« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)
剪定と夕食

Img_0679_2見よう見まねで、なんとか松の木を終わりました。








自家製豆腐をいただきました。(林山健二さん製作)
写真はチーズケーキのように見えます。醤油をつけずにそのままかじりました。チーズケーキを思わせるほど美味しさです。
Img_0683_2

夕食は「カキのリゾット」
Img_0681_2
「おれは天才か」とつぶやきましたが、レシピ通りに作ったまで。いや、美味しかった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)


オーストラリアのスポーツ事情

サッカーのアジアカップ決勝戦で対戦したのはオーストラリア、そのオーストラリアでは、テレビ中継がなかったことはこのブログで書きましたが、更に詳しい情報が「世界それホント?会議」に掲載されています。
ご覧下さい。
http://p.tl/x8Ob

| | コメント (0) | トラックバック (0)


サッカー視聴率

決勝戦 32.9%
準決勝韓国戦 34.9%
放送したテレビ朝日の社員食堂は、本日フリーだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


エジプトの騒乱に思う

カイロの空港に2日も足止めされた旅行者がテレビに紹介されました。
政府は渡航自粛や国外退去を勧告していますが、救援機を出そうとはしていません。
トルコは、救援機を出したそうです。
政府が自国民の命をどれだけ大切に思っているかが緊急時に分かります。
「勝手に旅行に行ったんだろう、自己責任だ」というのでしょう。これで救援機でも出したら、「勝手に遊びに行った者を税金を出して助けるのはおかしい」という意見が出ます。
日本は、政府も国民も、自国民の命に関心が薄いと思います。
拉致問題はどうなっているのですか?
放ったらかしに見えます。
「命を守る」
政府の最大の任務です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)
ピザ窯

岡部さんから「今日ピザ窯を炊くから」と連絡をもらって出かけました。
Img_0674_2  Img_0676_2  Img_0678_2

パンの製作は岡部吉美さん。
熱々のパンとピザ、スープにサラダ、抜群に美味しい贅沢な昼食でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


剪定4

Img_0669_2   Img_0670_2
松の木の剪定は難しいので、松村さんに見本を示してもらい、かつ教わって、明日から自分でやることにしました。

もう1本、マキがあったので、やりました。
Img_0672_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


サッカー(シドニーの反応)

オーストラリアのシドニーに住んでいる友人の柏弘一さんと昨晩のサッカーの試合についてスカイプで話しました。
「勝ちましたね、日本が、そちらは、どうですか?」
「街に出てスポーツバーを探しましたが、どこもやっていませんでした。家へ帰ってインターネットで見ました」
「テレビ中継はなかったの?」
「やっていませんでした、どこも」
「サッカーって、人気がないの?」
「マイナーですね。ラグビー、クリケットが主流です。そもそも人口が2千万の国ですから、プロスポーツが成り立たないんです。プロのスポーツ選手の最高年俸が1,500万円ですからプロでは生活できないんです。サッカーリーグはありますが、若者が育っていません。高年齢の選手ばかりですから、日本が勝つと思っていました」
日本は大騒ぎでしたが、オーストラリアでは、だれも騒いでいなかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)
剪定3

Img_0663_2マキの剪定をしました。てっぺんまで、なかなか時間がかかり、これ1本だけでした。もっとも、午後から2時間、マッサージへ行ったので、時間を取られました。
ハサミを使うので、右手右肩が痛いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


何という言語感覚

国債の格付けが下げられた感想を聞かれた菅総理、
「そういうことには疎いので」と発言。
大批判、大ブーイングが起こり、弁解、
「情報が入ってなかったことを申し上げた」
もう、これは信用できないですね。
こんなデタラメな解釈がどうしてできるのだろう。
今後ボクはこの総理を「アホ」と呼ぼうと思います。

日本はあと2,3年で破綻国家になると主張するアメリカの投資家の話題を昨晩、報道ステーションでやっていました。
危機感が全くない政治家に日本を任せていいのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)
剪定2

今日は、2本の剪定をしました。
左:貝塚イブキ  右:珊瑚樹
みっともない部分があるのですが、脚立から落ちそうになるので、笑われてもいい、と諦めました。

Img_0652_2   Img_0653_2

思わぬ贈り物が届きました。
ワッフルとシュトールン。
Img_0656_2
製作者は福岡県にお住まいの造田恵美子さん。大昔からHPの読者です。
お会いしたことはありません。
「昔日を懐かしみ、焼いてみました」と添え書きがありました。
両方とも、抜群の味、販売されたら大評判になること間違いなし。
ありがとうございました。


| | コメント (3) | トラックバック (0)


剪定

昨日、3本の庭木を剪定しました。仕方は松村さんから教わりましたが、笑われそうです。
(左から、みずき、もみじ、さるすべり)
Img_0647  Img_0648_2  Img_0649

今日も、続きをやります。

宮崎県、お見舞い申し上げます。
口蹄疫に続いて、鳥インフル、火山灰、何と、ついてない県なのだと。
殺されるニワトリ、灰をかぶったキャベツやホウレンソウ、みんな生き物。
映像を見るのが苦しいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)
ブルーベリー餅

Img_0642_2   Img_0643_3
来月6日に行う「小学生の体験教室」では餅つきのイベントを行います。
「ブルーベリー餅」を、という意見が出て、早速スタッフの吉岡幸子さんが試作してくれました。
色といい味といい、最高の出来です。
生のブルーベリーとジャムが入っていて、ほんのり甘く、最高の餅です。
この通りの配合で生徒にも作ってもらいます。
(写真右は焼いて一口かじったもの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「世界それホント?会議」更新

「韓国の食事マナー」(動画)を公開しました。
http://p.tl/wrp3
面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ハンガーストライキ

