« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)
新タマネギ超簡単レシピ

お隣のおばちゃんから新タマネギをもらったので、食べ方を検索、超簡単レシピを見つけました(Cook Padより)
しかも、超おいしい!
Onion1_2   Onion2_2

4カ所くらいに切り目を入れ、ラップして電子レンジで4分。
取り出して、水分を捨て、カツオ節をかけてポン酢で食べる。
タマネギの甘さと酸っぱさが絶妙!もう1コ食べたかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日のネコ

Dsc_5224_2この写真は、朝ご飯を食べた直後です。ボクが喋っているのを聞いています。
「たまにはお家へ帰りなさい。家族が心配しているから」ときつく言いました。
数時間どこかへ消えましたが、お昼には、また、戻ってきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


ツバメの習性

Dsc_5225_2古巣を使って、もう卵を温めているようです。写真から頭の先が確認できます。去年はこの巣を使わなかったから、一昨年か、もっと前の巣です。多少のリホームはしたのでしょうが、作る手間が省けて、子育てが早めに進行しているだと思います。

「若いツバメを作る」の意味。
毎年書いているので、分かった、しつこい、といわれる方、以下は読まないで下さい。
既婚女性が若い男性と恋仲になることを意味します。
なぜか。
それはツバメの生態に由来します。
昨年来た「つがいのツバメ」は、今年も「同じつがい」ではありません。メスは昨年とは違う若いオスとやってきます。その確率は70%程度だと言われています。
この習性を人間社会に当てはめた表現です。
元気のいい女性は「ツバメになりたい」と思われるかも知れませんが、我が身に置き換えて、捨てられたオスはどうするのだろう、考えると、ツバメでなくてよかったと・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)
島のジャム屋

近くに周防大島という島があります。そこに「ジャムズガーデン」というジャム屋があります。
ブルーベリー畑があって、その脇に喫茶室があって、販売店舗を兼ねています。風光明媚な場所に、手入れの行き届いたガーデンは素敵です。
そこの経営者が昨年、ボクの農園を訪れてくれました。
思い立って、きょう、訪ねてみました。生憎、経営者一家はどこかのイベントに出かけて留守でした。
ジャムのピザパイを食べました。美味しかったです。

Dsc_5216_2 Dsc_5215_2 Dsc_5220_2 Dsc_5221_2

Dsc_5213_2 Dsc_5214_2 Dsc_5219_2 Dsc_5217_2

その後、近くの道の駅へ立ち寄り、揚げたてのジャコ天を頬張り、更に、温泉(竜ヶ崎温泉)へ入って帰りました。
快晴の半日小旅行。居候ネコが夜ご飯を寄越せと、ギャーギャー鳴きながら待っていました。
ネコの土産は、道の駅で買ったいりこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ハゼの会へ助成金

ボクらが10年以上も続けている「ハゼの実ロウ復活委員会」に、地域活性化センター(財団法人)から100万円の助成金をもらうことになりました。(まだ内示段階だそうですが)
地域のイベントを助成する事業で、ボクらの会が8月に毎年行っている「たぶせハゼの実ろうそくまつり」への助成です。
みんな大喜びで張り切っています。
まつりは8月7日(日曜日)に実施します。
全国からお越し下さい。

山口県は“原発のない県”です。計画はありますが、無いことは県民の誇りです。これからも。
今後の観光政策のキャッチフレーズに「原発のない県」は有効です。
山口県で、田布施町で、ローソクの明かりをお楽しみ下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


住みついた(?)ネコ

Dsc_5207_2昨晩も泊まったようで、ドアを開けたら、恐る恐る入ってきて、早くエサをくれ、と見上げています。
見上げている方向にエサが置いてあります。
コイツはオスです。今朝、確認できました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)
終日ネコ

ネコは、今日も一日中、いました。
ハゼの会の会員が大勢出入りしましたが、平気でした。
今晩も泊まるようです。このネコはオスでした。30センチまで近づけますが、手を出すとシャーと威嚇します。飼い主は、たいそう心配されていると思いますが、帰らないので仕方ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


オランダ人になるための国家試験

「世界それホント?会議」(動画)を更新しました。
「オランダ人になるための国家試験」
さて、どんな問題が出題されるでしょうか。
オランダで5ユーロ(約600円)拾ったら、どうするのが正しいでしょうか?日本人は100%、警察に届けると言います。オランダでは、自分のものにしていい、が正解です。
そんな少額なお金で、事務手続きの方が、経費がかかる、という事のようです。
所変われば、ですね。その他、笑える問題が沢山あります。ご覧下さい。
http://p.tl/tZFe

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ハゼの会を取材

ダスキンの広報誌「喜びのタネまき新聞」の記者が、ハゼの会の取材で来訪。
朝、9時から会員10名が集まって、取材用にデモンストレーションをやりました。
賑やかな、楽しい一日でした。
この新聞は、8月、全国に600万部が配布されます。

お昼は、ボクが炊いた「新タマネギの炊き込みご飯」と「豚キムチ」を食べてもらいました。
その他、会員持ち込みの竹の子ご飯や、様々なおかずがあり、楽しい昼ご飯になりました。

