« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)
福島産牛乳を飲まない子は非国民


(29日参議院予算委員会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


胸のすく発言

(毎日新聞夕刊)
核燃料加工会社(JCO)がある茨城県東海村の村長・村上達也さんは、
職員を前に「人に冷たく無能な国に原発を持つ資格はない」と国を痛烈に批判しました。JCOは12年目に事故を起こし、2人が死亡、666人が被爆しました。
「その時と同様、政府と東電の対応は全くなっていない」とも批判。
胸がすく思いがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日のガッカリ

Book「テレビは余命7年」大和書房
タイトルにつられて買いました。テレビに関わっている何人かが話し合い(座談会)を重ねて作った本らしく、君らに言われなくても分かっている、と叫びたくなる本でした。
最近の本の安易な作り方の典型。
本は魂を込めて書くもの、お金を返してもらいたいと思った本でした。
タイトルの「余命7年」は何の根拠もない、人を引っ掛ける(騙す)ための造語。
テレビのつまらなさを語りながら、そのことが、本のつまらなさに加担しているという、ブラックジョークとでもいうのか、なんともばかばかしい本です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)
「世界それホント?会議」特派員報告会

「世界それホント?会議」のオーストリア特派員、イップ常子さんの一時帰国に伴い、以下の日程で報告会を開催することになりました。
「それホント?」という話題から現地特派員ならではの観光スポットなど、オーストリアの魅力について幅広いお話をしていただきます。
また、『世界それホント?会議』の廣淵コメンテーターも特別参加!
特派員といっしょに、楽しく世界の出来事について情報交換させていただく予定です。参加費は無料です。(先着50名様まで)
日時:2011年11月15日(火) 19:00〜20:30 (開場は18:45から)
場所:ニフティ株式会社
    http://www.nifty.co.jp/company/outline/access.htm
   (大森ベルポートA館 6階 セミナールーム)

ご応募は以下のページから。
http://bit.ly/qUnUkK
お待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「停電と断水は日常茶飯!」 ~イタリア~

「世界それホント?会議」更新しました。
シリーズ「わが家のエネルギー事情」(5)
「停電と断水は日常茶飯!」
~イタリア~
http://bit.ly/mZWs3r

| | コメント (0) | トラックバック (0)


秋晴れ

Nekoなんと爽やかな、猫も爽やかさを満喫しているようです。
ボクも季節につられて外出。昼食と夕食、別々の友人と会食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)
柿の値段

柿が食べたいと思いました。値段が、なんと1個158円です。
1個だけ買いました。
台風の影響で野菜がベラボーです。
白菜1個600円。
早く田舎へ行きたいと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


「ビビ」100冊実売達成!

徳田純一さん(出版プロデューサー)からのメールです。

紀伊国屋書店国分寺店(谷店長)で、「ビビ」100冊実売達成しました。
そして現在の「ビビ」の写真です。
Bibi

「本の売れ行きは店長次第」ということがよくわかります。
季節ごとの飾りつけは、女性店員のみなさんのアイディア。
今後も、がんばってほしいので、店長を囲んで昼食会を企画中です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)
「ビビ物語」(楽曲)

Bibi1  Bibi2  Bibi3
古い友人でピアニストの増井めぐみさん(芸大卒)が絵本「ビビ」に曲を付けたと連絡をくれました。
ボクの文章にそのまま曲を付けたのだそうです。
譜面をもらいましたが、さっぱり分かりません。
歌手(男性)は練習を始めているそうで、舞台でやるのだそうです。
中抜きしてあるようですが14分かかるそうです。歌手が14分間歌い続けることは無理なので、途中でセリフがあったりピアノ演奏があったり工夫がされているようです。
「歌ったテープが欲しい」と依頼しました。
(写真中:スコア 右:歌手用譜面)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


iphoneのこと

ボクの田舎では圏外(屋内)となり、不便を感じていました。
auが発売するという情報に接し、乗り換えようかな、と思っていました。
ソフトバンクは、もともと繋がりにくいと評判が悪く「ホームアンテナ」というものを提供しているという話しを思い出し、電話してみました。
親切な対応で「無償で提供しているので、申し込んでください」とのこと。
ADSLのモデムに繋げば、半径10メートルに届く電波を生成する機器(手のひらサイズ)だそうです。
10月の後半には田舎へ行くので、それにあわせて申し込むことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)
原発は国家ぐるみの詐欺

Hon_2「原発の深い闇」(別冊宝島)980円
(まえがきから抜粋)
原発は危険ゆえに、税金も食いちぎるコスト高の事業だ。その金に群がったのが政治家、官僚、ゼネコン、商社、メーカー、流通、学者、メディア、文化人・・・。
つまるところ、オールジャパンの原発利益共同体である。
原発の金は一度喰ったらやめられない。

食品のパートを読みましたが、怖いことが進行しています。
出荷自粛を要請されたタケノコを東京に何回も運んだ業者の話、福島の野菜を食べてください、と叫んでいる人が、県外産の野菜を食べている、産地偽装、などなど、メチャクチャなことが進行しています。
お読みいただきたい1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


首相の変節(原発)

就任会見
「将来的に寿命が来たら廃炉、新規は無理というのが基本的な流れ」と言い、
 「脱原発依存」を宣言。

国連本部原子力安全に関するハイレベル会合
「原発の安全性を世界最高水準に高める」
「原子力利用を模索する国々の関心に今後ともしっかり応えていく」
原発輸出を継続する意思表示をしました。
そして、来春から、再稼働を認める考えも示した。

2週間でぐらつく信用がならない総理です。
原発に関しては、菅直人の方がよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)
ネパールで飛行機事故

ヒマラヤ観光の飛行機が墜落しました。19名全員死亡。
日本人の名前が一人ありました。

2009年にネパールへ行きました。
空からヒマラヤの画が欲しいというのは、当然の欲求です。
エンジンが付いたパラグライダーのような乗り物がありました。
パイロットと乗客の2人乗り。
カメラマンに乗ってもらいました。
事務所で女性職員に聞きました。
「事故はありますか?」
彼女は答えました。
「Many(沢山)」
乗る前に聞くんじゃなかった、と反省しました。
カメラマンは、足が震えていました。
危険なことをしたなぁと、いまゾッとしています。
Ultra4


| | コメント (0) | トラックバック (0)


