« 今夜のおかず | トップページ | 「ビビ」もクリスマス »

2010年12月17日 (金)
蓑虫(ミノムシ)

Img_0488_2  Img_0490_2  Img_0492_2
蓑虫は形が蓑(ワラで作った雨具)に似ているから、そう呼ばれています。
この中で、蓑(蛾)の幼虫が越冬しています。春に孵化して葉を食べます。
ブルーベリーの全部の木にいるわけではなく、1本の木に集中してぶら下がっています。手でもぎ取るのですが、30分くらいかかりました。
ネットを検索してみて驚きました。中国からヤドリバエという寄生虫がやってきて、数が減り、レッドリスト(絶滅危惧種)に載せる自治体もあるのだそうです。
それを聞くと、駆除しては悪いように思いますが、背に腹は、です。
全部駆除しました。(写真右)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/50325924

この記事へのトラックバック一覧です: 蓑虫(ミノムシ):

コメント

子供の頃 みのむしを集めました。母から色とりどりの余り布を貰い、細かくたくさんに切って箱に入れ、その中にみのむしの蓑を剥いで入れておくと何日か後にきれいなお洋服を着ていました。

今思えばみのむしも寒かったでしょうが楽しかったでです


布の切り方が粗いときれいな服にはなりませんでした


今はそんな遊び方しないですよねきっと。

投稿: nanamin | 2010年12月17日 (金) 18時22分

nanaminさま、
ボクは、そのことをネットで知りました。子どもの頃、遊んだことはありませんでした。葉や枝だけでなく、そのへんにあるもので、蓑を作ることをネットで知りました。

投稿: ねこ屋亭主 | 2010年12月17日 (金) 18時30分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。