  Dsc_5203_2  Dsc_5204_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)
夜ネコ

Dsc_5191_2ネコの宿泊場所がわかりました。
使わない椅子をキッチンの外の土間に置いています。そこで寝ているようです。
今晩は、小学生の体験教室の最終打ち合わせで10名のスタッフが集まりました。東京の「海」は、一人でも人が来ると押し入れの奥深くへ逃げ込みますが、コイツは平気でした。
今晩も泊まるつもりです。

打ち合わせでは、宇部市の「穂満(ほまん)」の餃子を食べました。
水餃子、焼き餃子、ご飯はジャコ飯。
ここの餃子は、推薦できます。ネットで注文。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


朝ネコ

Dsc_5187_2キッチンのドアを開けたら、待っていました。どこかで寝ていたらしい。1泊朝食付き。
朝食を食べたらどこかへ消えました。
風は強いですが、晴れています。


| | コメント (4) | トラックバック (0)


アンケート(朝日新聞)

昨晩の「報道ステーション」(テレビ朝日)を見ていて驚いた事がありました。
出演しているコメンテーターの五十嵐浩司記者(朝日新聞)の発言です。
「朝日新聞のアンケートでは、国民の6割の人が原発は必要だと言っています」
そんなバカな、とのけぞりました。何かの間違いだろう、と思いました。
その後、ツイッターにも「朝日新聞は死んだ」などの批判的な書き込みがあったので、ボクの聞き間違えではない、と確信しました。
今朝の紙面(西武本社版)には、県外に避難した人へのアンケートは掲載されていますが、今後も原発が必要、との問いかけも結果もありません。
紙面が、意図的に掲載しなかったのなら、悪質ですが、コメンテーターのミスなのだろう、と思います。それにしても、常識的に、6割が原発賛成、との情報を得たら、疑いませんかね?
新聞記者の感度の鈍さに呆れ果てました。
今晩、訂正するか、見守りましょう。
なお、6割という数字は「避難先での滞在期間」を問うた質問に6割の人が「原発次第」と答えています。この数字を取り違えたのではないでしょうか。

ネットにこんな情報があります。
どこのマスコミか知りませんが、社の内規で「50キロ圏内には立ち入るな」と決めているのだそうです。記者の安全のために。
紙面では「安全だ」と書きながらですから、これも呆れます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)
ネコが来た

Dsc_5184_2   Dsc_5186_2
昼過ぎ、ネコが来ました。いつものネコです。牛乳が大好き。
ひょっとしたらビビが、と思って買い置きしてあるネコ缶をコイツが食べるから、新しい缶に更新出来て好都合。帰る気配なし、夜ご飯も食べるつもりらしい。
【追記】
夜ご飯をたっぷり食べましたが、帰る気配なし。泊まっていくのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)


田舎の春

今回の留守は、落ち葉もなく、草もまだ、という季節だったので「オーこれは大変だ」という状況はありませんでした。
ブルーベリーは、早生の花が咲いていますが、大半は5月になってから開花します。
ピンクの花は、芝桜、白い花は、野いちご。
椎茸が沢山生えていましたが、乾燥気味です。「使えないかも知れない」と断って、レストランエピスの金子さんへ送りました。
ツバメが来ています。

Dsc_5179_2  Dsc_5180_2  Dsc_5182_2  Dsc_5181_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)
これは何でしょう?

Tofu2_2   Tofu1_2
食品です。
岡部正彦さんと林山健二さんの共作です。
いや、美味しい!

そうです。豆腐です。ただの豆腐ではありません。
カレー粉を入れた「カレー豆腐」。
このままでもよし、フライパンで焼いてもよし、大傑作が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


孫正義さんの会見

素晴らしい会見です。








Video streaming by Ustream

| | コメント (0) | トラックバック (0)


田舎へ移動

きょう、田舎へ行きます。5月13日まで。(予定)
新幹線「ひかり」で新大阪まで。九州新幹線「さくら」へ乗り継いで徳山まで。
ジパング倶楽部の3割引が適用になる列車を選びました。
では、また田舎から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)
政治家の情熱

東北大震災は国難です。
復興ビジョン、エネルギー政策、などなど、これからの日本をどうするか、極めて重要な方向づけが必要です。それがこれからの日本の姿を決めるのです。
政治家の活躍がもっとも求められています。
しかし、政治家の、特に野党の政治家の情熱が感じられません。
菅政権の延命に手を貸したくない、といった風情で、まるで他人事のように振る舞っています。協力もしぶしぶです。スピードが重要な法案も遅れます。
なんだ、この政治家の態度は!と腹が立ちます。
「これが日本の政治家」です。なんと情けないことでしょう。
党派を超えて、情熱を持って、日本の将来のために働くべきです。
こんな重要な時期に遭遇し、力を発揮するのは、政治家冥利に尽きると思います。
日本の将来に情熱を傾けるチャンスは、二度とないでしょう。精魂を傾けるときは今です。
シラーとして眺めている場合ですか!
政治家に猛省を促します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


原発事故・子どもへの影響(チェルノブイリ)