上関原発予定地はここから遠くない場所にあります。ここへ帰ると、情報量が多くなります。
現在、山口県庁で「上関原発反対」のハンガーストライキを、全国から集まった若者たち5名が行っています。今日で、1週間目です。
社民党党首の福島瑞穂さんが「寒いから心配だ」とツイッターでつぶやいていたので、知っていました。
ネットで検索してみました。
参加している若者のブログは下記で、毎日更新しています。
http://blog.goo.ne.jp/newgenerations

以下のサイトに、反対している「祝島」の漁民の海上阻止行動の映像がまとめてあります。
http://pa-to.at.webry.info/201101/article_11.html

28年間、反対運動は続いています。
決めたら変更しない、は日本の悪い習慣。
時代の雰囲気は変わり、世界は自然エネルギーの開発に向かっている。
チェルノブイリを思い出します。原発事故は怖いです。ボクが住んでいるここも、被害の対象地区です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)
なるほど・・

昨日の「天声人語」に外山滋比古さんの話が引用されています。

英国の議場は狭く、議員が密集している。議場が大きく、大声でやり合うと知恵が飛んで逃げるからだと。冷静な議論と実のある妥協に導く工夫だそうです。
日本の国会は広すぎて、多くの知恵が蒸発していると。

なるほど、と感心しました。

更に、思い切ってゆっくり話すと、案外沢山のことが言える、と早口も戒めているそうです。

国会が始まりました。
本気で「熟議」の国会にして欲しいと願います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日も快晴

雨が降りません。
今日も、農園の仕事に出かけます。(午前10時)

作業を早めに終えたので、近くの温泉(かんぽの宿)へ行ってきました。
写真は、脱衣場からの風景ですが同じ風景が浴室からも見えます。ガラス張りになっています。
Sanset_2
ビジター料金500円ですが、今日は300円でした。
(26日=フロの日)で割引なのだそうです。
腰の痛みも少し和らぎました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)
体験教室打ち合わせ会

Img_0641_2
12名のスタッフが集まりました。
今回は盛りだくさんのイベント。
農園作業=もみ殻まき(マルチング)
食体験=火をおこして、竹に米を入れてご飯を炊き、カレーを食べる。餅つき。
    うどんのサービス。(スタッフが作って食べさせる)
修了式=町長の挨拶。修了証書授与。

Img_0641_4  Img_0638_2  Img_0640_2

食べたものは、せんべい汁(青森・八戸の名物) 御左右衛門寿司(米子)
(食べ終わりで、写真を撮ったので、あまり美味しそうではありませんが、実際は、すごく美味しかったです。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


快晴

Img_0637_2快晴です。急に仕事をしたから、腰が痛い。ホカロンを腰に貼りました。
今日は、夜7時から来月6日に行う「体験教室」の打ち合わせです。12名のスタッフが集まってくれます。それまでは、農園の仕事(肥料やり)をします。
写真は、ボクの朝食。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)
ネコ便り

中村みつをさんからネコの便りです。

今日、取材で千葉県の大福山という縁起のよさそうな山を登って、見所の多い梅ヶ瀬渓谷を歩いて、味わい深いローカル電車の走る小湊鐵道、養老渓谷駅に下りてきました。
ホームに出ると、なんとネコ発見!
おばちゃん駅長さん、電車の運転士さん、車掌さん(共に女性、すごい)みんなに可愛がられて、とても幸せそうなネコたちでした。
三毛猫が母親と聞きました。
いまでは駅のマスコットとして、遠くからネコ好きが訪ねてくるそうです。

出発進行!
ネコさんたちに見送られながら、車上の人になりました。

Img_7812_2  Img_7814_2  Img_7815_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の仕事

ブルーベリー農園で働きました。
寒肥をやりました。今日は「油かす」をやりました。「油かす」とは、菜種油を絞ったカスです。チッソ分が多い有機肥料です。続いて、明日から化成肥料を施します。有機だけだと、チッソ、リン酸、カリの比率が偏るので、それを調整する意味もあります。

夕食はトムヤムクンとナマコでした。
トムヤムクンの素を友人からもらったので、初めて試しましたが、Goodでした。


Img_0635_2   Img_0636_2

ナマコの食感調整は、何回か紹介しましたが、番茶(90度くらい)に浸して1分半くらいでやわらかくなります。好みの堅さは浸す時間で調節。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)
田舎は美味しい

Dinner_2写真は、ボクの今晩の夕食です。ほとんど差し入れです。購入品は豆腐だけ。
アジと鯛の刺身(釣り名人が釣ったもの)
カキの酒蒸し(田布施産)
味噌汁(カブ、春菊、豆腐)

水仙が咲き始めています。今年は遅い。例年は、正月前から咲くのですが。
Suisen_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


二重被爆者を笑い飛ばしたBBC

考えられない非常識な放送です。
日本のテレビ局の反応がまとめてあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


ビビから新年のご挨拶

Bibi_2
飼い主の“黒猫まさご”さん(ハンドルネーム)からのメールです。
(許可をいただき掲載しました)

うちのビビたちが、遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げたいと言っておりますの
で、写真に収めてみました。
紙風船で遊んでいます。向かって左側が2匹目のビビ(お尻に名札が付いている)で
す。
ビビたち(夫は2匹目のビビのことを勝手に「ブブ」とか呼んでいますが、2匹ともあくまでもビビです!)はとても表情豊かで、見る角度などによって微妙に違う表情を見せてくれます。
毎日癒されています。
私は本来、ぬいぐるみを擬人化して話しかけたりするのが好きではないのですが、この子たちにはつい話しかけてしまいます。
これが心を込めて作られた手作り作品の威力ですね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)


