« 原発は「必要悪」(上関町長) | トップページ | 視聴率 »

2011年10月 3日 (月)
見出しの付け方 記事に書き方

除染対象地域(国の費用でやる地域)を1〜5ミリシーベルトは対象外と環境省の担当者が言い、福島県が怒って、細野大臣が、訂正するという騒動がありました。
費用が膨大になるので範囲を縮めようとする国の意図は、許しがたいことです。何ミリシーベルトであろうが、放射能はすべて国の責任です。

気に入らないのは、新聞の書き方です。
国側に立った書き方です。
朝日新聞4面から、
「除染膨らむ費用」(大見出し)
「対象地隣県にも広がる可能性」(小見出し)
「国の費用負担はさらに膨らむことになる」(記事)

なんという記事の書き方でしょう。
まるで政府の機関紙です。
隣県に広がる可能性ーー当たり前でょう。放射能の飛び方に境がありますか?

目を覚ませ、朝日新聞、国民目線で記事を書かないと早晩見捨てられる運命だ。
毎日新聞はこの件の記事がありません。(13版)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/52896588

この記事へのトラックバック一覧です: 見出しの付け方 記事に書き方:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。