写真家の広河隆一さんのレポートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)
写真集

Yaegashi_2「輝いて生きる」八重樫信之 合同出版
ハンセン病元患者を撮り続けたカメラマンは、八重樫さんただ一人だと思います。朝日新聞の写真部に所属するカメラマンでした。「らい予防法」が廃止されて以来、15年間、元患者を撮り続けてきました。マスコミは、訴訟判決などのニュースの時だけ取り上げますが、すぐ潮が引いたように報道しなくなります。特にハンセン病は、ひどい人権問題を伴いますので、関わりたくない、と思うのでしょう。そんな中で、元患者の人生を見つめ続けた八重樫さんの勇気に脱帽します。
差別の中で生きてきた元患者たちは、なかなか心を開きません。写真を拒否します。
ここに掲載された写真を撮るには、元患者との信頼関係が必要です。カメラマンは、撮影技術だけでは、カメラマンではないことを教えてくれています。
八重樫さんの10年間の集大成です。日本におけるハンセン病の歴史資料として長く残り続ける写真集になりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)
「当たり前」になったテレビ

災害報道の中で「顔なしインタビュー」がなくなったと、毎日新聞の福本容子記者が指摘しています。
(発信箱)
気がつきませんでした。
日頃からボクも、あの首から下だけのインタビューは止めて欲しい、と思っていました。
伝える力は弱くなるし、いくらでも音声を差し替えて“やらせ”が可能です。
“顔”は力を持ています。
個人情報保護という法律が出来たのが原因で、顔なしインタビューが多くなりましたが「行き過ぎ」と筆者も訴えています。世の中を変える力、それは、顔を出して訴えることから始まるとも。
同感です。このまま「当たり前」のテレビであり続けて欲しいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


罰金より危険度の説明

半径20キロ圏内を「警戒区域」に設定して強制的に住民を退去させる処置をとりました。それでも立ち退かない人がいます。「俺の家にいて何が悪い」と。その人たちには、10万円以下の罰金、あるいは拘留が科せられます。
なぜ、罰金制度まで作らなければならないのか、考えてみましょう。
それは、政府の「放射能は危険だ」という説明が足りなからです。
命に危険があると感じたら、住民は退去に応じます。
「絶対安全」を標榜してきたから、今更「こんなに危険」とは言えないジレンマ、加えて、危険性を強調すれば、今後の原発運営に支障を来すという思惑があるのだと思います。
国民の命を守るのが政府の一番重要な仕事です。
政府は「罰金」で国民を脅して命を守ろうとしています。それより「危険度の説明」が先ではないかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)
風評被害

いろいろな風評被害が報告されています。
野菜や魚などの食べ物から、人権に関わる問題まで。
福島県からの移住者に「放射能検査」(つくば市)、福島県から転入してきた子どもを避ける他県の子ども、などなど。
そして、マスコミは、こぞって批判します。「ひどすぎる、やりすぎ、無知」と。

「待てよ」とボクは思います。
放射能がいかなるモノで、どんな危険性があるのか、いままで、だれも教えてきませんでした。なので、放射能に対する無知を非難できないと思うのです。「絶対安全」を掲げてきたので、もし原発事故が起きたら、放射能から身を守るにはどうするかなど、だれも教えませんでした。
「放射能は感染する」と思っている人を、バカだねと、非難できません。教えなかったことが悪いのです。

政府やマスコミは、なぜ風評被害が起こるのか、考えて欲しい。
多くの原発を稼働させながら、「絶対安全」を掲げて、放射能について、国民を無知のまま放置したのです。その責任は、自分たちにあることを知って欲しい。「風評被害」を国民のせいにするのは筋違い、と思います。
知らないから怖いのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


シートベルト泥棒

「世界それホント?会議」を更新しました。
「安全を守る法の施行で盗難発生!」南米ペルーの話題です。
シートベルト着装の法律が出来たら、シートベルトの盗難が激増したそうです。その他、車の部品の盗難数々。
http://p.tl/5AP_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)
古着を着る司会者

この情報も、林智久さんからコメント欄へいただきました。
http://4325.net/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)


脱原発財団設立(ソフトバンク孫社長)

ブログへの訪問者・林智久さん(奈良在住)からコメント欄へいただいた情報です。
これは、すごいことだ、と嬉しくなります。

ソフトB孫社長が脱原発財団設立/個人で10億円拠出へ
http://p.tl/aq2Q

| | コメント (0) | トラックバック (0)


朝のワイドショー

朝テレビを見る習慣はないのですが、原発事故以来、寝ている間になにか起こっていないか、と心配で、起きるとテレビのスイッチを入れてみます。
4月はテレビ番組の改編期です。あまり話題にもならず、気にもならず、4月を通過しました。
司会者(羽鳥慎一)を日本テレビから引き抜いたテレビ朝日の「モーニングバード!」は、どうなんだろうか、と最近の視聴率を覗いて見ました。
NHKの「あさイチ」が常にダントツ、2位がフジテレビの「とくダネ!」それに日本テレビ、TBSが続き、テレビ朝日は、いつもビリでした。
残念!
朝の番組は現役時代関わったことがあるので、頑張れ、と応援しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


新緑

Img_0891_2   Img_0892_2
新緑が爽やかな散歩道ですが、放射能が飛んでいると思うと、気分が滅入ります。
毎日、放出が続いているのですから、空気の状況はどんどん悪くなっています。海も汚染が続いています。
屋外で遊べない学校も出ました。食べることが出来ない魚(コウナゴ)も指定されました。
一種類の魚がダメなら、他の魚も危険なはず。同じ海で生きているのですから。
検査した魚だけ発表されるので、我々は、他の魚にも想像力を働かせる必要があります。これは、本来、マスコミの役割。なのに、発表を垂れ流すだけ。他の魚は安全との錯覚を与えます。

