« モミジの種 | トップページ | 豪雨 »

2011年5月10日 (火)
一時帰宅の悲しさ

2ヶ月ぶりの自宅へ、その嬉しそうな表情を見ていると、悲しくなります。
「不条理」という言葉は、こんな時に使うのだ、と思います。
真面目に、つつましく、そしてみんな仲良く暮らしていた人々が、突然放射能に見舞われ、故郷を捨てることになりました。
こんな悲しみがこの世の中にあっていいはずがありません。
「原発を基軸にしたエネルギー政策を白紙に戻す」と菅総理が発表しました。
正しい判断をしたと思います。そして、タイミングもよかった。推進派も、あの一時帰宅の悲しみを見せられたら「原発は必要だ」と声を上げることはできないでしょうから。
もう一つ原発事故が起きると、国が滅ぶと思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/51637575

この記事へのトラックバック一覧です: 一時帰宅の悲しさ:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。