« 傍聴券求め2,146人(小沢裁判) | トップページ | オーロラ(ノルウェー) »

2011年10月 7日 (金)
三権分立

小沢一郎の裁判が始まりました。
すべての閣僚が「司法の成り行きを見守りたい」と発言しました。
本人は記者会見で、「国会で説明するおつもりは?」と質問した記者に気色ばんで「君は三権分立ということをしているか」と逆ギレしていました。
つまり、司法の場で解明されるのだから、立法府でやるべきでない、司法に影響を与える、ということらしいのですが、それはおかしいと思います。
それぞれが独立しているのですから、影響を受けるはずはないし、受けてはいけないのです。
国会議員は国民の代表です。国民に向かって疑問点を釈明する義務があると思います。
「司法がやっているのだから」は逃げの方便だと思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505418/52930659

この記事へのトラックバック一覧です: 三権分立:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。