« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)
解散総選挙があるかも??

不信任案が可決されれば、やけくそになって、やるかも知れませんね。
菅の性格からして。
政治家は国民の信頼を失いましたね。落選させましょう。
税金泥棒です。

都立神代(じんだい)植物公園を覗きました。(調布市)
バラの品種の多さに圧倒されます。とても素敵な植物園です。温室も巨大で充実しています。

Img_0927_2  Img_0928_2  Img_0929_2   Img_0932_2

Img_0935  Img_0937_2  Img_0938_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


ペルーの大統領選

海外ニュースに関心が薄れています。
ペルーでは、大統領選挙が来月5日の投票日にむけて、ヒートアップしているそうです。
フジモリ元大統領の長女・ケイコさんと元軍人の戦いです。
「世界それホント?会議」のペルー特派員・原田慶子さんからメールです。

昨夜も大統領候補2名による公開討論会があり、その素晴らしさに、思わず日本を憂えてしまいます・・・まだペルーのメディアのほうが、日本よりずっとレベルが上だと思いました。

そうです、日本の政治は、世界から笑われているのです。
経済発展は賞賛されましたが、政治家の資質、メディアの有り様には、世界が落胆しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)
放射能と離婚の関係

「福島県から県外へ転校する児童が続々」という夕刊のニュース。
放射能が怖いからです。
事故前の30倍の放射能が降り注いでいるそうです。

何回も書きますが、人間、究極の選択をしなければならないとき、本質が現れます。
放射能が危ないから、子どもを連れて県外に出るという妻、仕事と家を見捨てるわけにいかないという夫、結局、離婚になります。
反対の場合もあるでしょう。とにかく、離婚が増えているそうです。
原発が、放射能が、仲良しだった人間を引き裂きます。
こんな悲しい出来事が政治家の心には届いていないのです。

今回の事故で、政治家の本性が丸見えになりました。
平常時では見えなかった人間性です。
自分の保身しか考えていないのです。
涙をこらえて生きている人々のことが分からないのです。
最低です。

役者の芸談で、こんな事を聞いたことがあります。
「セリフは覚えるのではなく、飲み込むのだ」と。
セリフを自分の血肉にするという意味です。
頭で覚えたセリフを喋るだけではニセモノ、心と体から発するセリフでないと迫力がない、ということです。

政治家の心に、本当の悲しみが届いていないのです。
頭で感じて、言葉が出てくるだけで、被災民の悲しみが肉体化されていないのです。彼らのことを「軽薄人間」と言います。

いっそのこと、総選挙もいいかもしれない、と思い始めています。
全員落選の夢を見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ゴーヤ

Ghoya1_2新宿南口にある宮崎県のアンテナショップ「宮崎館」に寄ったら、ゴーヤがあったので、さすがに南国と嬉しくなって買いました。
写真は、ゴーヤとズッキーニ、それにゴーヤチャンプルー専用のたれ。
今晩、チャンプルーで使い、残りは、夏野菜の「揚げびたし」を作ります。

今年は夏の節電対策で、緑のカーテンとしてゴーヤが大人気らしい。
被災地の農協(正確な農協名を忘れました)が、ゴーヤの苗3本、プランター、土、網のセットを4,000円で発売するというニュースを見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


テレビ番組の企画

Sさんから「こんな番組を作りたい」と企画書が届いたのが1ヶ月以上前。こうした方がいいのでは、と何回かメールのやり取りがあって、今日、これから会って最終案をまとめます。(新宿まで外出)
で、思うことは、自分は、怠け者になったなぁ、と。
気分はこうです。
「実現すれば面白いが、制作に参加すれば、忙しくなるし、うーん」
「自分にむち打つ」という言葉を実感しています。
雨は上がりましたが、梅雨空です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)
海江田万里の不快な顔は不快

菅総理がG8で自然エネルギーについて、次のような発表をしました。
「2020年の早い時期に、自然エネルギーの比率を20%に引き上げ、1千万戸の住宅の屋根に発電パネルを設置する」と。
日本では、経済産業大臣の海江田万里が「聞いていましたか?」と質問され、実に不快な顔で答えました。
「聞いていませんでした」
メンツをつぶされて不快なのです。
見ている我々の方がもっと不快でした。
次のように答えたら、どんなに株が上がったでしょうか。
「初耳ですが、すばらしい提案です。頑張ってやりましょう」と。
どうせやるのなら、気分よくやった方が、いいに決まっています。
「メンツ」は有害なだけ、なんの意味もありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)


台風2号

Photo_2台風が発生すると、山口県を避けて、こっちへ来い、と思います。ブルーベリーが被害を被るからです。
念力が通じて、東へ進むようです。
雨がかなり降っています。
ネコも手持ちぶさたで、身体の掃除をしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)
日本政治の幼児性

西岡武夫や小沢一郎の「菅やめろ」発言。
野党の谷垣総裁も「菅はダメ」と言う。

ボクも菅を擁護はしないが「じゃ、誰がいいのか」と問われると答えに窮する。
菅降ろしを画策する連中も、代替の総理は誰なのか、わからないまま、菅を降ろすことだけに目的があるようだ。

「菅ではダメ」
何がどうダメなのか、具体的に提示がないと説得力がない。
「オレならこうする」がないと「ただ気にくわないから」になってしまう。
これではただの駄々っ子。
駄々っ子が政治をやっているのだ。

「海水注入の中断はなかった」
谷垣総裁は、自分の質問時間の1時間のほとんどを、このことに使った。
東電が作った虚構を信じて、時間を費やした。
政治家って、何なんだ、と思います。
この国の歴史的大転換になるだろう時期に、幼児性の、駄々っ子政治は犬も食わない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


風評被害

メディアのみなさん、言葉の使い方が違います。
「風評」というのは、「ありもしないこと」を「あるように思う」ことです。
「ゼロ」なのに「ゼロではないらしい」と思うことです。

今朝の朝日新聞の1面の見出し。
「風評被害 全作物で賠償」
記事内容をよく読んでください。これは「汚染被害」と書くべきです。
基準値を超えて出荷停止になった作物や水産物が「風評被害の賠償対象」となっています。
この表現は、以下のように理解されます。
「汚染はゼロだったが、人々の噂がもとで、売れなくて損害を被った」
違います。汚染されていたのですから「風評」ではありません。

もう一度、
出荷制限や出荷自粛は、汚染が確認されたから、そうしたのであって、これを「風評被害」と表現するのは、間違っています。
国民の意識をミスリードします。
「汚染被害」とすべきです。

「福島の野菜は安全です、どんどん食べましょう」
このことは二つの側面から考える必要があります。
一次産業である農業を援護する立場からは、基準値以下なら食べましょう、と考えるのは農民を守る立場からは立派な考えです。
一方、健康面から考えると、基準値を超えていないだけで、汚染はされていますから「安全」ではないのです。身体に蓄積も考えられます。特に、子どもには「危険」だと思います。
どちらを選ぶかは、一人一人の生き方にかかってきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)
歯磨き

