« 食事のマナー | トップページ | しなのゴールド(リンゴの品種) »

2010年10月23日 (土)
水増し

サッカーチームの大宮アルディージャの観客数「水増し」が発覚し、大騒ぎになっています。実数を発表するという決まりを破ったのです。
世の中に「水増し」は横行しています。
デモの場合なんか、もっともひどい水増し発表がされます。
主催者発表20,000人、警察発表5,000人など。これは「水増し」の程度を越えて「デタラメ」。
詐欺を構成する「水増し」は悪質です。
補助金を人員などの「水増し」によって、多く受け取る、などです。

「水増し」はバレないようにやるのが極意です。
ホントの正しい「水増し」を紹介します。
テレビ朝日の制作局長だった中島力さん(故人)は鹿児島出身で酒好き。自分の席の後ろの棚には焼酎が置いてあって、仕事時間が終わる6時になったら、焼酎を飲み始めていました。
ボクらスタッフは編集や翌日の準備で夜遅くまで働きます。スタッフの中に石原君とい酒好きがいました。深夜に、局長の焼酎を盗んで飲むのです。量が減った分、水を加えて「水増し」し、元の分量にしておきます。翌日、局長は、6時になって、いつものように飲み始めます。「水増し」に気づいた様子はありません。
これが「水増し」の本来の意味であり、やり方の極意です。バレるほど薄めたら「正しい水増し」ではなくなり、失格です。

大宮アルディージャでは、毎試合ごと、累計で11万人の「水増し」をやっていたそうです。スポンサーやファンに対する裏切りです。
「水増し」も焼酎の水増し程度が限界でしょう。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水増し:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。