« 風評被害 | トップページ | 台風2号 »

2011年5月28日 (土)
日本政治の幼児性

西岡武夫や小沢一郎の「菅やめろ」発言。
野党の谷垣総裁も「菅はダメ」と言う。

ボクも菅を擁護はしないが「じゃ、誰がいいのか」と問われると答えに窮する。
菅降ろしを画策する連中も、代替の総理は誰なのか、わからないまま、菅を降ろすことだけに目的があるようだ。

「菅ではダメ」
何がどうダメなのか、具体的に提示がないと説得力がない。
「オレならこうする」がないと「ただ気にくわないから」になってしまう。
これではただの駄々っ子。
駄々っ子が政治をやっているのだ。

「海水注入の中断はなかった」
谷垣総裁は、自分の質問時間の1時間のほとんどを、このことに使った。
東電が作った虚構を信じて、時間を費やした。
政治家って、何なんだ、と思います。
この国の歴史的大転換になるだろう時期に、幼児性の、駄々っ子政治は犬も食わない。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/51790874

この記事へのトラックバック一覧です: 日本政治の幼児性:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。