昨日、インプラントの3ヶ月点検で口腔外科へ行きました。
「磨き方が悪いです」と歯科衛生士さんにしっかりダメ出しをされました。
歯を真っ赤に染めます。ゆすぐと磨けていないところが赤く残ります。
1本1本指摘されました。

ボクの電動歯ブラシは、一回ボタンを押すと2分間作動します。その2分間で上と下を磨いて終わりにしていました。
衛生士さんがいいました。
「私の電動歯ブラシはone push3分動きます。3分では磨けないので、もうone pushします。合計6分で上だけ磨きます。上下12分かかります」
電動歯ブラシは1分間に3万回以上振動します。それを12分間とは・・・。
いや、まいりました。
「今度来るときに歯ブラシを持ってきてください」と。
磨き方を教えてくれるらしい。
せめて倍の4分にしようと、今日から実行です。

先日「世界それホント?会議」の収録でフランスの歯ブラシの話題を取り上げました。
いろいろな形の歯ブラシがあります。背の部分で舌の掃除が出来るようになっているのには驚きました。(写真参照)

Img_0925   Img_0926_2

歯が汚いと出世できないのはアメリカの話。
フランスでも、同じ程度に歯は重要視されています。
「見た目はどうでもいい」は日本の話、成熟した社会では「見た目」は重要です。
歯の矯正は16歳までにやれば保険が適用されます。国家が見た目の重要性を認めているのでしょうか?
「世界それホント?会議」の公開をお楽しみに!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)
連合が反原発へ

民主党の支持母体が、原発推進から凍結へ舵を切ったのは大きい出来事です。これで民主党も、思い切って原発からの脱却政策が打ち出せるでしょう。

自民党が不信任案を提出するらしい。理由は「原発事故への対応のまずさ」だそうです。
どこが間違っていて、自民党ならどのように対処したのかが分からないので、納得がいかない話です。
そもそも、原発事故は、人類の未体験分野で、科学者だって、分からない事がいっぱいあって、判断間違いがあるのは仕方ないこと。「判断ミスもある」ことを折り込んで前に進んで行かなくてはならないのです。海水の注入が中断したの、しないの、そんな過去を議論する時間があったら、前に進むべきです。
自民党よ、これから先、原発をどうするのか、はっきりさせてから、不信任を出してほしい。
あなたたちが推進してきた政策なのだ。それに対する総括もしないまま、今後、どうするかも決めないまま、民主党のどこが悪かったのか具体的な指摘もしないまま不信任案はないでしょう。
今まで通り、原発を推進するのか、自然エネルギーに向かうのか、その表明なしに行動しても国民の賛同は得られません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「花夢果夢」だより

花が終わり、結実を始めています。
写真は早生と中生。
Kamkam1_2 Kamkam2_2

農園の岸にある「ヤマボウシ(山法師)」
Kamkam3_2
(写真:松村盛夏さん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)


ギリシャへ流入する不法移民

「世界それホント?会議」を更新しました。
ギリシャの大学には警察権が及びません。難民は大学構内へ逃げ込みます。大学は授業が出来なくなります。その難民たちは、国内で犯罪を犯したり、国境を自由に通過できるEU諸国へ散らばっていきます。
経済問題以上に深刻な問題がギリシャを襲っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今朝の新聞から

濱野智史(評論家)の「ネット上のデマ・流言」についての評論。(朝日新聞 15面)

総務省がネット業者に流言飛語の自主的な削除を要請した。(4月6日)
これに対して自民党の河野太郎が次のような質疑をした。(衆議院予算委4月20日)
「今回の削除要請は海外メディアからは、エジプトのムバラク政権がやったネット規制と同じではないかと批判されている、と前置きし、政府機関が放射能問題について安全であると繰り返すのは、国民の不安をいたずらに煽るだけの流言飛語ではないか」
この批判は見事な指摘であった、と。

溜飲を下げた評論でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


自然エネルギー協議会

ボクの出身県、山口県はなぜ参加しないのだろう?寂しい。
ソフトバンクの孫正義社長が提唱する「自然エネルギー協議会」とは、以下のような趣旨です。

福島第一原発の事故でエネルギー政策の見直しが求められるなか、欧州などの先進国に比べて発電シェアが低い日本の自然エネルギー分野を後押しし、持続可能な社会を目指していく。現在、日本の発電量のうちおよそ10%が水力発電をふくむ自然エネルギーだが、2020年には、これを30%にまで引き上げることを目標にする。
25日時点で、東日本や九州などの19道県が「自然エネルギー協議会」に参加を表明した。5月26日午後には、大阪府の橋下徹知事ら関西広域連合委員会の7知事が共同で記者会見を開き、同様の方針を発表すると見られる。
孫社長は「各県に20メガワットのソーラーパネルを設置したい。その費用はソフトバンクがノンリコース(非遡及型融資)で資金調達し、自治体の費用負担は発生しない」と説明している。
メガソーラー事業はソフトバンクが主体となって行い、ソフトバンク全体の売上高3兆円(2011年3月期)のうち、数%の規模になることを見込んでいる。
孫社長はこれに先立つ23日、参議院の行政監視委員会で、耕作放棄地に太陽光発電パネルを仮設して電力不足を補う「電田(でんでん)プロジェクト」の実施を提案した。
孫氏はこの計画について「耕作放棄地の2割の面積に太陽光パネルを設置することで、原子力発電分の電力を賄うことが可能。電力需要ピークへの対策になる」と説明。「使われていない土地を国難の時に使うべき」と訴えた。
また、原子力発電について「10年後には少なくとも電力依存を現在の半分程度に減らさざるを得ない」とした上で「向こう10年間で総発電量に占める自然エネルギーの割合を20%増やすべき」と語り、「欧州並みに充実した自然エネルギーの固定価格買取制度の法律を今国会で成立してほしい」との考えを示した。
自然エネルギーの固定価格買取制度法案は、東日本大震災が発生した当日の午前に閣議決定されたが、6月下旬までの通常国会で成立するかが注目されている。
法案は、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスの5分野の自然エネルギーについて全量買取りをする内容。これまでは太陽光の余剰電力分のみの買取りに限定されていた。
買取り価格については、買取り制度が先行している太陽光は現在の1キロワット当たり42円をベースに、それ以外のエネルギーは1キロワット当たり15~20円での買取りを15~20年にわたって行う。

自然エネルギー協議会の設立に賛同した自治体は次の通り。北海道、秋田県、埼玉県、神奈川県、福井県、山梨県、長野県、静岡県、三重県、岡山県、広島県、香川県、高知県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県(以上、25日時点で賛同している19道県。記者会見には14道県の知事や代理が出席)、兵庫県、和歌山県、京都府、大阪府、徳島県、滋賀県、鳥取県。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)
情報誌の記事

