« 剪定 | トップページ | 何という言語感覚 »

2011年1月28日 (金)
剪定2

今日は、2本の剪定をしました。
左:貝塚イブキ  右:珊瑚樹
みっともない部分があるのですが、脚立から落ちそうになるので、笑われてもいい、と諦めました。

Img_0652_2   Img_0653_2

思わぬ贈り物が届きました。
ワッフルとシュトールン。
Img_0656_2
製作者は福岡県にお住まいの造田恵美子さん。大昔からHPの読者です。
お会いしたことはありません。
「昔日を懐かしみ、焼いてみました」と添え書きがありました。
両方とも、抜群の味、販売されたら大評判になること間違いなし。
ありがとうございました。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/50710772

この記事へのトラックバック一覧です: 剪定2:

コメント

おほめの言葉はそのまま受け取り 本日は晴天なり の心持です。楽しいことです。

貝塚いぶきは 手ごわそうですね。
怪我をしないよう 祈ります。

投稿: MOM | 2011年1月28日 (金) 20時32分

会ったことがなくても、人の心がつながる。不思議な時代になりましたね。

投稿: maki | 2011年1月28日 (金) 20時46分

ネットで不快な思いをしたことがないのが不思議です。
長い間テレビ番組を作る仕事をしていました。カメラマンが撮影してきたVTRを試写室で見ていると、そのカメラマンの気持ちが読めるようになります。
早く家へ帰りたい、と思っているか、必死で番組作りに集中しているか、など。
ネットで書き込まれる一行のその奥の、書いた人の心が読めると、心が通じ合います。

投稿: ねこ屋亭主 | 2011年1月28日 (金) 21時51分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。