「マスコミが原発事故報道で腑抜けになるワケ」という記事があります。
http://p.tl/qg6g
読んでみて下さい。

写真(右)は卯の花です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)
新タマネギの炊き込みご飯

Img_0886_2タマネギの色とご飯が同化していますが、美味しかったです。初めての経験。
パソコンから引き出したレシピ。
米 2カップ
新タマネギ 2個
鶏肉もも 100グラム
塩コショー少々
醤油 小さじ3
バター10グラム
固形ブイヨン1個

オリーブオイルで、みじん切りにしたタマネギと鶏肉を炒めて、塩コショウで味付け。
それを入れてご飯を炊く。調味料も同時に入れて。

お試し下さい。おすすめです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)


原発新増設凍結

参院予算委員会で、昨日、総理は原発の新増設について「決まっているから、そのままやるんだと言うことにはならない」と発言しました。
もっと早く宣言して欲しかったが、これで上関原発も建設の続行は難しくなりました。
一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)
浜岡原発の危険性

「浜岡原発を止めろ」という声は日に日に大きくなっています。
静岡県にあるこの原発の真下には活断層があって、東海大地震がいつ起きてもおかしくない状態だからです。
毎日新聞朝刊の「風知草」(6面)で、地震学者の石橋克彦氏の予測記事が紹介されています。
「最悪の場合、放射能雲が首都圏に流れ、一千万人以上が避難しなければならない。日本は首都を喪失する」「在日米軍の横田・横須賀・厚木・座間などの基地も機能を失い、国際的に大きな軍事的不均衡が生じる」

ネットには、菊池洋一さんという元原発技術者の訴えがあります。
生々しい、迫力のある訴えです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


既存メディアへの恨み節

毎日新聞10面「鳥越俊太郎ニュースの匠」(18日東京本社版)
見出し「原発正門に立って」
映像カメラマンを同行、線量計を持って福島第一原発正門まで行った。どこのメディアも行っていないところだ。既存メディアは危険なところへは行かない。戦場でもそうだ。この映像を使ってくれるようにいくつかの報道番組へ声を掛けたが、「うちで放送する」と言ってくれた局は一つもなかった。ふぬけですね、という。
そこで、最近始めた自分のメールマガジン(有料)で流すから見てほしいと告知している。

ボクは最近、二人の人から、既存メディア(テレビ局)へ紹介して欲しい(売り込んで欲しい)という依頼を受けました。
1)ボランティアで物資を被災地へ運んだ。そこは、メディアが一度も入っていないところで、珍しい写真を撮ったから、テレビへ紹介してほしい、と。
2)原発事故の放送を見ていると、偏向や知識不足があると思う。知り合いに、原子力に詳しい人がいるので、報道局の番組作りへ参加させてほしい、と。

ボクは、ずいぶん前から、新しいメディアに関心があって、既存メディアは、どうぞご自由におやり下さい、という気分なので、上記2名の方にも、既存メディアに期待しないで、ご自分でおやりになるのがいいと思います、といいました。

鳥越俊太郎のメルマガを覗いて見ました。
東京から福島へ向かう映像があります。そして、それは途中までで、正門へ向かう映像は、次回、有料で見せようとの魂胆で、見ることができません。

この人は、昔から好きではなかった。
品格がありません。ニュースをお金にしようとする意図が見え見えだからです。
チラリと見せて、あとは金を払え、というのは、風俗映像を見せるやり方と同じです。
この人は、生命保険のコマーシャルをやっていました。ジャーナリストがCMに出る不見識を批判したことがあります。車のBMWの宣伝もやっていました。
ボクの評価は「胡散臭いジャーナリスト」です。

テレビ朝日の朝のワイドショー「モーニングバード!」のコメンテーターを4月から卒業を言い渡された(解任された)恨み節をブログで書いています。
残っている出演者は、どこの紐付き、という書き方で恨みを書いているのです。
教養豊かな大人がやることではない、と思いました。

ボクが言いたいことは、既存メディアは、いろいろなしがらみがあり、書けないこと、放送できないことがいっぱいあります。
不満を感じたら、自分で発信しましょう、と言いたいのです。
小さな力でも、主張が正しければ拡散して、世の中の気分を変えることも出来ると思います。

鳥越俊太郎のメルマガです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)
本の紹介(2冊)

ご紹介する2冊は、まだ読んでいません。この所、雑用が多く、読んでからの紹介では、遅くなると思い、取り急ぎの紹介です。

Nagashima_4「19歳の甲子園」長島康夫著 河出書房新社 
  昭和31年の夏の甲子園を湧かせた米子東高校のエース・長島康夫さんの野球人生です。
  この本は、ボクの絵本「ビビ」の営業を担当してくれている徳田純一さんのプロデュースによって世に出ました。徳田さんも米子東高校の野球部出身という縁もあって、力が入っています。
  2冊いただきましたので1冊プレゼントします。〜終了しました〜


2)「命ある限りボーカリスト」六角幸生著 小学館スクエア
  若い頃、一緒に遊んだ仲間でした。多分20年近くの無沙汰だったと思います。 最近連絡がありました。胃がんの手術をしたこと、本を出したこと、CDも出したこと、など聞きました。
 早速、アマゾンで本とCDを購入しました。彼は、送ります、といいましたが、買うのが礼儀だと格好付けて、買いました。
 彼は、青山学院大学の“ブルーマウンテン・ボーイズ”というカントリーウエスタンバンドのボーカルで、学生の間で大スターでした。
 この本もプレゼントします。
 彼との友情復活の記念に冊数無制限とします。
(取り寄せてから発送しますので、時間がかかります)
Rotsukaku_2   Rokucd_2