田布施町を中心に配布されている情報誌「ぶち」に花夢果夢の体験教室が紹介されました。

Buch_3 Buchi2_2

「ぶち」とは、方言で「とても」「ものすごく」という意味です。
とても美味しい=ぶちうまい、とても面白い=ぶち面白い、という風に使います。
情報誌の発行者は、プリントショップ「プロジェクトBUCHI」


| | コメント (0) | トラックバック (0)


編集スタジオへ

17日に収録した「世界それホント?会議」の編集作業で、四谷の「アイズ」(編集スタジオ)へ行きます。
このスタジオは以前「モリゴ」といい、秋葉原にあって、ボクの友人がやっていました。それをスタッフだった中国人(現在は日本へ帰化し日本人)女性が買い取って、場所を変えて営業しています。
中国人のパワーに驚いています。

今日は晴天。五月晴れ。今日一日だとそうです。

Photo_2

写真左: 編集中の大空真由美さん(ニフティ)
  右:大橋正和さん(アイズ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)
終わったことを・・

海水注入が中断したこと、それはもう2ヶ月も昔のこと、延々と議論することでしょうか。
原発事故は進行中、議論することは、これからどうする、が重要なこと。たとえば20ミリシーベルト問題、避難の問題、補償問題、健康問題・・将来の不安は山積です。
なにの、日本の政治家の無能さにはホトホト嫌気がさします。

ときどき、週刊誌を買います。
これでもか、と放射能の危険性を煽ります中心に記事を書きますから、小さく小さく見せようとする意志が見えます。
放射能に関しては、週刊誌的に、被害をオーバーに見積もるのが正解だと思います。
誰にも分からないことが進行しているのですから、パニックを起こすくらいの煽り方が正解です。
放射能が漂っている世界に「安全」はありえない。5年10年後にどんな影響が出るか分からないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


情報カメラ(福島第一原発)

TBS(JNN系列)がライブカメラを設置しています。24時間。
水蒸気が上がったり、煙のようなものがたなびいたり、不気味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)
寒かった一日

Photo石油ストーブに石油が残っていたので点火したら、ネコも喜びました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)


放射能測定器(ガイガーカウンター)

価格を調べてみました。5万円から10万円くらいです。
自分で持っていた方がいい、と思ったからですが、決断がつきません。

放射能被害は、毎日毎日、どんどん広がります。止まることなく放出されているワケですから当然です。
お茶、牧草など、計測すれば必ず汚染されています。あらゆるモノが汚染されています。
スーパーで買う野菜も、計測していないだけで、安全ではありません。
庭の土はいじらないようにしています。爽やかな五月晴れでも、窓を開けたくありません。
そして、ついには、人体への影響が顕在化するでしょう。呼吸をすることで体内被曝をしているはずですから。

政府は被害を小さく小さく見せようとしています。
キュウリやサクランボを食べて見せます。そして「風評被害」だといいます。
騙されてはいけません。被害を最小に押さえ、政府の補償を最小に押さえ込もうとする意図は明白です。
国民の命を一番に考えるなら「危ないから食べるな」とアナウンスするのが正常な政府の姿です。
この期に及んで「安全」はどこにもないと思います。

事故を小さく見せかけるから、計画的避難区域の人々の避難が進まないのです。
とどまることの危険性を強調しないからです。
「もしものために」「念のために」では、避難は進みません。

ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマが加わりました。
ノーモア放射能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)
突然の大雨

Photo午前中は夏日でしたが、午後から急に大雨になりました。
近くのモールまで、コーヒー豆を買いに出かけていて、雨に遭いました。
遊んでいた子どもたちも、自転車を置き去りにして逃げ帰ったようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)
長門裕之さん死去 77歳

長門裕之さんが今晩5時20分、都内の病院で亡くなりました。児玉清さんと同い年。
長門さんは昨年8月、10時間にもおよぶ解離性大動脈瘤(りゅう)のバイパス手術を受けられましたが、復帰して講演会など、こなしておられたようですが、残念です。
認知症になった妻の南田洋子さんを長年看病され、その様子をテレビで公開し、感動を呼びました。
南田さんは、09年に、くも膜下出血で先立たれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


茶葉のセシウム

関東近県の茶畑からセシウムの報告が相次いでいます。
神奈川県につづき、栃木県、千葉県、茨城県からも。
植物は土地から吸収しますが、人間は空気から体内へ取り込みます。
内部被爆者の記事を毎日新聞が書いています。
作業員はもとより、周辺住民にも可能性があるが、内部被爆を計測する「ホールボディカウンター」という機材が不足しているのだそうです。
自治体も、この機材の設置を急いでいるようです。
東京の住民だって、放射能入りの空気を吸い込んでいるので、心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


スイカの爆発(中国)

「スイカが爆発」「トマトが爆発」という記事を見たので、偽装爆弾か、と思いました。
中国での話です。
記事を読んでみると、“爆発”といっても、大きな亀裂が走って中身があふれ出した程度らしい。
その原因は「膨張促進剤」という果実の細胞分裂を促すホルモン系の薬剤の使用によるものらしい。
米国で開発され、日本では1985年に導入されて使われたことがあるという。しかし、果実の形が悪くなったり、腐りやすくなるなどで、日本では使われなくなったそうです。
中国では1980年代末期に日本から導入され、現在も使われているようです。
日本のどこかの薬品メーカーが輸出しているのです。
人体の影響はないそうですが、気持ちは悪いですね。
この薬剤は、花の時期に使うようで、使用時期を間違えると、爆発につながるようです。

Suika_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)
「東電に入ろう」(倒電に廃炉)

若者が表に出ない、何してるんだ、と思っていましたが、反原発のポスターを作ったり、風刺の歌を作ったり、なかなかやるなぁ、と思い始めています。
(この歌は、強制削除の可能性があります。理由は、多分、公序良俗に反する。お早めに。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)
強盗が「それはいらない」と言ったモノは?

「世界それホント?会議」を更新しました。
拳銃を持った強盗団に身ぐるみはがされましたが、唯一「それはいらない」と言ったモノがありました。
ブラジルからの話題です。
http://bit.ly/m9UpLg

| | コメント (0) | トラックバック (0)


挿した椿の枝から新芽

Img_0907_23月中旬、友だちが「庭に咲いた椿」だと言って持ってきてくれました。あまりに綺麗だったので、挿してみました。友だちは「ダメだろう」と言っていましたが、なんと、新芽が出ているのに今日気がつきました。
散歩道にある白い椿もいただいて挿してみます。
(他人のお宅の屋敷から道路にはみ出している椿ですから、一枝ちょうだいするつもりです。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


上関原発建設中止へ

Mainchi_2写真は今日の「毎日新聞」(3面)です。
山口県知事の二井関成さんが決断しました。埋め立て免許を更新しない、と。
建設現場は反対運動が激しく、着工してから中断期間が長く、免許期間が切れて、更新なしには建設できないということです。事実上、建設中止が決定しました。
二井知事、よくやった。というか、国の方針が、原発見直しに転換したので、流れに乗ったということでしょうが、10キロ圏内に実家があるボクとしては、ホッとしました。
知事は自治省の出身ですから、国の方針に背いて決断はできないだろうと不安に思っていましたが、これで、歴史に名を残す知事になりました。
山口県は「原発のない県」としてPRでき、観光にも寄与するでしょう。ボクも、それを誇りに思います。
長い間、反対運動を続けてこられた祝島のみなさん、全国から集まって反対運動を展開した皆さん、ご苦労様でした。

