« 「東電に入ろう」(倒電に廃炉) | トップページ | 茶葉のセシウム »

2011年5月21日 (土)
スイカの爆発(中国)

「スイカが爆発」「トマトが爆発」という記事を見たので、偽装爆弾か、と思いました。
中国での話です。
記事を読んでみると、“爆発”といっても、大きな亀裂が走って中身があふれ出した程度らしい。
その原因は「膨張促進剤」という果実の細胞分裂を促すホルモン系の薬剤の使用によるものらしい。
米国で開発され、日本では1985年に導入されて使われたことがあるという。しかし、果実の形が悪くなったり、腐りやすくなるなどで、日本では使われなくなったそうです。
中国では1980年代末期に日本から導入され、現在も使われているようです。
日本のどこかの薬品メーカーが輸出しているのです。
人体の影響はないそうですが、気持ちは悪いですね。
この薬剤は、花の時期に使うようで、使用時期を間違えると、爆発につながるようです。

Suika_2


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/51726958

この記事へのトラックバック一覧です: スイカの爆発(中国):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。