汚染水、東電発表の3倍以上が海へ

(共同通信)
東電福島第1原発事故で発生したセシウム137などの放射性物質を含む汚染水は、3月26日に海への流出が始まり、4月中旬ごろまで原発近くの沿岸に高濃度でとどまった後、海の渦に流されて拡散したとの解析結果を、電力中央研究所の津旨大輔上席研究員らが25日までにまとめた。東電は「流出は4月1日から」としているが、もっと早い段階から汚染水が漏れていた可能性が出てきた。海への流出量は、東電発表の3倍以上。

「私的宣伝」
反原発ソング「だれも来ない海」
http://bit.ly/qeOdg9

| | コメント (0) | トラックバック (0)


上関町長選挙 現職が当選

(毎日新聞電子版)
中国電力が上関原発を計画する山口県上関町の町長選が25日投開票され、原発推進派の現職、柏原重海氏(62)=無所属=が反対派で新人の前町議、山戸貞夫氏(61)=同=を破り、3選を確実にした。福島第1原発の事故後、原発新設計画のある自治体としては初の首長選挙。野田佳彦首相は新規原発建設に否定的なため、柏原氏は原発なき後の町づくりも見据えた選挙戦を展開して票を伸ばした。
柏原重海(無・現)1868票。山戸貞夫(無・新)905票。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


屋根の修理

台風15号で雨漏りを発見して、きょう、屋根と壁塗り業者が来てくれました。
屋根は、コロニアル(スレート)の下の板がべこべこになっているので、板から取り替えることになり、かなりの大仕事になりました。
壁塗りと同時に 10月半ばにやることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)
映画「10万年後の安全」

10man_2日本は54基の原発があります。フィンランドにはたった4基です。これはフィンランドのドキュメンタリー映画です。
高レベルの放射性廃棄物(核のゴミ)の処理は大きな問題です。
生物に影響を与えない程度に、無害になるのに10万年かかかるそうです。
フィンランドでは、10万年持ちこたえる処理場を地下に建設し始めています。
され、これを、10万年後の人類にどう伝えるか、難題が議論されます。
地殻変動、氷河期、戦争、それらのすべてに耐えうる施設を作ったのです。
日本は、まだ、原発施設内に保存しています。なにかあったら大変なことになります。
この問題は、原発に反対賛成を問わず、すべての国民が考えなければならない問題です。
国の借金(財政赤字)は次の世代に残してはいかん、と政治家は言います。
核のゴミは、確実に、気の遠くなるほど先の世代にまで残されるのです。真剣に議論しなければならない問題です。
ぜひ、見てほしい映画です。
(渋谷 アップリンクで上映中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ケーキ作り教室終了

朝10時〜12時半まで、タルトに挑戦しました。
いやぁ、疲れました。
慣れれば出来ると思いましたが、道具を揃えたり、1年がかりで、やってみます。
今日は、コースへ勧誘する体験教室で、勧誘されましたが、すべてのケーキを作るつもりはないので、断りました。スケジュールも取れないし。

若い女性をナンパするな、との忠告をいただきましたが、今日は男性3名で、女性講師がどぎまぎしていました。

Cake3  Cake4  Cake6  Cake1  Cake2

完成したのは「アプリコットタルト」です。
渋谷へ映画を見に行くので、持ち歩くわけにいかず、行きつけの美容院へ届けました。喜んでいました。

(立川の喫茶店にて)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日の予定

午前中、ケーキ教室「タルトの作り方」へ。(立川)
初めての経験で、ちょっとドキドキ。

夕方、映画「10万年後の安全」を見る予定です。(渋谷)
最も危険なゴミ、高レベル放射性廃棄物が無害になる期間がヨーロッパでは10万年、アメリカの基準では100万年にもなると計算されています。人間がこれを管理できるのでしょうか、フィンランドの場合を紹介した映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)
杉浦直樹さん死去

79歳、肺がん。
最期の言葉は「私の人生、メデタシ、メデタシ」「皆さんにありがとうと言ってください」だったという。生涯独身だった。
「訂正」
今朝の新聞で喪主は妻仁美さんとなっていました。
ネット情報からの「独身だった」は間違っていました。(24日)

| | コメント (3) | トラックバック (0)


原発論理矛盾

「日本は原発ゼロ社会を目指す、しかし新興国へは原発を売る」
 我が国のこの論理はヘンじゃありませんか?

 原発も原子爆弾も爆発すれば同じ事、ということが分かりました。
 日本には「非核三原則」というものがあります。
 「核兵器をもたず、つくらず、もちこませず」
 この原則に依拠すれば、原発の製造輸出はあってはなりません。

 第一、こんな悲劇を生んだ原発を、他の国に売りつけるセンスは最低です。
 志の高い国であって欲しいと思います。
 「我々日本は、原発でひどい悲劇に見舞われた。こんな悲劇を他国に輸出するワケにいかない」と宣言すべきです。
 人の命より金儲けが先行する国は品位がありません。
 その国は政治家が動かしているのです。
 野田総理、あなたは下品です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


ブルーベリータルト

豊橋市のケーキ屋「マダムガレット」の川島誉子さんに刺激されて、自分でも「ブルーベリータルト」を焼いてみたいと思い、立川でケーキ教室を探しました。運良く土曜日に「タルト」の講習会を発見し、申し込んできました。
基礎を習えば、あとは、工夫次第で、なんとかなるだろう、と思っています。
エプロンを買いました。

友人夫婦の忠告。
「教室は神聖な場所です。若い子をナンパしないように。紀子が心配しています。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)
台風一過

Img_1524 Michi
散歩道には、コナラが倒れていました。
晴天です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


犬を飼うのに免許がいる!