激しい抗議行動は、地元のメディアでは、あまり(ほとんど)報道されませんでした。
中国電力に対する遠慮からです。(大スポンサーですから)
ネット上には、多くの記録が残されています。
以下の映像は、今年の2月21日、突然再会した工事の模様です。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)
茶葉のセシウム

福島原発から250キロも離れている神奈川県の茶葉から規制値(500ベクレル)を超えるセシウムが検出されました。
驚くことに、この「茶葉」を乾燥させて「煎茶」にすると、セシウムは5倍以上(3,000ベクレル以上)の濃縮されたそうです。
(毎日新聞)
これについて、生産者は、次のように言っています。
「この煎茶を煎じて飲むときは、濃度が1/10から1/20に低下するから健康被害はない。水の規制値以下だ」と。
学者のコメントは、こぞって(危険を主張する学者もいるはず)、500ベクレルのお茶を飲んでも健康被害はない、と言います。
農林省は規制値の見直しを主張して厚生省と対立しています。

ボクは、いま、山陰のお茶を飲んでいます。
神奈川の茶葉生産者は、お気の毒ですが、安全だと言われても、気分はよくありません。彼らを助けるために、我慢をしてまで神奈川県産を飲む気にはなれません。これは、すべて国の責任です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)
児玉清さん死去

児玉清さんが胃がんで死去されました。77歳。

1970年頃ではないかと思います。テレビ朝日(当時NETテレビ)に「土曜ショー」という番組があって、児玉清さんが司会で、ボクがディレクターでした。
お互いに若かったから、議論し喧嘩をしました。
テレビ放送が始まってから間がなく、テレビが社会の中でどのような役割を果たすのか、手探りで番組を作っていました。
その番組は、ボクが激しい番組を作りすぎて、つぶれました。その後、ご無沙汰していましたが、5年くらい前、懐かしいから会いましょう、と連絡をもらいましたが、迷惑をかけたあの頃のことが恥ずかしくて、勇気がでないままになってしまいました。
残念です。

ネットを検索していたら、当時の「土曜ショー」がどんなことをやっていたかデータがありました。
恥ずかしいのですが、転載します。文中にある配置転換されたディレクターというのはボクのことです。(ウィキペディアより)

当時としては絶対タブーの話題を取り上げるなど硬派の報道番組となり、郵政省(現在は総務省)が問題視するほどの番組となっていった。そして1972年8月12日に放送された「禁止!禁止!それでも歌う!!」が仇となり、同年9月30日を最後に当番組は打ち切り、担当ディレクターは配置転換されてしまった。
「禁止!禁止!それでも歌う!!」
1972年8月12日に放送された「禁止!禁止!それでも歌う!!」は土曜ショーの打ち切りを決定的としたもので、その内容は「特定の歌を自主規制コードを作って放送禁止にしている業界のナンセンスぶりを皮肉ることで表現の自由について考えよう…」というものであった。しかし、この日出演したフォーク歌手の泉谷しげるが暴走し、すでに禁止となっている「戦争小唄」を一部歌詞を変えて歌い、さらに放送禁止歌を審議する日本民間放送連盟の放送音楽審議会の関係者の目前で(この時点ではまだ禁止に指定されていなかった)「先天性欲情魔」を歌った。しかも生コマーシャルに対して「くだらねぇ!!やるんじゃねぇ!!!!」と暴言を吐いた上、その商品を(岩波書店発行のブックレット№357「戦後史に見るテレビ放送中止事件」によると、その商品は「鶏肉の缶詰」(焼き鳥)だったという)「うめぇわけねぇだろぉっ!」と罵倒し、スタジオを凍りつかせた(「ディレクターは左遷され、泉谷しげるも出演禁止になった。結局これが引き金となって同年9月30日に打ち切りとなり、最終回のタイトルは「ああ、愛しき哉テレビジョン」という、民間放送各局の問題番組のディレクターを集めた座談会だった(この内容も相当物議を醸した)。

この時の司会者が、児玉清さんだったと記憶しています。
番組が消滅し、二人は別れ別れになったままになりました。
ご冥福をお祈りします。

「追記」
泉谷しげるは、激しいメッセージソングが得意ですが、音楽史の残る名曲もあります。
「春夏秋冬」
競演が豪華なバージョンをYoutubeから選びました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)


収録終了

Photo_5今回から、司会者・椎名由紀さんは、番組ロゴを印刷したTシャツを着用しています。
今月26日に今回収録した「ギリシャの不法移民」を公開します。
よろしくお願いします。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


収録風景ダダ漏れ

本日「世界それホント?会議」の収録を行います。その模様をUstreamでリアルタイム配信します。
開始時間は11:20分を予定しています。
下記サイトでご覧いただけます。
http://bit.ly/j916xB
写真は、我が家の玄関に咲いているつるバラです。
「5月のバラ」とは、よく言ったもので、バラが一番きれいな季節です。
Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


被曝医師・肥田舜太郎さんが語る『真実の原子力』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)
「I love you & I need you ふくしま」猪苗代湖ズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ダダ漏れ予告

あす、17日(火曜日)11:20より、「世界それホント?会議」の収録風景をUstreamでリアルタイム配信します。
下記サイトでご覧いただけます。
http://bit.ly/j916xB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)
ダレダレの日曜日

ボクが“あくび”をしたら、ネコ(海)もつられて“あくび”をした。
ネコにも“あくび”はうつるらしい。

「トコロテンが食べたいから買ってきてくれ」
「あるよ、冷蔵庫に」
「いつのもの?」
「大丈夫だよ、こんなもの、ズーと冷蔵庫に入っているんだから」
消費期限をみたら「10年12月」。
とっくにゴミ化しているものを食わされるところだった。
さすがに気まずかったらしく、新しいものを買ってきた。
食中毒には気をつけましょう。

なんだか、朝から眠かった。夜は頑張ろう。

Img_0894_2  Img_0895_2  Img_0897_2

左(野バラ)
中(シラン・紫蘭)
右(都忘れ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)
2,3号機もメルトダウン

(YUMIURI ONLINE)
東京電力は14日の記者会見で、2、3号機の原子炉について「最悪の場合、1号機と同様のケースが想定できる」と説明し、核燃料全体の溶融(メルトダウン)の可能性を初めて認めた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)


歩く

Photo_2田舎にいると歩きません。車です。
散歩しました。1時間。久しぶりに歩いたなぁと感じました。夏日です。
白い椿があるんですね。初めて見ました。いつもの散歩道ですが。
梅雨に一枝ちょうだいして、挿してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


