« 収録終了 | トップページ | ドイツ人はケチ「世界それホント?会議」更新 »

2011年2月 9日 (水)
半井小絵さん降板

NHK夜7時のお天気キャスター・半井小絵さんの不倫を週刊文春が書きました。
3月いっぱいで降板だそうです。
ファンだったので残念です。いい時間での全国放送ですから、本人も残念だろうと思います。
反省しているでしょうが、本人の職業意識に問題があったと思います。
八百長相撲でも感じましたが、意識が自分の身の回りにしかなく、テレビを通じて、恐ろしい数の人たちが見ているのだということへ意識が到達していないのです。
想像力の欠如です。

NHKがどういう契約をしていたかは知りません。少なくとも「反社会的行為はしない」という条項はあったと思います。アメリカの俳優たちは、体重や髪型まで契約内容に記載され、生活を規制されるそうです。
キャリアを大切にしようと思えば、個人の欲望は抑制することになります。
名声を得ながらやりたい放題は、通用しないのです。
職業意識に甘さがあったと言わざるを得ません。
麻木久仁子さんの場合も、同じことが言えます。
二人とも、自分の行動を律しきれずに、仕事を失いました。
大衆に向けて情報を発信する人は、厳しい職業倫理が要求されます。
残念です。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/50824601

この記事へのトラックバック一覧です: 半井小絵さん降板:

コメント

通りすがりの者です。
今回の一件は貴方様の意見に全く同感です。
根も葉もないところからは噂も立ちません。
NHKの対応も至極当然と思います。
彼女のテレビ画面への失礼ながら美系でもないのに
妙にこびた、小首をかしげるなどの余分な仕草や
閉めくくりの言葉の使い方が大嫌いでしたが、
仕事ぶりには、好感をもっておりました。
テレビが全てではないですし、映像としての彼女に
気持ちの良いものがないので、今後のテレビ出演
復帰は、希望しておりません。しかし、
プロ意識の確認という意味での反面教師になって
下さいましたし、仕事を続けていきたいという意思が
あるなら、これから別の形でがんばってほしいです。

投稿: | 2011年4月19日 (火) 21時04分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。