「世界それホント?会議」(動画)を更新しました。
スイスでは犬を飼うのに免許がいる!
http://bit.ly/parVly

| | コメント (0) | トラックバック (0)


車掌と駅員さんのアナウンス

笑いました。
http://togetter.com/li/190866

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)
台風15号

甲府(山梨県)を通過しているようで、強い風が吹いています。立川は甲府に近いです。
屋根から雨漏り発見。業者に見てもらいました。「屋根をやりかえた方がいいでしょう」
この秋の大仕事になりそうです。29年経った家ですから、仕方ありません。

ごご8時、雨風ともピタリと止んで、星は出ていませんが、雲は切れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


原発再稼働

野田総理の発言。
「春以降、夏に向けて再稼働できるものは、きちっとやっていかなければならない」
「安全確認」しても、想像できない事が起こることがわかったのに。
 経済優先の社会から人の幸せ優先社会に方向転換できないのでしょうか。
 
「冷温停止」とか「除染」とかの言葉が飛び交うと、早期に帰還が実現するような雰囲気になりますが、放射線量が非常に強く、帰還のメドがたたない所があります。10年先か20年先か誰にも分からないのです。
その人たちへは、早急に、真実を告げ、その対応をした方がいいと思います。
土地を買い上げる、あるいは、借り上げる、などをして、住民は別な場所で、新しい生活を始めてもらう、などの対策が考えられます。
「悪いことは早く知らせる」は鉄則です。
 人の人生の時間を奪う行為も、また犯罪的です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


福島からの告発

知り合いの活動家 森沢典子さんから届いたメールです。お読みいただければ嬉しいです。

「9・19さようなら原発5万人集会」での、ハイロアクション福島・武藤類子さんのスピーチ

みなさんこんにちは。福島から参りました。
今日は、福島県内から、また、避難先から何台ものバスを連ねて、たくさんの仲間と 一緒に参りました。初めて集会やデモに参加する人もたくさんいます。
福島で起きた原発事故の悲しみを伝えよう、私たちこそが原発いらないの声をあげようと、声をかけ合いさそい合ってこの集会にやってきました。

はじめに申し上げたい事があります。
3.11からの大変な毎日を、命を守るためにあらゆる事に取り組んできたみなさんひとりひとりを、深く尊敬いたします。
それから、福島県民に温かい手を差し伸べ、つながり、様々な支援をしてくださった方々にお礼を申し上げます。ありがとうございます。
そして、この事故によって、大きな荷物を背負わせることになってしまった子供たち、若い人々に、このような現実を作ってしまった世代として、心からあやまりたいと思います。本当にごめんなさい。

みなさん、福島はとても美しいところです。
東に紺碧の太平洋を臨む浜通り。桃・梨・りんごと、くだものの宝庫中通り。猪苗代湖と磐梯山のまわりには黄金色の稲穂が垂れる会津平野。
そのむこうを深い山々がふちどっています。山は青く、水は清らかな私たちのふるさとです。
3.11原発事故を境に、その風景に、目には見えない放射能が降りそそぎ、私たちはヒバクシャとなりました。
大混乱の中で、私たちには様々なことが起こりました。
すばやく張りめぐらされた安全キャンペーンと不安のはざまで、引き裂かれていく人と人とのつながり。地域で、職場で、学校で、家庭の中で、どれだけの人々が悩み悲しんだことでしょう。
毎日、毎日、否応無くせまられる決断。逃げる、逃げない? 食べる、食べない?
 洗濯物を外に干す、干さない? 子どもにマスクをさせる、させない? 
畑をたがやす、たがやさない? なにかに物申す、だまる? 
さまざまな苦渋の選択がありました。
そして、今。半年という月日の中で、次第に鮮明になってきたことは、
・真実は隠されるのだ
・国は国民を守らないのだ
・事故はいまだに終わらないのだ
・福島県民は核の実験材料にされるのだ
・ばくだいな放射性のゴミは残るのだ
・大きな犠牲の上になお、原発を推進しようとする勢力があるのだ
・私たちは棄てられたのだ

私たちは疲れとやりきれない悲しみに深いため息をつきます。
でも口をついて出てくる言葉は、
私たちをばかにするな」「私たちの命を奪うな」です。
福島県民は今、怒りと悲しみの中から静かに立ち上がっています。

・子どもたちを守ろうと、母親が父親が、おばあちゃんがおじいちゃんが・・・
・自分たちの未来を奪われまいと若い世代が・・・
・大量の被曝にさらされながら、事故処理にたずさわる原発従事者を助けようと、労働者たちが・・・
・土を汚された絶望の中から農民たちが・・・
・放射能によるあらたな差別と分断を生むまいと、障がいを持った人々が・・・
・ひとりひとりの市民が・・・
国と東電の責任を問い続けています。
そして、原発はもういらないと声をあげています。私たちは今、静かに怒りを燃やす東北の鬼です。
私たち福島県民は、故郷を離れる者も、福島の地にとどまり生きる者も、苦悩と責任と希望を分かち合い、支えあって生きていこうと思っています。
私たちとつながってください。私たちが起こしているアクションに注目してください。
政府交渉、疎開裁判、避難、保養、除染、測定、原発・放射能についての学び、そして、どこにでも出かけ、福島を語ります。
今日は遠くニューヨークでスピーチをしている仲間もいます。思いつく限りのあらゆる
ことに取り組んでいます。
私たちを助けてください。どうか福島を忘れないでください。
もうひとつ、お話したいことがあります。
それは私たち自身の生き方・暮らし方です。
私たちは、なにげなく差し込むコンセントのむこう側の世界を、想像しなければなりません。便利さや発展が、差別と犠牲の上に成り立っている事に思いをはせなければなりません。原発はその向こうにあるのです。
人類は、地球に生きるただ一種類の生き物にすぎません。自らの種族の未来を奪う生き物がほかにいるでしょうか。
私はこの地球という美しい星と調和したまっとうな生き物として生きたいです。
ささやかでも、エネルギーを大事に使い、工夫に満ちた、豊かで創造的な暮らしを紡いでいきたいです。
どうしたら原発と対極にある新しい世界を作っていけるのか。誰にも明確な答えはわかりません。
できうることは、誰かが決めた事に従うのではなく、ひとりひとりが、本当に本当に本気で、自分の頭で考え、確かに目を見開き、自分ができることを決断し、行動することだと思うのです。ひとりひとりにその力があることを思いだしましょう。
私たちは誰でも変わる勇気を持っています。奪われてきた自信を取り戻しましょう。
そして、つながること。
原発をなお進めようとする力が、垂直にそびえる壁ならば、限りなく横にひろがり、 つながり続けていくことが、私たちの力です。
たったいま、隣にいる人と、そっと手をつないでみてください。見つめあい、互いの つらさを聞きあいましょう。怒りと涙を許しあいましょう。今つないでいるその手のぬくもりを、日本中に、世界中に広げていきましょう。
私たちひとりひとりの、背負っていかなくてはならない荷物が途方もなく重く、道のりがどんなに過酷であっても、目をそらさずに支えあい、軽やかにほがらかに生き延びていきましょう。