脱原発ポスター展

ネット上で「脱原発ポスター展」が開催されています。(自由に使用できます。)
http://nonukeart.org/

ボクは知らなかった事ですが、毎年、文部科学省と経済産業省が「原子力ポスターコンクール」というイベントを開催しているのだそうです。(1994年度から)
全国の小中学校などを通じて作品を募集し、昨年度は約6900点の応募があったそうです。
このコンクールでは、「将来の社会は原子力で支えられる」ことを前提とし、受賞作は「クリーンな原子力」「ECO」という言葉が踊っているそうです。(このポスターを掲示したサイトは4月突然削除された。)
国の予算を使って、子どもたちを洗脳しようとしていたのです。
恐ろしいことが進行していたことを初めて知りました。
(さすがに、今年度の募集は中止。)

このイベントに対抗して「反原発ポスター展」を立ち上げた、との趣旨説明。
ユニークな作品が多数あり、現在も募集中で、どんどん増えているようです。
ボクが気に入った2枚を掲載します。

Nukes1_2   Nukes2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)
蒲生マリコ 人形展

「マリーの国へ」蒲生マリコ人形展 全展示を紹介します。
おおよそ、1年かかったそうです。センスと製作技術が必要な芸術です。
ギャラリー・Malle 15日まで。
http://galeriemalle.jp/

Dsc_5386_2 Dsc_5387 Dsc_5388 Dsc_5389 Dsc_5390 Dsc_5392 Dsc_5394 Dsc_5395 Dsc_5396 Dsc_5397 Dsc_5398 Dsc_5399 Dsc_5400


| | コメント (0) | トラックバック (0)


東京へ

やっと雨が上がりました。(広島のホテルで1泊しました。)
7時に、みんなで朝食をとり、ボクだけ抜けて東京へ戻ります。
品川で降りて、恵比寿の蒲生マリコさん(人形作家)の個展へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)
クラス会

Photo_4広島大学の同じクラスの仲間です。(文学部英文科)全員で12名程度だったと思います。今日は6名集まりました。遠くは横浜、奈良、大分から。明日は、西条に移転した広島大学のキャンパス巡りと酒蔵巡りの企画が用意されていますが、ボクは、東京で用事があるので、朝の新幹線で戻ります。
現役で学校経営に携わっている者、教職を辞して、地域で活動している者、それぞれがまだ、頑張っています。頼もしい仲間です。
(ホテル・広島ガーデンパレスにて)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


出発

今晩、広島で大学のクラス会に参加して、広島で宿泊、明朝、東京へ戻ります。
まだ雨が降っています。
ネコは、3日間、現れません。
ツバメの孵化は、温め始めて2週間らしいのですが、まだヒナが見えません。ボクが観察を始めて2週間以上経っています。無精卵だったのかもしれません。ちょっと心配。
緋ブナやメダカは元気です。
エサを置いてあるので、訪ねてきた人がやってくれます。感謝です。
エサが減っているので、わかります。
今度戻るのは梅雨明けでしょう。それまで、動物たち、元気でやれよ。バイバイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


アメリカの「引き算」は「足し算」で答えを出す

「世界それホント?会議」(動画)を更新しました。
アメリカで買い物をするとお釣りの計算がヘンと感じたことありませんか?
引き算は足し算で答えを出します。頭がこんがらがらないように見てください。
http://p.tl/N0Ra
#sekaisorehon

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)
神奈川県の茶葉からセシウム

東京を通り越して、神奈川からセシウムです。毒性が強く半減期は30年とか。怖い話です。
放射能は全国にまき散らされているのでは、と疑いたくなります。
東京で食べる野菜は怖いです。
以下のサイトに記事があります。
http://p.tl/yw9x

| | コメント (0) | トラックバック (0)


文藝春秋(6月号)

「世界それホント?会議」のコメンテーター・廣淵升彦さんが、「文藝春秋」(今月号)の巻頭に「ビジネス・アズ・ユージュアル」と題するエッセイを発表されました。
東北大震災で「自粛」ムードを作り出した日本人の行動を、ウィンストン・チャーチルの発した短い言葉を規範として行動するイギリス人を紹介し、ゆるやかに批判しています。
説得力のあるユニークなエッセイです。立ち読みでも読めます。87ページです。読んで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


豪雨

もの凄い激しい雨です。あちこちの樋から雨水がダダ漏れ。いつも住んでいないから、どこが詰まっているのかわからない。その意味では、豪雨はありがたい(?)。
合羽は畑の熊に着せたから、傘を差して、樋掃除、溝掃除。ずぶ濡れで2度着替えた。
さて、洗濯しても乾かないから、コインランドリーへ行こうか。明日、ここを離れるので。

ネコは昨日から姿を見せません。
雨が降ると出かけないようです。都会と違って、相当遠くの家から来ると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)
一時帰宅の悲しさ

2ヶ月ぶりの自宅へ、その嬉しそうな表情を見ていると、悲しくなります。
「不条理」という言葉は、こんな時に使うのだ、と思います。
真面目に、つつましく、そしてみんな仲良く暮らしていた人々が、突然放射能に見舞われ、故郷を捨てることになりました。
こんな悲しみがこの世の中にあっていいはずがありません。
「原発を基軸にしたエネルギー政策を白紙に戻す」と菅総理が発表しました。
正しい判断をしたと思います。そして、タイミングもよかった。推進派も、あの一時帰宅の悲しみを見せられたら「原発は必要だ」と声を上げることはできないでしょうから。
もう一つ原発事故が起きると、国が滅ぶと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


モミジの種

Photo_2モミジの実です。秋の紅葉は誰でも知っていますが、紅葉の前に、この実が風に舞って飛び散ります。
風を利用して遠くへ飛べるように、プロペラ状になっています。
いま、昨年飛んだ実が沢山発芽しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


雨の日の熊

Kuma_3

やっと雨です。農園の熊へは、合羽を着せてやりました。
農作業は雨が降れば休みです。当たり前ですが・・。
ということで、徳山(周南市)まで映画を見に行ってきます。





「Desert Flower」(デザートフラアワー・砂漠の花)
ソマリア出身のスーパーモデル・ワリス・ディリーの自伝映画です。
アフリカ東部での根深い因習であるFGM(性器切除)という深刻な問題を含んだストーリーです。
以下の映画解説には“衝撃の過去”という表現がありますが、性器切除のことです。この問題を知らないと理解できない映画です。

「テアトル徳山」の HPより。

砂漠(デザート)で生まれた裸足の少女が世界的トップモデルへ。
世界が共鳴する劇的トゥルー・ストーリー。

ストーリー:アフリカの貧しい家庭で生まれ育ったワリス・ディリー。
13歳のとき、父親にお金と引き換えに老人と結婚をさせられそうになったことをきっかけに、家を出る決意をする。砂漠を抜け、ロンドンへたどり着いたワリスは、故郷とは真逆の刺激に満ちた大都会で孤独な路上生活を送っていた。
そんなある日、一流ファッションカメラマンにスカウトされたことでショーモデルへと劇的な転身を遂げる。やがて名実ともに世界的トップモデルとなったワリスだったが、華やかな外見とはうらはらにその胸中にはさらなる衝撃の過去が秘められていた……。