田舎へ移動

F762DC8D-81CE-474D-BC5F-C5CB717CC718
新幹線で移動中。まもなく京都。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)
NHKアナの誤読「席巻=せきまき」

NHKの「ニュース9」の青山祐子アナの誤読。
「席巻」は正しくは「せっけん」と読みます。「せきまき」ではありません。歴史に残るでしょう。

ボクらの仲間で、麻雀好きのアナウンサーが、欠員ができて、麻雀屋から呼び戻され、そのままブースに入り天気予報の原稿を読んだのですが、「東南の風」を「とんなんのかぜ」と読んで大笑いしたことがありました。この誤読は愛嬌がありますが、青山アナのそれは無知をさらし、ちょっと恥ずかしいですね。麻生太郎さんも笑ったかも・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


野良猫「バター」の思い出

Milk_2写真のネコは「ミルク」と名付けています。死んだバターはこのミルクといつも一緒に行動していました。ミルクが行動的で、大声でエサ(牛乳)を要求しました。牛乳を与えると、最初にバターが飲み、終わるのを待ってミルクが飲み始めます。微笑ましい風景でした。
昨日、ミルクに会ったから、バターは死んだ、と伝えましたが、うろうろ、相棒を探しているようにも見えました。
元気です。

今日は快晴です。
Hiyo
庭のしだれ桜の幹にバナナが吊してあります。
食べているのはヒヨドリです。
ヒヨドリが逃げたら、メジロが来ます。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)
熟年がんばる

先輩の廣淵升彦さん(「世界それホント?会議」コメンテーター、国際ジャーナリスト)が今晩、渋谷で講演会をします。
「スヌーピーたちのすばらしい世界」
ボクは他の予定があったから、失礼します、と伝えましたが、急に、その予定がキャンセルになったので、行きます、と言いましたが、すでに満員でした。
昨晩、廣淵さんから、窮屈でよければ、なんとか1席確保できる、と連絡があったので、出かけてきます。
「退職してからの方が楽しいでしょう」と聞いたことがあります。
「いや、テレビ局でも、もっとやりたかったけどね」
意欲が元気の素ですね。

Hirobuchi_2

30人の定員に50名。20名の方は立ち見でした。
漫画「ピーナツ」は、「こんなに奥深いのだ」ということを、漫画を見せながらの解説、引き込まれました。読み手の素養(知識の量)によって、面白さが違うということを教わりました。
「漫画深読み解説」とても面白かったです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)
今日の雑談

女友だち二人とランチの約束をして、西麻布へ出かけました。
ボクの服装を見て「街で会ったら目を背ける」と笑い飛ばされたので、写真を撮りました。
Me_2
最近、気に入っているのが「ネックウオーマー」です。マフラーの代わりです。
冬山用でモンベル(山用品専門店)の製品。鼻まで持ち上げることができ、鼻の部分にワイヤーが入っていて、ずり落ちないようになっています。街で使っている人は見かけないので、笑いの対象になったようです。

その二人を紹介します。
Yuki_2椎名由紀くん。既婚。タレントですが、最近、自分で考案した呼吸法がヒットし、本(呼吸美メソッド)を出版、呼吸アドバイザーとして大忙し。呼吸をやり始めたら結婚できたと呼吸に感謝の日々。「世界それホント?会議」では司会を務めています。

もう一人は本人の申告により、削除しました。

食べた料理。
サヨリをスチーム処理したもの(料理名失念)
最高でした。エピス金子の金子和男さんの料理。
フランス料理も、あちこちで食べますが、ここの料理を食べなれているので、他の店のものは、いじりすぎている感じがします。
ここで食べると、いじらないのは手抜きではない、ことがよく分かります。

Sayri_2   Dessert_2


| | コメント (3) | トラックバック (0)


シリーズ「世界の泥棒」(9)を公開

「世界それホント? 会議」
シリーズ「世界の泥棒」(9)
「平和ボケ?日本人留学生の悲劇」を公開した。
中国・海南島からの報告です。
http://bit.ly/h7iuEm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)
和田勉さんの思い出

演出家・和田勉さんがなくなりました。80歳。愛煙家だったと記憶しています。タバコを吸っても80歳まで行ければ立派。
ホンの短期間、交流がありました。
NHKの名物会長だった島桂次さんが不本意な辞職(1991年)をされ、島メディアネットワークという会社を作られました。インターネットに強い関心があり、月に何回か勉強会がありました。
和田勉さんもボクもメンバーでした。
島桂次さんの怪気炎を思い出します。
「オリンピックなんてなぁ、バカみたいな金だして、民放と共同で購入しているが、インターネットの時代になったら、観客席にいる人が勝手に映像を世界に発信できるようになるんだぜ。世の中の構造が変わるんだ。スゲー時代になるんだぜ」
その時代が来る前に病気で他界され、勉強会も消滅しました。
島さんを上回る大声で、下手なダジャレを飛ばしてみんなを笑わせていたのが、和田勉さんでした。
豪快な方でした。
番組は全部は見ていませんが、ほとんど見ています。
ご冥福を祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


映画

「ウッドストックがやってくる!」(ヒューマントラスト渋谷)
1969年、50万人を集めたウッドストック音楽祭(ロックフェスティバル)を実現させた若者が主人公。音楽シーンはありませんが、当時の夢を失った若者(ヒッピー)たちの生態(フリーセックスやドラッグ)がよく描かれています。
ベトナム戦争まっただ中のアメリカは、目標も夢もなく、ただ漂っている若者で溢れていました。
当時の日本は、どんな時代だったかなぁ、と思い出しながら、面白く見ました。
今の時代にダブっているかも、と思ったりして・・・。

「Woodstockー3DAYS OF PEACE & MUSIC」(DVD)
これは、ドキュメンタリーです。4時間弱の長尺映画。友人から借りました。
二日がかりで見ました。面白かったです。