「私的広告」

反原発ソングを作りました。
故郷を去らなければならなかった人々の深い悲しみと望郷の念を切々と歌います。

「いい村だった」
http://youtu.be/UPvlvA6An2E
「だれも来ない海」
http://youtu.be/0ZBBQxxEhD0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)
雨 東京へ

台風の影響でしょう、雨が降っています。
東京へ向かいますが、親しくなったソックス(ネコ)との別れがつらい。
足に絡み付いて、歩けないほどベタベタになりました。
次に来た時も、会えるといいな、と思いながら。
元気でやれよ、寒くなるからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)
反原発デモの参加者数

大規模な集会とデモが行われました。作家の大江健三郎さんらの呼びかけで、大勢の人が集まりました。
主催者発表6万人
警察発表2万7千人
なぜこんなに差があるのでしょうか。そして、多くのマスコミは警察発表を使います。
なぜ、新聞社、テレビ局は独自に数を調べて「NHKのカウントでは」と発表しないのでしょうか。
怠慢です。
こんなに差があるのは、おかしいと、自らがカウントするべきです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


ブルーベリータルト

豊橋市のケーキ屋さん「マダム・ガレット」の川島誉子さんからの嬉しい報告です。

送って頂いたブルーベリーで合計5ホールのタルト(18cm)を作る事が出来ました。ジャム用に送って頂いた分までタルトにしてしまいました。そのくらい十分なブルーベリーでした。
全て完売しました。中には、2日連続で買いに来られたお客様もいらっしゃいました。
 
ビビの本も店頭におかせて頂き、お客様が自由に読む事が出来るようにさせて頂いております。
私が(この本を書いた方がこのブルーベリーを作っているよ)と話すと皆さん興味深々で本に手を伸ばされます。
中には私がお話した事を、ブログで紹介してくださっている方もいらっしゃるそうです。

Talt1 Talt2 Talt3 Talt4

マダム ガレット (Madame GARETTE) 
0532-39-4645
愛知県豊橋市西羽田町202
営業時間 11:00~
営業日 木~日曜日 
予約のみ営業 火・水曜日
定休日 月曜日 


| | コメント (0) | トラックバック (0)


フジテレビでいったい何が起こっているのか

ネット上で騒がしいことは知っていました。
フジテレビは韓国のドラマが多すぎる。スポーツでも日本選手はカットしても韓国の選手を写す、などなど。
単なる商業主義(視聴率稼ぎ)ではなく、癒着があるのではないか、とまで。

メディアのことはメディアが詳しく報じませんし、あまり強い関心もなく、一部の愛国心の強い人が騒いでいるのだろうと思っていました。

しかし、この騒ぎは、スポンサーである花王本社にデモ隊が押しかけるまでの騒ぎになっています。
花王は宣伝費の大半をフジテレビに投入しているという理由のようです。
デモ隊は製品の不買を叫んでいます。デモ隊の人数も半端ではないです。

花王は年間800億くらい宣伝費を使う巨大企業です。
東京電力と同じようにメディアは、扱いをためらいます。
何が真相なのか、知りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ストーブ展示会

Img_1518_2
カントリー工房(岡部正彦さん主宰)で「暖・DANフェア」という薪かペレットを燃料とするストーブの展示会が開催されています。(10月10日まで)
今年は、電力不足やエコライフへの関心の高まりから、これらのストーブが品薄だそうです。

今日は、薪ストーブクッキングのイベントがあり、それを目当てに出かけました。
ダッチオーブン料理で、ローストポーク、タラトウイユ(野菜煮込み料理)をいただきました。これは要田昌久さん(日本ダッチオーブン中四国支部長)の製作で、さすが、と唸りました。
Img_1519  Img_1521  Img_1522


| | コメント (0) | トラックバック (0)


上関町長選挙

原発予定地の上関町の町長選挙が明日告示され、25日に投開票されます。
現職の柏原重海さん(推進派)と山戸貞夫さん(反対派)の一騎打ちになりそうです。
計画が持ち上がったのは1982年、それ以来、推進派の8連勝だそうです。
建設が絶望的になった今回、争点は「原発がない町づくり」になりました。
結果に強い関心があります。(有権者数3239人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ソックス帰宅

Socks1  Socks2  Socks3
朝、6時に起きたら、外から大きな鳴き声が聞こえました。
エサを食べた後は、ご覧の通りです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)
曇天の日曜日

昨晩11時頃、出て行ったソックスは、戻りませんせした。実家へ里帰りしたのだと思います。
昨日から、草刈り機が故障して草刈りができません。修理も業者が休日のためできず、今日は休日とします。

Img_1513   Img_1515
彼岸花は1日で30センチくらい茎が伸びるような気がします。
農園の土手に咲いています。
ソックスは戻ってきませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)
今晩のソックス