 ご応募はメールでお願いします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)


消費税

「イギリスの消費税は20%で物価が高い」とブログに書いたら、ノルウェー在住の「世界それホント?会議」の特派員、御共理恵さんからメールをもらいました。

ロンドンは本当に物価が高いですね。ノルウェーの消費税はなんと25%と世界一なのですが、地下鉄などはロンドンより若干安いかな、と思います。日本に帰国すると、あまりの物価の安さと物の豊富さに、あれもこれもと荷物が増えてしまいます。

25%の消費税を払った国民は、どのようなサービスを受けているのでしょうか、訪ねてみたい国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


小沢一郎の言動

昨晩、ネット番組へ出演したそうです。(見ませんでしたが)
菅総理はダメだと言い、退陣を迫り「原発の事態は非常に深刻で、放射能汚染は徐々に広がり、取り返しがつかなくなる」と発言したそうです。
自分は何もしないで、人の足を引っ張る行為はいただけませんが、敵対する相手が隠している事実をばらす行為は歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)
原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」

原発を推進してきた学者たちが、過ちを認め、懺悔しています。
(J-CASTニュース)
http://p.tl/FhZS

| | コメント (1) | トラックバック (0)


すごい!城南信用金庫の反原発宣言

城南信用金庫は8日、自社のホームペーに「原発に頼らない安全な社会へ」というメッセージを掲載しました。加えて、吉原毅理事長が、動画で、メッセージを発信した背景を語っています。

城南信用金庫は、東京23区南部から神奈川県に85店舗を展開する信用金庫。融資額や貸し付け額では業界一位を誇る。貧富の格差解消や弱者救済の理念を持ち、消費者向けのカードローンは、現状では一切扱っていない。またクレジット・信販会社とのATM提携も一切行っていないことで知られている。

【メッセージ全文】

原発に頼らない安心できる社会へ
    城 南 信 用 金 庫

東京電力福島第一原子力発電所の事故は、我が国の未来に重大な 影響を与えています。今回の事故を通じて、原子力エネルギーは、 私達に明るい未来を与えてくれるものではなく、一歩間違えば取り 返しのつかない危険性を持っていること、さらに、残念ながらそれ を管理する政府機関も企業体も、万全の体制をとっていなかったことが明確になりつつあります。
こうした中で、私達は、原子力エネルギーに依存することはあま りにも危険性が大き過ぎるということを学びました。私達が地域金融機関として、今できることはささやかではありますが、省電力、省エネルギー、そして代替エネルギーの開発利用に少しでも貢献することではないかと考えます。
そのため、今後、私達は以下のような省電力と省エネルギーのための様々な取組みに努めるとともに、金融を通じて地域の皆様の省 電力、省エネルギーのための設備投資を積極的に支援、推進してまいります。
① 徹底した節電運動の実施
② 冷暖房の設定温度の見直し
③ 省電力型設備の導入
④ 断熱工事の施工
⑤ 緑化工事の推進
⑥ ソーラーパネルの設置
⑦ LED照明への切り替え
⑧ 燃料電池の導入
⑨ 家庭用蓄電池の購入
⑩ 自家発電装置の購入
⑪ その他
以 上

【理事長の動画メッセージ】

【感想】
この発言は「すごい」の一言。特に、次の発言には感動しました。
「国策としてやられてきたが、議論の過程がゆがめられたモノであったことが分かった」

企業が「反原発宣言」をしたのは、これが初めてでしょう。
この「すごい」ニュースを、既存メディアはどこも報じません。腰が砕けていると思います。
紙面は被災民の苦労話、頑張る話で満ち、情感メディアに成り下がっています。
ネットがあるから、この話をキャッチできました。理事長も、ツイッターでの反応を紹介していました。拡散して下さい。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)
原発プロテストソング

RCサクセション時代、忌野清志郎が歌った「サマータイムブルース」と「ラブミーテンダー」

オリジナル歌詞: E. Cochran & J. Capehart
替え歌詩: 忌野清志郎

暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い (悪かったな、何だよ)
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース

(原発という言い方も改めましょう。
何でも縮めるのは日本人の悪い癖です
正確に原子力発電所と呼ぼうではありませんか。
心配は要りません)

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

電力は余ってる、
要らねえ、もう要らねえ

電力は余ってる、
要らねえ、欲しくない

原子力は要らねえ、
危ねえ、欲しくない

要らねえ、要らねえ、欲しくない
要らねえ、要らねえ、

電力は余っているよ
要らねえ、危ねえ、


斉藤和義のオリジナルソング「ずっと好きだった」の替え歌


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)
チャリティー展覧会

日本を代表するイラストレーター70人が集まって、東北大震災を支援する展覧会を開きます。
1点1万円から3万円までという価格設定で、売り上げはすべて寄付するそうです。
お出かけ下さい。
Illust2_2   Illust1_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