「ソーシャルネットワーク」
今や5億人が利用しているといわれるソーシャルメディア「フェイスブック」は、ハーバード大学の学生であったマーク・ザッカーバーグが始めました。
その成功までの道筋で、二つの訴訟を抱えながら成功に導く実話ドラマです。
前評判がすごかったので見ましたが、あまり没入できませんでした。
日本でのフェイスブックの利用者はまだ少ないし、アメリカほど、彼にいたいする関心はありませんから、遠い国の出来事に思われ、途中ちょっと眠ったりしました。
アカデミー賞の候補だそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)
寒波と野良猫

今朝、郵便局まで行きました。道路の真ん中で、立ち寄りネコの「バター」がうずくまっていました。
そこは陽が当たっていました。近づいて触ってみましたが、衰弱して反応しません。牛乳が好きなので、温めて持って行きましたが、飲もうともしません。
こりゃまずい、と思い、動物病院へ連れて行きました。
体温は計れないほど低く、脱水症状がひどく、心臓もやっと動いている状態で、痙攣を続けていました。多分、無理でしょうと言われました。なにも処置しないわけにいかないので、点滴をしてもらって帰りました。
ホットカーペットを病院で貸してもらったので、段ボール箱に入れて、日当たりのいいところに置いてあります。
仕方のない事ですが、この寒波の中で死なせるよりは、と思っています。
Butter2_2  Butter1_2 Buttter3_2

【報告】(1月19日)
バターは今朝がた、旅立ちました。午前4時ころ、3回鳴きました。あれが最後だったと思います。
多くの励ましのコメント、ありがとうございました。せめて、零下に下がる寒波の中でなくてよかったと思っています。メスでした。医師の見立てによると、海(12歳)より年上かもしれない、との事でしたので、天寿だったと思います。
庭のしだれ桜の木の下に埋めようと思います。ありがとうございました。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)
絵本「ビビ」のCM

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

Special Thanks : 株式会社ブリックスジャパン(久保田長さん、平山洋さん)

【お知らせ】
絵本「ビビ」は、アマゾン、楽天ブックスで購入できます。
ボクのHPにも販売サイトがありますので、よろしくお願いします。
http://www.inv.co.jp/~tagawa/bibi/bibi.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)


うまい棒

「うまい棒」というスナックを食べたことが、ありませんでした。
若い友だちが言いました。
「皇太子以外は、みんな食べたことありますよ」
と言うわけで、彼女が、届けてくれました。
AE6A9731-A7FA-4457-B416-E1D0D246A57A
感想は、食べてから書きます。
【感想】
いつか食べたことがある、味のデジャヴ。
止まらない危険なスナック。
1本10円だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


講演のご案内

「世界それホント?会議」のコメンテーター・廣淵升彦さんの講演会のご案内です。
廣淵さんのブログから転載します。
(ボクは予定があって行けません)

講演会「スヌーピーたちのすばらしい世界」 -
スヌーピーと仲間の子供たちが活躍するマンガ『ピーナッツ』は、「アメリカが生んだ最もすぐれた文学的読み物の一つ」(クリントン元大統領)とされています。しかし日本ではその真価を知る人がまだまだすくないのが実情です。『ピーナッツ』の価値を伝え続けて20年近くになる私が、久々に上記のテーマで講演します。夕方ですが、どうかお気軽にご参加ください。
日時 1月21日(金曜日) 18時開場  19:00ー20:30 講演(質疑応答を含む)
場所 渋谷区勤労福祉会館 2階・第3洋室 (渋谷区神南1-19-8 公園通りパルコ前)
会費 1000円(ビールまたはお茶を含む)
主催者 428(しぶや)クラブ 事務局は株式会社プロモーションセンター内 
〒150-0041渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南501
03-5457-3801
お申し込み方法 私にメールしていただくか(hirobuchi@hkg.odn.ne.jp)、直接上記へお申し込みください。
ご期待を裏切らない講演会になるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


映像編集

映像の時代だといいながら、パソコンでの動画の編集が出来ませんでした。なんとか覚えたいと思い続けていましたが、やっと重い腰を上げ、きょう、友人のプロダクションに出かけて、若いスタッフに習うことにしました。名作をご期待ください。(冗談です)

都心に出たついでに、映画「ウッドストックがやってくる」を見てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)
秋葉広島市長に嫌われた新聞

朝日新聞に続き、毎日新聞も今日の社説で、退任会見をしない市長を批判しています。
見出し「どうしたの秋葉さん」
この見出しは「記者会見をしない秋葉さん、あなたは狂ったのですか?」と問いかけています。
更に続けて「我々がリーディングメディアですよ、情報発信ツールが多様化したことは認めますが、ネットを使わない人も多くいます。記者会見をすることは、発信の幅を広げることになるんですよ」と、説得しています。
この傲慢さを市長は嫌ったのだと思います。
市長が推し進めてきた平和行政を、新聞は、どれだけ後押ししてきたか、批判ばかりしていたのではないか、そんなことが4期目に対する意欲を捨てさせたのではないかとボクは思います。

社説を使って「記者会見が当然」を主張する新聞よ、自分たちの足元を見詰めて欲しい。
力が衰えて相手にされなくなったのだということを認識しないとみっともない悪あがきに見えます。
「社説」で扱うからには、なぜ新聞が相手にされなくなったのか、反省も含めて、社会背景をきちんと考察する必要があります。
書き手のポジションが高く「ただの非難」に終わっています。
低いポジションから謙虚に「なぜ新聞が嫌われるのか」を考えて欲しいと思います。

