« 防犯カメラ考 | トップページ | 鈍感な日本 »

2011年2月22日 (火)
クジラ考

調査捕鯨を中止しました。シーシェパードの妨害によるものです。
何回も書きましたが、日本人はクジラを食べません。調査捕鯨で捕った800頭が売れ残っています。
政府は「日本の食文化」だと外国に向かって言いますが、ウソです。
もし、商業捕鯨が解禁されたとして、売れないクジラを南氷洋まで誰が捕りに行きますか?
調査捕鯨は、我々の税金を投入して援助しているから、かろうじて船団が出せるのです。
沿岸捕鯨で十分です。
「本当に、日本人はクジラが食べたいのか」真剣に国会で議論してほしいと思います。

シーシェパードの活動資金は誰かが出しています。
オーストラリアが彼らの港です。
日本政府はオーストラリア政府に対して取り締まりの要請をしますが、対策を打ちません。
日本人がクジラを食べ始め、彼らの牛肉が日本へ売れなくなったら困るからです。
オーストラリアの畜産業界が資金を出しているという推理は当たっていると思います。

捕鯨問題には、いろいろな思惑が渦巻いています。
純粋な環境問題ではないから、ややこしくなっていますが、原点である「食べたいか、食べたくないか」に立ち返って考える必要があると思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/50940983

この記事へのトラックバック一覧です: クジラ考:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。