本プレゼント(堤未果著)〜終了〜

Img_0880_2「社会の真実の見つけかた」
(岩波ジュニア新書)堤未果著
物ごとが進んでいく裏にどんな企みが隠されているのか、心を、頭脳を研ぎ澄まさないと、なかなか見えてきません。「そうだったのか」では遅いのです。
戦争が作られる過程を、教育が儲けの対象になる現実を、丹念な取材が説得力をもって語ります。
ジュニアだけではもったいない、大人の読み物です。
3名の方にプレゼントします。
一度、告知しましたが、原発事故のまっただ中で、一人の応募もありませんでした。再度の告知です。
メールで応募してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


命と経済

故郷を捨てざるを得なくなった人々の無念はいかばかりかと、胸が痛くなります。牛乳を搾っては下水に流す牧畜を営む人の無念さ、田んぼに植え付けが出来ない農民の無念さ。平和に心安らかに生きる権利は、すべてに優先する基本的人権です。
政府は、東京電力へ膨大な金を貸し出しましたが、逃げ惑う国民へのお金は出していません。
人間の命より経済が大切だと思っているのです。
経済評論家の森永卓郎は、「原発のスイッチを入れろ」といいます。
そうしなければ、日本経済の失速だけでなく、夏場に大規模停電が起きてエアコンが止まり、熱中症で亡くなる高齢者が続出する事態も起きかねない。日本人はリスクを取らない民族だといわれるが、今はリスクを取る時だ。
 私は今まで原発を必要悪として認めざるをえないものと考えてきた。しかし、日本経済の失速を防ぐためには、他の選択肢はない。原発の是非を考えるのは、当面の電力不足を乗り切ってからでよい。

こんな乱暴な意見にボクは反対します。
熱中症で死ぬかもしれない、というなら、原発が爆発して日本国土に人類が住めなくなるかも知れない、と言い返します。
「たら」論は無意味です。みんなが協力すれば熱中症は防げます。
経済を失速させない議倫の犠牲にボクらはなりたくありません。

ボクらが幸せに生きる権利を基準に原発問題の展開を見守りたいと思います。

【追記】
原発を推進してきた政府よ、東電よ、以下の記事から、自殺した老人の悲しい心情が君たちの心に響くだろうか?
(asahi.com)

福島第1原発の事故で、政府が計画的避難区域に指定する方針を示した福島県飯舘村に住む男性(102)が自殺していたことが14日、分かった。村によると、男性は家族と避難計画について話し合っていたといい、男性が村外へ避難することを悲観し、自殺した可能性もあるとみている。 


| | コメント (0) | トラックバック (1)


ケニアの学校給食

「世界それホント?会議」(動画)更新しました。
ケニアの学校では、どんなものを食べているのでしょうか?
地震や原発問題で、ボクらは食べ物の大切さを知りました。腹一杯食べられることは当たり前でした。
当たり前ではなくなったいま、もう一度、食べ物のことを真剣に考えてみましょう。
http://bit.ly/fcm0bM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)
堤未果が語るアメリカの変化

ニフティが展開する「心、ひろがるブログ」に堤未果さんが登場しています。
9.11以降、自由の国アメリカがどんな変化を遂げたか、ジャーナリズムも同じように堕落していった、その軌跡を明快に語っています。是非お読みいただきたく推薦します。
http://kouken-int.nifty.co.jp/blog/2011/04/vol27-9eb6.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)


夕食時のネコ

Img_0879_2自分の欲しいモノがある場合(魚の場合が多い)こんな状態になります。
夕食の製作者は「邪魔だよ」と怒りながらも、嬉しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


桜(昭和記念公園)

昭和記念公園を覗いてきました。シルバー料金200円というのが出来ていました。一般は400円。
桜だけの単一並木より、ケヤキなどと混在している風景がいいなぁ、と思いました。
(使用カメラはニコンD300)

Dsc_5176_2 Dsc_5167_2 Dsc_5168_2 Dsc_5171_2 Dsc_5172_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)
「体験教室」生徒募集

Pop11_2「ブルーベリーを育てて食べる体験教室」
昨年から始めたイベントですが、好評につき、今年も行います。
田布施町の小学生(4,5,6年生)諸君、ふるって参加して下さい。
待っています。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


ネット規制強化法案

これは大問題です。昨日、閣議決定されたそうです。法律を作る下地が出来たわけです。
要するに、これは、捜査当局が裁判所の捜査令状なしでインターネットのプロバイダーに利用者の通信記録保全を要請できるようにするものです。
憲法で保証された「通信の秘密」は警察の意志で簡単に破られてしまいます。

震災のドサクサに紛れて、とんでもないことが進行しています。
どの新聞もテレビも報道しません。
地震や原発事故の情報がネット上に氾濫していることに、捜査当局がパニックになっていて、冷静な判断力を失っているのだと思います。
こんな重要な、表現の自由に関わる問題を無視するマスコミも、判断力を失っていると思います。

ソフトバンクの孫正義さんは、これに抗議して、昨晩から3日間、ツイッターへの書き込みを中止すると宣言し「これは、ボクのハンガーストライキだ」と言っています。
インターネットは自由の世界であるべきです。間違った情報が出ると、それを打ち消す情報がでる、そんな世界がネットの特質なのです。
心ある皆さん、反対の声を上げて下さい。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)
帰国

ロンドンの出発は夕方だったので、街を散歩しました。
写真左から:ハロッズ百貨店(日曜日、11:30の開店を待っている人びと)
     :人が座れないように防御したショーウインドウ
     :貸し自転車
     :料金表(30分までは無料、1時間1ポンド、130円程度)