Photo
まとわりついています。
別れが辛い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


「死のまち」表現再考

朝日新聞「声」欄から。
福島県郡山市から長野県佐久市へ自主避難されている飯田敏夫さんの投書を抜粋します。

私はこの感想(前産経大臣の)を問題にする方がおかしと思います。
(中略)
わがまちのこの映像のどこに復旧の見込みや活気が感じられますか。
6ヶ月経って、高い放射線量で汚染されたまちの光景があの時から何も変わっていないことは誰の目にも明らかです。鉢呂氏の発言は正確で、むしろ「核と人間はかくも共存できない」旨の証言として受け止めるべきで、安全なエネルギーへの転換を政治の重要課題として期待すべきものなのです。

大いに同感しましたが、以下に、同感できない記事を紹介します。
新聞記者(福島総局・小寺陽一郎)が書いた文章です。(朝日新聞「記者有論」欄より抜粋)

福島第一原発から2キロの所まで取材に入ったが、「死」という言葉を私は一度も連想しなかった。原発に向かう車列、空き巣を警戒する警察官、放射性物質が付着していないか検査し「お疲れさまでしたぁ」と福島なまりで声を掛けた県の女性職員、そこには、いつか帰れる日のために懸命に働く人たちの姿があった。町は決して死んでいない。

ボクは驚きました。こんな理解度の低い新聞記者がいるのか、と。
「死のまち」とは、生活者が安全に住めなくなったことを意味する表現で、管理関係者が働いているから「死んでいない」というのは、言葉の意味を理解していないから起こる間違いです。
あえて、言います。
こんな思考深度が浅い新聞記者が世論をミスリードします。この思考は中学生レベルでしょう。
また、この原稿をチェックもなしにスルーで掲載する整理部にも頭をかしげます。
新聞記者の、いや、新聞社自体の劣化に寒さを感じます。

「死のまち」を歌にしました。
「いい村だった」
http://youtu.be/UPvlvA6An2E

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)
涼しい!

今日は曇り、気温27度。農園で働きます。
午後から雨になりました。台風15号の影響だと思います。

写真は、農園で使うもみ殻です。
根の周りに、雑草防止と根の保護のために撒きます。(マルチングと言います)
冬の作業です。
Momigara


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)
ユニセフのプレスリリース(15日)

以下、要約です。

世界の5歳未満児の死亡数は1990年時点で年間1,200万人以上だったが、2010年には年間760万人に減少しました。
しかし、予防可能な要因で毎日およそ2万1,000人の子どもたちが命を落としているという現状は、到底受け入れられることではありません。
サハラ以南のアフリカは、いまだに子どもの死亡率が最も高く、8人に1人の子どもたちが5歳の誕生日を迎える前に命を落としています。
これは、先進工業国の平均(143人に1人)と比べて17倍以上の値です。
5歳未満児の死亡率が2番目に高い地域は南アジアで、15人に1人が5歳の誕生日を迎える前に命を落としています。
5歳未満児の死亡は、サハラ以南のアフリカと南アジアにますます集中しています。1990年時点では、5歳未満児死亡率の69パーセントがこの2地域で占められていました。2010年、この割合は、82パーセントにまで上昇しています。2010年、世界の5歳未満児の死亡の約半数が、わずか5ヵ国(インド、ナイジェリア、コンゴ民主共和国、パキスタン、中国)で起こっているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


断水は当たり前、ぺルーの水事情

「世界それホント?会議」(トピックス)を更新しました。
シリーズ「わが家のエネルギー事情」(4)
断水は当たり前?ペルー・リマの水道事情
~ペルー~
http://p.tl/sKLh

| | コメント (0) | トラックバック (0)


電気料15%値上げの暴挙

東京電力が3年間電気料金を15%値上げしたいと言っているそうです。
事故は利用者にも責任がある、言われている気がします。
なんという安易な会社なのでしょうか。

今回の原発関連の補償は天文学的数字になると思います。
3年間は10年に、15%は25%になる可能性十分です。

補償を電気を使ったわれわれが、なぜしなければならないのか、その論拠を示して欲しい、と思います。これは、暴挙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)
べたべたソックス

S
ボクが家にいると、歩くのに邪魔になるほど、まつわりついています。
机に向かっていますが、足下に座っています。体の一部をボクのどこかに接触させています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


栗ごはん

一人で食べるにはもったいなかったですが、仕方ありません。
「うまい」と独り言。
残りは冷凍に。
Img_1510


| | コメント (0) | トラックバック (0)


脱北者に思う

「死ぬかも知れない、でも・・」
 命を賭けて今の現状から逃れよとする人の思いは、ボクには到底実感できません。
 ボクは何回ものアフリカ取材で「飢餓」を知りました。
 地球上には10億人の飢餓人口。子どもたちに満腹の記憶はありません。
 日本人は、食べ過ぎて肥り、お金を出して痩せに行きます。
 地球上には恐ろしい不平等があります。

 北朝鮮から木造船が漂着した。
 どう処理をするかだけがマスコミの関心事です。
 この事案の背景に何が存在するのか、そして、今後、増えるに違いない同種のケースに、日本は、どう対処するのか、考えなければなりません。

 日本の政治家諸氏よ、世界に目を向けてほしい。
 下品なヤジを飛ばしている自分を見つめ直して欲しい。
 何のために生きているのか、何のために政治家になったのかを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)
秋は美味しい

Img_1503  Img_1504
サツマイモと栗と里芋とカボスをいただきました。
早速、芋粥を、昼も夜も食べました。栗のように美味しいサツマイモ。

ブルーベリージャムを作りました。ハチミツ半分、砂糖半分、レモン汁、ラム酒、上出来です。
がんばっている友だちに送ってあげようと思います。

Img_1505  Img_1507  Img_1509
白い花は、らっきょではないかと思います。
山法師がたくさん実を付けました。
彼岸花、もうすぐ開花です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


昨晩のソックス

Photo
このまま朝まで寝かせると、室内にトイレの用意がないのでヤバいと思い、寝る時は、外に出しましたが、それまでは、ボクにべったりになりました。


| | コメント (1) | トラックバック (0)


「死のまち」がなぜいけない?