解説:『デザート・フラワー』は「VOGUE」など多くの一流ファッション誌の表紙を飾り、数々のコレクションで活躍した世界的トップモデル、ワリス・ディリーのベストセラー自伝本をワリス本人の監修のもとで映画化した作品である。
ワリスの意味は“砂漠の花”。その名のごとく、数々の困難が降りかかろうとも力強く前進し、チャンスをつかんでいく彼女のたくましさと、その胸中に秘められた衝撃の過去、そして今もなお希望の階段を昇りつづけている姿はまさに―“今を生きるシンデレラ”。

【感想】
社会的背景を知らずに見ると難解かも。
作り方がフラッシュバック(過去を振り返る)方式なので、解りづらいかもしれません。
彼女の人生を、時間の流れに従って描いて欲しかった。
原作は「砂漠の女ディリー」(草思社)原題は映画と同じ「Dsert Flower」
本の方が迫力があります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)
お知らせ

4月1日(エイプリルフール)に掲載した「新進ピアニスト誕生」の後半で「子犬のワルツ」の演奏があります。
今日まで「非公開」の設定になっていました。弾いてくれた高橋めぐみさんの指摘で、公開に設定し直しました。一度聞いて下さい。素晴らしい演奏です。ピアノは、間違いなく、スタインウエイです。

「エリーゼのために」を弾いている手は、友人の作曲家コーセイさん(男性)のものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


松の芽

Mastu1_4松の芽です。勢いよく伸びています。
庭木の場合、これを摘み取ります。伸ばし放題にすると、形が崩れて庭木ではなく、山の松の木になります。
無数にあるこの芽を摘み取るのは時間のかかる仕事です。
庭木の剪定のなかでも、松が一番厄介(手がかかる)と言われます。
次に来る時(多分7月)まで放置するわけにいかないので、ぼつぼつやっています。

Mastu2_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)
義援金のお礼

青森県にお住まいの加藤詔子さん(以前、ハゼの会の会員だった)から、お礼のメールです。
(ブログへの掲載許可を求めました。その返事です。)
ブログに載せて頂いたお陰で、私の知らない方達からも温かいご支援を頂きました。
田川さんのブログを通して御礼をさせて頂きたいと思いますので、是非お願いいたします。

田川 様

震災後、メールにて八戸市に直接義援金をお願いした後、ご無沙汰してご報告も出来ないままでおりました事先ずはお許しください。

皆様のお陰で義援金は4月末で3億5千万円に達したとの事、予想を超えた凄い金額を頂ました。
これも本当に皆様の御蔭です。
この場をお借りして募金して頂いた皆様に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

今迄、各地域の公民館、自衛隊の体育館等々に避難していた被災者は、空いている市営、県営、雇用促進住宅等々に順次入居し、諸事情で入居出来ない人は、市の指定するホテルに暮らし始め、避難所は先月末で閉鎖されたとの事です。

配布の決まらない国からの義援金の前に、それぞれの被災者に一時金も渡されたそうです。
失った職場や仕事等々の不安はまだ有っても、新しい生活が始まっています。
又、道路に鯨の様に横たわっていた大型漁船は幾つかに切断され、撤去待ってる残骸化した物は、撤去の方法や時期も決まり、不安の材料が一つづつ解消しています。

津波で中はめちゃめちゃになった建物が列をなしていますが、他県に比べれば、被害はずっと少なく、応援を形にして頂いた事に深く感謝しております。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。

先日、まだまだ、知られていない被災地のためにと、友人達が70人ほどの協力のもとに大型トラック一台分の物資が集まり、、誰にも知られていない被災地、野田村に届ける事ができました。
私自身、これからも微力ながら、このような支援を続けようとおもっております。

ご協力、そしてブログで載せていただき本当にありがとうございました。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)


木製の熊

Kuma_4見れば見るほど、よく出来ています。ちょっと小首をかしげているのが、愛嬌があります。すごいセンスだなぁと感心します。
チェーンソーアーチスト・林隆雄さんの作品です。

防腐剤を塗りました。透明の防腐剤は紫外線に弱いと聞いていましたが、彫りだした木の色を着色するのも気が引けたので、透明のものを塗りました。

作業していたら、隣のおばちゃんが通りかかりました。
「お化粧かね?」
「防腐剤を塗っています」
「おー、そうかね。これは、持っていく人がいるんじゃないかねぇ」

確かに、そうかもしれない、と思います。
誰もいない農園の岸に置いてあるのですから、持ち去りは簡単です。
しかし、ボクがここへ置いたのは、通りがかりの人に、ニヤリとして欲しい、と思ったからです。
防止策が見えて、感じ悪い、と思われたら、ニヤリ効果は期待できません。
「欲しければ持っていけ」
そんな気分で、通りがかりの人のニヤリを期待しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


新聞記事(中国新聞)

昨日の「小学生の体験教室」の記事が中国新聞に掲載されています。
http://p.tl/Db2R

以下、本紙の切り抜き。

Inbun_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)
体験教室写真集

曇天の予報が快晴になり暑い一日でした。
生徒もスタッフも楽しみました。
ボクは、ムービーカメラを回したので、スチール写真が疎かになりましたが、見てください。
オープニングは「たぶせ少年少女合唱団」のコーラスから始まり、草取り作業をやりました。
無線操縦の飛行機も祝賀飛行をやってくれましたが、写真には撮れませんでした。

Dsc_5280_2 Dsc_5288_2 Dsc_5298_2 Dsc_5304_2 Dsc_5299_2 Dsc_5307_2

カレーライス作りに挑戦。今日は、季節の具材“竹の子”を使いました。
ルーは、ジャワカレーとバーモントカレーのミックス。

Dsc_5330_2 Dsc_5326_2 Dsc_5335_2 Dsc_5336

ナンにも挑戦。ハウスの“ナンミックス”使用。

Dsc_5341_2 Dsc_5343_2 Dsc_5347_2 Dsc_5358_2 Dsc_5345_2 Dsc_5360_2

ダッチオーブンを使ったタンドリーチキンと海水から塩を作るエキジビション。

Dsc_5352_2 Dsc_5317_2 Dsc_5363 Dsc_5378_2

木工教室は、名札作り。自分がデザインしました。

Dsc_5365_2 Dsc_5366_2 Dsc_5368_2 Dsc_5369_2

チェーンソーアーチストの林隆雄さんのデモンストレーション。
ネコと熊が出来ました。林さんは、チェーンソーアーチストの世界チャンピオンです。
ネコは玄関に、熊は農園の入り口へ飾りました。

Dsc_5310_2 Dsc_5333_2 Dsc_5376_2 Dsc_5375_2 Dsc_5380_2 Dsc_5384_2

この写真は、エキストラ。(岡部正彦さん撮影)

Tagawasan_2

林隆雄さんの作業風景(中村保男さん撮影)


| | コメント (1) | トラックバック (0)


「体験教室」

9時から小学生28名が集まって、今年度の「ブルーベリーを育てて食べる体験教室」を始めます。
農園の草取り、カレーライス作り、木工教室など、盛りだくさんのイベントがあります。
夜、写真でご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)
焼き竹の子、これは美味い!

