘み取りとジャム作りです。
自分たちで収穫して、ジャムを作ります。そのジャムを「ハウスとんがりコーン」に入れて食べることにしました。
その他、ハチミツ絞りも体験し、ハチミツをお土産に持って帰ります。
今回が一番楽しいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


ブルーベリーの今

Bb1_2  Bb2   Bb3
ブルーベリーは、1粒1粒熟れていきます。ブドウのように、1房が一気に熟れません。一枝完全に熟れるのに1ヶ月かかります。収穫は、これを1粒1粒摘み取ります。時間がかかる作業です。
ボクは、1キロの収穫に40 分かかります。
3枚目の写真は、品種が違って、中生(8月頃収穫)で、まだ実は青いです。

ブルーベリーを食べた人から質問がありました。
「種はあるのですか?」
当然あります。潰して洗うと、小さな小さな種があります。そんな小さな種でも、芽を出します。
種から育てることを「実生(みしょう)」といいます。
これは、受粉の時、いろいろな品種と混ざっていますから、ハイブリッドになります。
クローンを作りたいときは、挿し木や接ぎ木で増やします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)
田舎へ到着

雨は夕方から上がりました。日中は、降っていたそうで、「キャンドルナイト」は中止が決まっていました。
家は、周囲の草が伸びているだけで、変わりはありません。ツバメは一度子どもが孵ったようです。
緋ブナも、エサをもらっていたようで、元気に泳いでいます。

今朝、立川の家を出るときに、ほとんど無意識に猫缶を荷物へ入れました。
まだ、ひょっとすると、という気分があるのでしょう。
しかしまだ、一匹の猫も現れません。

明日は、午前中、「ロウソク祭り」のうち合わせ、夜、「小学生の体験教室」のうち合わせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


羽田から

広島行きを待っています。
アナウンスあり。
「広島地方、視界不良のため、福岡空港へ行く場合があります」
福岡まで行ったら1泊かな、とちょっとワクワク。

田布施では、今晩予定の「キャンドルナイト」(2時間だけ電気を消そうキャンペーン・ハゼの会主催)の準備を始めているらしい。ということは、雨は降っていないということ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)
明日田舎へ

番組審査終了しました。「5日間連続で疲れたでしょう」と、幹事社のスタッフにねぎらってもらいましたが、いろいろな番組を楽しみましたから、疲れはありませんでした。知的に楽しい5日間でした。

あす、田舎へ移動します。
ブルーベリーの本格的な収穫期に入ります。
1週間しか滞在できませんが、少し手伝って来ます。

予約注文受け付けています。
http://www.inv.co.jp/~tagawa/kamkam4/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)


番組審査(最終日)

昨夜、審査終了後に、上京している参加局のスタッフのみなさんとの懇親会がありました。
激励の言葉を述べました。
「政府の政策や企業行動が、みなさんの身の回りの生活者に、どのような影響を与えているのか、ストレートニュースだけでは、わかりません。これを知らしめるのは、みなさんの他には誰もいません」

ボクが見た映画「祝の島」を例に挙げながら話しました。
上関原発に揺れる祝島のドキュメンタリーです。
この映画を見なかったら、島の人々の暮らしが、どんな状態になっているのか、知りませんでした。
上関原発の進行状況はストレートニュースで知ることは出来ますが、それに翻弄される住民の心までは知ることが出来ません。
これを全国に発信できるのは、地方局以外にない、と。

上関原発を推進するのは中国電力です。中国電力は地方局にとって重要なスポンサーです。
なので、この問題を取り上げることは不可能です。だから、このケースを責めているのではありません。ボクは、この映画を見なかったら、ホントの祝島のことを知りませんでした。
「深く知らしめる」これがみなさんの仕事です、と。

今日、最終日、頑張ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)
「世界それホント?会議」更新

「世界それホント?会議」更新しました。
デンマークの医師は白衣を着ません。病院に行っても、どの人がドクターなのか見分けがつかないそうです。
http://qurl.com/hw7c7

| | コメント (0) | トラックバック (0)


番組審査(4日目)

あと二日になりました。
今日は、審査終了後、地方から来ている制作者との懇談会があります。
少し、遅い帰宅になります。
今日は、雨は止んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »