« メディアの社会貢献 | トップページ | 花クイズ »

2011年5月 4日 (水)
裏山の収穫

Takenoko_2竹の子3本、椎茸3個。
竹の子を茹でるのに、米ぬかがないので、水で茹でます。テレビで、料理研究家(栄養大学の先生でした)が、米ぬかを使っても使わなくても変わりない、と言っていたのを記憶しています。

【竹の子豆知識】
竹の子は節に成長点があります。普通の植物は先端が成長点です。
節は1本の竹に何十個もありますから、そのおのおのが細胞分裂をして成長しますから、成長の早さも早いし、伸びる力もすごいです。畳を持ち上げたり、瓦を持ち上げたりする力があります。
各節の総合力です。

節にある成長点は紫外線に弱いのが特徴です。竹の皮は成長点を紫外線から保護しています。
竹の皮を何枚か剥ぎ取って、節を紫外線に晒したら、その節は成長が止まります。
それを利用すれば、節と節の間が短い竹が出来ます。装飾品に使います。

竹は地下茎です。地上に芽を出した竹の子を人間が採ると、スタンバイしている地下の芽が伸びてきます。
最初の芽が人間や動物に食べられずに無事に育つと、スタンバイしている地中の芽は腐ります。地上に出ても間隔が詰まりすぎて生き延びるのが困難になるからです。

椎茸は、ぼつぼつ終わりです。
先日、金子さんに送った乾燥気味の椎茸は「吉永小百合さんに食べてもらった」」という報告がありました。食事に来られた吉永さんへ椎茸料理をお出しした、ということです。
吉永さんとは面識がありませんが、名誉なことです。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/51574795

この記事へのトラックバック一覧です: 裏山の収穫:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。