Takenoko_2掘ったばかりの竹の子を焼いてみました。
初めての経験。これは、美味い!と独り言。醤油で食べました。食感がいい、味も最高!


| | コメント (0) | トラックバック (0)


県知事のみなさんへ

菅総理が浜岡原発の停止要請をしました。県知事(川勝平太)は、どんな思いで、この発表を聞きましたか?頭ごなしに発表され、少し不快だったのではないでしょうか。そうです、これは、あなたの役割だったからです。

原発がある県の県知事さんへお願いします。
大阪府の橋下徹知事は、原子力発電所の新規建設や老朽原発の運転延長計画を「止めにかかる」と発言しました。ほかの知事にも賛同を呼びかけました。原発との共存共栄を掲げて当選された知事もおられます。考えを変えて欲しいと思います。事故が起きたら、故郷を捨てて逃げ惑うことになるのです。
セシウムの半減期は30年です。生きている間に、村には絶対帰れません。

ボクの故郷は山口県です。
二井関成知事にお願いします。
上関原発を中止して下さい。
あなたは、温厚で性格のいい知事で県民に親しまれています。決断して歴史に名を残して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


海水から塩を作る

明日の「小学生の体験教室」では、“海水から塩を作る”作業を見学してもらいます。
林山健二さんの担当です。林山さんは、ご自分で塩作りの道具を考案して発売されています。
ボクは、知らなかったので、ビックリして、詳しい話を聞き、パンフレットを見せてもらいました。
紹介します。
明日は、この器具を使って、生徒に塩作りを見てもらいます。

Rack3_2 Rack4_2

(パンフレットご希望の方は、カントリー工房 0820-55-5402まで)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


パンク泥棒

「世界それホント?会議」(それホントピックス)を更新しました。
4人の見事な連携の泥棒です。
http://p.tl/eCv1

| | コメント (0) | トラックバック (0)


イチゴ(露地栽培)

Ichigo隣のおばちゃん栽培のイチゴをいただきました。2回目。
おばちゃん曰く、
「毎年イタチに食べられるから、今年は、イタチ用にひと畝作ってやったら、人間用が食べられずに沢山採れるのよ、しっかり食べてね」
イタチ用の畝には、足跡がいっぱいあって、しっかり食べているそうです。
贅沢なイタチです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)
花クイズ(2)

Dsc_5246_2子どもの頃から見ていましたが、名前は知りませんでした。一昨年くらいに覚えました。
岸に雑草に混じって咲いています。
茎の特徴が名前になっています。(祝島で撮影)

【解答】
ウマノアシガタ(馬の脚形)
茎が馬の脚のように、カクカク伸びるからだと思います。
園芸新種に改良した八重は、キンポウゲと言っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


祝島の風景

2時間の滞在中に1匹もネコを見かけませんでした。何人かに「ネコは?」と聞きました。返事は「いっぱいいるよ」でしたが・・。昼はどこかで寝ているのでしょう。
船は高速船。二カ所に寄港し40分。
Dsc_5227_2  Dsc_5234_2  Dsc_5236_2

出会った少女が、写真のポイントを教えてくれました。
Dsc_5238_2 Dsc_5241_2 Dsc_5242_2 Dsc_5244_2 Dsc_5247_2

島は「錬り塀」が有名です。
丘の上の小学校には5,6人生徒が通っているそうです。(1枚目)
Dsc_5249_2 Dsc_5256_2 Dsc_5258_2 Dsc_5261_2 Dsc_5263_2 Dsc_5267_2
帰省客のUターンで、船着き場は混んでいて「臨時便がでるよ、室津へ直行」との呼び声に、予定より早く帰ってきました。

【上関原発予定地】
船から見えた田の浦海岸(中国電力の上関原発予定地)は、工事が進んでいるように見えました。
島と予定地の距離は4キロ。事故が起きたら、島を捨てる事になります。反対するのは当たり前です。
Dsc_5270_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


蒲生マリコ(人形作家)個展

蒲生マリコ個展『マリーの国へ』 
5月10日〜15日「ギャラリーまぁる」恵比寿
http://galeriemalle.jp/

03_s_2   06_s_2


蒲生マリコHP
http://gamogamo.net/

蒲生マリコさん製作の「席取りビビ」

Bibi1_2  Bibi2_2  Bibi3_2

バイキングやファーストフード店、スタバなどで、席を取るときにお使い下さい。
注文にて製作します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


祝島へ

Dsc_5212_3昨日、祝島(いわいしま)のHP を見ていたら、ネコがいっぱいいます、との記述と写真がありました。
よし、明日行ってみよう、と船の時間を調べました。10:00(室津発)で渡り、 12:30(祝島発)で帰る計画です。2時間弱の滞在ですが、ネコと出会うには十分な時間でしょう。
行ってきます。
写真は、近所の田んぼです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)
放射能被害地

菅総理も東電の社長も、放射能被害で避難されている住民にお詫びしました。
二人とも、出来るだけ早く、元の生活ができるように努力します、と言いました。
総理は、双葉町(原発がある町)の住民に対して「今年中には原子炉を安定させ、来年には、町へお帰りいただくようにしたい」」と言いました。
ボクは素人ですが、チェルノブイリの場合から想像して、ホントに、元の双葉町に帰ることが出来るのだろうか、と思います。気休めを言っているのでは、と疑います。
現在も放射能は出ているのですから、積もり積もって、何百年も住めない土地になっているのでは、と思うのですが、もしそうなら、ホントのことを言ってあげた方が親切です。
総理、ホントに、元の双葉町に帰って生活が出来るのですか?来年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


花クイズ

3種類の花を紹介します。ボクの家の回りに咲いています。
名前を当てて下さい。(コメント欄へお願いします)

Flower1  Flower2_2  Flower3_2

深夜に答えを書き込みます。
(正解者には、なにかプレゼント、考えておきます。)

【解答】
左:カモミール(かみつれ)
中:シャガ
右:蔓日々草

| | コメント (2) | トラックバック (0)


裏山の収穫

Takenoko_2竹の子3本、椎茸3個。
竹の子を茹でるのに、米ぬかがないので、水で茹でます。テレビで、料理研究家(栄養大学の先生でした)が、米ぬかを使っても使わなくても変わりない、と言っていたのを記憶しています。

【竹の子豆知識】
竹の子は節に成長点があります。普通の植物は先端が成長点です。
節は1本の竹に何十個もありますから、そのおのおのが細胞分裂をして成長しますから、成長の早さも早いし、伸びる力もすごいです。畳を持ち上げたり、瓦を持ち上げたりする力があります。
各節の総合力です。