鉢呂吉雄(前経産大臣)が辞任するきっかけになった「死のまち」発言のどこがおかしいの?と思っていて、このブログにも書きました。
現実を的確に表現しているじゃないか、と思ったからです。
帰りたいという希望を抱いている人に対して思いやりがない、という批判ですが、「思いやり」が事実を隠蔽する役割を果たします。

今朝の朝日新聞(17面 西部本社発行)に藤原新也さの記事があります。
引用します。
福島第一原発の周辺を「死のまちのようだった」と話したことの、どこがおかしいのか。ありのままだ。死という言葉が福島県民の神経をさかなでする、という差別用語への過敏が、事実さえも排除しています。

同じ意見を聞いて、心強く思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)
中秋の名月

外に出てみました。満月が見えました。さわやかな風が吹いて、虫の声が耳に痛いです。裸です。いい気分。
望遠レンズがないので、この程度。
Meigetsu


| | コメント (0) | トラックバック (0)


お疲れさま、小宮悦子さん

9月で日曜昼の『フロントライン』が終了するという。
これで彼女の番組はすべてなくなります。
「ニュースステーション」「スーパーJチャンネル」と26年間、報道系の番組でがんばってきました。テレビ朝日の看板アナとしての貢献度は表彰にあたいすると思います。
ご苦労様でした。

タブロイド紙が悪口を書きます。
女帝、若いスタフをイビル、ギャラが高い、などなど。
いいじゃないか、そんなこと。経験を積めば、若いスタッフの仕事振りが気になることってあるさ。気持ちよく送り出そう。

ボクは、彼女の関係者から、番組終了のことは聞いていました。
その関係者は、こんなこと言いました。
「今後は人のために働いたらいと思うんです。お金も十分だろうしね。黒柳徹子さんのような仕事ができたらいいと思うんです」と。
「名前を利用して人のために働く」
素敵な人生を終えることが出来ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ソックス(ネコ)現れる

今朝、キッチンの外で待っていました。ボクが到着した次の日に現れたことは一度もありません。
昨晩の買い物で、牛乳も缶詰も買ってきたので、エサをやることができました。
昼は、どこかへ遊びにいっているようです。

床下のタヌキは、まだ、います。
ごそごそ動く音が聞こえます。
どうしたらいいか、途方に暮れています。

草刈りを1時間やりました。
15日と16日に農園の仕事をします。
(肥料やり=お礼肥)

今晩のソックス(12日)
Img_1499


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)
田舎へ移動

今年の夏は、東京と田舎のスケジュールの噛み合わせがちょっとぎくしゃくして、行ったり来たりになりました。20日頃には戻ります。
農園の岸の「彼岸花」の花見ができるか、微妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)
辞表提出・鉢路産経大臣

お粗末!
この大臣、あまりやりたくなかったんだと思いますね。
国民の痛みが分かっていない軽薄男でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


「死のまち」

鉢路吉雄産経大臣の発言が問題になっています。
「放射能つけちゃうぞ」も「死のまち」も、原発事故の受け止め方が軽いなぁ、と思います。が、
「死のまち」は、その通りだと思います。謝る必要はないと思います。
帰ることが出来るという希望を持たせる方がまやかしだと思います。

昨日、飲食店の経営者と話しました。
福島産の野菜は安いから、我々のような加工業者は好んで使っている。加工すれば産地の表示義務はないから。
何がどうなっているのか、頭が混乱します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)
松元ヒロ

松元ヒロという芸人をご存じですか?昔、ニュースペーパーというお笑い劇団にいて、独立しました。
大好きで追っかけをやっています。
今晩、新宿で「ひとり立ち」公演を見て、笑ってきました。
2時間、一人で持たせるのですから、すごいです。
勉強家の芸人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


中間貯蔵施設

なぜ「中間貯蔵施設」なのか、なぜ「最終処分場」ではないのか、意味が分かりません。
「最終処分場」と言ったら、抵抗があるから「仮置き場」ですよ、と言っているのではないでしょうか?
「仮置き場」に集めたものを、再度、「最終処分場」へ移動する費用や危険性を考えると、「中間貯蔵施設」という概念は無駄な気がします。
「まやかし」ではないのか、と。

福島県内にと細野大臣が言いました。佐藤知事が反発しました。野田総理は、考えますと言いました。
政治家は責任を取る職業です。
佐藤知事よ、
「他県に迷惑は掛けられない」というのが正しい政治家だ。
「この責任は日本国民全員が負うべき」さらには「東京で使う電気を作っていたのだ、電気を使った者にも責任がある」と言う。
今更何を言うか。
原発導入を決断したのは「あなた」だ、その責任は「あなた」が負うべきだ。
事故が起きたら国民のせいにするのでは、県知事は不要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)
アイスランドの地熱発電

「世界それホント?会議」(動画)を更新しました。
世界の地熱発電のシステムは、ほとんど日本が関与している、と聞いたことがあります。
アイスランドもその通りで、すべて日本製の機械だそうです。
「なぜ、日本は原発に頼っているの?」と不思議がられているそうです。
http://bit.ly/o682QK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)
「東北の野菜や牛肉は食うな」発言

読売テレビで放送された番組で、武田邦彦教授の発言が問題になっています。
一関市長が抗議のメールを送ったそうです。
次の映像の2'00"から10'00"までをご覧ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


歯の磨き方

3ヶ月に一度のインプラントの点検に行きました。
歯の磨き方を指導されました。
どれくらい磨けているか、数字で示されます。
100%=磨けていない、汚い。
0%=完璧に磨けている。
ボクの数値は35.5%
インプラントを健康に維持するには20%が目標だそうです。

歯間が磨けていないと指摘。歯ブラシ(電動)を縦に使いなさい、と。
縦に使うと、歯磨きペーストと唾液がだらだらと流れ落ちるので避けていました。
「歯磨きペーストをつける必要はありません。研磨剤などの余計なモノが入っているだけですから。どうしても使いたかったら、磨いた後で、ペーストを使って磨きなさい」

歯の健康、大事です。
たった数分のことです。頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)
野田総理の弱点

「肥満と喫煙」
どじょう演説で男を上げた野田佳彦は、ヘビースモーカーで1日、2箱吸うそうです。
「タバコ値上げはオヤジ狩り」とも発言したそうです。(財務大臣の時)
自分が任命した小宮山厚生労働大臣に「700円まで値上げ」とぶちかませれて、苦り切っている事だと思います。
官房長官の藤村修もスモーカーだそうです。
この内閣は、タバコが火種になって混乱が起きそう。

野田総理は、ものすごい量を食べるそうです。
あの肥り方は異常です。自己管理ができない人物らしい。
「喫煙と肥満」が総理の弱点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ブルーベリー収穫終了

明日で収穫を終わります、と松村さんから。
沢山食べていただきありがとうございました。
今年は、ネットでの注文が3倍に増えました。嬉しいとこでした。
もう一つ、嬉しいことがありました。
地元の「地域交流館」で購入し、離れて暮らすご家族か、あるいは知り合いなどに送られるとき、絵本「ビビ」を同封される方がおられると聞き、飛び上がって喜びました。
「ビビ」はブルーベリー農園で産まれたストーリーだからです。

来年もよろしくお願いします。
美味しいブルーベリーが提供できるよう、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


テレビ朝日敗訴

毎日新聞(13版27面)
横浜市の傾斜地に建設された「地下室マンション」は危険と報じられ名誉を傷つけれたとして開発業者の荒川建設工業(東京)がテレビ朝日に2000万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷は2日付けでテレ朝側の上告を棄却する決定をした。330万円の支払いを命じた1,2審判決が確定した。
テレ朝は「スーパーモーニング」など2番組で、危険だと報じたが、開発業者などへの取材も不十分で、危険が証明されたとは言えない、と判断した。

ボクにも経験があるので、関心を持ちました。
「アフタヌーンショー」だったと思います。
ボクが住んでいる近くにお地蔵さんがあって、そこに「お化けが出る」という噂がありました。
スタッフに話したら、面白いからやりましょうとなって、夜間(暗視)カメラを設置したり、近所の噂話などを蒐集して放送しました。
ところが、近所の不動産屋から抗議の電話です。
「どうしてくれる、お化け報道で、周辺の地価が下がって、おまけに売れなくなって困っている。補償しろ」
もう30年も前です。今ほど、訴訟意識はなかったですから、裁判にはならず、プロデューサーであるボクとの電話の喧嘩で、いつのまにか、消滅しましたが、今思うと、軽率な番組作りで、ゾッとします。
若かったから、ボクも強気で傲慢で「証拠を見せろ」なんて、突っ張っていた記憶があります。
懺悔の記憶です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)
上関原発の建設は不可能

このニュースは知りませんでした。新大臣の発言です。

鉢呂吉雄経済産業相は5日、報道各社のインタビューで、将来は「脱原発」を目指す考えを表明した。また、中国電力上関原発(山口県上関町)の建設計画について「計画段階のものについては、新しく建設することは難しいのではないか」と指摘した。
 同計画は、瀬戸内海に面した上関町内に原発を2基新設するもの。中国電は1号機の2018年運転開始を目指して建設準備工事に着手していたが、3月の東京電力福島第1原発の事故を受けて工事を中断している。
(時事ドットコム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


スタッフ考

昨日、中村みつをさん(イラストレーター)とお茶を飲みました。「ビビのアフリカ旅行」の構想を話し合い、雑談になり、ボクの「進路のない人生」の話になりました。
中村さんが言いました。
「あなたは、いろいろやっているけど、何やっても、いいスタッフが集まるよね」

これは、ボクの人生で、一番感謝していることかも知れません。
テレビ番組の制作から今日まで、参加してくれた人は、すべて、ホントにすべて、ボクよりは能力があった人たちでした。
テレビ局での後半は、ドキュメンタリーを作っていましたが、スタッフは超優秀で、ほとんど幼児言葉で通じていました。
例えば、ボクが「うーん、あそこの所・・」と言えば「そうですね。そうしましょうか。直します」
こんな感じでしたね。
カメラマンも、平間節さんに出会い、20年以上にわたり仕事をしました。
あれを撮ってくれ、これを撮ってくれ、という指示をしたことは一度もありません。
あうんの呼吸で撮影は進みました。
「これじゃ、まだ番組は出来ない」という状態は二人とも無言のうちに分かっていて、何を撮り足せばいいのかお互いに理解し合っていました。

退職してからも、同じ事が続いています。
当の本人、中村みつをさんとの出会いもラッキーな出会いでした。
田舎での活動を支えてもらっているスタッフのみなさんも、超優秀です。ボクは「口だけ」スタッフで、役立たずです。
助けられている人生だなぁ、とつくづく思います。
恩返しはどうすればいいのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)
福島の痛みは全国民で

細野環境大臣、
「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮だ」
放射能汚染物質の貯蔵施設を福島県以外に作る、と発言。

この論理には、俄に納得できない。
原発導入を県が決め、立地町村が了承し、多額の交付金をもらった。事故も織り込み済みでなければヘンだ。交付金は自分たちだけがもらい、事故が起きたら、責任は全国民が背負う、と言うのはヘンな理屈だ。
「福島の痛み」という表現がまやかしを生む。
「放射能汚染物質の貯蔵所」とストレートに言えばいい。それを引き受ける義務はボクにはない。
原発導入を決断した福島県が引き受けるのが当然だ。
細野論理は破綻している。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


蒲生マリコ人形展

「さいたま新都心」という駅があるのを知りませんでした。新しく出来た都市です。浦和の近くです。
蒲生マリコさんの人形展は、この街の「アルピーノ」というケーキ屋さんの展示スペースで行われています。5日まで。
今日は、人形展示の他に、彼女が制作に関与した動画絵本の公開と、そのナレーションを担当した落語家の落語会がありました。
中村みつをさんと行ってきました。
Img_1493  Img_1494   Img_1496


| | コメント (0) | トラックバック (0)