【追記】
廣淵升彦さん(「世界それホント?会議」コメンテーター、国際ジャーナリスト)から、
「君の意見に賛同する」と電話をもらいました。
昔、佐藤栄作総理が「新聞は嫌いだ」といい、新聞記者が怒って会見場から出て行ったことがありました。
政権末期の出来事です。自分の力が弱くなると、それを人のせい(外部要因)にします。今の新聞がまさに、佐藤栄作状態だと思います。
力が弱くなって、情報発信源ではなくなった原因を外部に求めようとしています。
政権末期の佐藤栄作=現在の新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)
日本語が通じない日本

今朝、毎日新聞が配達されていなかったので、販売店へ電話しました。
たどたどしい日本語で、住所は聞き取れたようですが、名前の「田川」というのが、理解してもらえるまで時間がかかりました。「たんぼのた」と言っても「三本かわ」と言っても、通じません。
最後は「わかりました」と言いましたが、結局分かっていなかったのです。証拠に、30分待っても新聞は届きませんでした。
もう一度電話しました。
やはり日本人ではありませんでした。彼は、ようやく理解でしたらしく、すぐ届けてきました。
サービスですといい「スポニチ」をくれました。
「君、中国人?」
「はい」
「学生?」
「はい」

このブログで、友人がくれた年賀状の事を書きました。
コンビニで領収書をもらうのに、宛名を聞かれ「足立区の足立です」と言ったら、宛名が「足立区」になっていた、という。
友人の足立さんは、日本人の能力低下の笑い話として書いているようでしたが、これも、外国人だったのでは、と思いました。
コンビニの深夜労働や新聞配達などのきつい仕事は、勉強に来ている中国人やアジア諸国からの学生が多いのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)
青春の懺悔

Haruka_2  Dish_2
毎年1月に食事をする女性がいます。二人の誕生日が1月だからです。
青春時代の話です。
彼女とすれ違った時、ボクが手を伸ばし、彼女に触ろうとしました。彼女は飛び退きました。その弾みで、彼女はひどいぎっくり腰になり1ヶ月も会社を休むことになりました。その後も腰痛は続きました。
彼女の申告です。
「お嫁に行けなかったのはあなたのせいよ」
大昔のことはお互い話しませんが、お詫びのつもりで始まった二人の誕生会はもう何十回も続いています。
「来年も生きていて会いましょう」
いつもの別れの挨拶です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


ネコの入院

昨晩、飼い猫の「海」(かい)が入院しました。歯茎が炎症を起こし、痛がってエサを食べなくなったためです。歯石がたまった結果です。全身麻酔で、歯石を取り、歯を何本か抜くかも知れない、との見立てです。なんだか寂しい夜でした。
1999年生まれ、12歳。

【退院】

Kai
歯を8本抜いたそうです。
歯茎に腫瘍があるそうで、それは放置する以外にないそうです。
入院費、手術代は49,000円だったそうで、妻は腰を抜かしていました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)
まんじゅう

Manjyu_2
食いしん坊は、肥る肥ると警戒しながら、ツイ手が出ます。
あちこちの駅構内で売っているまんじゅうです。どこも行列が出来ています。
きょう、立川駅で買いました。
広島県の三原という町の特産だそうです。
美味しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


ニフティの嬉しい取り組み

Ph3_2  Ph2  Ph1_2
社内に社員用に自動販売機が5台あります。同じ商品に10円の価格差があります。
「生茶」110円と120円、「水」80円と90円。
高い方の10円が寄付金になります。寄付先は3ヶ月ごとに変わります。1月から3ヶ月間は、ユニセフ親善大使・黒柳徹子さんの口座に寄付されます。寒い冬は2万円くらいだろうということでした。
(夏期は4万円くらい)
特筆すべき嬉しいことは、同じ商品が、高い方(寄付金付き)から売れるそうです。
社員の皆さんの暖かい心に感動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「世界それホント?会議」更新

「世界それホント?会議」(動画)を更新しました。
「カナダには受験がない」
日本が参考にして欲しいことが沢山あります。
http://bit.ly/e77sSf

| | コメント (0) | トラックバック (0)


基本的人権

「基本的人権」は民主主義の根幹をなす思想です。
その基本の「き」は「殺されないで生きていられる」ことです。

アメリカは世界の民主主義のリーダーだと自負している国です。
その国が、アフガンやイラクで、民間人を殺しています。
基本的人権を無視した行為です。
そして、最大の矛盾は、自国民が銃を持ち簡単に自国民を大量射殺することです。
国民が銃を自由に持てる国です。日常生活の中に人を殺す道具が存在する怖い国です。その数3億丁以上だそうです。
銃規制の法律を作ろうという動きは、ことごとく潰されます。
どれだけ殺人事件が起こっても、それは銃が悪いのではない、使う人間が悪いのだ、と言い続けます。
ボクは思います。危険な思想ですが、もっとどんどん殺人事件が起こればいい、そして、目を覆う社会になったら、やっと気がつくだろう、銃が悪い、と。
そこまでしないと気づかないアメリカは、民主主義のリーダーの資格はありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)
旧友と会食

45214DA1-43CA-4312-B550-BD285FB250B1
2、3カ月に一度、アフタヌーンシヨーという番組に関わつた スタッフが集まり食事をしています。
写真は、俳優の村上不二夫さん、その他、スボンサーと代理店のスタッフです。
フグ料理を食べました。
楽しいひとときです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


属性ーNHK会長問題

一旦は就任を受諾した安西祐一郎氏が、「風評」に怒り、受諾を反故にしました。
その「風評」とは、以下の3点の要求だったといいます。
1)都内に部屋を用意しろ
2)交際費はいくら使えるのか
3)副会長は連れて行く