節にある成長点は紫外線に弱いのが特徴です。竹の皮は成長点を紫外線から保護しています。
竹の皮を何枚か剥ぎ取って、節を紫外線に晒したら、その節は成長が止まります。
それを利用すれば、節と節の間が短い竹が出来ます。装飾品に使います。

竹は地下茎です。地上に芽を出した竹の子を人間が採ると、スタンバイしている地下の芽が伸びてきます。
最初の芽が人間や動物に食べられずに無事に育つと、スタンバイしている地中の芽は腐ります。地上に出ても間隔が詰まりすぎて生き延びるのが困難になるからです。

椎茸は、ぼつぼつ終わりです。
先日、金子さんに送った乾燥気味の椎茸は「吉永小百合さんに食べてもらった」」という報告がありました。食事に来られた吉永さんへ椎茸料理をお出しした、ということです。
吉永さんとは面識がありませんが、名誉なことです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


メディアの社会貢献

天野祐吉さんのコラム「CM天気図」(朝日新聞)にユニークな提案があります。
JR東日本もACも東北の観光CMを始めたらいいという提案です。
それに続いて、現地の人たちが、例えば、鳴子温泉や松島や弘前などの人たちが、自分たちでCMを提供できるよう、新聞やテレビは、広告料を安くしてあげたらいい、と。
マスメディアの広告料は高すぎて、大きな企業しかCMが出せない。マスコミは、広く人々の声をすくい上げるのが本来の目的である。なので、別料金の設定をして、東北を元気にしよう、と提案しています。
特に後半の「広告料を安く」というアイディアは素晴らしい、と思いました。
決断すれば出来る提案です。

新聞もテレビ局も義捐金の募集はやっていますが、メディア自体を利用してもらう事はやっていません。
電話会社は、料金を安くしたり、伝言サービスを始めたり、自分のメディアを使ってもらう方法を始めています。見習って欲しいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


通いネコ

Neko_2朝、キッチンの外の足ふきの上で待っていました。
通いネコになったようです。
お家で、怒られたのかも知れません。「外泊禁止」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)
今日のネコ

夜ご飯だけ食べに来ました。しばらくいましたが、現在、姿が見えません。
宿泊はナシになりました。

7日の体験教室では、生徒がカレーを作りますが、具材に「竹の子」を入れるといいと、東京の金子さん(レストラン・エピスのシェフ)が提案してくれました。
あす、裏山に上がって竹の子を探します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


カモミール

Kamomile_2生のカモミールは、香りといい、甘さといい、乾燥したものでは、決して味わえません。生き返る感じがします。農園の岸に咲いています。
午前中、松村さんと、農園の脇の道に、山から覆い被さるように垂れ下がったモミジなどの枝を切る作業をしました。
曇天です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)
ビビの展示

001_2紀伊国屋書店国分寺店の展示です。(徳田純一さん撮影)
POPを新しく中村みつをさんが作ってくれました。
この店の店長・谷さんがビビを可愛がってくれています。売り上げは全国一では、と思います。

絵本「ビビ」(ポプラ社)は、ボクが作ったネコの絵本です。(絵・中村みつを)
ボクがいまいる田布施町のブルーベリー農園「花夢果夢」で出会ったネコ「ビビ」とボクのお話です。
アマゾンでも楽天ブックスでも購入できます。ぜひ読んで下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


そうだ、中国電力の株を買おう

昨日のニュースから、
東北電力の株主200人が「原発を廃止しろ」という議題を株主総会に提案するそうです。
取り上げられる見通しだという。
そうだ、と思いました。
上関原発を止めさせるために、中国電力の株を持っておくと、何かの折に役立つかも知れない、と思いました。
今日の終値は1,431円。傾向として下がり続けています。
(2月23日の1,774円が今年の最高値)
電力会社の株が上がる要素はありませんから、もっと下がると思います。1,000円近くまで下がると買いやすくなります。
連休明けの様子をみて、決めます。
(売買は100株単位)

株を持っていれば、株主総会に出て発言も出来るし、東北電力の株主のように議題の提案も出来るなら、有効です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


ネコの足音

今朝起きたら、キッチンの外でニャーと鳴きました。ドアを開けて、エサの用意をしていたら“トコトコトコ”と足音がするではありませんか!ネコがボクの足元に近づいてくる足音でした。驚きましたね。
歩くとき足音がするのです。ネコの足音を聞いたのは生まれて初めてです。
足音がしては獲物は捕れない、と思いました。

Neko2_4   Neko

後ろ姿は、まるで家猫風情。
朝食の後は、木陰で一休み。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


イチゴ(露地栽培)

Ichigo_2隣のおばちゃんの栽培によるものです。露地栽培はいまからが最盛期。いい時期に帰ってきてラッキーでした。
イタチが食べたり、ヒヨドリが食べたり、管理が大変らしい。

今朝の松村さんの話から、
今年はヒヨドリがいないそうです。毎年、キャベツやホウレンソウがやられるそうですが、今年は大丈夫。鳥インフルエンザで死んだのではないかとの推測。
ちょっと可哀想な気がしますが、被害を被る我々はありがたい。

【豆知識】
イチゴは英語でストロベリー(strawberry)。「ベリー」が付いてもブルーベリー(blueberry)の仲間ではありません。
「ベリー(berry)」とは、タネを出さずに食べられる小果実の意味です。
ちなみに、ストロベリーはバラ科、ブルーベリーはツツジ科。

【追記】
午後、草刈りをしていたら近所の山本さん(83歳)に出会いました。
「例年より草の伸び方が遅い」と言ったら「その通り、季節が遅れている」と同意してもらいました。
「ヒヨドリがいないそうです」と、松村さんから聞いた話をしたら、「来るのが遅れていて、いま、津軽海峡を群れをなして、雲のような群れを作って、海面すれすれに、鷹に襲われないようにね、飛んでいる最中だから、今に来るよ」と言われました。
山本さんは、ヒヨドリの親戚かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


簡易手洗い所

Suidou_2体験教室の生徒たちが、畑の作業を終わって、カレーを作り始めます。その時の手洗い場所がありませんでした。木の枝に吊したホースから出る水で
洗っていました。
松村さんのアイディアです。廃物利用で、庭先に簡易手洗い所ができました。
見事!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)
アスパラとハンバーグ

Aspala2_2腰を下ろして観察するとニョキニョキ出ていました。今晩の一人分には十分。ボクの畑です。


Humberg_2初めてハンバーグを作りました。材料からして、不味いはずがない、と自信を持って作りましたが、ちょっとパン粉が多すぎました。新タマネギの水分と卵、生クリームを加えたので、水分が多くなり、形を作るのにパン粉を使いすぎました。
肉の味とパンの味が半々。(反省)
しかし、ソースが上手にでき、美味しく食べました。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


雨上がり

昨晩は、相当の雨が降ったようです。風も強かったです。
回復に向かっています。午後は草刈りをやります。

ネコは、昨晩、夜ご飯を食べて、寝る前に、あまり鳴くので、にぼしをやりました。
朝から姿が見えません。家へ帰ったのでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »