« 「花夢果夢」だより | トップページ | 歯磨き »

2011年5月26日 (木)
連合が反原発へ

民主党の支持母体が、原発推進から凍結へ舵を切ったのは大きい出来事です。これで民主党も、思い切って原発からの脱却政策が打ち出せるでしょう。

自民党が不信任案を提出するらしい。理由は「原発事故への対応のまずさ」だそうです。
どこが間違っていて、自民党ならどのように対処したのかが分からないので、納得がいかない話です。
そもそも、原発事故は、人類の未体験分野で、科学者だって、分からない事がいっぱいあって、判断間違いがあるのは仕方ないこと。「判断ミスもある」ことを折り込んで前に進んで行かなくてはならないのです。海水の注入が中断したの、しないの、そんな過去を議論する時間があったら、前に進むべきです。
自民党よ、これから先、原発をどうするのか、はっきりさせてから、不信任を出してほしい。
あなたたちが推進してきた政策なのだ。それに対する総括もしないまま、今後、どうするかも決めないまま、民主党のどこが悪かったのか具体的な指摘もしないまま不信任案はないでしょう。
今まで通り、原発を推進するのか、自然エネルギーに向かうのか、その表明なしに行動しても国民の賛同は得られません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/51776241

この記事へのトラックバック一覧です: 連合が反原発へ:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。