これは仕事をしていく上での属性です。
会長の職務は、改革を進め NHKを立派な放送局にしていくことです。
改革などの意見対立なら、受託拒否も納得しますが、この3点が重要事項として受諾条件になること自体、異常です。
本人は、仕事の仕方について聞いたことはある、と言っていますから、その中で出てきたことなのでしょう。
本筋が出てこないで、属性に関心を示す会長なんて、止めてもらってよかったと思います。
社会のために、NHKのために働こうとする意志はないと断言できます。

今日は快晴、無風、小春日和。
Jyosui_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)
ハイチ地震1周年

7日に、ハイチの現状報告会へ行ったと報告しましたが、その模様がUstで配信され、アーカイブが下記サイトにあります。
http://bit.ly/i7xYLf
地震は1年前の明日12日に発生しました。わずか35秒の揺れで、22万人の命が奪われ、1年たった今も、多くの被災民がテント生活を送っています。食料も医薬品も、すべてが不足しています。

現地報告をした日本人のユニセフ職員・井本直歩子さんがNHKの番組「視点・論点」に出演して報告します。
(17日、22:50分 NHK教育テレビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


パソコンマウスで腕が・・

先週末、夜、突然、右腕が、肩から手首まで、けいれんして動かなくなりました。
ふくらはぎに起こる「こむら返り」と同じ状態です。
痛い、痛い、どうすれば治るのか分からないまま、ストーブで暖めながらジーッと耐えるほかありませんでした。5分くらいで、やっとほぐれてきました。
原因は、マウスに違いない、と思っています。
その日は、かなり長い時間、カチカチやっていました。
パソコンを使われる方の参考にと思って書きました。
それ以来、ノートパソコンで、マウスを使わないでやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月10日 (月)
菅首相に嫌悪感?

菅直人首相がテレビ朝日の「報道ステーション」に出演しました。(5日)
その日の視聴率が6・9%で、前4週平均14・7%の半分以下に落ち込みました。
視聴率は1分単位で出てきます。菅首相が画面に登場したその瞬間、ガクッと視聴率が落ちたそうです。
視聴率から、その不人気ぶりが、いや、それ以上の感情、嫌悪感が証明された格好です。

「顔も見たくない」と国民が思い始めているのです。
「小沢と刺しちがえて二人とも消え失せろ」という激しい意見もあります。
こんな首相を持つ日本は不幸な国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


横澤彪プロデューサーの死

フジテレビの元プロデューサー・横澤彪さん(73歳)が亡くなりました。同じ時代にテレビで働きました。フジテレビが掲げた標語「楽しくなくてはテレビじゃない」の路線を走り続け、お笑い路線で数々のヒット番組を送り出しました。代表作に「オレたちひょうきん族」

芸人から聞いた話です。
「テレビであんな事やっていいのかなぁと反省していたら、2,3日したら横澤さんが新聞で理論的に解説しているんですよね。あ、やっぱりこれでいいんだ、と安心したものです」
東京大学出身の理論家でもあったので、芸の中で「笑い」を理論的に位置づけた人でもありました。

横澤さんの最近の発言は、「遺言」でもあると思います。

最近のテレビ番組は、タレントに頼りすぎだ。番組を指揮するプロデューサーは「どういう番組を作りたいか」を考えるべきで、人気のタレントをひな壇に並べ、視聴率を取ってしまうのはテレビ番組の衰退。こういう番組で、こういう企画だから、このタレントを起用したい――タレントを上手く起用することがプロデューサーの腕の見せどころであり、醍醐味だ。
タレントも、そろそろ、たけし、タモリ、さんまらを乗り越える中堅が出てきて欲しい。

テレビにおける笑いの衰退は、ボクも、心を痛める一人です。
制作者の劣化と制作費をかけずに安価な番組作りを目指すテレビ局に責任があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)
時代は激しく変化している

時代のただ中にいると、変化と一緒に自分も流れていきますから、その変化に気づかないことがあります。
が、しかし、今は、すごい勢いで変化していると思います。
1)新聞の販売部数が激減しているそうです。
  年々、そのスピードは速くなっているという調査を読みました。
  ネットメディアの登場での変化です。
2)化粧品の売り上げが急カーブを描いて落ちているそうです。
  若い女性が化粧をしなくなったのだそうです。特に20代が。
  高い、面倒だ、素の自分でいたい、などの理由だそうです。
  
  新聞社は、どういう舵取りをするのか、化粧品会社は、野菜を作り始めるかもしれません。
  就職する学生諸君も、時代がどのように変化しようとしているか、よく見定める必要がありますね。

【追記】
今晩、坂本龍一さんの韓国公演の生中継をUstでみました。画質、音質とも、悪くない。
(少し音が遅れるタイムラグがあった)
世界中の人がネットで同時に見て、そして日本では、パブリックビューイング(どこかの会場に集まって見る)を各地でやっていたようです。
すごい時代になったものだと感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)
首相もネット番組出演

「激変するメディア状況に慌てる既存メディア」という趣旨のコメントを昨日書きました。それは、秋葉広島市長が不出馬宣言をYouTubeでやり、新聞との会見を拒否していることをテーマにしたものでした。
この流れは止まらない、と予言しました。
その通りになりました。
今朝の朝日新聞で、昨晩、菅首相が「ビデオニュース・ドットコム」というサイトに1時間半出演した事を知りました。
紙面から新聞の慌てぶりが分かります。
1面と社会面を大きく割いてこの問題を書いています。当然、この行為に対して否定的です。置いてきぼりにされた悔しさが滲み、ツイッターで寄せられた短い感想も、否定的なものをピックアップしています。