Dsc_5165  Dsc_5164  Dsc_5159  Dsc_5160_2

帰国後、地震が2回ありました。
大地震がないことを祈ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)
シリーズ「世界の泥棒」更新

「花泥棒は泥棒ではない」南米グアテマラからの話題です。
丹精込めた花を盗まれたら、おおらかではいられません。やっぱり頭に来ます。
これが国民性の違いなのでしょう。「またすぐ咲く」と思うのでしょうか。あるいは、人が喜んでくれることは自分の喜びと思うのでしょうか?
http://p.tl/hQW4

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ロンドンの朝

Dsc_5158
写真は、ホテルの窓からの景色です。ロンドンの中心街です。今日も晴天。
昨晩は、みんなで中華料理を食べました。
ロンドンは美味いモノがない、とみんなが言いますが、まずまずの味でした。

ロンドンには、数年前まで友だちがいたので、彼女の家で、食事をしていました。いつも、ボクが好きなサバを用意していてくれました。なので、ロンドンに寄るのがとても楽しみでしたが、数年前、急死しました。思い出すと悲しいロンドンです。

午後4時にホテルを出発、日本へ帰ります。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)
ロンドンに到着

取材チーム全員9名、元気にロンドンへ到着しました。(現地時間9日早朝)晴天は3日続きだそうです。暖かいです。
明日も晴天の予報。
イギリスの消費税は、なんと20%。本と食料品と子どもの衣服は内税だそうですが、すごい税金ですね。
イースターの休暇が始まったようで、街は混んでいるそうですが、散歩してみます。

【散歩】
桜が満開です。日光浴を楽しんでいます。
店に入って買い物をして出るとき店員が「Enjoy the Sun」(太陽を楽しんで)と言いました。
春が待ち遠しい国民なのだなぁと思いました。冬はごご3時で暗くなるそうです。

Dsc_5142   Dsc_5155_2

街はお祭りのように混んでいました。なかなか前に進めません。
写真左:リージェントストリート
  中:リバティー百貨店
  右:ユニクロ店内(オックスフォードストリート)

Dsc_5152  Dsc_5150  Dsc_5148

【物価】
消費税が20%。物価が高いです。
靴(クラークスというメーカー)の安売り(赤札)を買いました。39ポンド(5,200円程度)
ホテルのインターネット回線使用料、驚くまいことか、24時間50ポンド(6,500円)。
生活するには、大変な国だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)
コンテナホテル

取材最終日、ホテルがいっぱいで予約できなかったので、国連の「コンテナホテル」へ泊まっています。コンテナが2段に積み上げてあって、外から見ると、まさにコンテナ置き場。
中は、結構快適。エアコン、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、など完備。シャワーもあります。インターネットもサクサク無線ラン。
Dsc_5110  Dsc_5111


| | コメント (1) | トラックバック (0)


ハイチの学校

気温40度、猛烈な暑さです。
二つの学校を訪問しました。みんな地震と津波のことは知っていて、日本の子どもたちへのメッセージを託されました。「希望を失わずがんばって」と書いてありました。
困難に立ち向かう人々への励ましは、勇気を与えます。
髪のお洒落が印象的でした。

Dsc_4985   Dsc_4991   Dsc_4955   Dsc_5046

教室が足りないので、テントの教室です。
生徒から、地震の時の様子を聞きました。

Dsc_5080   Dsc_5105


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)
ハイチの治安

ハイチの首都・ポルトー・プランスはセキュリティの問題を基準に、Yellow Zone (黄色の地域)とRed Zone(赤の地域)に色分けされています。交通信号の意味と同じです。赤い地域には、危険すぎてボクらは入れません。取材は黄色の地域で行っています。
(1枚目の写真は、到着後、真っ先に行われるセキュリティーブリーフイング。)
地震で刑務所が崩れ落ち、囚人が沢山逃げ出して街にいるのだそうです。
国連のセキュリティが街を常に巡回しています。
スラムの取材に行きましたが、車から外に出ることも許されませんでした。
(写真は車の中から撮ったカットです)

キャンプで暮らす被災民の人たちには、メディアに対して、こんな感情があるのだそうです。
地震が起きてから、世界中からメディアが来て取材し、世界に報道されたが、自分たちの状況は一向によくならないと。なので、取材に対しては、少なからず、反感があるようです。
援助ワーカーに対しても、同じだそうです。

Dsc_4682  Dsc_4918_2  Dsc_4871  Dsc_4887_2


Dsc_4903  Dsc_4906  Dsc_4908_2  Dsc_4915

ユニセフが乳児の栄養指導などを支援しているキャンプへも行きました。
写真のご婦人が語った地震の恐怖は凄まじいものでした。
出産している最中に地震に見舞われ、ヘソの緒がついたまま逃げたそうです。その子は立派の育ち、ケニーと名付けたと。(写真の子)

Dsc_4799   Dsc_4848_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)
地震1年後のハイチ

ハイチ地震は、1年前の1月12 日の発生でした。約30万人が死亡し、68万人の難民がでました。
大統領府や教会の映像はご覧になった記憶があると思います。未だに、そのままです。

