« 旧暦の正月ハノイから | トップページ | ポンポラ飯 »

2011年2月 4日 (金)
携帯は便利だがヤバイ

昔、職場の独身女性が、彼氏と別れた、と悲しそうだったので、理由を聞いたら「携帯を読まれた」と言いました。他の男性とのメールを読まれたのです。

タイガーウッズの愛人騒動の発端は、妻が彼の携帯へ送られてきた愛人のメールを読んだことでした。
この事件をきっかけに、
「携帯はヤバイ、こまめに、送受信の削除をしなければ・・」と思い、実行している人は多いでしょう。
しかし、今回の力士の八百長メールで、削除しても復元できることが分かりました。
肝を冷やし、ヤバイことは止めよう、と正気になられた方もおられるでしょう。

秘策をお教えします。
昔のソ連時代のモスクワで経験したとこです。
ヤバイ話は盗聴された恐ろしい時代でした。
2人の男が、同じ道を行ったり来たりしています。散歩?違います。会話をしているのです。
この方法以外に、ヤバイ話(体制批判など)をする方法がなかったのです。
この単純な原始的な方法を我々は忘れています。
ヤバイ話を奨励するわけではありませんが、少なくとも、恋を成就させたい若者諸君、デジタルに頼らず「会う」ことを薦めます。
これって老婆心?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/50771973

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯は便利だがヤバイ:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。