今までの慣習を破られた悔しさ、国民を代表して権力を監視するのは我々だ、という古い概念に基づく批判です。
メディア状況の変化で、権力の監視や批判は国民自らが出来るようになろうとしているように思います。
広島市長や菅首相の行為を「言いたいことの垂れ流し」といい、無批判に政治家の主張を流すメディアを批判しますが、それを聞いて批判するのはわれわれ国民であって、メディア(新聞)が批判して記事を書いてくれなくてもいい、と思います。
「新聞よ、あなたの世話にはならない」と国民は言い始めようとしているのです。

ネットメディアの誕生は、新聞のいいなりにならない、自ら判断する強い国民を作ることに寄与すると思います。

これだけ、新聞が政治家に嫌われるには、理由があります。
外国の新聞は知りませんが、日本の新聞は、政治家の批判が多く、それをしないと記事にならない、と思っているようで、いい政治家を育てようとする意志は全く見えません。
欠点を探り出すことが取材だと思っているように思います。

今後、新聞は、この問題にどのように対処するか大きな関心があります。
「会見で語ってこそ」と言い続けても、この流れは止まらないと思います。

【追記】
秋葉市長が産経新聞のインタビューに答えているのを読みました。
「自分の伝えたいことがカットなしに伝えることが出来る。不出馬会見は市長の責務ではない」
「テレビや新聞は1時間話しても使われるのは数秒、数行にしかすぎず、私が伝えたいことがほとんど伝わらない」
さらに、
「一部のマスコミは自分の作ったストーリーに合わせてコメントを利用する。信頼が置けない」

識者のコメントも載せてありました。
「面白い試みだが、ネットの動画を市民がどれだけ見るだろうか」
「有権者は、批判を書き込む事が出来るので問題ない。しかし、権力の監視としての機能には問題がある」


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)
七草がゆ・イタリア風

Img_0622これは自慢できるので写真を撮りました。
味は、ベーコンと塩だけ。カキ入り。米からフライパンで約30分。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


地震から1年のハイチ

Haiti_2ユニセフのハイチ事務所で働いている日本人職員・井本直歩子さんが休暇で帰国し、報告会を開きました。(日本ユニセフ協会・港区高輪)
地震は昨年の1月12日でした。状況は徐々に改善はしているものの、地震後のハリケーンやコレラなどにより、まだまだの状況のようです。
4月に取材に行く予定なので、新しい情報が欲しかったので、出かけました。
もらった資料を今晩読むつもりです。
余談ですが、報告者(写真)の井本直歩子さんは、競泳のオリンピック選手だったそうで、ニューズウイーク誌が選んだ「世界が尊敬する日本人100人」(2009年度)に選ばれたそうです。
日本人も頑張っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


慌てる既存メディア

秋葉広島市長がYouTubeを使って不出馬宣言をしました。
一人で淡々と、その理由と自分の実績を語っています。
新聞やテレビの取材には一切応じていません。
彼ら(既存メディア)は、県庁の記者クラブで発表し、取材に応じるのが当然と思っていますし、今までの慣例でしたから、狼狽えて批判記事を書きます。
「理由が曖昧、自分の実績ばかり強調している」などと。

今朝の朝日新聞の社説を見てびっくりしました。
「広島市長退任」〜会見で語ってこそ〜

ネットを政治家が使うのは悪くはないが、退任という節目に、自分で言いたいことだけを言って、耳の痛い指摘や質問を避けるのは政治家としての見識を疑う。
会見に出て、質問に答え、それを動画で投稿すればいい、ネットを使わない人も多くいるのだから。

要するに、既存メディアは、今までの慣習に従え、俺たちがリーディングメディアなのだから、と言っているのです。
最後の一行の、なんと傲慢なことか。
完全に新興メディア(YouTube)を見下しています。
その慌て振りは、笑いを誘いました。

彼ら(既存メディア)は、呆気にとられているのです。
彼らに頼らなくても、自分で発信することが出来るようになったのです。
発信する側(市長)は、彼ら(既存メディア)を通せば、彼らの意志が加わり、真意が伝わらないと思うのです。
一方、メディア側は、発信者の言い分をそのまま垂れ流すのでは、プロパガンダに荷担することになると思うから、何らかの批判を込めることになります。
発信者はこれを嫌います。真意が伝わらないと。

君たち(既存メディア)に頼らなくてもいい、という雰囲気はどんどん出てきています。
小沢一郎がニコニコ動画に好んで出演するのも、この流れの一つです。
この流れを既存メディアが引き留めようとしていますが、それは無理。
彼らは、これからの取材をどうするか、真剣に考えなければならなくなっています。
会見に呼んできて、質問して記事を書くという、極めてイージーな仕事を彼らはしてきました。
今後、彼らは、頭を使って、身体を動かして、ハードな取材をすることになると思います。
それが真のジャーナリストだと思うのです。

「まず会見を開いて、それをYouTubeで流せばいい」と彼らが言うなら、
「YouTubeを見てから記事を書けばいい」と新興メディアは言うでしょう。

「秋葉忠利広島市長不出馬宣言」 は下記サイトにあります。
http://bit.ly/f5Lr7K

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)
今年の運勢

今年は6回目の「卯年」、飛ぶぞー、と思っていたら、初詣に行った高幡不動尊に貼りだしてあった運勢表では「凶」。ゲー。
でも思い直して「吉」の時に、何もいいことなかったしな、と気分を落ち着かせていました。
ところが、新年、外付けハードディスクを30センチの高さから落下させパソコンが認識しなくなりました。データ復旧センターに送り診断してもらったところ、相当重傷で、データを取り出すのに、やってみなければ分からないが、最低10万円、最高25万円かかるといわれ、一晩考えましたが、廃棄する事にしました。
やっぱり「凶」かぁ、と。
よし、こうなりゃ、どんな「凶」がやってくるのか、楽しんでやろう、と居直る事にしました。

きょう、半日人間ドックへ行ってきました。
まだ結果は分かりませんが、これだけは「凶」でないことを、と祈っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


「世界それホント?会議」更新

シリーズ「世界の泥棒」(8)を公開しました。
ポーランドの泥棒のお話です。http://bit.ly/eyxNKW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)
FAX・消えゆく機器(?)