Dsc_4597_2  Dsc_4614_2  Dsc_4626  Dsc_4633 

街の公園や広場などのパブリックスペースにはテントがぎっしり立ち並んでいます。

Dsc_4659_2  Dsc_4693_2  Dsc_4662

街はゴミの山、親を失ったのかも知れないストリートチルドレンが寝ています。
それでも子どもは元気に遊んでいます。そんな子どもたちを見ていると、この国はきっと立ち直る、と希望が見えてきます。
ユニセフ親善大使・黒柳徹子さんも元気に取材を開始です。

Dsc_4645   Dsc_4587   Dsc_4732

Dsc_4654_2   Dsc_4640_2   Dsc_4729_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)
ハイチ到着

ニューヨークから4時間のフライトで30度の熱風の中へ。
今日4日は、大統領選挙の結果発表が行われる日で、ことによると、騒動になるかも知れないと予想され、予定していた街の取材には出られませんでした。
選挙結果は次の通りで、騒ぎは起きなかったようです。

(共同通信)
ハイチの選管当局は4日、3月20日の大統領選決選投票の暫定結果を公表、人気歌手ミシェル・マーテリー氏(50)が得票率約68%で勝利を確実にした。政治変革を求める若者らの厚い支持を集めた。
 
ボクは、写真家の田沼武能さんと、高台にあるホテルから1時間徒歩で下りながら、少しだけ写真を撮りました。地震で家を失った人々のテントが見えます。

Dsc_4567  Dsc_4572_2  Dsc_4569_2  Dsc_4571_2

Dsc_4573_3  Dsc_4580_2 Dsc_4582_2

最後の写真は、坂道を上がってきて、一休みしているところです。顔が赤いのは汗だくだくなのです。
田沼先生とボクはちょうど10歳違います。ボクが10年後、これだけ元気でいられるだろうかと、いつも思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)
ニューヨーク着

乗り継ぎのため一泊します。「寝るだけだから安いホテルでいい」と思って予約したホリデーインは
夕食をやっていなくて、タクシーで食べに出かけるはめに。
ちゃんとリサーチして来ないと、無駄な時間を使うことになります。
気温は夕方14度。暖かいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)
出発

夕方の便(17:50 アメリカンエア)でニューヨーク経由(1泊)でハイチへ行きます。
一行9名の取材チーム。先発1名、ハイチで合流。
帰国は11日。
現地のインターネット事情がわかりませんが、出来る限り更新します。
覗いてください。
では。

| | コメント (4) | トラックバック (0)


チェルノブイリ20年後の真実

基準以下だから大丈夫、といい、食べろ食べろの大宣伝。
基準以下でも、放射能があるものを食べていいわけがありません。
農家を助けるために自分の命を危険にさらすことはありません。農家を助けるのは東電と政府の役割で、ボクらの役割ではありません。
政府の言い分にだまされないようにしましょう。
以下のドキュメンタリーを見てください。
「汚された大地〜チェルノブイリ20年後の真実〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)
花盛り

Img_0870_2  Img_0871_2  Img_0874_2
ユキヤナギ バラ科、群生させると見事です。昭和記念公園には、ユキヤナギで覆われた山があります。
ハナニラ(正式名称・トリテリア)ユリ科 茎がニラの臭いがします。
染井吉野 ボツボツ咲き始めています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


荷造り

ハイチ行きの荷造りをしています。
途上国へ行く時の三種の神器(ボクが勝手に決めている)は、懐中電灯、トイレットペーパー、万能ナイフです。果物は、どこへ行っても安全な食べものです。これを食べるとき、ナイフが必要です。栓抜きも付いているナイフです。ときどき忘れるのが割り箸。カップラーメンを食べるとき困ります。
あった方がいい小物では、楊枝、醤油、わさび。
まずい食べものでも、醤油があれば、おいしく食べられる事がよくあります。
わさびは、アボガドを食べることをイメージして持ってきます。
ハイチは暖かい国なので、衣類が簡単。トランクは空きがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)
ハイチに行く前にハイチへ行った

Haiti1_2   Haiti2

「ハイチに行く前にハイチへ行こう」と中村みつをさんに誘われて、新宿西口にある「ハイチ」という飲食店に行き、ドライカレーとハイチコーヒーを楽しみました。
収穫がありました。
二人の間で懸案になっている絵本2冊「植物会議」と「ビビのアフリカ旅行」を電子出版でやろう、と決めました。
画家がやる気になったので、完成すると思います。

ハイチは、大統領選挙の結果発表が 31日だったのですが、4日に延期になり、その日はボクらが到着する日になりました。
2人(元大統領婦人と有名歌手)の決戦投票ですが、どちらが勝っても、負けた方が騒ぎを起こすのではないか、との懸念があります。
ちょっと不安ですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


新進ピアニスト誕生

2年間の秘密練習の成果を披露しました。
(現在のレパートリー)
エリーゼのために
ユーモレスク
トロイメライ
乙女の祈り
子犬のワルツ
トルコ行進曲

秋に、小さなホールですが、コンサートを開きます。

【追記】
ご希望がありました「子犬のワルツ」の音源をアップしましたので、お聞きください。
使用ピアノはスタインウエイです。最高の音色をお楽しみください。

♡Special Thanks to:
 コーセイ(作曲家)
 久保田長(ブリックスジャパン)
 平山 洋(ブリックスジャパン・編集)
 増井めぐみ(ピアニスト)

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »