« 電磁波の恐怖 | トップページ | ジョブスの住んでいた家 »

2011年10月10日 (月)
傍聴券に250人のバイト(NHK)

「週間朝日」の見出し。小沢一郎の裁判の傍聴券についてです。
250 人分のアルバイト料も受信料か?という問いかけですが、ボクは、これは取材費として妥当だと思います。インチキなのは、人数の表記です。1社が250人バイトを出せば、5社で1,000人になります。当日並んだ人数が2,146人です。メディアは10社を越えますから、ほとんどがメディアのアルバイトになります。
それを「関心の高さがうかがわれる」と、あたかも一般人が並んだように書いたり、放送したりするのは、明らかにインチキです。ましてや、ヘリを飛ばして上空から列の長さを撮影するなど、まさにヤラセです。
知っていながら、自分の社もやっていながら、ですから悪質です。
猛省を促します。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/52953204

この記事へのトラックバック一覧です: 傍聴券に250人のバイト(NHK):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。