感熱紙を使うファックスを持っていますが、ここ2,3年は、年間1メートルか2メートル程度の使用量です。昨日、長尺のファックスが入り、感熱紙が終わりに近づいたので、近くのホームセンターへ買いに行きました。ところが、以前は売っていたのに、ないのです。店員に聞きましたが「扱っていません」と言われました。
途方に暮れました。多くの人が、インターネットでやり取りするようになったので、感熱紙は売れなくなったのだと思います。
ネットで探して注文しました。
時代は激しく変化している、と感じた出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


足湯

散歩道の途中にある足湯に立ち寄りました。
D278E1F9-3F92-4BCB-9486-1423466E2108  B18808FE-34E6-469E-AB38-F2FEF20DF6A3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)
都市伝説

友だちからもらった年賀状に次のような添え書きがありました。
「黒柳徹子さんの写真を携帯の待ち受け画面にすると、なにかいいことが起きるといわれています」
これは、試す価値があると思い写真を探しています。
この都市伝説が実証できたら、みなさまへも配布できたらいいなぁ、と思っています。
みんなが幸せになるのなら、ご本人も了解されるのでは、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


雪の中で遊ぶネコ

スコットランドの映像です。Youtubeで国際スターになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)
ネコの正月

東京は申し訳ないような穏やかな晴天が続いています。
玉川上水の散歩道のコナラの根元で昼寝をしてたネコです。(海にそっくり)
Img_0597_2 Img_0600 Img_0603 Img_0604

近くでシジュウカラがエサを探していました。
Img_0608_2
ボクの財布は「シジュウカラ」なーんちゃって・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


新聞の変化

新聞の作り方(編集方針)が昨年の後半あたりから劇的に変わって来ました。
社会の表層に現れるニュースはテレビやネットで前日に知ってしまうので、1面からは姿を消しました。
代わりに、社会の深い層で暮らす人々を取材対象にし始めました。今までは、マスコミに登場することは決してなかった人々です。
「小状況から大状況を撃つ」という姿勢です。
なぜこんなに辛い生活をしなければならないのか、それは政治のせいだ、という表現の仕方です。
大状況が商品価値を失った今、新聞の生きる道はこれしかない、と腹をくくったように見えます。
「新聞」の元々の使命は、文字からも分かるように、「新しいことを聞く、つまり、早く伝える」でした。この第一の使命が完全に失われたのです。
明日でもいい、いや、1週間先でもいい、そんな記事が、これからの新聞を支える事が出来るだろうか、強い関心事です。

内向き記事の弊害
想像した通り、小沢一郎の新年会には国会議員の何人が出席した、一方、菅直人の新年会には何人が、という記事。毎日新聞は、出席した議員の名前まで掲載する丁寧さ。
対立を煽り、国民の目を内向きにさせるだけの報道です。
まだまだ、新聞は、検討不足です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)
「紅白」視聴率

前半 35.7%(去年37.1%)
後半 41.7%(去年40.8%)
もう少し下回るか、と思っていましたが、健闘でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


初詣

Img_0581
立川は今日も快晴でした。
大雪に見舞われた地方の方々へお見舞い申し上げます。
散歩に初詣に行ってきました。(日野市・高幡不動尊)
すごい人出でした。

年賀状ありがとうございました。
忙しく仕事をしている頃は、ご家族の写真や子供の写真へは特別の興味を持ちませんでしたが、最近は、家族の風景に、いいなぁ、と暖かさを感じます。3人も子どもがいたりすると、1人ボクにくれないかなぁ、と思ったりして・・。

みんなが仲良く暮らせる世界になるように願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)
お笑い年賀状

Nenga_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)


元旦雑感

年末ジャンボはかすりもせず、ぼんやり「紅白」を見ていました。
インディーズの歌手ばかりか、と思いながら、惹きつけられる歌はありませんでした。
えげつない演出はなくすっきりしていましたが、視聴率はよくなかったと思います。

「INORI〜祈り〜」を歌ったクミコの折り鶴をイメージした豪華で派手な衣装は、違和感がありました。歌詞内容にそぐわない、と思ったからです。
歌い始めた原点を語っているのですから、それを忘れて欲しくないと思います。
「トイレの神様」の植村花菜は、どんな衣装で出るのかと思っていましたが、これは、簡素で非常によかったです。

今朝の新聞
なんだこりゃ、と思いました。
毎日新聞1面は、「首長と議会のルール整備」
朝日新聞1面は、「教育 あしたへ」というシリーズの第1回目

国民の心がどんどん内向きになっていくのは、メディアの責任が大きいと思います。
世界はどうなるのか、地球はどうなるのか、そんな大状況を提示して、そして我々はどう生きるのかを考えなければなりません。
それをやる力がないのか、とガッカリしました。明らかにメディアの劣化です。
ネットメディアの進出で営業基盤が脅かされ、迷いがあるのは確かですが、正道を歩まなければ生きる道はないと思います。

東京は穏やかないい天気になってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


謹賀新年

明けましておめでうございます。
今年も、よろしくお願いします。
Nenga_4

大晦日に初笑い

取り寄せた「おせち料理」を重箱に入れ終えた妻は、しばらく黙ってそれを眺めていましたが、絞り出すように言いました。
「うーん、来年は自分で作る」と。
19,000円の大枚を払い、添加剤入り「おせち」を食べながら、それでも仕方なく妻は「美味しいね」と言いました。
ボクの悲しい「初笑い」になりました。

Img_0574


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »