« 児玉清さん死去 | トップページ | 上関原発建設中止へ »

2011年5月18日 (水)
茶葉のセシウム

福島原発から250キロも離れている神奈川県の茶葉から規制値(500ベクレル)を超えるセシウムが検出されました。
驚くことに、この「茶葉」を乾燥させて「煎茶」にすると、セシウムは5倍以上(3,000ベクレル以上)の濃縮されたそうです。
(毎日新聞)
これについて、生産者は、次のように言っています。
「この煎茶を煎じて飲むときは、濃度が1/10から1/20に低下するから健康被害はない。水の規制値以下だ」と。
学者のコメントは、こぞって(危険を主張する学者もいるはず)、500ベクレルのお茶を飲んでも健康被害はない、と言います。
農林省は規制値の見直しを主張して厚生省と対立しています。

ボクは、いま、山陰のお茶を飲んでいます。
神奈川の茶葉生産者は、お気の毒ですが、安全だと言われても、気分はよくありません。彼らを助けるために、我慢をしてまで神奈川県産を飲む気にはなれません。これは、すべて国の責任です。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/51703932

この記事へのトラックバック一覧です: 茶葉のセシウム:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。