« ネッククーラー | トップページ | 田舎へ移動 »

2011年7月11日 (月)
セシウム牛肉

今回の出荷以前の牛は、全国で消費されている可能性が大きいといいます。
稲わらを集めた飼い主も、セシウムを吸い込んでいるでしょう。そのことも問題にして欲しい。
この地方の野菜も「セシウム野菜」に違いありません。
怖いことです。
魚も危ない。検出されない、というのはゼロではないのです。この測定器では、という意味だそうです。怖いことです。
放射能は放出され続けているのですから、日本列島全体が放射能汚染されます。
ストレステストの項目を見ましたが、甘い。
原発の破壊は、自然災害だけではない。
テロリストは何を考えているか分からない。もう1機、原発が破壊されたら日本は住めなくなります。暑くても、生産力が落ちても、原発は再起動して欲しくない。自然エネルギーでまかなえるまで、我慢します。

避難して職を失った人々、教室がなくて廊下で勉強する児童たち、原因はすべて原発です。
それでも原発を続けろと言えますか?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/52182639

この記事へのトラックバック一覧です: セシウム牛肉:

» <セシウム検出牛>不安拡大…給食使用自粛、客に提供判明 [のーもあふくしま]
<セシウム検出牛>不安拡大…給食使用自粛、客に提供判明 (毎日新聞 - 07月12日 22:15)  福島県南相馬市の畜産農家が出荷した黒毛和牛から暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された問題で、同じ農家が出荷した牛肉が流通していた...... [続きを読む]

受信: 2011年7月14日 (木) 16時20分

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。