「いい村だった」再生回数1,000回超

反原発ソング「いい村だった」をYouTubeへアップして約1ヶ月がたちました。そして再生回数が1,000回を超えました。ありがとうございます。
原発立地の村の人々は「戻れない」と政府が言い渡しました。それは10年先か50年先か、だれにも分かりません。村人の気持ちはいかばかりかと、胸がつぶれます。メディアは報道しなくなりました。
しかし、忘れてはならない事です。
万感の思いを込めて歌います。
「いい村だった」
http://bit.ly/n7EOTi
拡散を希望しています。
併せて「だれも来ない海」もお聞きください。
http://bit.ly/qeOdg9

| | コメント (0) | トラックバック (0)


木製ビビ帰宅

Img_1492
木製ビビ(1号)は長い間、書店で絵本「ビビ」の販促活動をしていましたが、一旦、帰宅させました。置いてくれと希望される書店があるので、またいつか連れて行くつもりです。
海がどんな反応をするか試しましたが、ほとんど無反応。
年を取ると猫は面白くなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)
ケーキ屋さん

豊橋市に今年1月オープンしたタルト専門店「マダムガレット」の経営者・川島誉子さんが、立川まで会いに来てくれました。
ブルーベリーを購入したいという希望で。
その迫力に圧倒されながら、頑張っている人に会うと気分良いなぁ、と元気をもらいました。

経緯は、こうです。
彼女は、夏休みでパリに行きました。偶然、ノミの市で、ボクの友だち(パリ在住)に会いました。
意気投合し、話し合っているなかで、ボクのブルーベリーの話が出たのだそうです。
結果、わざわざ、豊橋から立川まで会いに来てくださったというわけです。
来年からボクのブルーベリーを使ってもらう事になりました。
来週、まだ収穫できるので、若干提供しますので、お店に行かれたら、ブルーベリータルトが食べられます。
店情報:

マダム ガレット (Madame GARETTE) 
オーナー・川島誉子
TEL 0532-39-4645
住所 愛知県豊橋市西羽田町202
営業時間 11:00~
営業日 木~日曜日 
予約のみ営業 火・水曜日
定休日 月曜日 (※8/1日~9/7日まで、夏季休業)

HPはありませんが、お客さんがブログにお店の様子を書いていて
詳細はそちらでわかります。
http://ogadennen.blog64.fc2.com/blog-category-456.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)


とちの実かりんとう

Img_1487
とちの実で作った食品を食べたことがないし、作り方も知らない、とブログに書きました。
(山口県の実家に1本あり、花を咲かせ実をつけます)
今日、それを読まれた山形県の読者から、写真の「とちの実かりんとう」を送っていただきました。
美味しいです。これがトチか、と味の記憶に残しながら食べました。

渋が強く、渋抜きに高度な技術が必要なのだそうです。
ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


「野田内閣」雑感

発足したばかりなので、悪口のネタはありません。
ホッとしたことを二つ。
海江田万里が入閣しなかったとこ。
本人は不満を述べていますが、この人が入閣したら、内閣全体の価値が下がります。
彼はホントに無能力です。「二人羽織」と揶揄されました。小沢一郎の人形です。
テレビ番組を語るとき「砂入りソーメン」という表現を使うことがあります。
美味しいなぁ、と流しそうめんを食べていて、途中、砂が入っていて、ガリッとかんだら、今までの美味しさは、吹き飛びます。
海江田万里は、その砂の役割を果たします。よかった。

その二。
原子力政策です。
現在の原発はストレステストを経て稼働するが、寿命が来たら廃炉にし、新しい原発は作らない。
非常に現実的で納得いく提案です。よかった。

以下、余談。
官房長官になった藤村修という人は広島大学の卒業です。
ボクの後輩です。広島大学は、教師になる人が多く、政界では珍しい。
関係ないけど、なんだか嬉しい。
サキソホン奏者の坂田明さん、作家の大下英治さんが広大出身です。
坂田さんは、水産学部でミジンコの研究をしていたらしく、いまでも、ミジンコと仲良し。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)
黒柳徹子さんへの募金総額

黒柳徹子さんがユニセフ親善大使になったのが1984年、それ以来、みなさんへ募金のお願いをしてきました。先月末で48億円に達しました。(4,803,826,353円 8月末集計)
沢山の子どもの命が救われました。ありがとうございました。

黒柳徹子さん主演・秋の恒例の芝居(コメディ)を紹介します。
「想い出のカルテット」
引退した音楽家が集まる老人ホームでのお話です。
10月12日〜10月30日
ル テアトル銀座
問い合わせ:パルコ 03-3477-5858

Tetsuko_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)


絵手紙

Letter_2
澄田定さん(周南市の理髪店店主)からの絵手紙が東京の自宅へ届いていました。
先日「日刊新周南」にボクの取材記事が載り、それを読まれての反応です。
見出しが「田布施町の変わり者」となっていました。
励みになります。ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)


「わが家のエネルギー事情」ポーランド編

「世界それホント?会議」を更新しました。
シリーズ「わが家のエネルギー事情」(3)
突然の停電や断水にも負けず
〜ポーランド〜
http://bit.ly/ni3E1J

| | コメント (0) | トラックバック (0)


東京へ移動

ネコは察知能力があるといいます。朝から、異常なじゃれ方、足の指に噛み付いたりしています。
「仕方がない、用事があるのだ」と言い聞かせて。
雨が降り始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)
台風の進路 人生の進路

妙に同感したツイート。
「台風って、進路があっていいなあ」

退職してからのボクは、進路のない人生だ、と。
「いろいろやり過ぎ」は分かっているのに、面白そうだとすぐ首を突っ込む悪い癖。
少しそぎ落とそう。進路を見つけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ホホジロの巣

Hohojiro
ブルーベリーの木に巣を作っていました。ホホジロです。今年は使用しなかったようだと、松村さん。
人間が側まで近づくから、安心できないのでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »