« 日本の中古車が大人気の国は? | トップページ | ネット放送新時代 »

2011年3月11日 (金)
クジラを食べながら

昨晩の同窓会は新宿の「はつもみぢ」(同窓生・吉村弘造さん経営)で、クジラ料理を食べました。
刺身、ステーキ、はりはり鍋など。
調査捕鯨がシーシェパードの妨害により中止になりました。
“渡りに船”だったんじゃないのか、という意見が大多数でした。
これ以上、捕獲しても、売れない、という意味です。捕れば捕るほど赤字になるのです。
冷蔵倉庫会社の役員Yさんが言いました。
「うちの倉庫には、売れなくて10年間預かっているクジラ肉があるよ」
「そんなの食べられるの?」
「マイナス25度で保存してあるから、大丈夫だと思うけど、食べてみなくちゃわからないね」

日本人は、クジラを食べないのです。
よしんば、商業捕鯨が解禁されたとしても、採算に合わないので、だれも(どこの水産会社も)捕りに行かないと思います。
にもかかわらず、日本政府は「クジラは日本人の食文化だ」と言い張っています。
言い始めたから、引っ込みがつかないのでしょう。
調査捕鯨中止は、日本の論理が脆弱でウソに近いことを証明しました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/51088982

この記事へのトラックバック一覧です: クジラを食べながら:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。